『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2014-03- | ARCHIVE-SELECT | 2014-05- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    この山にねがいをこめて

    えー。
    この本は先日レポしました『この山なみのこえ』シリーズの群馬県版です。
    群馬県・・・と言えば『谷川岳』です。
    世界一の死者数を出した谷川岳の、遭難ピーク時の様子が書かれています。

    この山にねがいをこめて

    遺体の収容作業の様子、遺体の周りで泣き伏す家族の様子、墓標の前に悲痛な面持ちでたたずむ様子などの写真も載っています。
    今なら出版停止に間違いなく追い込まれそうな『個人情報』も臆することなく書かれています。
    その分、よりリアルで胸を突きます。
    家族の手記には涙が出そうになります。
    重く、重くのしかかって来ます。

    この本には、日本の遭難史史上最も衝撃的な『一ノ倉沢衝立岩宙吊り事件』も、発見から収容まで克明に書かれています。
    宙吊り状態の遺体の写真も、その姿がはっきり分かる写真で掲載されています。




    落下する遺体の様子が映っているので閲覧注意です。

    一ノ倉には数回単独で入っていますが、人影が視界に入って『今日はどちらま・・・』あれ?いないし。
    みたいな経験が、霊感がサッパリ無い私でもあります。
    私の付き合いの少ない知り合いに、私と同じくらいの体格の方がいるのですが、

    『雨の日なんか、旧道を土合に向けて行列になって歩いてんじゃん』
    『男も女も、新しい格好の人も古い格好の人も色々いんじゃん』

    って言ってました。
    私には全く見えませんが。

    ちょっと寒くなる話をしてしまいましたが、どの遭難を見てもその原因となる部分があります。
    その部分もしっかりと書かれているので、しっかりと頭に入れて、自分の山行の戒めにしていただければと思います。

    暗い部分です。誰しも目をそらしたくなる部分です。
    しかし、そのひとりひとりの方がいらっしゃって、今私たちが安全に登れるわけです。
    その思いを持って、一歩一歩を大切に歩きたいと思っています。

    谷川岳
    出発前夜など、他の山に行く時には感じない『妙な緊張』で眠れないこともあります。
    恐ろしくて、家を出る寸前にドタキャンしたことも何度かあります。
    ドアを閉める時に、何故か『無事に帰って来る自分の姿』をしっかりイメージして出発します。

    特別な山です。



    3冊の中では一番入手が難しいでしょう。

    スポンサーサイト

    | 読・み・も・の | 16:45 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    ゴールデンウィーク登山について ~~注意点を少々

    えー。
    それぞれのシーズン前に、そのシーズンごとの気をつける点についてのべてきましたが、今回はあと1週間に迫った『GW登山』についてのお話です。

    そう言うわけで、
    まずは『予定 > オシャレ >>> ・・・ 命
    のレポを読んでください。

    読みました?
    読みましたら、以下の注意点も覚えておいてくださいね。

    その1 ~~行動

    基本は『早立ち』ですね。
    私はヘッ電(ヘッドライト)を頼りに、夜明け前に出発します。
    何でかって?
    日が高くなって気温が上がって来ると、雪崩が怖いからですね。
    時間を計算して、危険な時間に危険な場所を歩くことの無いように計画を立てましょう。
    午後に入っても、危険個所を列をなして歩いてるのを見かけますが、気の弱い私には無理な話です。
    それと、これは個人的な問題でしょうが、ヘビー級の私としては、日の出前のクラストした斜面の方がスピードが上がって具合がよろしいのもあります。

    その2 ~~天気&装備

    秋山登山に向けて』でちょっと触れましたが、春山は、時々冬に逆戻りしながら季節が進んで行きます。
    厳冬期にくらべれば状況は厳しくないのですが、それでも人間の命を奪うには十分な状態になります。

    第一に『天気に無理』がありそうな時は行動しないこと。
    次に『非常用シェルター』を必ず持つことです。

    非常用シェルターの重要性は、私のブログ中閲覧履歴No.1!『ツェルトザックを見直せ』をご覧ください。

    近年で言えば、一昨年の北アルプス各所で起きた事故はまさにそれです。
    これらの事故も『非常用シェルター』をかぶっていれば、みんな助かったと思います。
    中にはせっかく『ツェルトを持っていたのに・・・』と言う方もおられたようなので、まさに『ここぞ』と言う時に使えなかったことは残念の極みです。

    極限状態で頭が混乱したときこそ、シンプルな『エム・シェルター』がいいと思います。
    何も考えず、ただ『かぶればいい』だけなので、初心者やご年配者のような『山における弱者』でも心強いですね。
    ちなみに『自称』弱者ではないつもりの私も、非常用は『エム・シェルター』にしています。
    非常時は素早さ一番。

    その3 ~~人の言うことは聞きましょう

    特に『小屋の方』の言葉には、何と言われても素直に従いましょう。
    その山域のことを熟知している方々ですので、危険個所、雪崩の可能性等々、出発前にしっかりと尋ねておきましょう。
    その1と重複しますが、こと『その山域の雪崩』に関しては、小屋の方の話が一番です。
    私の薄っぺらな知識はもちろん、たとえ本などで十分勉強を積んだとしても、小屋の方の話を最優先してください。長きにわたって見続けている方々ですので。
    小屋の方に『行くな』と言われたら、行くなと言うことです。
    感謝して次の機会に訪れましょう。

    っとまあ、偉そうにのべてまいりましたが、私はここ十数年、GWの混み混みにはうんざりしまして、静かな連休登山を楽しんでます。
    この時期の上越の山々は、まだまだ雪が多く残っていますので、はっきり言ってどこでも歩けますからね。
    ルートを外せば、人っ子一人歩いていません。

    では、みなさんも気合を入れて計画を練りましょうね~~!

    羯徒毘路薫’狼琉!
    (かっとびロックンロール)




    一押しはエム・シェルター


    慣れた方で、自信のある方はツェルトでもいいかも。

    | ☆ ~死にたくなければ~ ☆ | 15:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    この山なみのこえ ~遭難をなくそう

    えー。
    この本は、私が登山を始めた中学生の頃に読んだ本です。
    中学校の図書館か、市の図書館から借りて読んだ記憶があります。
    昭和30年代の本で、内容はタイトルにある通り『遭難』に関するものがメインです。

    この山なみのこえ

    井上靖の小説『氷壁』の題材となった、かの有名な『ナイロンザイル事件』も収録されています。
    そうです。
    パノラマコース(新村橋~屏風のコル~涸沢)に石碑のある遭難ですね。

    オロク(遺体)の写真もいくつか掲載されてますが、どれもオロクシート(遺体収容袋)に梱包されていますので、胆の小さい方でも心配ないです。
    大学山岳部の記事には、明大時代の『植村直己氏』が、ひとりの山岳部員として、名前だけちょっとでてきます。

    どれをとっても古い内容ですが、この頃に書かれた本の方が、内容に重みがあって自分の登山の戒めになる気がします。
    登山はその性質上『死と隣り合わせ』と言うことを常に肝に銘じておくべきなので、昔の本は重みがあって好きなので良く読みます。
    華やかな部分だけでは済まない場合も多々ありますので、山に入る都度、自分を戒めることは大切だと思います。

    この本は『信濃毎日新聞社編』ですので『長野県版』です。
    っと言うことは・・・。
    そー。
    『群馬県版』『富山県版』があると言うことですね。

    この山シリーズ
    他の2版は、期を見てアップしますので、おっ楽しみに―。


    激安です。

    | 読・み・も・の | 14:05 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    Juza Field Gear L&E-Shelter - L&Eシェルター

    えー。
    以前『Fast & Light Shelter』としてレポしたのですが、発売と同時に『Light & Easy Shelter』になってました。
    諸々更新されてたので、私の方も修正レポいたします。

    L&Eシェルター01


    今流行りの『簡易テント』の一種ですね。これは。

    この種で最近良く耳にするのは『ヘリテイジ・ストックシェルター』ですね。
    他にもアライテントのビビィシェルターやシングルツェルトがある。

    stockshelter02
    ヘリテイジ・ストックシェルター

    arai bivyshelter
    アライ・ビビィシェルター

    arai singlezelt
    アライ・シングルツェルト

    では、『L&Eシェルター』について、初見を述べたいと思います。

    L&Eシェルター02
    床面は、210+前室45cm。身長190cmくらいは行けそうか?
    上の3種と比較しても空間は一番広く快適だと思う。

    L&Eシェルター03
    入口の構造は『Zelt Plus』とほぼ同じ。
    ベンチレータには、Zelt Plusには無いメッシュが追加されている。

    L&Eシェルター04
    設営は『ツェルト・プラス』と同じく、ストックを三角に組む構造で前室もある。
    この立て方は、幕が垂れさがらないしヨレヨレしにくいので空間は広い。
    私のZelt Plusで言えば風にもけっこう強い。

    Zelt Plusのレポはこちら

    メーカー発表の350gと言うことは、アライ・ビビィシェルターやストックシェルター同様、まず間違いなくPUコーティングなので、生地自体の防水透湿は大したことは無い。
    よって結露うんぬんの差は『換気』が握っている。

    L&Eシェルター05
    この『L&E-Shelter』は前後に換気口があるので、空気の通り抜けが可能である。
    その他のメーカーの簡易テントでは省略気味の『換気システム』が確立されているので、結露はしにくさは一番だと思う。
    ちょっと考えればわかると思うが『換気口が1つ』では、そこから『徐々に放出』されるだけなので、空気の『通り抜け』が大事です。

    理由は『結露のレポ』を参照されたし。

    軽量テント並の耐水圧1700mmに加え、換気口に雨蓋もあるので、雨の日にも使える簡易シェルターですね。
    ちなみにストックシェルター、ファイントラックツェルトなどは1000mm。

    初見としましては、簡易シェルター中で最も高性能ではないかと思う。
    まっ、
    私は『しっかりテント派』ですし、図体が大きく入りきれなさそうなので、買うかどうかは『?』ですが、普通の体格の『軽量登山好き』にはベストな選択になりそうですね。

    詳細は『Juza Field Gear Light & Easy Shelterの公式ページ』をどうぞ。

    新型のデラックスバージョンが出てます。
    こちらの『L&E-Shelter デラックスのレポ』をご覧ください。
    簡易シェルターのクラス最高の逸品です。

    おっと一言。
    相変わらず『ツェルト』『ストックシェルター』と『厳冬期』『冬山』『北アルプス』などとの組み合わせ検索で私のブログに来られている方が結構いらっしゃいますが、はっきり言って『無理』です。この『L&Eシェルター』も同様です。
    無雪期の『条件の良い時』だけだと思った方がいいです。
    いずれも『簡易シェルター』だと言うことをお忘れなく。




    こちらが最近出たデラックス版。

    >> Read More

    | お泊り系 | 17:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |