『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2015-07- | ARCHIVE-SELECT | 2015-09- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    登山のテクニック ~~尊敬する方のデジタル遺産

    『新☆あぶねえ山屋のページ』と言えば
    『あっ!』と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    残念ながら『あぶねえ山屋』こと管理人の『古田学さん』は、
    2003年に妙義の『星穴岳』にてお亡くなりになられてますが、
    サイト内の『登山のテクニック』の項目は現存してます。

    登山のテクニック

    この『新☆あぶねえ山屋のページ』は単独行者のサイトとして知られていて、
    その嗜好のある私自身も色々と学ばせて頂きましたが、
    いやいやいやいや。
    登山者全般に役立つことも多々掲載されています。
    単独志向以外の方にも是非とも目を通していただきたいサイトです。

    ビバークをしてみよう 』や 『雪上技術(初心者編)』

    は、初心者必見で、教科書的な本などよりよほどわかりやすいですね。

    どのページも、自筆のイラストをまじえ、これでもかと丁寧にわかりやすく説明されています。
    イラストや文章を見れば、どれだけの思いを胸にこのサイトを作り上げたかがひしひしと伝わってきます。
    管理人さんが我々に遺してくださった『思い』をしっかり受け止めて、ひとつずつ理解しながら読み進めて行ってください。
    私も含めみなさんの今後の安全登山に、管理人さんの思いと共に活かして行きましょう。

    ジオシティーズの無料サービスですし、いつ無くなってしまうかわかりません。
    Vector』などにウェブサイトダウンロードのフリーソフトはいくらでもあると思うので、ダウンロードしてご自分のパソコンに保存されることをおすすめします。
    ちょっと読みにくいので、ホームページの知識のある方は、フォントを『メイリオ』に置き替えると読みやすくなりますよ。

    私ごときがあれこれうんちくるより、サイトをご覧になってください。

    『登山のテクニック』

    もっと早く『新☆あぶねえ山屋のページ』ごとダウンロードしてればなって。

    スポンサーサイト

    | ☆ ~死にたくなければ~ ☆ | 09:04 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    Exped Mesh Helmet Holder/ エクスペド・メッシュヘルメットホルダー

    ここ数年、北アルプス各所など『ヘルメット奨励』エリアが拡大しています。
    救助に携わっている方と話す機会がありまして、
    今までは大した転・滑落で無くても『頭部裂傷』で大怪我になったり、最悪『致命傷』となることもあったのですが、ヘルメット着用により、四股の骨折等の致命傷とならない大怪我で済む場合が多いとのことです。

    今回は、その大切なヘルメットをしっかりザックに固定する『ヘルメットホルダー』について述べたいと思います。

    外付けの場合、ヘルメットは上手く固定するのが難しく、色々工夫してましたが結局大きめのザックに入れてました。
    最近のザックにはヘルメットホルダーを備えたザックもありますが、そう言うザックを持っていない人にとっては、別売りを利用するしかありません。

    私が選択したのは『エクスペド・メッシュヘルメットホルダー』です。
    諸々検討してみて、他のメーカーのザックや、ザックの大小への対応に一番優れていると思いました。

    エクスペド・ヘルメットホルダー
    詳細は『エクスペド・メッシュヘルメットホルダーのページ』(英語)を見てください。

    エクスペド・ヘルメットホルダー01
    パサッと置くとこうなります。

    エクスペド・ヘルメットホルダー02
    まずはヘルメットにかぶせます。
    伸縮性がありますので、伸ばしてしっかり包み込みます。

    ヘルメットは『CAMP Highstar - カンプ・ハイスター』。
    正面にオオカミだか何だかのステッカーが貼ってあったが、かっちょ悪いので剥がしました。
    今はロックスターになってるのかな。6~7年前に購入。比較的新しい。

    カシン・ロックヘルメット
    ちなみにその前は『CASSIN Rock Helmet - カシン・ロックヘルメット』の赤をかぶってました。
    要するに、今のカッコイイ系のヘルメットが似合わない顔立ちなのです。(泣)
    カンプとカシンが合併だか買収だかのあたりで廃盤。

    エクスペド・ヘルメットホルダー03
    ミレー・トリオレ』に付けてみました。

    エクスペド・ヘルメットホルダー04
    取り付け方は超簡単。
    フック付きの長いループを、ザックのループなど好きな所にくぐらせ反転させて、
    小さいループにフックを引っ掛けて固定します。

    ドイター・ヘルメットホルダー
    ドイターからも同じようなのが出てますが、自社のザック専用のようです。
    わたし的には『万物共通』にしといた方がよく売れるだろうにと思うのですが、
    メーカー的考えは違うのかな??
    詳細は『ドイター・ヘルメットホルダーのページ』をどぞ。

    ミレー・ヘルメットホルダー
    見た目的に一番あか抜けたデザイン。
    ほとんどのザックに取り付け可能とのこと。
    詳細は『ミレー・ヘルメットホルダーのページ』をどぞ。

    ヘリテイジ・ヘルメットホルダー
    ヘリテイジのも万物共通ですね。
    ループが長いので、持て余しそうな気も・・・。
    詳細は『ヘリテイジ・ヘルメットホルダーのページ』をご覧あれ。

    最近は『家出少年』のように、ザックに諸々外付けしてる人を見かけますが、
    なるべく外付けは避けるべきです。
    しかし、大型のマットなど、どうしても外付けせざるを得ないものもありますが、
    すんなり歩くにはブラブラさせないことは大事なことです。
    きっちりザックに固定した方がいいのは言うまでもありません。
    外付けも左右バランスが取れるように付けるべきです。
    大型ザックですと、下の方にマットを横付けできるストラップが付いてるのもありますね。
    岩場などを通過するコースに行く場合は、外付けを避け、膨らますタイプのマットにしてザック内にちゃんと収納しましょう。

    ・・・。
    アイテムを紹介した後で何ですが、
    結局のところ、ヘルメットもマットもザイルも大きめのザックに入れてしまうのが一番です。

    悪しからず。 by 藤谷美和子


    EXPED - Mesh Helmet Holder [エクスペド メッシュ ヘルメットホルダー]【DM便対応】

    価格:1,944円
    (2015/8/16 10:58時点)
    感想(0件)







    【ヘリテイジ】ヘルメットホルダー ★バックパックへのヘルメットの固定に★【ネコポス対応】

    価格:3,132円
    (2015/8/16 10:59時点)
    感想(1件)




    | 運ぶ系 | 10:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    ペタンコ水筒 ~プラティパス&エバニュー・ウォーターキャリー

    えー。
    今回は、もう完全に定番化した感のある『ペタンコ水筒』についてのお話です。
    私は古い人ですので、これを手にした時『テン場の水汲み用』だと思っていましたが、諸々使えるので、見て行きたいと思います。

    プラティパス
    プラティパス
    定番中の定番、platypus

    最近は『ハイドレーションシステム』なるもので、ザックを下ろさずに水が飲める画期的なスタイルが定着してきました。
    もうかなりの方が採用されているのではないでしょうか。
    ん?私?
    ・・・は採用してません。
    私は水の消費が激しいため、簡単に飲めるようにしてしまうと、調子に乗っていくらでも飲んじゃうからです。
    しかしこれは、いわゆる『わたし的』な理由ですので、普通の体格の普通の方たちにとっては、非常にいいシステムだと思います。

    プラティパスは諸々、諸っ々アクセサリーが出ていて、見ているだけで夜が明けそうですし、全部使用してレポしたりすると、
    ブログ名称を『それいいなのプラティパス』に変えなきゃならなくなります。

    詳細をご覧になりたい方は『プラティパスの公式ページ』をどぞ。
    『モチヅキ』が輸入代行やってますね。

    エバニュー・ウォーターキャリー01
    後発の逸品、エバニュー・ウォーターキャリー。
    後発ゆえ、色々改善点が見られます。

    プラティパス&エバニュー・ウォーターキャリー
    両者を並べてみる。
    プラティパス2.5L、エバニュー・ウォーターキャリー2L。

    エバニュー・ウォーターキャリー02
    改善点1 ~クルクル巻いて、付属のヒモで固定できます。

    エバニュー・ウォーターキャリー03
    改善点2 ~フタを無くさないような工夫もあります。

    それにこのフタは、中学~大学の頃お世話になった、同社の『エバーポリタン』を彷彿させます。

    エバーポリタン
    ポリタンと言えばコレ!
    今も昔も変わらないエバーポリタン。(ラベルが昔とちょっと違う)
    どんなに美味い水でも、ポリタン臭で不味くなってしまいます。
    用途は完全に他のアイテムに奪われた感があるので、近々無くなってしまうかも。

    しかし私としては

    水 = オレンジのキャップをひねる

    的なイメージがあり、
    プラティパスよりはウォーターキャリーの方が好きですね。
    値段も半分 くらいだし。

    エバニュー・ウォーターキャリー04
    っとそう言うわけで、もうひとつ買ってしまいました。
    プラティパスの2.5L + エバニュー2Lが2個 + ペットボトル1.5L
    合計8Lあれば、行動中にさほど水不足には悩まされないです。

    しかしこの『ペタンコ水筒』はいいことずくめではありません。
    スポーツドリンクなどを直接入れた場合は、きちんと洗わないと『きのこ』っぽい臭いがしたり、最悪『カビ』が生えてくるのでご注意を。
    私は『水オンリー』で使うのでその心配は少ないですが、しっかり干すようにはしています。
    コツは『膨らませて』『口を下』にして、風通しの良い所に吊るすことです。

    スポドリは1.5Lのペットボトルに粉を入れて、それにペタンコ水筒から真水を入れて作ります。
    水を移すにはコツが要りますが、そのうち慣れますので大丈夫です。
    ペットは山行後に廃棄。ペタンコ水筒は干すだけ。
    後処理は簡単です。

    エバニュー・ハイドレーション
    エバニューにもハイドレーション・アクセサリーがあります。

    えー。
    私のように『真水』で、しかも『限られた用途』にだけ使いたい方は、エバニュー・ウォーターキャリーの方が使いやすいと思いますが、
    アクセサリを取っ替えひっかえして『自分好み』にアレンジしたい方は、プラティパスの方がいいと思います。

    ご自分の登山スタイル、やりたいことに鑑みて、お好きな方を選んでください。
    どちらのスタイルを採用しても、満足のいくアイテムになると思います。


    ロックンロール。







    | ウルトラライト(軽量化) | 17:30 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |