『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2012-03- | ARCHIVE-SELECT | 2012-05- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    テントのうんちく

    今回は『テント』についてのうんちくです。

    テントの購入は非常に高価な買い物になるので、品定めは慎重にならざるを得ません。
    よって、このうんちくがみなさんの『テント選び』のお助けになればいいなと。

    何かにつけ『ゴアゴア!』と言うゴア信者の友人と、以前テントのことで言い合いになったことがあります。これはとてもいい参考になるのでここでご紹介をと。

    私が『Hilleberg Soulo - ヒルバーグ・ソウロ 』を買った時に、彼がボソッと一言。

    ゴアじゃないんだ』

    じゃーダメだ的な。
    カチーン。

    彼のスタイルは、とある有名な国産ゴアテントにフライシートを掛けると言うシステム。まーこのシステムは、そこかしこのテン場でお目にかかりますな。

    ヒルバーグ社製品のような元々ダブルウォール構造のテントは、それぞれの生地にそれぞれの役目を負わせているわけです。フライシートは風雨をシャットアウトする役目。インナーは通気性、透湿性のいい生地で快適性を生む役目で『防水』はフライにおまかせしているのです。
    ゴアのテントにフライを掛けてダブルウォール構造にする、言いかえるとゴアをインナーとして使用するのなら、インナー用に作られたテントの方が格段に利があります。
    通気性があるし透湿性も上。おまけにかなり軽量です。

    シングルウォールのテントはゴアテックスに代表される防水透湿生地でできたもので、ご存知の通り2つの相反する機能を持たせたものです。言わば2枚必要なところを1枚で済ませて軽量化しようと言うことです。ゴアのテントはシングルで使ってこそ意味があるのです。と、言う訳で、ゴアのテントをシングルで張ってる人には何も文句は言いません。きちんとした知識を持って特性を理解しているからです。

    厳冬期はダブル構造が圧倒的に有利です。インナーとフライの間に空気の層があるので、ワンクッションとなり暖かいのです。
    厳冬期にシングルウォールで寝たことある人はわかるでしょ?とってもと言うか、もう本当に真剣に寒いのです。それにいくらゴアのテントでもシングルだと、内外の温度差が大きいので見事に結露しますよ。以上の理由から、見渡せばほとんどの人がゴアのテントでもフライや外張りを掛けてダブルにしてるでしょ?
    話は最初に戻りますが、ダブルにするのなら最初からダブル構造の物の方が圧倒的に性能がよろしいのです。


    single.png
    透湿生地であっても内外の寒暖の差が大きくなるため結露します。
    この場合インナー内の結露になるので、シュラフなど色んな物が濡れます。


    シングルウォールがどうなるか?
    丁度よい動画を見つけたので貼っておきますね。


    single and fly
    透湿生地にフライや外張りを掛けると、空気の層でワンクッションができるので、インナー内は結露しにくくなります。
    ただ、防水透湿生地であるため、透湿性は中程度、通気性はほとんどありません。要は『防水』があるがゆえに透湿性、通気性が制限されています。


    double.png
    インナー専用の生地は『防水』を考えないでよいため、透湿性、通気性が大きい生地でできています。よって、インナー内は最も快適な状態です。
    3パターン全てに言えることですが、結露を防ぐことで最も重要なことは『生地の透湿性能』より『換気』です。生地からジワジワと湿気を逃がすより、換気口から『ドーッ』と出す方が圧倒的に量が多いからです。


    彼曰く

    『フライの内側に結露するじゃん』

    とのことです。
    もー。あたりまえだって。フライだから。
    あんたのゴアのテントもフライの内側はびっしり氷結してたでしょ?このアホが!と言いたいのですが、彼にはゴアのツェルトを高額で買い取っていただいた経緯もあるので、本人が満足しているのならまぁいいかなと言う所で。

    では私なりの結論をと。
    防水透湿生地はジャケットやシュラフカバーなど、換気のできない道具の場合はこの上なく優れています。よってこれらを買う場合は迷わず『GORETEX』や『eVent』等を選びます。
    しかしテントはダブルウォールの方が格段に快適です。厳冬期や大雨の時は顕著にその差が現れます。
    まー。好天が約束されている場合や、難しいルート等でどうしても軽量化が必要な場合は、シングルウォールやツェルトでもいいと思います。
    つーか。
    そのレベルの方たちはしっかり理解して使い分けてると思います。私が口をはさむまでもないのです。

    自分の山行スタイルを熟慮したうえでのテント選びが大切ですね。

    ツェルト泊に関しては『ツェルト泊のうんちく』の記事をどうぞ。







    PAINE G-LIGHTテントシリーズ


    >> Read More

    スポンサーサイト

    | 知っ得! | 21:18 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    Hilleberg Soulo - ヒルバーグ・ソウロ

    愛すべきマイ・テントHilleberg Soulo - ヒルバーグソウロ』です。

    なんでかって?
    とっても素晴らしいからです。

    まず第一に設営が簡単です。
    フライとインナーがつながっているので、ポールを角の30cmほどのスリーブにそれぞれ入れて、ホイホイとフックを掛けるだけで完了です。
    テン場に到着直後の疲れた状態でもらくちんです。

    ヒルバーグ・ソウロ 試し張りその1
    初回試し張りの時の写真です。
    ヒルバーグ・ソウロ 試し張りその2
    入口を開けた状態。フットプリント装着。
    実使用時は前室の部分だけフットプリントをめくって、靴を置いたりストーブを使ったりします。

    一般のテントはインナーをまず張って、それからフライを掛けます。
    ので、降雨時はインナーが濡れます。風が強いときはさらにてこずるので、さらに濡れます。ヒルバーグテントはフライとインナーが一体なので、降雨時でもほぼインナーを濡らさずに設営が可能です。それと、フライが地面に接地しているので、降雨時でもフライの間近まで物を置けるのがグッドです。
    総じて言えることはヒルバーグ社のテントはとっても『剛』です。
    テント生地もポールも構造も『俺は男だ!』ってな感じです。
    試しにテン場で見つけたら、持ち主に見せてもらってください。
    こないだ、ナロ2を見せてもらって、これはこれで欲しくなってしまいました。

    このテントを買って以来、国内メーカーのテントがとっても貧弱に見えてしまいます。
    以前知り合いのテントに泊まらせてもらいましたが、雨に降られた時は、靴を前室のフライより10cmほど内側に入れないと、靴がとばっちりで汚れてしまう点は閉口しました。また、国内メーカー物はポール、構造、生地の強度および耐水性のどれを取っても、ヒルバーグ社製に比べると脆弱です。

    スタッフバッグも国内メーカー物は『コンパクト』を謳いすぎて、かなりきつく感じます。ヒルバーグ社製はかなり『ゆるゆる』で、冬山用のゴツイ手袋をはめてても余裕です。ザックに入れてしまえばおしくらまんじゅうされて圧縮されるので結果は同じです。

    マイナス要素は、値段が高いことです。
    んが、これを補って余りあるこのテントを選んだことで、テン場では『いや~』と優越感に浸っています。


    公式ムービーです。


    他のテントと比べ、強さは一目瞭然です。

    レポをアップデートしました。『フットプリントの取り付け方

    詳細は『ヒルバーグ・ソウロの公式ページ』をご覧ください。

    テント選びについては『テントのうんちく』をご参考に。


    ヒルバーグ ソウロ テント/1人用(Hilleberg Soulo) レッド(赤) [在庫有:5月21日頃お届け]

    価格:89,980円
    (2016/5/8 10:51時点)
    感想(1件)




    ヒルバーグ ソウロ テント/1人用(Hilleberg Soulo) グリーン(緑) [在庫有:5月21日頃お届け]

    価格:89,980円
    (2016/5/8 10:51時点)
    感想(0件)




    ヒルバーグ ナロ 2 テント/2人用(Hilleberg Nallo 2) レッド(赤) [在庫有:5月21日頃お届け]

    価格:98,980円
    (2016/5/8 10:50時点)
    感想(1件)





    >> Read More

    | テント | 19:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |