『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2015-08- | ARCHIVE-SELECT | 2015-10- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    Black Diamond Moji - ブラックダイアモンド・モジ・ランタン

    今回のアイテムは、ブラックダイアモンドの『モジ』と言うランタンです。

    モジ・ランタン
    3色ラインナップ。
    私はブレージングイエローなる、何だかわけわからん黄色を選択。

    なぜランタンを買うはめになってしまったかと申しますと、
    思い出すも涙、語るも涙の物語が・・・。
    お気に入りで、以前ご紹介した『スノーピーク・たねほおずき(黒)』が行方不明。
    テント撤収時にザックに入れ忘れたか、どこでどう無くしたか心当たりは全くなし。
    ただ、無いのです。
    大雑把で忘れっぽく、おまけに慌てん坊なので、ほんとにブルーになります。

    でま、諦めてもう一回買いなおそうとしたのですが、何と黒は廃盤の模様。
    アマゾン、楽天も売り切れ状態。
    じゃーヤフオクでもと思ったのですが、プレミアがついて、中古でも高額で取引されてましたので、新しいものをとなった次第です。

    んで目を付けたのが、今回のこのランタンですね。
    同じくブラックダイアモンドの『オービット』にしようかと迷いましたが、コロッとした外観と暖色系の灯りに惹かれて『モジ』にしました。

    モジのスペック:
    重量:122g(電池込み)
    全光束:100ルーメン
    電池:単4アルカリ×3本
    最大電池寿命:70時間(低照度)

    オービットのスペック:
    重量:132g(電池込み)
    全光束:105ルーメン(ランタンモード) 50ルーメン(フラッシュライトモード)
    電池:単4アルカリ×4本
    最大電池寿命:ランタンモード=70時間 フラッシュライトモード=70時間

    ふむー。
    似たようなもんですね。


    オービット・ランタン
    オービット・ランタン。
    最近バージョンアップして性能が良くなった。

    モジ・ランタン01
    某ショップで買ったのですが『割引対象外』。
    何だか買う品買う品、対象外のアイテムが多い気がする。
    ぶつぶつ。

    モジ・ランタン02
    公式ページの写真よりも実物は黄色に近いです。
    レモン色をイメージしてください。

    モジ・ランタン03
    実測87g(電池抜き)。

    モジ・ランタン04
    モジ・ランタン05
    光量はボタンの長押しで調節。
    気に入った明るさの時にボタンを外せばよい。
    相変わらず写真がヘタクソ。

    使った感じは『満足』。
    重さは『たねほおずき』のほぼ2倍だが、明るさはずいぶん明るい。
    愛用の『ヒルバーグ・ソウロ』で使うには7割ほどに絞っても十分すぎる明るさ。
    ブラックダイアモンドのランタンはフックが使いやすいことで有名ですね。

    モジ・ランタン06
    フックを半分立てて細引を挟むようにしてー

    モジ・ランタン07
    90度回転させてフックを閉じる。
    カラビナ要らずのナイスアイデア。

    吊るすだけでなく、逆さまにすれば置き型としても使えるので、
    テント外での食事にも使えますね。
    んで、何より定価¥2,592と安い。
    コスパ、見た目、使い勝手、どれをとってもニンマリのアイテムです。
    今度は無くさぬようにせねば。

    詳細は、こちらの『ブラックダイアモンド・モジの公式ページ』をどぞ。

    さあ~てと。
    そろそろ美しい秋山シーズンに突入です。
    以前アップしました

    秋山登山に向けて~ くれぐれも・・・

    をしっかり見ていただいて、
    美しさと恐ろしさの共存をあらためて認識しておきましょうね。

    ろっくんろーる。






    スポンサーサイト

    | お泊り系 | 13:11 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    新☆あぶねえ山屋のページ

    えー前回

    登山のテクニック ~~尊敬する方のデジタル遺産

    としてレポートしましたが、

    ・・・。
    ぅうっ・・・(泣)

    何と大元の『新☆あぶねえ山屋のページ』を見つけることができました。(涙)

    新☆あぶねえ山屋のページ01

    これで古田さんの素晴らしい山行記録なども、ほぼ全て見ることができます!
    『登山記録』『登山のテクニック』もいいですが、私は『雑記帳』のページがためになったと言うか、色々考えさせられました。

    ただ、どこの掲示板にも登場するのですが、訳のわからん金儲けの話しや、アダルト系など、トンマな投稿をするウジ虫どもが湧いているのがひじょーにムカつきます。
    っつーか、関係者やファンの方々が『追悼』とかお悔やみを投稿してあるのに、そう言う投稿をする下衆どもをウジ虫と一緒にするのはウジ虫に失礼かなとも思います。
    今見ても腹立つなー。
    つかまえて『ピーッ』って言わせてやりてーなー。

    ま、ま、ま・・・。
    そういう連中は無視して、気を取り直してサイトを眺めてください。
    久しぶりにトップの『奥穂』の写真見ました。北尾根5峰頂上あたりからの写真かな?たぶん。
    その前はどこの写真だったか忘れましたが、ちょいちょい写真が入れ替わってたような気がします。
    何だか、良く見ていた頃を思い出して、懐かしい気持ちになりました。

    では 新☆あぶねえ山屋のページ をどぞ!

    アーカイブなので、読み込みに時間がかかりますし、あれこれ不便はありますが、そこは仕方ないでしょう。

    新☆あぶねえ山屋のページ02  新☆あぶねえ山屋のページ03
    こう言うバナーまで手作りです。
    このサイト作りに掛けた思いが、こんな小さな所からも伝わってきますね。
    熱くて、人にやさしい方だったんでしょうね。



    | ☆ ~死にたくなければ~ ☆ | 14:46 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |