『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2012-08- | ARCHIVE-SELECT | 2012-10- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    ツエルトザックを見直せ

    1989年10月に起きた立山~真砂岳での大量遭難事故のお話です。
    遭難の原因、死亡の理由『そのものズバリ』が書かれています。

    当時学生だった私はニュースで見て衝撃を受けた記憶があります。
    誠に勝手ながら全文を引用せさせていただきました。

    肝に銘じておくべきことなので、まずは記事を熟読してくださいませ。



    ツエルトザックを見直せ

    十月連休の北ア立山での集団遭難はショッキングなニュースとして列島を駆けめぐつた。

    八日の午前九時ごろから雪が降りはじめ、昼ごろから吹雪になったという。
    で、一夜あけた九日の朝は快晴。
    そのときすでにもう、冷凍のマグロを転がしたようにみんな骸(むくろ)と化していたというからむごい。
    言葉もないくらいのものだ。

     いろいろ言われた。あれこれの批判や指摘があって、いずれもそれなりに的の近くを矢が飛び交ったのだが、ぼくをして言わしむれば、”死因=ツェルトザック”ということになる。
    これに尽きると思う。

     いささかもどかしいのだが、順序だてて説明しよう。
    小型・軽量の簡易テントを日本ではツェルトザック、または略してツェルトと呼んでいる。テントからポール、グラウンドシートなど一切の付属を除いた、本体布地だけ、といったようなもので、山へ行く者は不時に備えてこれをザツクの底にしのばせるのがジョーシキになっていた。そして、目的の山小屋などに到着できず、途中で行き暮れたりしたようなときに、これをひっかぶって一夜を過ごした。
    ああ、まさしく今回の事故はそうした状況にあって、そして肝心のそのツエルトを欠いたのだ---。

     それさえあれば死なずにすんだ。一人残らず生きてかえれた。そしてそれが無くてみんな死んだ。何という無残な明快さだ。

     引き返す勇気がどうの、冬山の装備がどうのと、いろいろ言われた。
    だが引き返す勇気があろうとあるまいと、ツェルトだけは要ったのだ。
    だって引き返す勇気があって、引き返しても、その途中でへたばって行き暮れる、ということもあるだろう。

     八人中五人までが布製のブーツなどという指摘もあったが、ブーツが布製だろうと皮製だろうと、ツェルトだけは要った。高齢者が多いということについてもことさら鋭い指摘がなされたが、高齢者であろうとヤングであろうと赤児であろうと、とにもかくにもツェルトザックは必要だった。

     吹雪の3000メートルの稜線でそのまま一夜を過ごすなんて、そりやもう地獄というものだ。だがツェルト一枚がその外界を天国の内界に変えてくれるのだ。
     そんな重要なことをなんでもっと早くに言ってくれなかったのだ、ということになりそうだが ---。
    そこだよな、モンダイは---。
     ツェルトは必ずしも全員に必要ではなく、何人かで一つあればよい。
    つまり共同装備に属する。横になって寝れば三人ほど、座ってひっかぶっているだけなら五、六人は入れる。山岳会などパーティ意識が比較的強い場合は、共同装備はどうするということがはっきりと議論される。だが、ただの寄り合い世帯というような場合は、どうもこの辺があやふやになってしまう。また、山岳会なら、共同装備に類するものはちゃんと買いととのえられているが、個人の場合はツェルトなどまずないのだ。

     山岳会というものがすたれ、個人で山へ出かけるように時代は変わってきた。
    で、ツェルトはというと、山岳会と一緒に過去におき忘れられているのではないか。
    「ツェルトを見直せ」と、とり急ぎ叫ばなければならない。ツェルトは今や必携の個人装備である。
    幸い素材の進歩で、小型・軽量のツェルトがいっそう小型で軽量になった。
    たとえば手元のモンベル(ブランド名)のウルトラライト(商品名)は450グラム。容積・重さもカンビール一本というところである。

     これのあるなしが生死を分かつ。
    だいたいが、ツェルトも持たずに山へ行って生きて帰ろうなんて厚かましい。
    この際個人で全員買おう。

     ぼくは立山で死んだ八人のしかばねの上に立って訴える。

    (初出:1989年「岳人」p.144-146)




    今年(2012)のGWに北アルプス各所で起きた遭難も、この記事を事前に読んでいれば・・・と残念でなりません。

    私はどんな『低山』に行く時でも、ツェルト(今はEm-Shelter)を欠かしたことはありません。たとえ近所の『里山』でも、私たち人間を葬り去ることなど造作もないことです。このことを忘れたことは一度もありません。
    私が感じることは『ベテランほど備えている』と言うことです。『自分には関係ない』と思っている初心者が多いように思います。
    この事故は、まさにこれからの季節と重なるので、みなさんもう一度ご自分と照らし合わせてみてはいかがでしょうか?

    最近の傾向として『ツェルト離れ』言い換えれば、非常用シェルターを持っていない人が多いと思う。
    何故だと思います?
    ツェルトの使い方は、
    1.山岳会(山岳部)で教わる
    2.講習を受ける
    と言う感じになっていて、無関係な方は接する機会がありません。
    それに、教わらないと使えない、しかも1回教わったくらいでは身に付かない、初心者には難しいアイテムなのです。
    これこそが『ツェルト離れ』に拍車をかけていると思います。
    その結果、購入は後回しにされてしまうのです。

    当時は非常用シェルターとしてはツェルトのみだったけれど、今は『Em-Shelter』があり、初心者でも迷いようがないシンプル構造なので、いざと言う時は心強いです。

    初心者で経験の無い方には『へぇ~』的な感じで想像に難があるかとは思いますが、記事の中にもある通りシェルターの内と外では『天国と地獄』の差があります。今年冬山に行く予定があれば、一度試して見て『天国と地獄』の違いを実感しておくと、今後の行動に違いが出てくると思います。
    今からの季節は雨がいきなり雪に変わったりしますからね。

     ♪・・・雨は夜更けすぎに、雪へと変わるだろう・・・♪
        ~ クリスマス・イブ(山下達郎) ~

    な~んて優雅な情景ではありませんからね。実際は。
    『1m先』どころか『自分の足』さえも見えませんからね。冗談抜きで。

    山ガールのみなさんが非常用にお持ちの『銀色のエマージェンシー・シート』では『決定的に力不足』です。ぜひ、以下の『専用』非常用シェルターで備えてくださいね。

    ベテランほど『命にお金』をかけていますが、
    本当は危機に対して無力な『初心者』ほどそうするべきだと思っています。

    あなたはいかがでしょうか?
    ひと呼吸して真剣に考えてみてくださいね。


    ツエルトをこれから買おうと言う方は、
    こちらの『ツエルトのおすすめ人気ランキング10選』をご参考ください。

    秋山登山の計画のある方は、山に入る前にこちらのレポをお読みください。
    秋山登山に向けて~くれぐれも




    これから買おうと言う人はコチラ。圧倒的に簡単。


    ウデに自信のある人はコチラをどうぞ。

    >> Read More

    スポンサーサイト

    | ☆ ~死にたくなければ~ ☆ | 21:30 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    うんちのうんちく

    んー。
    どっかのスペクターさんばりのくだらんお題をつけてしまいました。

    山ガール?登山女子?・・・。
    ともかく、山における『女性のトイレ問題』は深刻なので一通りお目を通しあそばせ。
    でも不快なお話かもしれませんので、気分を害しましたら読むのをお止め下さいまし。

    山に入って最も気を使うのは、危険箇所の通過とキジ打ちお花摘み(トイレ)でしょう。
    キジ打ちもある意味『ものすごい緊張』を伴います。
    死に至ることはありませんが、あの姿だけは人に見られたくありませんからねぇ。
    ま、我々野郎どもは見られたところで、笑って済ませようと思えば済まされるかもしれませんが、可憐な女の子の場合は死に値する恥辱ですから。
    盗撮なんかされた暁にゃー、それこそ立ち直れなくなるでしょう。
    (最近それを狙って、ついて行く輩がいるらしい・・・)

    私の最も危ない経験は、谷川岳の厳剛(がんごー)新道を下っていてもよおした時でした。登山道から5mほど脇のちょっと死角になる部分で失敬したのですが、最中に下からキャピキャピ声が聞こえてくるではありませんか。
    うーーーむ。
    やり過ごそうかとも思いましたが、臭いで感づかれて見に来られるのは明らかでしたので、速攻をかけることにしました。

    ・・・・・中略・・・・・・・

    ふー。
    何とか間に合って、素知らぬ顔ですれ違い事なきを得ましたが、大学生と思しき2組のカップルでした。もし見られた暁にゃー、大声を上げられ、ブツを撮られ、2chに書かれ、つぶやかれと、想像するだけで冷や汗もんです。

    うんこなう。

    紅葉の季節に1日数千人押し寄せることで有名な、涸沢のトイレ大行列の中で泣いている女の子(20代?)を見たことがあります。
    他にも、せっかく大金をかけて道具を揃えたのに大混雑の富士山で大変な目にあって、山登り自体をやめている女性がいるという話を聞いたことがあります。
    まあ、以前から富士山のトイレの問題は言われていましたが、特に最近は『富士登山ブーム』のため顕著ですよね。

    誰しもそうだと確信していますが、『うんこの話』って結構力説しますよねぇ。
    っと言うわけで思わず力が入ってしまいました。
    悪しからず。

    素晴らしいページを見つけましたのでご紹介します。
    キジ撃ち(野グソ)基礎講座』  ←ノウハウ満載です。

    山ガールの非常事態にも







    こーんな物まであります。

    このポンチョ、まちがっても『山で使える!』なんて思わないでください。
    『押さえ』がないので僅かでも風が吹けば・・・

    その1~ めくれ上がってお尻丸見えになる
    その2~ 排泄物に触れる
    その3~ 排せつ物が付着したポンチョがはためいて、色んな所にペタペタと

    ・・・その3は考えるだけでも恐ろしいですが、
    山で風が吹いてないことはまず無いので、こうなる確率はかなりのものかと。

    買う前にちょっとだけ想像力を働かせて、無駄づかいを防止しましょう。
    それなりの値段もするし・・・

    おっと。
    山ガール❤たちはこちらの『娘さん良く聞けよ』を必ず見ておいてください。
    あなた方を狙っている『不気味なふとどき者』がいます。

    >> Read More

    | 知っ得! | 20:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |