『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2013-12- | ARCHIVE-SELECT | 2014-02- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    Outdoor Research Sonic Balaclava - アウトドアリサーチ・ソニックバラクラバ

    えー。
    今回は私愛用の『バラクラバ目出帽)』のご紹介です。

    ソニック・バラクラバ01
    最近のバラクラバでは定番になってきましたが『鼻と口』の部分に工夫があります。

    高い低いは別として、誰でも鼻の部分は出っ張っていますので、立体裁断されていると『つぶれ感』が無くて楽です。
    それとゴーグルの形状に合わせて、目の部分が『逆ハート形』になっています。

    この前にかぶっていたバラクラバは『ノースフェイス・エクスペディション・バラクラバ』です。

    ノースフェイス・エクスペディションバラクラバ
    これは私と同じで7~8年前のタイプか。

    最新型は目の部分が逆ハート形っぽくなってますが、私の持っていたものはただの『丸穴』でした。
    よって鼻を被せると穴の下の縁が視界に入り、視界を確保すると鼻の位置が中途半端でよろしくありませんでした。

    ソニック・バラクラバ03
    ソニックバラクラバはその辺りはバッチリです。口の部分もメッシュで呼吸が楽です。

    ソニック・バラクラバ02
    首周りが短いのもお気に入り。
    フリースだったりネックウォーマーだったりで、首周りがゴチャゴチャするのでこれは好都合。

    ひとつ注意点を挙げますと『サイズが大きい』つーか『実に大きい』。
    在庫の関係でM(57cm)を買ったのですが、これでも実に大きい。ちなみに私の帽子のサイズは59cmです。
    L(59cm)を買わなくて良かったって感じです。
    そう言うわけでフィット感の好みもあると思いますが、ワンサイズ小さいのを買った方がいいと思います。
    逆に顔が大きくて合うサイズが無いと言う方には、大きさ・形状ともベリーナイスな一品になるでしょう。

    よろしくベイベー。





    新型は目鼻のカットが良くなった。


    これもいい感じ。高いけど。

    スポンサーサイト

    | いでたち系 | 10:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    日本雪山登山ルート集

    17~8年前に買ったか?
    バリバリバリエーションは掲載されていませんが、北は北海道から南は石鎚まで、いい具合に全国の積雪期ルートが網羅されています。

    日本雪山登山ルート集
    山の風景は今と同じだが、写っている人の装備がビンテージなので懐かしい。

    主だったルートについては、写真付きで詳細な説明があります。
    積雪期にしか行けないルートも多々掲載されているので、読んでいるだけでも楽しいです。適した時期、技術・体力度もルートごとにありますので、プランを立てるのに参考になります。

    っつーわけで、
    今は『新版・日本雪山登山ルート集』があります。



    私は旧版を持っているので買い直す気はありませんが、これからという方は新版をどうぞ。一冊あると何かと役立ちます。


    こちらは私と同じ旧版。

    >> Read More

    | 読・み・も・の | 20:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    愛用のクッカーたち

    以前レポしました通り、私の愛用クッカーは

    ユニフレーム・角型3
    スノーピーク・トレックコンボ

    です。レポはリンクをクリックしてね。
    先日ピカールで磨いたら、新品同様にピッカピカになりました。
    角型クッカーは使用年数も長く、結構煤で黒くなってたので、その姿に『おーっ!』となりました。

    ユニフレーム・角型クッカー01
    ユニフレーム角型クッカー

    スノピ・トレックコンボ01
    スノーピークトレックコンボ

    そう言うわけで、ずーっと使ってみての長短を述べたいと思います。

    ユニフレーム角型クッカー

    長所~
    コンパクト。で、水を水筒に入れる際も入れやすい。

    短所~
    わたし的には『小さい!』と声を大にして言いたい。(大きい方で1L)
    普通の人的には問題ないと思います。

    スノーピークトレックコンボ

    長所~
    容量が大きい。900ml+1400ml。
    スベアが測ったようにスッポリ収まる。

    短所~
    水を水筒に入れづらい。漏斗を使ってもなお難しい。(超不満)
    フタ(フライパン)の取っ手の形状が好きではない。

    スノピ・トレックコンボ
    トレックコンボ → 取っ手を元に戻す時、両手で開いてロック解除。

    ユニフレーム・角型クッカー03
    角型クッカー → 片手で握ってロック解除。

    ユニフレーム式は何かの片手間に片手でできるが、スノピはいちいち両手を使うのでチョイ不満。

    と言うわけで、先日、時間を掛けて各社のクッカーを検討してみた。
    わたし的、あくまでわたし的に一番良さげなのは『スノーピーク・ランダー』。

    snowpeak lander
    デザイン、容量、機能性、どれを取っても非常によろしい。

    容量が小さい方で1070ml、大きい方は1700mlもある。
    これならば大食いの私でも、いい感じに食事が摂れると言うもの。
    が、登山用としては重めの730g。
    で、お値段も高めの¥15,800也。

    次点で『EPI ATS チタンクッカー TYPE-3セット』。
    EPI ATS Type3
    こちらはチタン製なのですが、炎の当たる底部分にアルミを溶着してあるので、チタンの一番の欠点である熱伝導の悪さが改善されています。
    そのうえ注ぎ口があるので、水筒に水を入れるのもやりやすい。
    ま、容量がトレックコンボにわずかに足りない程度なので、このクッカーと言う選択肢も大ありですね。

    両アイテムとも、山での大きな楽しみの一つであるクッキングを更にレベルアップしてくれそうです。
    買ったらレポ上げますのでお楽しみにー。

    と、ここで、当ブログによくお越しいただいている『山 と 海』さんの興味深いレポがあるのでご紹介いたします。

    メスティン!テフロン加工でパワーアップ!
    テフロン加工したメスティンでごはんを炊く

    この手は使えますね。
    すばらしい!

    では本年もブッ飛ばして行きましょう!

    羯徒毘路薫’狼琉!(かっとびロックンロール!)











    これで磨けばピッカピカ。
    SVEAもクッカーも甦ります。


    | クッカー | 14:19 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |