『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2017-03- | ARCHIVE-SELECT | 2017-05- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    Amazonにて詐欺横行中! ~GW前のお買いもの注意!

    んえーっと。
    此度は私も含めみなさんが良く利用している、あの大手サイトのお話です。

    アマゾンロゴ

    GWに備えてのアイテム物色中に『ん?』と思ったので、

    Amazon 詐欺 業者 アカウント

    などのキーワードでググってみると、出るわ出るわ、ウジャウジャと注意喚起のレポートが。

    やっぱりー

    アマゾン詐欺例

    クリックで拡大


    新規や数個の評価がついてるアカウントが安い値段を付けております。
    妙に安ければ『ははーん』とすぐに見破れますが、2~3割の安値だとちょっとだけ『ラッキーかも』って思いがちですね。
    ちなみに上の写真は、上二つが詐欺アカウントで、下二つが正規アカウントですね。

    注意!
    『プライムマーク』の付いているのはOKとのレポもありますが、最近はアカウント乗っ取りも頻発してるようなので、アマゾン配送センターから送られるのが安全ですね。

    Amazonってこの件に対する対応も鈍いし、最大手だと思って結構ナメてるなと思うことが多いですねー。最近。
    この問題が解決されるまで、しばらくは『楽天』とか『Yahoo!』から買いますかな。

    Yahoo!ニュース:アマゾンで詐欺業者が横行か

    詐欺アカウントの目的は、お金を巻き上げるのもそうですが、どうやら最大の目的は『個人情報の入手』のようです。
    ゴールデンウィーク商戦に乗っかったウジ虫共の手に引っ掛からないように、十分注意してお買い物をしましょう。


    ♪ ちゃいなちゃいな ♪


    スポンサーサイト

    | 山道具選びのコツ | 19:37 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    ゴールデンウィーク登山について ~~アップデート

    ええーっと。
    みなさんお待ちかねの『ゴールデンウィーク』が近づいてまいりました。
    天候が安定しているシーズンですので、長期登山の計画にもってこいですね。

    谷川岳・西黒尾根

    以前もレポをアップして、注意点を述べましたが、
    3年が過ぎ、風潮が微妙に変化してきましたので、ここで再度と言うことです。
    以前のレポは『ゴールデンウィーク登山について~注意点を少々』をどぞ。

    ではアップデート版を述べて行きます。


    1.早立ちしましょう

    これは前回のレポでもいの一番に上げていますが、
    どーも、あたりを見回すとそうではありません。
    6時発ならまだしも、7時、8時出勤もザラです。

    ブログ内で幾度となく書いていますが、
    晴れていても午後になると天候が悪くなったり、雪が緩んできたりと、危険な要素が増えてまいります。
    よって
    『天候の安定した午前を如何に長くとるか』
    が重要になって来ます。
    私は12時目安、遅くとも午後2時にはその日の行動を終えるように計画します。
    そのためには言わずと早立ちが必要になります。
    泊まり日帰りを問わず、空が白みだすとともに歩き始めます。
    ただ最近、人と行く場合『ぶー』が出ます。
    どうやら最近の人は、山でも8時~17時のようです。
    断言しますね。
    違います。
    GWに限らずどの季節でも同じです。

    アプローチの場合、交通機関の都合で止む無しの場合もありますが、山頂アタックの時は早出をしましょう。


    2.変な足まわり

    何だか最近、雪のアルプス稜線にも『トレランシューズ+チェーンスパイク』の人が出没します。
    締まった雪なら滑らないけど、腐れ雪の急斜面だったらズルッと行きますね。
    それ以前に『冷たいだろうに』と思います。
    おととしの5月の富士山ですれ違った人なんか、半袖・短パンのいでたちで、
    合羽上下に登山靴の私を
    『どうだ』
    的に追い越して行きました。
    何か言ってきたら小突いてやろうと思っていたので、殺気が伝わったか、見下した視線のみで立ち去って行きました。

    本谷からアイゼン着けて涸沢に上がったり、5cmの新雪でアイゼンを着けるのも『ん?』な足まわりですが、こちらは重装備なだけで危険はありません。

    まぁ、とりあえずのところ、トレランシューズで雪山はやめましょう。


    3.雪庇にトレース

    以前こちらの『積雪期登山について ~最近気になっていること』でも述べましたが、『お!』的なところにトレースがあります。
    『夏道、出てんじゃん!』なのに、わざわざ落ちそうな『雪庇のかけら』にトレースがあったりします。
    最近多い危険人物のために、GWともなると、メジャーな山では稜線の小屋の小屋番の方々がトレースを切ってくれてますので、それを100%当てにするのも何ですが・・・。
    っつーかもう、本でもネットでもいいので、少しは予習をして山に入りましょう。


    4.雪崩が怖い

    まずは計画の段階から。
    危険個所を危険な時間帯に通らないよう計画を立てます。
    今は写真を検索すれば、目的の時期の目的の山の写真が必ず見つかります。
    GWであれば、幾筋かの雪崩の跡もしっかり確認できます。
    そこで『ははーん』と見当をつけましょう。
    沢筋がルートになるところ、大雪渓、あずき沢、北穂沢などは、『あずき沢 雪崩』『大雪渓 雪崩』などのキーワードで検索すると、過去の事例などがいくつも上がって来ますので、事前情報を得ておきましょう。
    GW中はだいたい山小屋は営業していますので、主人や小屋番の方に聞くのが一番です。
    っと。
    GWはもちろん雨も降ります。
    雨の翌朝なんか『カリンコリン』になりますので、雪崩の危険性は下がりますが滑落には十分に気をつけてくださいね。

    ゴールデンウィークの山は危険が多く潜んでいます。
    しっかり予習をして、小屋の方の言うことを良く聞いて、安全第一で登山を楽しみましょう。


    ろっくんろーる




    | ☆ ~死にたくなければ~ ☆ | 21:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |