『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2015-12- | ARCHIVE-SELECT | 2016-02- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    目出帽(めでぼう) ~顔の防寒について

    んーと。
    前々回、前回と『頭部の防寒』アイテムのレポをあげました。
    今回はちょっとまとめ的なレポの位置づけですね。

    ま、ご存じの通り、一口に冬山と言っても、その時々のコンディションで、超快適な時もあれば鼻水ダラダラの時もあります。
    よって、その時々に合わせるのはもちろん、これからどんなシチュエーションが待ち受けているかを予測してのアイテム選びが大切になります。
    低山ハイキングと本格冬山、樹林帯歩きと稜線歩きなどですね。

    まずは分割式

    キャップ&マスク
    ホームセンターかディスカウントショップで買った、フリースキャップとネオプレーンマスク。
    両方足しても1000円くらい。
    マスクの換気口っぽいのは単なるお飾り。

    意外と応用がきくのがこの手。
    マスクは必要に応じて上げ下げすればよい。

    ネオプレーンマスクの好きなところは、マスクと顔の間に隙間ができることで変な密着感が無く、湿って凍ったりベチャベチャになっても顔にくっつかないことで不快感が少ないところです。
    それにこのマスクは鼻部分の穴が大きいので呼吸が楽です。
    ですがその分、鼻っ柱は冷えます。
    口周りの乾燥・・・、気持ちなりにくいかなと思います。
    普通の目出帽のように密着すると、肌の油分が拭き取られる感じになるのがカサカサの原因かもしれませんね。


    目出帽


    アウトドアリサーチ・ソニック・バラクラバ

    ソニック・バラクラバ01

    この目出帽の好きなところは、レポにも書いたように『首まわりスッキリ』なところと、目の部分のオープンが大きいので、容易に顔出しできます。分割式と大差なく応用がききます。
    鼻のオープンも大きく、口は生地にパンチ穴を開けたものでなく、フルオープンにメッシュを追加した形なので呼吸も楽です。
    でもやはり、呼吸が楽と言うことは、↑のマスク同様で防寒と反比例ですね。


    クライム・アークティック・バラクラバ

    Klim Arctic Balaclava01

    これは着脱が面倒なので、もうテン場から着けて行きます。
    鼻・口がフルオープンなので、呼吸は一番楽な半面、鼻っ柱はもろに冷たくなります。
    これは逆に目の部分のオープンが小さいので、ゴーグルの枠内に収まるのはいいのですが、鼻・口のカバーの上にゴーグルが乗って隙間ができるので曇ってしまいます。
    この目出帽とは『オーバーグラス』って言う、メガネの上からかけれる大きいサングラスと相性がいいので、今はその組み合わせにしています。

    AXEオーバーグラス
    『AXEオーバーサングラス』
    レンズは濃いのとうすいのがあるので、濃い方を選択。
    横部分にもレンズがあって、しっかり全体がカバーされている。
    山では普通のサングラスより使い勝手はいいと思う。

    やっぱり顔の防寒で一番の案件はゴーグルを曇らせない目出帽選びでしょうね。
    しかし、こればっかりは、顔の形とゴーグル目出帽の相性で決まるので、目出帽をした状態でゴーグルを選ぶのがいいのかなとも思います。
    店員さんには微妙な顔をされそうですね。

    意地でもゴーグルを曇らせたくない場合は、鼻を目出帽の目の部分から出してしまうと言うこともやります。
    もち、鼻っ柱は冷たいですけどね。
    鼻を優先させたい時はゴーグルを外します。
    この時、おでこ上げても、首に下げても、胸ポケットに入れてもいずれも曇ってしまうので、再度はめる場合は拭き拭きする必要があります。
    本当は、ゴーグルをつけたらつけっぱなしにしていた方が曇りにくいですね。

    ・・・。
    ・・・・・(汗)
    っと言うわけで、
    『これで完璧』的なアイテム紹介はできずに終わってしまいました。
    まだまだ工夫の余地ありです。
    っつーより、目出帽とゴーグルの進化を待つしかないのかもしれません。

    ま、顔の防寒に関しては、ひとまず継続の課題として、これからも『あーじゃない。こーじゃない。』とやって行きたいと思います。
    そのうちいいアイデアが浮かんだら続編をアップしますので少々お時間をください。

    現在、顔の防寒と同時進行で、手・足の防寒についても『あーだ。こーだ。』やっております。
    そゆことで、これまた顔同様、試行錯誤の段階ですが、次回は『手の防寒』に関しての何らかのレポを予定しています。

    よろしくベイベー。



    これ私と同じ。駄菓子レベルのお値段。




    クライムのに似たやつがファイントラックから。


    レンズの濃い方。




    スポンサーサイト

    | 冬山系 | 09:25 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    Adidas Flemish Weather Cap - アディダス・フレミッシュ・ウェザー・キャップ

    えーと。
    前回に引き続き『頭部の防寒』に関するレポです。
    んで今回ご紹介するのは『アディダス・フレミッシュ・ウェザー・キャップ』と言う『自転車用』の防寒アンダーヘルメットキャップですね。

    adidas Flemish Weather Cap01
    adidas Flemish Weather Cap02

    もちろん、ヘルメットをかぶった時に快適なようなつくりになっています。
    実際の耳まわりはこんな風に四角くなる感じではないです。

    adidas Flemish Weather Cap03
    小さいツバが何となくお気に入りです。

    おでこの部分は防風生地で、他は通気性の良いジャージっぽい生地。
    裏は極薄のフリースが合わさっていて防寒対策されています。
    耳の部分はストレッチする薄めの生地で、防寒素材では無いのですが、耳が直接風にさらされるのを防いでくれるので、特に寒さを感じたことはありません。
    最も気に入っている点は、ヘルメットが浮いたようになることも無く、何も無い時と同じように普通にかぶれるところですね。

    ただ私個人の問題ですが、何と言いますかそのーーー。

    大魔人01
    私の顔はこんなんじゃないのですが、帽子と顔の境目の雰囲気がちょうどこんな感じになって、何と言うかもう本当に似合わないのです。
    でも、サングラスをしたりすればごまかせるし、このキャップをかぶって山ガールにアピールするためでもないので、そこは目をつぶって普通に使っています。

    TNF MetCap
    ノースフェイスのヘルメットキャップも似たような形。
    お値段\7,020也。
    高いぞなもし。 by にゃんこ先生

    要するにヘルメット用のキャップは、登山用にせよ自転車用にせよ似たような形をしてるのです。
    そう言うわけで、山ブランドにこだわらず、広い目で見てみれば、いくらでも同じ機能の物で安いものはたくさんあります。
    ちゃりんこ用のヘルメットキャップは山用に比べ多種多彩ですので、お気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。


    ろっくんろーる。







    | いでたち系 | 14:22 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    Klim Arctic Balaclava - クライム・アークティック・バラクラバ

    え~、只今ー。
    顔・手・足の防寒アイテムを色々試している最中です。
    んで今回はその第一弾として、試して見て面白かった『Klim Arctic Balaclava - クライム・アークティック・バラクラバ』と言う『バイク用』の目出帽のご紹介です。
    去年の今頃入手して、2シーズン目くらいですかね。
    以前紹介した『アウトドアリサーチ・ソニックバラクラバ』と気分次第で使い分けています。

    Klim Arctic Balaclava01
    じゃん。
    これを見ると、とってもかっこいい気がする。

    んが、すぐに思い浮かんだのが、

    alice the goon
    ポパイに出てくる『Alice the Goon - アリス・ザ・グーン』
    『ザ・まぬけ・アリス』ってな、ちょっと可哀想な名前です。
    日本版で『ポーパイが好き。ポーパイが好き。』って連呼してる変な女?です。

    Klim Arctic Balaclava02
    Klim Arctic Balaclava03
    これ、わたしの。

    このバラクラバの最大の特徴は、ゴーグルを曇らせない構造です。
    呼気がアゴのあたりに抜ける構造になっています。

    Klim Arctic Balaclava04
    鼻と口の部分はフルオープンで、
    呼気はネオプレーンでできたトンネルを通ってアゴのあたりに抜けます。

    ゴーグルの曇りにくさで言えば、私が所持した中では一番な気がします。
    でも、ゴーグルとの相性で、ゴーグルが浮いたような感じになるので、
    現時点ではこの目出帽を使う時は『サングラス』とあわせています。
    中にメガネが使えるでっかいやつですね。

    来シーズンはこの目出帽を持ってアルペンかどっかに行って、ジャストなゴーグルを探そうと思っています。(今年はもう金欠のため断念)
    ジャストが見つかれば『ムフフ』ですね。
    目出帽ゴーグルの大きな悩みが解決されますからね。

    鼻と口がフルオープンなので、呼吸は非常に楽です。
    ヒーハーで登っている時に、口の部分を下げて直で空気を吸うことをしなくてもいいです。しかし、逆に一つ難点をあげるとすれば、常にキンキンに冷えた空気を吸い込むことになります。風からは守られているので、凍傷になったことはありませんが、鼻はとっても冷たいです。
    残念ながらここは一長一短ですね。
    襟を上げると当たるのもちょっと気になります。

    首周りが長いのも一長一短で、余裕を持って装着できる時であればいいのですが、行動中にかぶる時などはジャケットを開いて、一度上に上げるようにして中に入れないといけないので面倒ですし、だいたい後ろ側がはみ出したまんまになっています。
    只今、カットしようかどうしようか迷っている最中です。


    この動画は特徴がわかりやすい。

    んーまー。
    目出帽ひとつ、手袋ひとつとっても、なっかなか『!』なアイテムを見つけるのは困難です。
    散財が止まる気配はありませんが、考えて試してってやるのも楽しみの一つですね。
    天気とにらめっこ、岩とにらめっこ、雪とにらめっこ。
    んで、ヒーハーになりながら目的を達成するのも楽しいですが、気に入った道具と共にそれをやるとさらに楽しみが増しますね。
    だから山は楽しいのです。
    去年の山行日数は44日でした。連休が少なく日帰りが多かったので意外です。
    今年は50日を目指したいなー。

    詳細は『Klim Arctic Balaclavaのサイト』をどぞ。(英語)


    ロックンロール。



    良く似たやつがファイントラックから。



    >> Read More

    | いでたち系 | 17:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    燃料ストーブのうんちく ~ちょっとまとめてみます

    えー。
    ストーブのうんちくに入る前に。
    私の山における『炊事』は『かまど』から始まります。
    工事現場から『鉄筋』をもらって来て、7~80cmほどのを2本、キスリングの上にくくりつけて持って行きました。
    んで、石で組んだ『かまど』の上に渡して、飯盒をぶら下げたり、上に鍋を置いて煮炊きしていました。

    次は『缶入り固形燃料』です。
    パカッと蓋をあけて、付属の簡易五徳を乗せて、燃料に直に点火して使っていました。
    そんな中、友達が釣り好きの親父さんから借りて来た『キャンピングガス』と言うメーカーの青いガスストーブが何とも羨ましくて、負けじと『EPIgas BPストーブ』を買ってもらいました。

    ・・・っとまあ、思い出話はこの辺でとどめておいて本題本題っと。

    えーとー。
    おおまかに登山用ストーブは、
    液体化石燃料を使う『燃料ストーブ』。
    カートリッジに入ったガスを使う『ガスストーブ』
    燃料用アルコールを使う『アルコールストーブ』があります。

    男性は女性に比べて『収集癖』があるそうです。
    んでもって『火遊び』が大好きです。
    その男心を2つ同時に満たしてくれるのが、
    今回うんちくる『燃料ストーブ』たちなのです。
    えっへん。

    私はもち両方の性質を持っておりますので、燃料ストーブとおまけ的にアルコールストーブを持っています。
    ちなみに今、ガスストーブは1つも持っておりません。

    ではうんちくって行きましょう。

    まず長所

    味がある:
    それぞれに独特の『燃焼音』があり『コツ』がありと、それだけで楽しめる。

    悪条件に強い:
    例えば厳冬期。極寒でも変わらず、安定した火力をキープ。

    経済的:
    タンクに燃料を継ぎ足せばよいだけ。
    ガスカートリッジ式は微妙に残った場合の処遇に困る。

    んで短所

    取り扱いにコツが要る:
    失敗して、たまにテントを燃やす人までいます。(知人約1名を含む)
    しかしこれは長所と表裏一体。

    におい:
    私はプレヒート(予熱)にアルコールを使うので軽減されますが、
    それでも、火が安定するまでと消火の時に若干においます。
    ですが私は、白ガス(ホワイトガソリン)の臭いを嗅ぐと、
    『あ~山にいるな~』
    と言う実感がわきあがります。
    少々の臭いなら悪くないですね。


    私の愛用品 (名前をクリックするとレポへ飛びます)

    MSR Dragonfly - ドラゴンフライ

    dragonfly maintenance06

    現行品で所持してるのはコレのみ。
    爆音もいいし、火力調整はピカイチ!消えそうに燃えそうなトロ火まで絶妙。
    写真の五徳アダプターを自作すれば、小さなコッヘルでもOK。
    現行品ではこれが一番いいと思います。
    ・・・。
    ただ、悲しいことに、ポンプを壊して休眠中。
    1度目はポンプを買い替えましたが、2度目は・・・。


    Max Sievert Svea 123 - マックスシーバート・スベア

    Max Sievert Svea01

    独特の燃焼音があり、その良さは言うに及ばず。
    しかし、個体によってかなり差があります。


    知る限りブロ友の『bp-hiro』さん所有の物が最高です。

    bp-hiroさんや私が持っているのは、名品中の名品『マックスシーバート製』。
    オプティマスが後継機の『スベア123R』ってのを出してますので、よほどこだわる人でなければ、十分にスベアを楽しめます。


    Primus 96 - プリムス96

    Primus96_01

    80年くらい前のストーブですがバリバリの現役。
    たまにいる『爺さんロックンローラー』的な存在です。
    ケロシン(灯油)専用なので、ランニングコストが非常に安い。
    ちょっち臭い(石油ストーブの点・消火時のにおい)ので、換気をバッチリしないとダメですけど、意外と出番が多いです。


    Phoebus 725 - ホエーブス725

    ホエーブス725 01

    通称小ブス。
    大火力と、ドラゴンフライ弱の爆音で、とっても『剛』なストーブです。
    結構綺麗なのが手に入りました。
    何度お願いしても譲ってくれなかった先輩に見せびらかしてやるーーー。


    最新の高性能器

    Primus OmniLite Ti - プリムス・オムニライト・チタン

    Primus OmniLite Ti

    これこれこれ。注目の逸品。
    ドラゴンフライ系のうるさいストーブ。
    チタン製なので軽量な上に、燃料ストーブの良さはしっかり持ったままです。
    オマケにガスカートリッジも併用できます。


    ドイツ語なので何と言っているのかさっぱり。

    コンパクトにまとまっている上に、構造が良く非常に使いやすそうです。
    こんな素晴らしい製品なのに、どうやら国内の正規販売は無い模様。
    現時点では、海外から買うか、並行輸入して売ってるショップから買うしかないのが難点。

    他にも『Optimus NOVA』なども完成度が高いと思います。

    スベア、小ブスに関しては、
    非公式に『赤ガス(レギュラーガソリン)』も使用できますが、
    長期間使わずに放っておくと、ニップルが目詰まり気味になります。
    ニードルでつつけば穴は回復しますが、好調さを取り戻すまで時間がかかります。
    今は安い白ガス(ホワイトガソリン)も売られてますので、白ガス専用にしています。



    ま、私としましては何だかんだ言っても『燃料ストーブ』に絶大な信頼を置いていますので、これからも燃料ストーブを使い続けて行くつもりです。

    夜・露・死・苦っっ!







    並行輸入品。だいぶ値が下がった気がする。


    | ストーブ | 09:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    Phoebus 725 - ホエーブス725


    ブス、バスガイド、バス、ガス爆発


    ブス、バスガイド、バス、ガス爆発


    ブス、バスガイド、バス、ガス爆発~~っ!



    はあっ、はあっ、はあっ。

    ん?

    あ。
    喜びのあまり、つい暴走してしまいました。

    えー、今回は、
    念願叶ってようやく入手した
    ホエーブス725(通称:ブス or 小ブス)』についてのお話です。

    ホエーブス725 01
    じゃん。
    ハンガリーだかどっか東欧から入手しました。
    缶も新しいし、ラベルのハゲもわずか。

    この『ホエーブス725』は年代によって、
    『緑丸缶、緑角缶、赤丸缶』があって、
    型も『旧旧型、旧型、新型』とあるらしい。
    らしい。
    そ。
    らしい。
    も、そこまでは詳しくありません。

    私としては『ホエーブス=赤缶』のイメージが強いのですが、ブロ友の『bp-hiroさん』のレポ『マナちゃんと小ブスの点火テストとストーブの歴史(^_^)V』を見て『むむむ』と思ったのと、パッキングのしやすさを考えると、やっぱここは『角缶』が欲しいなと言うことで、ずーっと探していました。
    そう言うわけで、秋頃に『結構な上玉』を手に入れることができました。

    えー。
    小ブスの特徴は何と言ってもその『大火力』です。
    ごーっと言う『爆音』とともに速攻お湯が沸きます。

    ホエーブス725 02
    プレヒート中。
    風防のせいで中の炎が見にくい。

    ホエーブス725 03
    点火直後。
    まだ炎は大きくない。

    ホエーブス725 04
    エバニュー・チロルクッカー』とのコラボ。
    爆音立てて絶好調。

    使ってみた感想をあげて行きたいと思います。

    ~~その1

    MSR ドラゴンフライ』弱くらいの爆音です。
    一応、それなりに火力調節は利きますが、何と言うか、スポーツカーのハンドルのように、ちょっとの操作で大きく反応します。
    それに、ブスは古くなると調節が堅くなりやすく、さらに微妙な加減が必要です。
    ま、慣れますが。
    トロ火調節のやりやすさは

    ドラゴンフライ >> スベア >>>> ブス

    な感じです。

    YouTubeにドラゴンフライやブスの『静音化』系の動画が良くアップされてるし、私のブログにも同様のキーワードの来客がちらほら。
    あくまで個人的な意見ですが、ドラゴンフライ、ブス、スベアどれをとっても『特徴のある燃焼音』があるからこその名器だと思ってます。
    モナリザの絵にお化粧をして、美人になった~!って喜んでるように思えます。
    どっかの教会のキリストの絵を修復したら『サル』になったー。みたいな。
    それらと同じように感じるのは私だけかな。

    そんなに静音が好きなら、最初っから静かなストーブを買えばいいと思います。
    おすすめは『SOTO MUKAストーブ』。
    恐らく小ブスよりも大火力だと思います。
    操作も失敗が少ないように色々と工夫されています。
    何かの賞を受賞した名品だそうです。
    火力調節は利きませんけど。

    MSR ウィスパーライト』も同様に静かです。
    これも同じく火力調節が利きませんけどね。

    ~~その2

    塗装とラベルが微妙。
    見た目的には両方とも惚れ惚れするほど美しいのですが、ともにハゲやすいです。
    何十年も経っているのでなおさらです。
    ハゲ始めたら、アロンアルファを塗って防止すると聞きましたが真実やいかに。

    ~~その3

    信頼できます。
    コレ大事です。
    燃料ストーブ一般に言えるのですが、極寒の中でも火力をキープ。
    最近のガスストーブも遜色無いらしいですが、やっぱしここは譲れませんね。

    ~~総評

    素晴らしいの一言。
    見た目がいい。音がいい。使いやすい。火力が強い。
    ・・・ちょっち重いけど。

    ・・・ふう。
    ですが、
    もう『火器集め』に関しては、これで終わりにしようと思います。
    私が名品だと思う『4器』は全部手に入れましたし。(次回レポします)
    福沢さんが束になって私のもとから去って行きます。
    金欠で山に行けなくなっては、本末転倒も甚だしいですからね。

    ホエーブス725の詳細はこちらの『小生の書斎・キャンプ道具の部屋 PHOEBUS

    がわかりやすいです。

    こちらが『ホエーブス725のリペアマニュアル

    えー・・・。
    新年一発目にもかかわらず、冒頭でお見苦しい点がございましたこと、謹んでお詫び申し上げます。

    明けましておめでとうございます。
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。


    ロックンロール。




    | ストーブ | 15:50 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |