『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2016-07- | ARCHIVE-SELECT | 2016-09- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    Millet Prolighter 60+20L - ミレー・プロライター60+20L

    えぇーと。
    このザックを背負った人を見て以来ずっと欲しいと思っていて、
    国内で買えないかと探していたのですが、ついに見つからずに、しびれを切らして2月に『ebay』でアメリカから購入しました。
    送料含めて3万後半かかってしまいました。
    2014年以来ミレー・ジャパンのウェブサイトには載っているのですが、国内で売っている所が見当たりません。
    持ってる人たちは私も含め、みんな海外から買ったのかな?

    millet prolighter60 01
    私の写真はピンクがかっていますが、実際はこの色です。

    このザックの容量は『60+20L』となっていますが、上の写真よりさらに背を低くできますので、40Lくらいの感覚で使うこともできます。
    横幅・マチとも大きめで、背を低くした時はぽっちゃり系になります。
    昔の名品中の名品、カリマー『ジョー・ブラウン』のような感じです。

    ジョー・ブラウンについてはこちらの『カリマーのザック.ジョーブラウンⅢ』がわかりやすいです。

    millet prolighter60 02
    これわたしの。まだ2回しか使っていないので新しい。
    これが基本的な背丈で60L的な感じ。

    millet prolighter60 03
    背中側はカラフル。
    ショルダーベルトは薄めだが、ホールド感と柔らかさがマッチして絶妙に背負いやすい。
    ヒップベルトは取り外し式だし、胴体を短くしてあるので、ハーネス着用時でも干渉しないつくりです。

    millet prolighter60 04
    『イージー・エクステンド』と言う雨蓋の位置調節システムが、名前の通り非常に使いやすい。
    真ん中の2本通ったバックルひとつで簡単に調節できます。

    millet prolighter60 05
    もちろん本体のトップにザイルを固定するストラップも付いています。

    millet prolighter60 06
    上部3分の1はジッパーでガバッと開けるので、パッキングが非常にやりやすい。

    総評としましては『中~大型ザック兼務』的なザックで、幅広い山行に対応できると思います。
    まあ、伸ばして80L目いっぱいで使うことはしない予定ですので、40~60L的に使って行きます。
    背負った感じもフィット感が良く、荷物が軽く感じます。
    唯一の難点は、背中側がほぼフラットなので、通気性が悪いところですね。
    ですので、寒い時期用にしようと思っています。
    自分が写った写真を見ると、派手で色が良く映えて、私であることがすぐにわかります。
    これらも含めて雪の中向きのような気がしますね。
    普通の登山からバリエーションまでビシバシ使って行こうと思います。

    ろっくんろーる。

    ・・・。
    その前にしっかり足を治さないと。

    夜露死苦。


    詳細は公式ページ『ミレー・プロライター MXP 60+20』をどぞ。
    今年になって\3,000プラスの\29,000也。
    サイズラインナップが豊富なので、お気に入りの色・サイズを探して見るのもいいですね。



    こちらは私と同じ60+20
    どうしてこんな値段なの?


    こちらは38+10
    スポンサーサイト

    | 運ぶ系 | 09:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |