『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2013-08- | ARCHIVE-SELECT | 2013-10- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    非常用生き残りセット ~その1

    えー。
    先日の秋山登山の注意点のレポの最後に、ちょっとだけ触れてた『生き残りセット』のご紹介です。
    早くしないと、秋山シーズンに突入してしまいましたので。

    まずは、この発想に至った経緯です。
    えー以前レポしました通り、寒い時期にEm-Shelterの中でカップ麺を食べるのにハマっています。

    詳細は 『ホッ』とスペース~癒しの空間 をどうぞ。

    冬の時期であっても、シェルター内で火を焚くと、結構な暖かさになります。
    っつーか、お湯を沸かして、カップ麺を食べるともう暑いくらいです。
    ・・・お?
    そー。非常時に活かせるんじゃないかなー。

    非常時でなくても、シェルター内で湯を沸かしてってやると、くつろげる空間、文字通り『ホッとスペース』になります。
    非常時と考えると、この空間がどれほどの安堵感を得られ、どれほど生きる希望が湧くかと想像に難くありません。
    また、口に温かいものを入れられることで、どれほど体力が回復することかと。

    『ホッとスペース』のレポでは、シェルターはEm-Shelter
    ストーブはドラゴンフライ。→スベア購入後はスベアと半々。
    コッヘルはユニフレーム角型クッカー(ドラゴンフライ用)か、スノーピークのトレックコンボ。(スベア用)

    しかし、この3点セットは『非常用』を想定したものではありませんので重い上にかさ張ります。
    『非常用生き残りセット』として常に持ち歩くことを考えると、かなりの『軽量&コンパクト化』が必須となりますね。
    と言うわけで、

    1~ 非常用シェルター
     → Em-Shelter

    2~ ストーブ → アルコールストーブ
     → エバニュー・チタン・アルコールバーナー

    3~ カップ(コッヘル)→ チタン製
     → スノーピーク・チタンシングルマグ600

    を選択してみました。

    エム・シェルター収納状態
    エム・シェルター
    このアイテム無くしては話が始まりません。必須アイテムです。

    エバニュー・チタンアルコールバーナー
    エバニュー・チタンアルコールバーナー
    チタンは焼きが入ると青や紫に変色し、色合いが美しい。

    何かのキャップ
    雪の上でコケないように、何かの蓋に段ボールを貼って土台を作った。

    スノピ・チタンマグ600
    スノーピーク・チタンシングルマグ600
    一人用であれば容量は十分。二人でも何とかなるかって感じ。

    ナルゲンボトル60
    ナルゲンボトル60ml

    生き残りセット
    ポタージュスープ2人前をプラス。
    2つ入るのでとりあえず2つ。

    生き残りセット
    ガチャガチャ類はバッチリ収納。

    生き残りセット
    こーやると一つにまとまって、常時持ち歩けるサイズになります。

    っとは言っても、積雪期の実験が1度で終わっているので、まだ80%完成と言った具合でさらに詰めて行かなくてはなりません。
    問題はストーブです。ストーブ全体が熱くなるので、雪の上ではコケる可能性があります。
    一応土台は作りましたが、100%バッチリとは言えません。
    とは言え、問題無く使えたのでこれで良しと言えば良しですね。

    もう秋山本番です。
    特に初心者の方、準備に抜かりはないですか?
    セットでとは言いませんので、どうかシェルターだけでも持つようにしましょう。
    んで、思い出をたくさん持って、笑顔で帰ってきましょう!

    次回、その2では、どうしてそのアイテムを選ぶに至ったかを含め、詳細に述べたいと思います。


    夜・露・死・苦っ!


    Em-Shelter I UL/ エム・シェルター1・ウルトラライト 新世代ツェルト

    価格:11,800円
    (2017/2/6 08:30時点)
    感想(0件)









    『火は命』です。超安なので、何かのついでに必ず買っておきましょう!

    >> Read More

    スポンサーサイト

    | ☆ ~死にたくなければ~ ☆ | 12:35 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    秋山登山に向けて~ くれぐれも・・・

    もう山はすっかり秋めいてくる頃で、
    『今年はどこに行こうかな~♪』
    なんて、計画に胸躍らせる時期になってまいりました。
    っと言うわけで、
    秋山登山に向けた注意情報を述べたいと思います。

    えー。
    下界ではまだまだ暖かくても、山は長い冬に向けて猛スピードで季節を駆け抜けます。
    そう。
    秋山で最も注意しなければならないのは、雪に見舞われることです。
    北海道、剣・立山、白馬などは9月に一発目やられることしばしばです。
    無論、富士山も。
    今年は9月に入っても富士登山が衰えないそうですが、7-8月と同じ気持ちでいるととんでもないことになります。

    怖いのはその年の『一発目の雪』の時です。
    ベテランは感覚や天気図など、諸々で察知してますし、無論、備えも怠っていませんが、問題は初心者です。
    心の準備も装備の準備もなくやられてしまうので、最悪の事故につながることも多いのです。
    過去に『一発目の雪』が引き起こした衝撃的な遭難事故がありますので、まず目を通してください。

    ツェルトザックを見直せ』 1989年 立山・真砂岳大量遭難のおはなし

    今年から登山を始めた方や、経験の浅い方は間違いなくパニックに陥ります。
    遭難対策の秀逸なサイトをご紹介いたします。
    身にしみて納得させられます。

    登山者はこうして遭難する ~山岳遭難事例から学ぶ安全対策~

    私ごときより、はるかに厳しい最先端の登山をやって来られた方のサイトです。
    遭難の事例、しない方法、した時の行動等々、非常に役に立ちます。
    私もよくお邪魔して、何度も読み返し、ふむーっと気持ちを新たにしています。
    みなさんも、隅々まで目を通して、知識をしっかりと自分のものにしておきましょうね。
    目を通したのと通してないのとでは『命にかかわる違い』が出ますので。

    では最後に。
    秋山はいきなり冬が訪れます。
    春山はいきなり冬に逆戻りします。
    こうやって季節が進んで行きます。

    数年に一度大きな遭難事故が発生しています。
    それは春山・秋山シーズン中の『冬』に包まれた日です。
    どうかこのレポをお読みになっている方々、くれぐれも
    『自分の身に降りかかるかもしれない』
    と言うことだけは、頭から離さないようにしていてください。
    そして、十分に備えて山に入りましょう。
    非常用装備や非常用食料を、後回しにしたりしないようにしましょう。
    かわいいお洋服もおしゃれなザックも、あなたの命を守るには力不足です。
    備えを怠って、そのことに気づく時は『命と引き換え』になる時です。

    最近はどこの山に行っても、それぞれ思い思いにお洒落をして、本当に楽しそうに幸せそうに山を歩いています。
    このレポが、そんな人たちのすべてが生きて笑顔で帰って来れる、ささやかな手助けになればと思っています。

    ~~~ ホントに怖いから真剣に考えてね ~~~
    ~~~ 降り始めたら『あっ』と言う間だから ~~~

    当ブログのこちらがお役に立つでしょう。
    ☆~死にたくなければ~☆』『エム・シェルターのレポ





    寒い時期用の『生き残りセット』です。
    バーナーに工夫・選択の余地ありです。
    後日、詳細レポしますね。

    >> Read More

    | ☆ ~死にたくなければ~ ☆ | 20:34 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    SOTO スライドガスマッチトーチ

    先が伸びて手が届きにくい所に着火できて、なおかつ市販のガスカートリッジからガスの補給ができる画期的アイテムと言うことで、オプチマス・スベア用にいいのではないかと購入しました。(1、2月当時)

    SOTOスライドガスマッチ
    私のは真ん中の赤ですね。

    買う前は、100円ライター程の大きさをイメージしてたのでデカく感じました。
    そのデカい分、点火部の伸びも大きく、思ったっ通りスベアの着火用としては抜群に使い良いですね。
    が、ある日スーパーのレジ横でミニチャッカマンなるものを発見。
    これでもいいんじゃないか~?
    やっぱり。
    スベア用としては問題ありませんでした。
    まあ、SOTOの方が長い分点火しやすいですけどね。

    ミニチャッカマンとの比較

    スベアの点火用だと、ミニチャッカマンでも軽く100回以上は点火できそうだし、コンパクトなのでミニチャッカマンに軍配が・・・。

    そんでもって、色々調べているうちに、2000m以上では点くとか点かないとかのレポが出てまいりました。
    どうなんだろう?と思いつつ、GW明けに富士山に行くことになったので試してみました。
    とは言っても、5合目とかじゃなくて頂上テン泊ですけど。

    結果は・・・
    さすがに富士山頂ともなると、スライドガスマッチは予想通りダメ。ミニチャッカマンもダメ。
    よって、ファイヤースターターでシュバッと点火。
    ま、過酷な状況では、ファイヤースターターやマッチなどのシンプルかつアナログ的なアイテムが強いのだと改めて実感しました。

    っつーわけで、
    そこらにハイキングに行く時くらいしか出番が無くなってしまいました。
    んー。
    一番使い勝手がいいだけに、高所で使えないのは勿体ないなー。






    このファイヤースターター類は超安だし、バックアップ用として必ず持つようにしましょう。

    | お料理系 | 14:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |