『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2016-10- | ARCHIVE-SELECT | 2016-12- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    Stanley Classic Hip Flask - スタンレー・クラシック・ヒップフラスコ

    んーと。
    以前レポしました『スキットル(ヒップ・フラスコ)~ある意味山の必需品』でちょっと触れました、スタンレーのスキットルを、このたびめでたく入手いたしました。
    えっへん。

    stanley Classic flask01
    まだ未開封。
    となりにあるのは、一緒に買ったDUGの漏斗です。

    stanley Classic flask02
    やっぱしスタンレーと言えばこの緑ですな。8オンス(240ml)

    stanley Classic flask03
    口が大きいので、入れる時楽ちん。
    シーバスのスキットルと比べると良くわかります。
    (上がシーバス、下がスタンレー)

    ジョウゴ
    DUGの漏斗は底が平らなので、微妙にウィスキーが残ります。
    今まで使っていた、左の100均のプラスチックのやつで十分です。
    損した。

    スキットルにウィスキーを入れる時にやる失敗は、あふれてしまうことですね。
    横着しないで計量カップでちゃんと測ってから入れましょう。
    私は100均で買ったプラスチックの計量カップで入れますが、こだわる人はちゃんとガラスの方がいいかもしれませんね。

    stanley Classic flask04
    私のスキットル2つ。

    普通の人は8オンス(240cc)1本で足りるのかもしれませんが、私の場合はアッと言う間に無くなるので、2本必要なわけです。
    以前のレポにも書きましたが、こだわったスキットルに入れたからって、
    ウィスキーが美味くなる訳でもなんでもありません。
    ただ、スキットルでラッパ飲みしながら、更け行く山の夜を楽しむのは、
    何にもかえられない味のあるくつろぎの時間なのです。


    よろしくべいべー。


    来たるべき冬山シーズンに向けてのレポは、
    こちらの『冬山系カテゴリ』をどぞ。




    高級系3種。何でスノピがこんなに高いの?


    こちらは漏斗と一体化したタイプ。


    スポンサーサイト

    | 面白い!系 | 13:25 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    ZlideOn - ズライドオン ~ジッパーの簡単修理ツール

    えええーっと。
    最近は仕事が微妙に忙しいうえに、体調不良も重なりまして、
    ブロ友さんにコメントを残す程度しかできませんでした。

    っつーわけで今回は、
    お役立ちツールの『ZlideOn - ズライドオン』のご紹介です。

    ズライドオン01
    超簡単。一発解決。
    タイプ・サイズは色々あります。

    ズライドオン02
    私の。

    ・・・・・。
    どうしてこれを利用せざるをえなくなったか。
    ま、以前からお越しいただいてる方は『またか』ってご想像に難くないと思いますが、
    最近見始めたって方には『???』なので説明します。

    みなさんは『するっ』とシュラフに入って『チャッ』とジッパーを上げてって、いとも簡単にできると思いますが、私の場合それはそれは困難を極めます。
    モゾモゾモゾモゾしながら、しわやたるみを伸ばしに伸ばし、右にあるジッパーを『左手』で、肩をすぼめながら、上げてはシュラフを横に伸ばし、また上げては伸ばしを繰り返しながら、やっとの思いで収まります。
    以前レポしました『モンベル・ダウンハガー#1』なので、一旦収まってしまえば、今までのシュラフでは一番余裕はありますけどね。

    そーゆーわけで、
    ジッパーを上げる時に、僅かに詰まった感じがあったのですが、
    それをちょっとだけ、ちょっとだけ『くいっ』と上げた時にブッ壊した模様です。
    以降、スルー状態。
    私がすぐに物を破壊するエピソードは、
    こちらの『スタンレー・クラシックマグ』をどぞ。

    ズライドオン03
    スライダーに亀裂が入って開いてしまっています。

    寒い時期に突入し、このシュラフの出番が回って来るので修理することになりました。
    最初はモンベルに出そうかと思いましたが、時間も金もかかるので、何とか自分でできないかと思っていて、このアイテムに辿りついた次第です。

    ズライドオン04
    壊れたスライダーを外し、ズライドオンを開いてジッパーコイルをはさみます。

    ズライドオン05
    パチンと閉じてセット完了。

    ズライドオン06
    完成。色が違うのはご愛嬌。

    ズライドオン07
    ズルズル―と普通に使えます。(若干固め)

    ズライドオン08
    とがった部分で生地を傷めそうなので気を付けねば。

    評価:
    うむー。
    純正同様『ダブルタブ(表裏両側に引き手)』が欲しかったのですが、サイズが合う物が無かった。
    それではと、内側に持って来ようとしたのですが、元のジッパーと溝の位置が合わず断念。
    引き手が外側オンリーなので、開閉時の最後がやりにくいです。
    まず脇腹までは普通に上げれますが、その後はやりにくいです。最後の締めは特に。
    実際に山で使う時はさらにやりにくいでしょうね。
    ま、このサイズでダブルタブが出たら買い替えますかな。

    普通の方が普通に使えば、このような事態に陥ることはありませんが、もしシュラフ以外の山道具、はたまた山道具以外でジッパーを壊した際には何かと役に立つアイテムだと思います。


    よろしくべいべー。

    さああ~てと。
    待ちに待った厳しくも美しい冬山シーズンの始まりですね。
    冬山登山に向けて~準備は万全ですか?』をご覧になって、気を引き締めて臨みましょう。


    ズライドオン ZlideOn 5C-2 シルバー 角プルタブ 【ファスナー・ジッパー・スライダー・チャックの簡単修理ツール】【動画】

    価格:972円
    (2016/11/18 13:48時点)
    感想(2件)


    これ私と同じ。
    用途に合わせてサイズは豊富です。


    | 面白い!系 | 14:02 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |