『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2013-02- | ARCHIVE-SELECT | 2013-04- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    アルコール入り赤ガス(改良赤ガス)

    まあ、わかりきったことですが、ストーブ(コンロ)の燃料は『液体燃料』と『ガス』に大別されます。
    んで、『液体燃料』も『白ガスホワイトガソリン)専用』『何でもOK』『灯油専用』などなどあります。
    それぞれに長所・短所があり、また、好みによっても意見が分かれるところです。

    液体燃料
    長所・・・燃料が簡単に手に入る。ランニングコスト安。悪条件でも安定して燃える
    短所・・・ストーブの取り扱いにコツがいる

    ガス
    長所・・・ストーブの取り扱いが簡単
    短所・・・燃料の入手場所が限られる。ちょい残りのボンベの処遇(持って行って使い切るかどうか)

    私は『味のある』液体燃料派なので、それについて述べたいと思います。

    何度も書いてます通り、私の主力ストーブは『MSR Dragonflyドラゴンフライ)』です。
    記事はこちら →『ドラゴンフライの詳細

    MSR Dragonfly ドラゴンフライ
    inside shelter2

    燃料は白ガスから灯油まで何でもOKです。
    よって、入手が簡単で気化しやすい『赤ガス(レギュラーガソリン)』を使用してます。
    んで、さらにひと工夫。
    10%ほど『燃料用アルコール』を混ぜると、炎の安定性が向上し、煤(すす)の出が少ないのです。
    とっても具合がいいです。コッヘルの底もきれいだし、着火・消火時の臭いも若干軽減されます。

    『Optimus Svea 123R』も赤ガスで使っている人が多いようなので、私も同じくアルコール入りの赤ガスで問題無く使ってました。
    記事はこちら →『Optimus Svea 123Rの詳細 』

    Optimus Svea 123R03

    でも先日分解した時、結構コールタールのようなネバネバがいっぱいだったので、以来スベア白ガス専用にしてますね。

    ま、最近のガスストーブは改良がなされ、悪条件の中でも問題無く着火・燃焼しますので、ほとんどの登山者はガスストーブですね。
    軽量コンパクトだし。

    私は山に入った時くらいは『味のある』生活をしたい人なので『燃料ストーブ』にこだわってます。

    っと、言うわけで、私と同じく『燃料ストーブ派』の方は『アルコール入り・改良赤ガス』お試しくださいませ。
    透明感のある美しい青火に『ほほー』となります。

    MSR Dragonfly Running01
    MSR Dragonfly Running02
    見よ!
    この美しい真っ青な炎を!

    ドラゴンフライはアルコール入り赤ガスで爆走中~~!



    >> Read More

    スポンサーサイト

    | 知っ得! | 10:15 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    Millet Triolet 25 - ミレー・トリオレ25

    今回は『Millet Triolet 25』ブラック(国内未発売)のご紹介です。

    年末に海外サイトから¥16,000ほどで購入しました。(送料入れて)

    Millet Triolet 25bk01
    黒地に赤のアクセント。シンプルで好みのデザイン。

    この『ミレートリオレ』は30Lサイズが国内では売られています。(赤と青)

    millet triolet2501
    メーカー写真より丸っこい感じです。

    millet triolet2502
    ショルダーベルト、ウェストベルトにギアループ付き。
    通気性、運動性ともよろしい。

    millet triolet2503
    こうやってウェストベルトを後ろに回してパチンと止めればペッタンコ。
    860グラムと軽量なのも相まって、アタックザック用に大型ザックへの収納も容易。

    25Lだと、私が背負うと若干『セミ』っぽく見えるのは仕方ないが、フィット感が良いし肩まわりの運動性がよろしい。
    好きなデザインのうえに国内未発売。
    スキップ、スキップ。
    ルンルンで気晴らしハイキングへ。

    あれ?
    同じのを背負った人を発見。
    うそでしょー。
    私一人のはずが・・・。

    家に戻って早速アマゾンと楽天を探したが、30Lの赤と青しかない。
    もしやと思ってヤフオクで検索。
    あるし。
    しかも『1円スタート』だし。
    ガクッ。
    数回ウォッチしてみたが、どれも7~8,000円ほどでお買い上げ―。
    毎週のように出品されて、毎週のように落札されてるし。
    どんどん出回ってる模様。

    ・・・。
    私の苦労は何だったんだろー。
    しかも半額だし。

    ちょっとブルーになったが、ま、いっか。
    かっこいいしと気持ちを切り替えるしかない。
    ちょっと最近、苦労したり大枚をはたいて手に入れたザックが安く出ているのは残念だけど、また稼げばいいのだと思うより仕方ない。(Mammut Heron Pro 85も大幅値下げだし)

    今度からはあわてずに、まずは国内サイトやヤフオクをよーく観察してから買うことにします。
    高い授業料を払いました。

    Millet Triolet 30 rouge レッド

    新品価格
    ¥16,391から
    (2013/3/26 11:41時点)




    マムートでほぼ同じようなザックがあります。

    | 運ぶ系 | 21:20 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    Optimus SVEA 123R - オプチマス・スベア

    100年以上の歴史があると言われ『KING OF STOVE』として名高い稀代の名品
    オプティマススベア』のご紹介です。

    年末に諸々買い込んだ中の一つですね。
    以前、力を入れ過ぎて壊してしまったドラちゃん(ドラゴンフライ)のポンプを買うために火器売場へ。
    そこで見てしまった。
    以前から気になっていた金ピカボディの物体。ちょ、ちょ、ちょーっと迷ったが物欲に負けてしまって、ドラちゃんのポンプと共にカゴの中へポイッ。

    Optimus Svea 123R01
    見よ!この凛々しい立ち姿。

    Optimus Svea 123R03
    Optimus Svea 123R02
    『ウィンドスクリーン(風よけ)』一体型で、わざわざ別に持って行く必要が無く、その分軽量&コンパクトになります。
    五徳も『内向き・外向き』をクルッと変えれて、コッヘルの大小に簡単に対応できるところがナイスですね。

    sp trek combo02
    スノーピークの『トレック900』と相性がいいことを知っていたので、900+1400の『トレックコンボ』も同時購入。こーんな風に、スッポリきっちり隙間なく収納。まっ、トレックコンボは後ほどレポしますのでそちらをお楽しみに。

    でも何と!一緒に買ったのはこれだけではありません。

    MSR Universal Canister Stand
    『MSR キャニスタースタンド』(ガスカートリッジ用のスタンド)も同時購入。

    ん?
    どーしてかって?
    スベアは、ドラゴンフライのような『ポンピング』で内圧を高めるタイプではなく、プライミング(プレヒート・予熱)で燃料タンクを温めて内圧を高め、燃料を噴射させる構造です。要するに、機体全てが温まります。
    よって雪上で使う場合は、熱を伝えにくい台を下に敷かないと『コテン』とこけてしまいますよね。
    そう踏んだので買ってみました。結果オーライ。見事に当たりました。ニンマリ。

    Svea and Stand
    スタンドにちょっと手を加えてますがジャストフィット。
    さらに安定感抜群で超いい感じー。
    直立型ストーブなので『Em-Shelter』との相性もいい。

    Dragonfly』同様『チューリップ形ヘッド』の特徴で、燃焼音が大きくて良いです。『Dragonfly』の爆音には敵わないですが『ブリブリブリブリ~~」的な感じで好きな音です。
    火力の微調整もドラゴンフライ並にやりやすく、消えそうに燃えそうなくらいのトロ火までOK!


    使った感想としましては、『タンク容量が少ない』『白ガス(ホワイトガソリン)専用でコスト高』『ポンプでなくプレヒートによる自主加圧』『出力1300kcal/h』等々マイナス面もありますが、それがまた『いい味』になっていて、火器が好きな人間にはたまりません。歴代の『SVEA』をコレクションしている方もいらっしゃるのですが、お気持ちが良~くわかります。
    小型ガスバーナーの『パチン』『シュー』では味気ないですからね。
    私は、山での効率のみを求めるタイプではなく、山での生活を『味わいたい』人なので、そう言う人にはうってつけの逸品です。
    山ガールがサクッと『スベア』を取り出して、ガスストーブのお兄さま方を横目に見ながら、手際良く使いこなしたらカッコイイかもですね。


    ・・・。
    ・・・・。
    ・・・・・ふぅ~~~。
    ドラちゃんのポンプを買うつもりが、あれよあれよとプラス2万円!
    こうやって、福沢さんは僕の財布からすぐに飛び立って行ってしまうのです。
    でもまだ、そのとき買い込んだアイテムで、記事を書いていないのがまだまだあります。少しずつアップしていきたいと思いますのでお楽しみにー。








    18L入り!激安ホワイトガソリン

    >> Read More

    | ストーブ | 15:20 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |