『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2014-02- | ARCHIVE-SELECT | 2014-04- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    軽量・簡易シェルターのうんちく ~~徹底比較

    えー。
    ここ最近めっきり暖かくなり

    『条件によっては』(天候や気温)

    最近人気の『軽量・簡易シェルター』が活躍する季節になってまいりました。
    今、日本各地で盛んな『ロングトレイル』でも、どんどん利用者が増えています。

    そう言うわけで、少々うんちくってみました。

    基礎知識として、この『超軽量シェルター(ウルトラライト・シェルター)』と言うジャンルは、『テント生活』のためではなく、『寝る』ためのものであることを念頭に置いてくださいね。

    っつーわけで、一番気になるのは『結露』についてでしょう。
    まずはこちらの『結露』のレポで予習してください。


    では、アイテムごとに述べて行きたいと思います。

    まずはこのカテゴリの『雄』と申しますか、一番有名な『ヘリテイジストックシェルター』から。
    TJARトランスジャパンアルプスレース)などのトレランレースでの利用者も多いようです。

    stockshelter01

    私が思うに、軽量化のために『全てをそぎ落とした』感のある、云わば『一番潔い』シェルターだと思います。

    ストックシェルター・イラスト01
    『ピラミッド型』のおかげで、高さ的には一番余裕がありますが、どうしても『デッドスペース(黄色の部分)』ができてしまいます。イラストでは前後のデッドスペースだけですが、左右にもデッドスペースができますので、居住空間は僅かだと思います。状況はイメージしてください。

    ストックシェルター・イラスト02
    寝た場合でも、頭と足の両側にデッドスペースができてしまうので、身長の低い人向けかなと思います。

    う~む・・・。
    ストックシェルターでひとつ気になる部分があります。
    『換気口が無い・・・』
    ドアパネルの上側を少し開けるらしいのですが、一番結露しやすい『雨の日』に開けられないのは微妙。
    それでも開けないと『酸欠』になるので、ストックシェルターは『雨が降らない日専用』と考えた方がいいですね。
    ま、この点の『快適性』もそぎ落とされた部分で、それを良しとするか否かは各自の判断と言うことで。



    詳細は『ストックシェルターの公式ページ』をどうぞ。


    次は一番構造がシンプルな『アライテント・シングルツェルト』です。

    arai singlezelt
    ツェルトの『寝る機能』のみを抽出した感がありますね。

    シングルツェルト・イラスト01
    最高点が端っこにあるため、座位では窮屈でしょう。

    シングルツェルト・イラスト02
    形状から見て、デッドスペースはほぼ無く、両側に少し余裕をみればいいと思います。


    最後は、今年の3月に新発売された『Juza Field Gear L&Eシェルター』についてです。
    発売前は『F&L-Shelter(Fast & Light Shelter)』とホームページにありましたが、いざ発売されると、なぜか『Light & Easy Shelter』に。
    個人的には最初の名前の方がカッコいい気がするのですが・・・。
    イージーがどうもダサい。

    初見は『Juza Field Gear Fast & Light Shelter』のレポをご覧あれ。

    L&Eシェルター01
    以前紹介した『ツェルト・プラス』のシェルター版と言った感じです。

    L&Eシェルター・イラスト01
    ここは基本的にシングルツェルトと似てますが、前室部分まで利用すれば、最高位に頭を持って来れると思う。

    L&Eシェルター・イラスト02
    ここもシングルツェルトと同様ですが、床面が210cmあることと、頭側に前室部分の空間があるので、背が高い人には一番かな。
    デッドスペースはほぼ無いが、ストックシェルター、シングルツェルト同様に足元は広くないので、シュラフは必ず横壁には触れると思う。

    まっ、L&E-Shelterは『快適性』を最大限残して、軽量化を最大限図ったシェルターだと思います。
    よって、快適性に関しては簡易シェルター中で最高でしょう。
    『雨の日対策』『結露対策』が最も確立されています。

    生地、縫製とも『Made in Japan』とのことで、その分お値段も高め。
    高くても、一押しはコレです。

    詳細は『L&Eシェルターの公式ページ』をどうぞ。


    では、ここでいくつかの視点からの長短を比較してみます。

       長 >>> 短

    居住性(座り)~~
    L&Eシェルター > シングルツェルト >> ストックシェルター

    居住性(寝・身長)~~
    L&Eシェルター >>> シングルツェルト >> ストックシェルター

    用地確保(設営に要する)~~
    シングルツェルト >> L&Eシェルター >>> ストックシェルター(ひし形のため意外と必要)

    耐風性~~ !!Read more 参照
    ストックシェルター > L&Eシェルター >>>>> シングルツェルト
    L&Eシェルター >>>> ストックシェルター >>> シングルツェルト

    耐水圧~~
    L&Eシェルター >>>>> ストックシェルター、シングルツェルト

    換気(結露)~~
    L&Eシェルター >>>>> シングルツェルト >> ストックシェルター

    お値段~~
    シングルツェルト >>>>> ストックシェルター > L&Eシェルター

    ま、
    この比較に関しては『私見』ですので文句はつけないでね。
    あくまで参考程度と言うことで。

    最後に断言しておきたいことがあります。
    これらの『簡易シェルター』類は、山、特に稜線上の風雨・風雪に耐える強度は無いと言っていいと思いますので、暖かい時期の低山または樹林帯での使用が最適だと思います。『登山』より『ロングトレイル』向けですね。

    そう言うわけで・・・。
    私は軽量志向では無いし、どんな天候になっても安心できる『しっかりテント派』です。
    おまけに『ヒルバーグ・ソウロ』がめっぽう気に入っていますので、このスタイルを変えるつもりはありません。

    悪しからず。 by 藤谷美和子







    二人用。床が無いので雨の日は微妙。


    >> Read More

    スポンサーサイト

    | ウルトラライト(軽量化) | 19:46 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    MSR Dragonfly - ドラゴンフライ ~その2 使い方工夫

    えー。
    『Optimus Svea 123R』のプレヒートに、カーボンフェルトを利用するレポを以前ご紹介しました。

    Optimus Svea 123R ~~その2 使い方工夫 ← こちら

    そーゆーことで、今回はドラちゃん用に作って見ることにしました。
    冬季にアルコールでプレヒートする場合、チューリップの中とその下のウィックにしみ込ませるだけでは、微妙に不足気味になることしばしばです。
    そう言うわけで、スベア同様、カーボンフェルトを利用してたっぷりしみ込ませて、十分に予熱することが可能となります。

    dragonfly maintenance01
    ドーナツ状に切り抜いて・・・

    dragonfly maintenance02
    ディバイダーを外して、こう言う風に回転軸の下に潜り込ませる。
    至って簡単!

    以上!
    プレヒート強化プロジェクトは終了。
    めでたしめでたし。

    んで、
    そろそろ・・・時期かな?っと言う具合で、ドラゴンフライを軽くお掃除しました。
    オーバーホールは不具合が出ないとやらなくていいと思いますが、私のように『赤ガス(レギュラーガソリン)』で使用する場合・・・、っつーか、白ガス(ホワイトガソリン)以外を燃料にしている場合は、火力調整棒の先っちょの部分とニップルに『燃えカス』がたまります。
    ニップルに関しては、本体を上下に振れば、内蔵の『クリーニングニードル』が動いて掃除してくれるので、よほどでない限り分解しなくていいのですが、調整棒は定期的にお掃除する必要があります。
    ま、年に数回、気が向いた時でいいと思います。私は10回?くらいの使用を目処にやってます。

    dragonfly maintenance03
    この棒の・・・

    dragonfly maintenance04
    この部分ですね。(掃除前に撮れば良かった)

    お掃除終了後に点火試験。

    dragonfly maintenance05
    カーボンフェルト&アルコールでプライミング中。アルコールなので炎が見えにくい。

    dragonfly maintenance06
    ガーーーッ!っと絶好調!!
    自作の五徳アダプターが素敵。

    これにてドラちゃん元気に復活!

    ドラゴンフライにとってのベストな収納方法は
    MSR Dragonfly - ドラゴンフライ ~その1 収納の工夫  ←をご覧ください。

    くぅ~~。
    やっぱし、ドラちゃん最高だぜベイベー!

    詳細は『ドラゴンフライの公式ページ』をご覧ください。







    どんなことがあっても『火種』だけは確保しなければなりません。
    激安なので、何かのついでに買っておきましょう。


    | ストーブ | 16:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    キネシオテープ!

    えー。
    スポーツをやっていた若かりし頃より20年ほど『ず~~っと』愛用しています。
    私はそのスポーツのせいで、肩、肘、背中、腰、太もも、ふくらはぎ、アキレス腱・・・至る所に怪我を負っています。
    キネシオテープ』がどれほど私の怪我を防ぎ、また、癒してくれたか数え切れないほどです。
    概要は『キネシオテープ(wikiのページ)』をご覧ください。

    キネシオ01


    幾度となく申していますが、私は図体が大きく100kg超の体重があるうえ、下腿部(膝から下)に力が入りやすいらしく、登山中の怪我としましては、ふくらはぎの肉離れを数回やっちゃってますし、アキレス腱痛にも度々悩まされます。
    よって『予防』の観点から、山に入る前には必ず『アキレス腱~ふくらはぎ』にかけて『Yの字』に貼っています。

    軽い登山の時~~
    30cmのテープを5cm残して縦に半分に切ってYの字を作って貼ります。
    普通の体格の方や女性は20~25cmでいいと思います。

    厳しい登山の時~~
    20cmを3本作り、アキレス腱~ふくらはぎの中腹を1本、ふくらはぎの中腹~上部にかけて、先程のテープの両脇に貼ります。
    これまた普通の方は15cmほどでいいと思います。

    以来、登山中に肉離れを起こすことは無くなりました。
    怪我をしやすい部分は『少し伸ばしぎみ』に貼るといいです。

    また、以前はふくらはぎに『猛烈な疲労』を感じていましたが、キネシオテープを貼ると『か・な・り』軽減されます。

    キネシオ02
    貼り方のコツは『角を落とす』ことです。
    かなり剥がれにくくなります。

    また、あまり『かかと』に近いところから貼ると、靴ずれや肉刺(マメ)の原因になるので、上にずらして貼った方がいいですね。

    普通のテーピングテープにも茶色の伸縮性のあるやつがありますが、それは固定用で、キネシオテープ的な効果はありませんので、買う時には気をつけましょう。

    みなさんそれぞれ『疲労がたまる部分』をお持ちだと思いますので、疲労軽減・怪我の予防のために『キネシオテープ』を利用することを強くおすすめします。
    もう数え切れないほど本が出ていますので、どれかを手に取り試してみましょう。
    貼って登った初回から効果を実感できるはずです。

    ロックンロール



    最近出た良さげな本。


    これは20数年前、私がもっていた本の改訂版。
    超・初歩的ですが、この本の通りで十分御利益がある。


    今はこう言った最新のものもあります。


    私の愛用は50mm幅。


    | ヘルスケア | 19:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |