『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2012-02- | ARCHIVE-SELECT | 2012-04- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    ツェルト泊のうんちく

    最近はツェルトを簡易テントとして設営するのが流行りみたいです。
    ブログ等でたくさん記事が紹介されていますね。
    ツェルト 張り方』や『ツェルト 比較』や『ツェルト 評価』で検索すると相当数ヒットします。
    しかしよーく見てください。
    どれも天気のいい時のものばかりじゃありません?
    本当に知りたいのは雨の中や冬山など、条件の悪い時にどうかってことじゃないですか?

    では、ツェルト泊に関して率直に述べさせていただこうかなと。

    設営は慣れが必要。
    事前にしっかりシミュレーションをしておかないと、ぶっつけ本番じゃまず無理です。

    下ごしらえが必要。
    張り綱等は付属してないので、予め取り付けておかないといけない。現場でやるととっっっっても時間がかかると思う。

    中は狭い。
    ただ『寝る』だけだと思った方が良い。大人二人が余裕を持って・・・なんてありえない。

    虫は入り放題。
    基本的にベンチレータや、入口幕の下の部分と床との境目はガラ空き。

    本降りの雨が降ったら終わったと思った方が良い。
    底割れ式なので、水は入り放題。

    耐風性が全くと言っていい程ない。
    風を避けられる場所に張ることが絶対条件。

    防水透湿生地でも結露します。
    たとえ最強のゴアテックス製でも、気温が低い時には結露します。
    ストーブを使って調理した暁には・・・想像してください。


    ツェルトの場合、寒い時期は必ずこうなります。・・・残念ながら・・・

    これらのことを踏まえ、重量と快適さを天秤にかけて、覚悟の上でテント代わりにするならいいと思います。
    あくまでビバーク(不時の野営)用と考えましょう。
    教えて!gooなどの質問サイトで『テントとどちらが良いか?』などと質問しているくらいのレベルでは、まずやめておいた方がいいと思います。
    どうもメーカーのHPの写真やそのへんのブログ等を見て、テントと同じように張れると思っている人が多いご様子。
    それなら軽いツェルトの方がいいと言う訳でしょうね。

    んー。
    ツェルト用のポールやフライなどもありますが、そんなのをプラスしていると1kgくらいにはなってしまうので、それなら『Terra Nova』のテントの方が、同じくらいの重量でケタ違いに快適になります。



    ・・・おっと。
    文句ばっかし書いてしまったが、簡易テントを過大評価しないようにと言いたかっただけです。
    最後に私がツェルトの恩恵に与った場面を御紹介します。

    岩陰でビバークした時、細引を巻いた石をチョックストーンにしてクラック(岩の裂け目)に噛まして、そこからシート状のまま吊り下げました。
    小雨が降ったのですが、これがまた情緒をかきたてて何とも言えない至福の時でありました。いとおかし。

    もーひとつはお気に入りの半雪洞
    これはかなり使えるので、覚えておいた方がいいツェルト泊のテクニックであります。

    その場その場で工夫して、毎回違う作品が出来上がるのが楽しいのです。

    必読!『ツェルトザックを見直せ

    ツェルト泊に最適なツェルトは『こちらのレポ』をご覧ください。


    ツェルトの設営(普通の張り方)の解説が非常に分かりやすいです。

    お泊りに関してはこちらの『お泊り系』のカテゴリをよーくお読みになって、ご自分に合ったアイテムを選んでください。









    『簡易テント』だけを求めるなら、これが一番!


    >> Read More

    スポンサーサイト

    | 知っ得! | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    Hilleberg Jannu - ヒルバーグ・ヤヌー

    今回は憧れの『Hilleberg Jannu - ヒルバーグヤヌー』の紹介です。

    Jannu その1
    Jannu その2
    Jannu その3
    Jannu その4
    Jannu その5

    Hilleberg Soulo - ヒルバーグ・ソウロ』はとってもお気に入りなのですがソロ用のテントなので、ゆったりしたテン場でテント生活を楽しみたい時には、手放した『MSR Fury - MSR フューリー』を思い出します。

    でも『Fury』を手放してしまった以上、次に買う時はこの『Jannu』にしたいのです。
    ま、ヒルバーグのテントのクオリティーの高さを『Soulo』でまざまざと見せつけられて以来、テントに関しては『Hilleberg』中心に回っています。
    幅145cm、長さ235cmのフロアはゆったりで、おまけに100cmの前室スペースがあり、靴はもちろんギア類も余裕でおける広さがあります。
    おまけにアメリカのギア評価サイトの『Outdoor GEARLAB』で最高評価のエディターズ・チョイスを受けています。
    ちなみにフューリーは四つ星です。
    よってフューリーフューリーで素晴らしいテントってことですね。
    Outdoor GEARLAB Tent Review

    ヤヌーはぜひ今年中に手に入れたいテントです!
    ふむ!(鼻息)
    持っている方は是非、使用した感想をコメントください!

    詳細は『ヒルバーグ・ヤヌーの公式ページ』をご覧ください。

    テント選びについては『テントのうんちく』をご参考に。


    公式ムービー





    うー。
    見れば見るほど欲しくなるのであります。




    | 欲しい!系 | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    モンベル スパイラルダウンハガー#1

    今回は『モンベル スパイラルダウンハガー#1』のご紹介です。

    えー。
    体が大きい私にとっては、まさに『神から賜った』ような一品です。
    このモンベルの『ストレッチシリーズ』が登場する以前と言うのは、それはそれは、シュラフの中で身動き一つできないと言うか、ジッパーを閉めることさえ困難に感じていました。圧迫されまくりの『気をつけ』状態。
    寝苦しいことこの上なしでした。

    ある日のこと・・・。
    ・・・ん?
    ストレッチするシュラフ~?
    『!!』っと思い即購入。
    いやはや。
    予想よりストレッチするので感涙ものでした。
    モンベル スパイラルダウンハガー#1
    んー。
    これは最新版の写真でして、私のは縫い目が横向きです。

    冬場はこのシュラフと先日紹介したBivyで眠りにつきます。
    両方ともゆったりで快適このうえなし。

    このmont-bellスパイラルシリーズ以外のシュラフは買わないと思います。たぶん。

    詳細は『モンベル・ダウンハガーの公式ページ』をご覧ください。





    こちらは超軽量・ウルトラライトバージョン

    | おやすみ Zzz...系 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    Integral Designs eVent Overbag Bivy

    はい今回は『Integral Designs eVent Overbag Bivy』のご紹介です。

    んー。
    いわゆる一連の『ビヴィビビィサック』の基本型的ビヴィサックです。
    現在、このビヴィは廃番になってまして、海外のサイトの在庫を買うか、オークションに出てるのを狙うかしかありませんね。

    このビヴィは私の所持品としては2代目で、カナダにて購入しました。
    以前はLLBeanのゴアのものを使用してました。
    LLBeanのビヴィは、フロア部分はナイロンでしたので、冬場は寝相によってはナイロン部分が結露していました。
    んが、このビヴィの素材はゴアテックスより優れているとの評価もある『eVent』でして、しかも全体がeVentなので、超低温時でも息がかかる部分に霜が付くくらいで、その他は結露なし。
    いやいや快適そのもの。(冬場はテント内のみで使用)


    Integral Designs eVent Overbag オリジナル
    本来はこの形。
    んが、顔部分の開口部からマットとシュラフを押しこんで、さらにみのむしのように足から『もぞもぞ潜り込む』のは面倒だったので、せっかちな私はカスタマイズしました。(でも、ビヴィ自体90cm幅なので、さほど大変ではない)


    Integral Designs eVent Overbag カスタマイズその1
    中央に70cmの止水ジッパーを取りつけました。

    Integral Designs eVent Overbag カスタマイズその2
    こうやってジッパーを開けば、マットとシュラフを『ホイホイ』とセットして、サーッとジッパーを閉じれば、とっても簡単です。
    これで、夜中のおしっこタイムも余裕です。

    国内メーカーのシュラフカバーとの大きな違いは、いわゆる『ビバーク』『野天』を想定したつくりになっていることです。シュラフカバーは入口がフルオープンで、顔の部分を大きく絞るので15~20cmほど丈が短くなります。
    このビヴィは『切れ目』的な開口部なので、絞っても丈は短くなりません。
    よって、縦230cm、幅90cmをフル活用できます。
    野天の際は、ある程度の荷物なら、足元や枕元に余裕で収納できます。

    開口部の絞り方はと言うと、両サイドから絞ることでひさし部分がピンとなって、上手い具合に顔の部分にちょうど良い開口部ができます。
    他のビヴィには顔部分がジッパーで閉じれるものもありますが、私は基本的にシュラフカバー代わりとして使っているので、密閉タイプじゃない方を選択しました。

    中は広々してます。
    『胸囲120cm、0.1トン超』の私が入っても余裕なので、最初に使用した時は感涙でした。うぅ・・。

    Integral Designs eVent Overbag 収納状態
    パッキングサイズは13x24cmの570gです。(実測)
    海外製の特徴はスタッフバッグがゆるく、ゆったり収納できることです。

    国内メーカーのゴアのシュラフカバーと比べると、フードがあることと二回り大きいことで、その分百数十グラム重いですね。
    ま、快適なので問題なしと。

    お天気の芳しい日は野天で星を見ながら寝るのも最高です。

    道具にうるさい私の『つかえる』道具の一つで、気に入って使っています。

    めでたし。めでたし。

    インテグラルデザイン サウス コル ビヴィ(Integral Designs South Col Bivy) Lジップ - イエロー(黄)

    価格:35,600円
    (2013/2/14 10:05時点)
    感想(0件)


    | おやすみ Zzz...系 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    ゴールドウイン 光電子 アンダーキャップ

    今回は『ゴールドウイン 光電子 アンダーキャップ』のご紹介です。

    『いでたち系』にするかどうか迷いましたが『面白い!系』にすることにしました。
    ん?どして?
    いやー。
    単純にそちらの方をみなさんはお待ちかねだろうとの勝手な判断からです。
    それと、このキャップはクライミング用ではないのに頑張っているからです。
    そう。自転車用なのです。

    ゴールドウイン 光電子 アンダーキャップ 4色

    うーむー。
    とっても色使いが素敵でしょ?

    クライミング用として紹介する理由は、ご覧の通り深くかぶらなくても耳や後頭部がカバーされる形状ということ。よって、視界の良いこと。
    光電子なるもののおかげで保温性が高いこと。詳しくは『光電子の説明』をござれ。
    ヘルメットのアンダーキャップ用なのでとっても薄いことです。

    なーにこれ。
    クライミング用にもってこいではないですか?
    と言うわけで、使用感は抜群です。

    キャップや目出し帽をかぶってヘルメットをかぶった時の、何と言うか、そのー、上から圧力がかかるというか・・・目頭が重たい感。あれが無いのです。
    んでもって、視界良好。
    私のヘルメットは『CAMP Highstar』と言う、旧式の形のヘルメットなので、さほどこのキャップの恩恵にあずかれていませんが、とは言ってもいい具合なんですが、最新型の視界の広いかっこいいヘルメットを使っている方は、私以上に恩恵にあずかれるので是非ともと思います。
    あーんど、お洒落です。

    ゴールドウィンはノースフェイスとか扱ってるくせに、どーしてこれをクライミング用としてアピールしないのかな・・・。
    不 ・ 思 ・ 議 ・・・・・。


    <ポイント10倍><10%OFF>【GOLDWIN/ゴールドウィン】光電子アンダーキャップ (ターコイズブルー) ■5,250円以上送料無料■2012秋冬モデル■自転車■アクセサリ■キャップ■GWB1952■

    価格:2,646円
    (2013/2/14 10:02時点)
    感想(1件)



    <ポイント10倍><10%OFF>【GOLDWIN/ゴールドウィン】光電子アンダーキャップ (レッド) ■5,250円以上送料無料■2012秋冬モデル■自転車■アクセサリ■キャップ■GWB1952■

    価格:2,646円
    (2013/2/14 10:03時点)
    感想(0件)



    <ポイント10倍><10%OFF>【GOLDWIN/ゴールドウィン】光電子アンダーキャップ (ブラック/シルバー) ■5,250円以上送料無料■2012秋冬モデル■自転車■アクセサリ■キャップ■GWB1952■

    価格:2,646円
    (2013/2/14 10:03時点)
    感想(1件)




    コレは別物。耳の部分が無いので注意。

    | 面白い!系 | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |