『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2013-06- | ARCHIVE-SELECT | 2013-08- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    Juza Field Gear Zelt Plus - ツェルト・プラス ~その2・実際~

    えー。
    今回は『ツェルトプラス』の実使用レポです。
    zeltplus amazon
    6月の給料で購入。
    使いもしないストックまで買いました。聞いたことも無いメーカーの超安物ですが、この『三角フレーム法』をやってみたい一心で買いました。

    レポ遅くなってしまいました。
    でも、8月は仕事がもっと忙しくなり、しばらく更新できなさそうなので、
    今でしょ!と。

    ツェルトプラスの理論的見解は『~その1・初見~』をどうぞ。

    ツェルトプラス比較
    まずはEm-Shelter I(旧タイプ)との大きさ比較。
    一瞬『デカっ』と思ったが、このメーカーの特徴で大きめのスタッフバッグにゆるく収まっている。
    冬用手袋を想定してあるためで、実用第一に考えられている。
    ザックに入れれば『おしくらまんじゅう』されて圧縮されるので問題無し。

    ツェルトプラスEm-Shelterの袋
    つーことで、3回りほど小さいEm-Shelterのスタッフバッグにも難なく収まる。

    そしてついに・・・
    このツェルト・プラスの最大の特徴
    『三角フレーム(A型フレーム)』設営法をやって見ましたー!
    この張り方は、ツェルト泊をした人なら一度は思い描いたであろう、云わば念願の設営法でーす。

    ツェルトプラス01
    ピンと引っ張って、前室部分をペグダウンすればこの通り自立するので、張り綱を張る作業がとってもやりやすい。
    無論、ツエルトなので張り綱が必要なのは言うまでもない。(後ろ側は木に支点をとっている)

    ツェルトプラス02
    メーカー写真のように上手く張れてない。練習が必要だな。
    ストックは120cmにしてみた。も少し長くても良いか。
    従来型ツェルトでの『お約束』の『ド真ん前&ド真ん中』ポールが無いので、いざこうやって実際に張って見ると、出入りがしやすいとあらためて思う。

    ツェルトプラス03
    コードを引き出す『スタッフバッグの切れ目』が見つけにくかった。
    次からは問題ないが『目印があると良かったなー』と、ひと言文句をつけてみる。
    スタッフバッグのヒモは特に問題ないと思うが、登山用品店で切り売りしてる2~3ミリの細引に変えた方が無難かも。

    ツェルトプラス04
    入口の幕はフラップ付きなので、雨・風の浸入が軽減される。

    ツェルトプラス05
    フラップを端に寄せると、靴は余裕のスペースですね。

    ツェルトプラス06
    床の一番端の結びを解くと、前室にプラスしてこんだけスペースがとれるので、ドラゴンフライのような平置きストーブでさえも余裕しゃくしゃく。
    でっかい換気口が真上にあるので換気も安心。(火の使用は自己責任)

    ではっ!
    お待ちかねのうんちくをっと。
    動画を見ただけでは、どうも『子供だまし』っぽく思えて、正直『ホントかいな?』感が抜けませんでした・・・。



    ・・・が、実際手にしてみると、単純至極な構造にもかかわらず、三角フレームが見事に成立している。
    従来型のツエルトは『フニャフニャ感満点』でしたが、ジュウザ式三角フレームでは『ビシッ』と安定している。
    全然違う。

    従来の設営方法 = 『いわゆる天幕』『三角形に吊るされた幕』
    ジュウザ式三角フレーム法 = 『簡易テント』

    ってな感触ですね。
    幕の垂れ下がりもない。『はためき』が少ない。
    イコール空間が広い!

    Zelt Plusが他の従来型ツェルトと比較して優れている点をあげますと、

    その1
    ジュウザ式三角フレーム法は設営が簡単&スピーディー

    その2
    安定感がある

    その3
    前室部分の僅かなスペースが予想以上に役に立つ

    その4
    出入がしやすい。これに尽きるっ!

    ツェルト泊』に関して評価すれば、過去最高のツェルトだとあらためて思います。
    設営も従来式より簡単なので、あえてストックを3本持って行くと言うのもありと思う。(後側1本、前2本)

    わたし的に太鼓判の『ナンバーワンおすすめツェルト』でーす!

    最後に一言。
    ツェルトをテント代わりにするのは『条件のいい時』のみです。
    従来のツェルトよりは格段に進化していて、最強のツェルトなのは間違いないですが、安定性、安心感はテントには敵いません。あくまで『ツェルトの範囲』でのお話です。
    3000m稜線や、風雨・降雪の恐れがある場合は『か・な・ら・ず』テントで行きましょうね。
    そこだけは、はき違えないようにしましょう!

    夜・露・死・苦っ!





    >> Read More

    スポンサーサイト

    | お泊り系 | 15:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    finetrack Floodrush Skin Mesh Series

    とっても欲しいウェアがあります。

    ファイントラック フラッドラッシュスキンメッシュ』シリーズです。

    フラッドラッシュ・スキンメッシュシャツ
    フラッドラッシュ・スキンメッシュロングパンツ

    先輩と沢に行った時のこと。
    『おい、これいいんだよ』『ホンッとにいいんだよ』『見て見ろ!』
    と還暦オヤジの全身メッシュと言う、おぞましい姿を見せつけられました。
    『いいんだよこれ』『寒くねーんだよこれ!』『すっげーんだよ!!』と大絶賛。
    いいから、もういいから。
    その姿、見たくねーから。

    ほー。
    メーカーの詳細を見てよろし。
    他のブログの口コミもよろし。
    動画もよろしと。



    フムーっと鼻息荒く、買うことに決定。
    どれどれー。
    ん?
    がーん。
    サイズがねーよ。XLまでしかねーよ。
    身長も胸囲もダメ。
    もし私が『びよよょ~~ん』とむりやり引き伸ばして着たら、先輩よりさらにおぞましい網タイツ姿になってしまうって。
    モンベルみたいにXXLまで作ってよって。
    日本人でも最近は大きい人いるでしょ?って。
    たのむよ。
    いつか気付いてほしいなと。

    ファイントラックと言うメーカーは、このシリーズを含めた『5レイヤー』なるシステムや『ネストレイヤリング』なるスリープシステムなど、新しい考え方を生み出している。
    先進的な発想と、それを下支えする素晴らしい素材を開発していて、私的に『最も注目しているメーカー』です。
    ウェブサイトを見る度に『ワクワク』させてくれますね。
    うーん。
    素晴らしい。
    海外展開すれば大ブレークしそうで楽しみです。
    その時ついでに『外人サイズ = 大きいサイズ』を作ってくれるとありがたいです。
    早く展開してねっ!

    では、その日が早々に訪れる日を心待ちにして

    標準サイズの皆さん、および少し大きい位のあなた!
    このアンダーウェアは最高『だそうです』。
    着れないので『想定』&『評判』でレポートしてすみません。
    ちょい高い気もするが、本当に欲しいアイテムなのです。

    ・・・ロックンロール。



    こちらがメンズ


    こちらがレディース

    >> Read More

    | いでたち系 | 11:01 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    Snow Peak Tane-Hozuki - スノーピーク たねほおずき

    はいはいー。
    今回は『スノーピークたねほおずき』のご紹介です。

    たねほおずき
    基本はこの2色。
    黒たねほおずき00
    私が買ったのは¥1000高いこちらの『黒たねほおずき』です。

    黒たねほおずき01
    シックで重厚感・高級感がある。¥1000高かったが、当たりを引いた気分。

    黒たねほおずき02
    吊るすとこのように斜めになる。
    真下よりはどちらかに向ける方が多いので、そこまで計算して作ったとすればさすがであります。

    黒たねほおずき03
    『Hilleberg Soulo』で使った時の写真。いつものことであるが、写真がヘタクソ。
    思ったより明るく、ヘッ電をプラスしなくても良い明るさがある。

    黒たねほおずき04
    磁石は思った以上に『強力』。
    『ほれほれ~』とゆすっても、しっかりくっついている。よほど派手にブン回さないかぎり十分でしょう。
    テント内では数回『頭突き』を食らわしたが、落ちて来ることは全くない。

    まあ、
    私としては、蛍光色より温かみのある電球色の方が良かったなーと。
    この一点だけがマイナスですが、他は最高評価です。

    明るいのに電池の持ちがいい。
    テント用の照明アイテムとしては過去最高のデキだと思います。
    ニンマリのアイテムです。
    よろしくベイベー。






    ・・・。
    悲しい出来事が。

    仕事の関係で6月~9月末まで、週末の休みが無いばかりか、連休なるものが一切ありません。1日休みのみ。
    今夏に計画していた『東北の山巡り』がパーに。
    ああ・・・早池峰、鳥海山、岩木山、飯豊連峰・・・。

    カクっ。
    すんごい落ち込んでます。

    ふぅ。
    仕事あっての趣味ですので、致し方ありませんが悲しすぎます。
    その分と言っては何ですが、ブログの方を頑張りたいと思います。

    今年は何年かぶりに梅雨明けが早く、残雪の多い夏山が楽しめます。
    落石は多くなるので気を付けなければなりませんが、雪と緑と岩と空のコントラストが美しい最高の夏山が楽しめます。

    みなさん、お気をつけて、私の分まで存分に夏山を楽しんでくださいね~~!!

    ・・・ロックンロール。

    | お泊り系 | 21:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |