『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2012-10- | ARCHIVE-SELECT | 2012-12- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    Mammut Trion Pro 35+7L

    今回は『マムート・トリオン・プロ 35+7L』のお話です。

    某登山用品店を訪れた時に一目惚れしました。

    Trion Pro 35 bk01
    Trion Pro 35 bk02


    シンプルな一本締めで、せっかちな私でも開閉がスピーディー。
    ピッケルホルダーはピックをザックにブッ刺す感じで、使わない時はループが収納できる。普通のザックにありがちな余計なループ類ヒラヒラがみんな収納式で、必要な時だけ引っ張り出せばよい。


    これは50Lの動画です。

    デザインもシンプルで色づかいも上品。背負い心地もすこぶる良い。
    ♪ルンルン♪で値札を見て・・・ガーン。
    3万7千どんだけ。
    はぁー・・・。
    このサイズにしてはエライ値段ではありませんか。
    つーか、この値段でも売れるんだろうな。
    それだけいい品ってことか・・・だろうな・・・道具にうるさい俺が一目惚れするくらいだもんな。

    ・・・昔、友人と山を歩いていた時のこと。
    うしろでいきなり爆笑したので聞いてみたら、ザックを背負ってる姿が『セミがとまってるようだ』ですと。
    20Lくらいのデイパックだったからって言ってもなぁ・・・。

    などと言うことも思い出しつつ、背負った姿をミラーでチェック。
    うん。
    35+7Lもあれば少し小さく見える程度で、セミには見えない。
    よしよし。

    欲しいな~。
    でも、ボーナスまで待つか・・・。
    またまた色々買いこんで、ほとんど手元に残らないと言うことになりそうだな。
    今年も。

    詳細は『マムート・トリオンプロの公式ページ』をご覧ください。


    うーん。ネットだと2万円台なのね。
    でも、このクラスのザック3つほど持ってんだよな・・・。
    スポンサーサイト

    | 欲しい!系 | 21:46 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    娘さん良く聞けよ

    今回も道具には関係ないのですが、アウトドアが趣味の女性方に知ってて欲しいので。

    最近、私のブログに『ん?』なキーワードでやって来る人たちがいます。

    山ガール トイレ 盗撮』
    山ガール うんち(うんこ)』
    山ガール トイレ 動画』

    毎日とは言わないが、2~3日に1度はこの類いのキーワードが見つかります。
    そーです。
    うんちのうんちく』の記事がこのキーワードを拾ってる模様。

    ほー。
    と、言うわけで、同様のキーワードで検索してみた。
    中には・・・

    登山中に仲良くなった女性が『ちょっと』と言って、そそくさとどこかへ行ったので後を追った・・・

    的な、トンマな武勇伝?を書いてる輩もいた。

    んー。
    プライドもクソもなく、また相手の気持ちを慮(おもんばか)ることもない
    『情けなやー』な輩がいるもんだなと。
    背を向けるだけで小用を足せる野郎どもと違い、女性はそうでなくても大変なのに、
    それに輪をかけている訳で断じて許せるものではない。
    もし山中でこれらの輩に遭遇したら『ニワトリ』がごとく締め上げてあげようかなと。
    私の図体からしてみれば、その辺の男子はニワトリとさほど違いはないのでね。
    でも『コキッ』なんて首が折れた暁には殺人犯になっちゃうので、冷静に手加減しないといけないけど。
    『うぇ~~ん』と泣きだしたら、パカッともう一発小突いて止めにするか。

    と言うわけで、
    山ガールのみなさん、くれぐれも気をつけましょうね。

    ・・・ぶつぶつ・・・。
    女性って本っ当に大変ですね・・・。

    キジ撃ち(野グソ)基礎講座』・・・ノウハウ満載です。

    >> Read More

    | ~❤ 山ガール向け ❤~ | 21:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    結露

    今回は『結露』についてのうんちくです。

    寒くなる季節がら、テントツェルトの『結露』が気になる方が多いらしく
    テント 結露』『ツェルト 結露
    のキーワードでのアクセスが増えてますので、ここらで一発と。

    私もみなさんと同じく『結露』の経験は大ありで、少年の頃、友達のナイロンシングルウォールのテントだった頃は『テント結露する物』と思ってました。
    テントの壁と床の境目に、タオルや新聞紙でもって床に水が流れて来ないようにしてました。
    ん?壁ですか?
    触れないようにするのみ。
    ・・・でした。
    っと、思い出話はこのくらいにして本題本題っと。

    えー。
    シングルウォールテントツェルト泊の場合、結露しないのは暖かい時期の天気のいい時だけだと思った方がいいかもしれません。
    結露の理由は『テントのうんちく』で書いたように

    single.png

    こーゆー理由からです。

    『透湿性』のある生地(ゴアテックスなど)でできたテントなら結露しないのでは?
    と、思われている方が大半のようですが、ゴアのツェルトでさえも勤労感謝の日にはバッチリ結露しましたので『PUコーティング』くらいでは寒い季節にはほぼ役に立ちません。

    えー。
    典型的な結露の動画です。



    シングルウォールの場合は必ずこうなります。
    まあ、これはPU透湿コーティングのツェルトですね。
    ゴアならほんの少しだけマシですが似たようなものです。

    先にイラストで述べました通り『透湿生地』は『結露しにくい』だけであって、これからの寒い季節に生地の性能のみで防ぐのは難しいかと。
    じゃーどうすればいいのか?

    ♪ ついてないどうすりゃいいのさ LADY ♪
     ~ Lucky Chanceをもう一度(C-C-B)~

    って歌うより『換気』ですよ『換気』!

    ちょっとだけ想像力を働かせて下さい。
    生地からジワジワと湿気を透過させるより『換気口』でドーッと出した方が明らかに早いのです。

    ん?寒い?
    最近では改善された模様ですが『透湿性の生地』は通気性が乏しく『酸欠』の危険性が高いので、否(いや)が応にも開けとかなきゃいけないわけです。
    つーか、ダブルウォールのテントでも同じです。

    ここで言っているのは『換気口レベル』の換気です。厳冬期に入口フルオープンなどではありません。
    何事も程度の問題です。

    国産テントは煙突状のベンチレータが申し訳ていどに付いている場合が多く、雨の時など『ペシャッ』となって『いまいち感』がありますが、海外メーカーのテントは上手く空気が取り入れられるようにベンチレータの『形状』や『位置』が工夫されていてグッドです。
    『Mountain Hardwear EV2』は4シーズン&高所登山用シングルウォールの代表的なテントです。
    透湿生地に加え、ベンチレータが機能的です。
    おまけに『超カッコいい!』






    でもシングルウォールの場合は、上手く換気できたとしてもある程度の結露は仕方ありません。寒い時期、ルートに余裕がある時はフライのあるダブルウォールを選択するのが一番少ないかと。

    ・・・とは言え、特に冬の場合は・・・
    気温、湿度、料理の時間&内容・・・などなど、様々な要素がからんで、結露の多い少ない、有無がまちまちです。
    よって『テントとは結露するもの』と言うことで、頭の中を整理した方が早いでしょうね。

    では最後にもう一度『結露』予防は『換気』にて!

    | 知っ得! | 10:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |