『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2014-11- | ARCHIVE-SELECT | 2015-01- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    montbell ZEO-LINE Exp - モンベル・ジオライン・エクスペディション

    えー今回は、
    セカンドレイヤーとして選択した、『モンベルジオラインExp.』のご紹介です。
    モンベル・ジオライン01
    先日紹介しました『finetrack フラッドラッシュ・スキンメッシュ』と一緒に購入しました。

    どうしてファイントラックにしなかったのか?
    ファイントラックの冬用セカンドレイヤーはウールしかありません。
    私は山用の肌着は『化繊派』ですので、化繊であり且つ性能の良いモンベルを選択した次第です。
    値段も少々安かったし。
    とまあ、大した理由ではありません。

    特性は『ジオラインの機能説明ページ』でご確認ください。

    んでもって、ライトウェイト、ミドルウェイト、エクスペディションの3種の中から、最も保温性の高い『エクスペディション』を選択。
    保温性の高いものを着て、レイヤー数を少なくしたかったからです。
    下手すりゃ、アンダーウェア2種類の上に、直接アウターシェルジャケットを着てやろうか的な勢いです。

    最近の行動中のいでたちは
    ファイントラックスキンメッシュ → モンベルジオライン →
    マイクロフリース(なぜかユニクロ) → アウターシェル
    の順です。
    結構薄着です。普通の人でしたら、アウターの下にソフトシェルかフリースが入ると思います。
    もち、非常時に備え、一応ザックの中にダウンとフリースは常備しています。

    モンベル・ジオライン02
    モンベル・ジオライン03
    共にXL。このシリーズもびよ~んとストレッチするのでいい具合です。

    でも、ひとつだけ『失敗したな~』と思うことがあります。
    『ハイネック』を選択してしまったことです。
    このハイネック、ファスナーを上まであげると、アゴにツンツン当たるのです。
    同年代の男性諸氏はわかると思いますが、学生服の詰襟的な感じです。
    どーせ首周りはネックウォーマーをするので、ラウンドネックを選択すべきでした。
    くーっ。うかつでした。

    総じての評価としましては『ベリーグッド』です。
    ファイントラックスキンメッシュとの相性も良く、スキンメッシュの『汗の吸い上げ』と、ジオラインの『拡散・乾燥&保温』が上手く機能しています。
    他社製のアイテム同士が上手く噛み合わさった時って、何だか『してやったり』って感じで満足感が大きいですよね。
    これから数年の厳冬期は、この組み合わせで通すつもりです。

    うん!
    羯徒毘路薫’狼琉!(かっとびロックンロール)

    詳細は『モンベル・ジオライン Exp.のページ』をどうぞ。

    っと。
    年末年始登山に向けて『ムムムッ』と気持ちが高まってくる時期になりましたね。
    計画と共にこちらの
    年末年始登山に向けて ~胸に秘めておきたいこと』(去年のレポですが・・・)
    を読んで、気を引き締め直してのぞみましょう!



    こちらがメンズ


    こちらがウィメンズ


    スポンサーサイト

    | いでたち系 | 09:12 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    finetrack フラッドラッシュ・スキンメッシュ ~~買っちゃいました

    以前、買いたいなーとご紹介した、
    ファイントラックの『フラッドラッシュ・スキンメッシュ』のご紹介です。

    finetrack Floodrush Skin Mesh Seriesのレポ

    フラッドラッシュ・スキンメッシュシャツ

    ファイントラックの最大サイズはXLなので、どうしようかと迷いましたが、
    手にとってみて、かなり『びよよ~ん』と伸びるので、もしかしたら行けるのではないかと、一か八かで踏み切りました。

    んー。
    ま、入りました。
    腕は8分袖くらいですが仕方ないか。どうにかなるだろ。
    わきの下がいっぱいいっぱいなので、ここから穴が空きそうな予感も。
    そして、鏡の前に立ちました。

    ・・・うっ・・・

    『KISS』のボーカルの『ポール・スタンレー』を彷彿させるその姿に、
    具合が悪くなって鏡の前から離れました。

    ポール・スタンレー
    私は胸毛は生えてませんが、
    思い切り伸びたメッシュから透けるお肌の具合がこんな感じに。

    『水を垂らしてください』と書いてあったので、前腕に垂らしてみたら『冷て!』
    まくり上げてみたら、しっかり濡れています。
    どうやらメッシュが引き伸ばされすぎて、隙間から堂々と浸入した模様。
    うむー。
    『私の場合』水の逆戻りに関しては期待できないなと。
    しかし逆に『超ピッタリフィット』のおかげで、汗の吸い上げは普通の人より上手く行くのではないかなと。
    これら2つの予測をして、実際に試してみました。

    奥秩父某所。日中の気温0℃前後で風はそこそこ強め。
    ちなみに翌朝の最低気温-17℃。
    えー。
    いでたちはと。

    スキンメッシュ → 古~いパタゴニアのアンダーウェア →
    アディダス・クライマクールのロングスリーブ → アウターの順。

    かなり薄着です。
    もち、汗冷え実験のためなのは言うまでもありません。

    実体験としては、動き始めて体が温まり始めるのが早いです。
    休憩時の汗冷えは・・・腰のあたり。
    理由は脊柱起立筋(背骨の両脇の筋肉)が盛り上がっているため、真ん中が溝になり、その部分がスキンメッシュと接触していないため、汗の吸い上げができてないことによります。
    要するに、私ならではの理由ですね。
    接触している部分に関しては『か・な・り』いい感じで『軽減』されました。

    以前はパタのアンダーが一番下でした。
    これはこれで非常に具合が良かったのですが、スキンメッシュの方がより良いです。

    パタゴニア・アンダーシャツ01
    パタゴニア・アンダーシャツ02
    ロゴが古いですね。素材は今でもある『キャプリーン』です。
    日本製のLLなのですが、つくりが大きいのと良く伸びるのでずっと愛用してます。

    率直な感想として『思い切って買って良かった』ってのが本音です。
    これからの山行は、この『スキンメッシュ』がしっかりと活躍してくれるでしょう。
    ニッコリ満足の一品です。

    ファイントラックのドライレイヤーは用途に応じて3種類あります。
    詳細は『finetrack ドライレイヤーシリーズの公式ページ』をご覧ください。


    最後はKISSの名曲『I Was Made For Lovin' You』でしめましょう!
    ロックンロール!!



    こちらがメンズ


    こちらがレディース



    | いでたち系 | 17:58 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    The North Face Elephant Foot - ノースフェイス・エレファントフット

    今回はノースフェイスの象足(半シュラフ)のご紹介です。

    ノースフェイス・エレファントフット01

    残念ながら現在は廃盤になっています。

    えー。
    昔は『半シュラフ』のことを『象足』と言っていたのですが、半シュラフが消えゆく今、『テントシューズ』を指すようになってきました。
    シュラフとは丈の短いシュラフで、ダウンジャケットと併用します。
    数年前『ナンガ』にあった?ような気がするし、ナンガは別注も受けてくれるようなので、それもいいかもです。(要確認)

    んで、見つけたのが『Brooks Range - Elephant Foot Sleeping Bag』です。

    ブルックスレンジ・エレファントフット
    ちょっとレトロな雰囲気でいい感じ・・・
    お値段は$299.95。円安の今となっては割高か。

    ノースフェイス・エレファントフット02
    これは私所有のやつです。
    実測で縦130cm、入口の幅57cmです。
    私的には横幅がきついけど、普通の人的にはこれで十分だと思います。

    私はビバーク用にと、かれこれ10年ほど前にアメリカから買いました。
    どっからだかは忘れましたが、$130くらいだったような、あやふやな記憶があります。そんなに高いものではありませんでした。

    ノースフェイス・エレファントフット03
    お尻のところと足元は丈夫な生地でできています。足元は内側も丈夫です。何でかと言いますと、ビバーク用なので『靴を履いたまま』入れる仕様だからです。

    メインの生地はノースフェイスの防水透湿生地の『HyVent - ハイベント』。
    中綿はプリマロフトで、しっかりしたロフトがあり温かい。
    マイナス20℃の状況でツェルトをかぶって、
    革製シングルの登山靴、いわゆる『ざんぐつ』と言うやつに、ウールの厚手のソックス1枚でも、爪先は何ら問題ありませんでした。

    ノースフェイス・エレファントフット04
    トマジューとの比較。仕様的に軽量・コンパクトとはいかない。
    重量も実測で575gあります。
    スタッフバッグはきつく、素手でないと入れるのが難しい。


    私のとはタイプが違いますが、こんな感じで靴のままズッポリ入ります。

    575gが重いか軽いかは山行タイプ次第ですが、テクニカルなクライミングをしない(できない)私にとっては迷うことは何も無く、厳冬期に命を守る道具として担いで歩く価値のあるアイテムです。

    非常用3点セット』共々、『お金で買える安全』はまず買って、しっかり備えておくことは大切ですね。

    よろしくベイべ~。


    ◇さかいや×NANGA(ナンガ)・エレファントフットスリーピングバッグ100

    価格:27,800円
    (2015/12/17 21:00時点)
    感想(0件)


    これはナンガとさかいやのコラボ。
    値段も手ごろでいいと思う。


    こちらの方が強力だと思う。

    | お泊り系 | 09:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    地下足袋ウォーキング ~正しい足運びを身に付けよう

    えー。以前、膝痛対策として
    地下足袋』を履いて『足運び』を覚えましょう的なレポをあげました。

    地下足袋ハイキングのススメ ~膝痛の方へ
    地下足袋ハイキングのススメ ~地下足袋の選び方

    ですが、
    さらに掘り下げた対策が必要と言うわけで、今回のレポを書くことにしました。

    私は週に3日ほど『地下足袋ウォーキング』をやります。
    時間にして30分~1時間とまちまちです。
    地下足袋で歩き始めると、あることに気付きます。
    かかとや膝への『衝撃が大きい』と言うことです。
    これは普段、いかに靴に頼った『乱暴な歩き方』をしているかという証拠です。
    よって、歩幅や着地の仕方などを意識しながら歩くことになります。
    何だか難しそうですが『心配ご無用!』。
    行って戻って来る頃には、何となく足運びのコツをつかんで、
    衝撃の少ない歩き方に近づいています。
    これを定期的に続け、また、普段の歩きにも取り入れると、
    自然と身に付いてくると言うわけですね。

    えーと先日、
    友人と初心者数人を連れて紅葉ハイキングにでかけました。
    その中に45kgほどの女性が居たのですが、
    歩く音が100kg超の私より『ドタバタ』と大きいのです。
    その場でも少しアドバイスしましたが、
    普段からも『地下足袋ウォーキング』をした方がいいとすすめました。
    ま、やってるかどうかは次回のお楽しみですけどね。

    マラソンランナーの話もしておきましょう。
    アフリカ出身のランナーの強さの一因は『着地の技術』です。
    彼/彼女らは、子供の頃から『裸足』で走って学校に通ったりしています。
    よって、
    関節や筋肉への負担の少ない走り方が、子供の頃から自然と身に付いているわけです。
    このことが『疲労の蓄積』を少なくするため、35km過ぎの一番苦しいあたりで、
    他の地域の選手との差となって現れてくるのです。

    さてと。
    私の場合は、自宅から2~3分も歩けば畑地帯になるので、
    そこらじゅう爺さん婆さんが地下足袋でウロウロしてます。
    私が地下足袋で歩いていても、何ら目立つことなく溶け込んでいますが、
    都会にお住まいで、しかも女性ともなれば、
    その辺を地下足袋でウロチョロしてると、奇異の目で見られること間違いなしです。
    よってこちらの『ビブラム・ファイブフィンガーズ』だと
    『地下足袋効果』もしっかりあるので、採用してみては如何でしょう?
    ・・・ちょっと高いのが玉にキズですが・・・。

    ファイブフィンガーズ
    こーんなお洒落なものもあります。

    地下足袋+インソール
    私は最低限の足の保護のために、
    『ヒールストライク(かかとの突き上げ)』用インソールを仕込んでます。

    山の基本は『歩く』ことです。
    当然のことですが、歩くこと無しに山には登れません。
    正しい『足運び』を身につけることは『いの一番』です。
    山にいる時だけが登山ではありません。
    山に真剣に向き合うために、日頃から地道に基本に取り組みましょう!


    ロックンロール。



    同様の効果のあるシューズたち。
    地下足袋では恥ずかしい方はこちらをどぞ。




    | 知っ得! | 09:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |