『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    Hilleberg Soulo - ヒルバーグ・ソウロ

    愛すべきマイ・テントHilleberg Soulo - ヒルバーグソウロ』です。

    なんでかって?
    とっても素晴らしいからです。

    まず第一に設営が簡単です。
    フライとインナーがつながっているので、ポールを角の30cmほどのスリーブにそれぞれ入れて、ホイホイとフックを掛けるだけで完了です。
    テン場に到着直後の疲れた状態でもらくちんです。

    ヒルバーグ・ソウロ 試し張りその1
    初回試し張りの時の写真です。
    ヒルバーグ・ソウロ 試し張りその2
    入口を開けた状態。フットプリント装着。
    実使用時は前室の部分だけフットプリントをめくって、靴を置いたりストーブを使ったりします。

    一般のテントはインナーをまず張って、それからフライを掛けます。
    ので、降雨時はインナーが濡れます。風が強いときはさらにてこずるので、さらに濡れます。ヒルバーグテントはフライとインナーが一体なので、降雨時でもほぼインナーを濡らさずに設営が可能です。それと、フライが地面に接地しているので、降雨時でもフライの間近まで物を置けるのがグッドです。
    総じて言えることはヒルバーグ社のテントはとっても『剛』です。
    テント生地もポールも構造も『俺は男だ!』ってな感じです。
    試しにテン場で見つけたら、持ち主に見せてもらってください。
    こないだ、ナロ2を見せてもらって、これはこれで欲しくなってしまいました。

    このテントを買って以来、国内メーカーのテントがとっても貧弱に見えてしまいます。
    以前知り合いのテントに泊まらせてもらいましたが、雨に降られた時は、靴を前室のフライより10cmほど内側に入れないと、靴がとばっちりで汚れてしまう点は閉口しました。また、国内メーカー物はポール、構造、生地の強度および耐水性のどれを取っても、ヒルバーグ社製に比べると脆弱です。

    スタッフバッグも国内メーカー物は『コンパクト』を謳いすぎて、かなりきつく感じます。ヒルバーグ社製はかなり『ゆるゆる』で、冬山用のゴツイ手袋をはめてても余裕です。ザックに入れてしまえばおしくらまんじゅうされて圧縮されるので結果は同じです。

    マイナス要素は、値段が高いことです。
    んが、これを補って余りあるこのテントを選んだことで、テン場では『いや~』と優越感に浸っています。


    公式ムービーです。


    他のテントと比べ、強さは一目瞭然です。

    レポをアップデートしました。『フットプリントの取り付け方

    詳細は『ヒルバーグ・ソウロの公式ページ』をご覧ください。

    テント選びについては『テントのうんちく』をご参考に。


    ヒルバーグ ソウロ テント/1人用(Hilleberg Soulo) レッド(赤) [在庫有:5月21日頃お届け]

    価格:89,980円
    (2016/5/8 10:51時点)
    感想(1件)




    ヒルバーグ ソウロ テント/1人用(Hilleberg Soulo) グリーン(緑) [在庫有:5月21日頃お届け]

    価格:89,980円
    (2016/5/8 10:51時点)
    感想(0件)




    ヒルバーグ ナロ 2 テント/2人用(Hilleberg Nallo 2) レッド(赤) [在庫有:5月21日頃お届け]

    価格:98,980円
    (2016/5/8 10:50時点)
    感想(1件)





    >> Read More

    スポンサーサイト

    | テント | 19:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |