『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << 2017-06- | ARCHIVE-SELECT | 2017-08- >>

    | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    落石について ~当たるとほぼ・・・

    んーと。
    どうも今年は各地とも残雪が多いようですね。
    雪と岩と植物と空のコントラストで、例年以上に美しい景色が期待できます。
    が、反面、絶対に気をつけなくてはいけないことがあります。
    それが今回のお題『落石』についてですね。

    鹿島槍本谷
    この時、左の岩稜からひっきりなしに落石が飛んできました。

    私は今まで、もう何回かわからないくらい、落石だったりブロック(雪の塊)だったりをよけていますので、その経験を踏まえ、さまざまな角度からみなさんにアドバイスをしたいと思います。

    その1 ~起きる要因

    ま、この時期の落石は『雪が解けること』によって起きることが多いです。
    雪が押さえていた浮き石が、雪が解けることで落ちて来たり、
    雪の中に混じっていた石が、融雪で表面に出て落ちて来たりします。

    その2 ~落石の確認

    ガラ場の場合は音がするのですぐにそれと気づきますが、雪渓の場合は音がほとんどしないので細心の注意が必要です。
    よって、雪渓を登下降する時は、時々顔を上げるなり振り返ることが重要です。
    慣れない人は、登りは下を向いて足元ばかり見ることが多く、また下りでも、滑らないようにすることで頭がいっぱいです。
    登りは『ひ~は~』と息を整える時に顔を上げたり、下りは50mおき、ヤバそうな時は2~30mおきに振り返りましょう。
    下りは面倒な作業ですが、ロクって(死んで)しまうことを考えれば面倒がらずにやりましょう。

    その3 ~避(よ)け方

    まずは落石が来そうな斜面や雪渓に入った時は『来るもの』として頭を切り替える必要があります。
    んで次に、もし来た場合の逃げ場所を探し探しルートを進むことになります。
    ボーッと歩いていて、来ましたー、逃げましたー、滑落しましたー。
    もしくはクレバスに落ち込みましたーじゃ話になりませんからね。

    1個の場合。
    落石は野球で言うところの『イレギュラーバウンド』することがほとんどですので、来たからと言って早々と避けても、避けた方へイレギュラーして来ることも多々あります。
    よって、ある程度引きつけておいて『サッとかわす』必要があります。
    私は慣れてますので、10mくらいまで引きつけてからサッとかわします。
    速度は弱い高校のピッチャーの球より遅いです。

    複数個の場合。
    遠くでは幅が狭く見えても、近づくと意外と広いこともあるので、全部かわそうと思って避けたつもりがそうでも無かったりします。いくつも転がって来ると、結構最初は恐怖を感じますが、冷静に良く見ると、自分に向かってくるのは1~2個です。
    それをさらに引きつけると結局1個になりますので、あとは同じ要領です。

    もし運良く近くに巨大な岩があればそれに身を隠すのが一番安全です。

    その3 ~人工落石を起こさないように。

    雪渓を登下降する時には『スプーンカット』を利用すると歩きやすいです。
    雪渓上に落ちている石を上手く利用するのも滑らないです。
    ただ、浮いた石を踏んでしまうと、その石を落としてしまうことになります。
    私は浮いているかいないかは一目でわかりますが、慣れていなければ踏まない方がいいです。
    20年くらい前にGWの白馬大雪渓で、書くのもはばかられるような悲惨な事故も起きているので、十分に注意してください。

    始めて落石を経験する時はビビります。
    こちらに向かって飛んでくる勢いもそうですが、脇をかすめる時の『ブーン』と言う風を切る音はすごいです。
    私は先輩に教わった避け方を頭に入れておいたので、まずは最初の落石をかわすことができました。
    あとは何度も食らってるうちに、冷静に判断して余裕を持って避けれるようになりました。
    私同様に、
    何も知らない場合と、このレポを読んで少しでも頭の片隅にある場合とでは、結果が全く違うことになりますので、何度も読み返して少しでも頭に入れておいてください。
    んでもって、今年の美しい夏山を思い切り満喫しましょう。


    ろっくんろーる。


    ガイド業を始められる友人のhiroさんのHPが完成しました。
    詳細は『Hiro Moutain Planning』をご覧ください。






    スポンサーサイト

    | ☆ ~死にたくなければ~ ☆ | 21:44 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    梅雨時にやっておきたいこと ~その3・計画

    ちょっと『うんちく系』ばかりで申し訳ありませんが、これもまた大事なことですので、しっかりと理解して今後の参考にしていただければ幸いですね。
    とは言っても、関東地方は晴ればっかりで、梅雨はどこ行った的な感じですが。

    んーと。
    以前、夏山の注意点はレポしましたので、
    夏山登山について~注意点をいくつか』を参考にして下さい。

    では、今回のお話は『計画』についてです。

    テン場@涸沢

    どこそこの山に行こう!
    とまずは思いつきますね。それからその頂上に至る『ルート』を選ぶことになります。
    ここまでは誰しも同じだと思います。

    次はルート上の『危険因子』を考えます。
    岩場の通過だったり、急な雪渓のトラバースだったりがありますが、こう言ったものはそこに『存在』してるわけで、人間がどうこうできるものではありません。
    よって『なるほど。ふむふむ。』と頭に入れて慎重に行動することで通過するわけで、回避できるわけではありませんね。

    こっからが本題です。
    回避可能な『危険因子』も存在してるわけで、これを回避すべく計画するのがまず最初にやることです。
    たとえば、GWは雪崩ですね。
    雪崩の起きやすい場所を起きやすい時間帯に通らないよう計画します。
    夏であれば『カミナリさま』ですね。
    雷の起きやすい時間帯に、稜線上を歩いていることのないように計画を立てます。
    これらは、私がこのブログで何度も何度も言っている『早立ち』でかなり回避できます。
    夏場で言えば、午後には稜線にモクモク雲が沸き始め、夕方にかけて雷が鳴ったり雨が降りだしたりすることが多いです。

    単純な例をあげてみましょう。
    例えば、午後2時に雷が鳴り、雨が降り出すとします。

    Aさん
    午前4時行動開始 → 10時間安全に行動できます。

    Bさん
    午前8時行動開始 → 6時間安全に行動できます。

    『安全な』行動時間に4時間差が出てしまいます。
    Bさんが10時間行動するためには、4時間もの間、雷雨の中を行動することになります。

    実際も同じで、遅くとも午後2時にはその日の行動を終えるように計画しましょう。
    私はほぼ12時です。早い時は10時です。さらに早い時は8時です。
    雨の中の行動は滑落の危険も増しますし、雷が鳴る場合はさらに怖いです。
    例え雨が降らなくても、翌日に疲労を残さないために、そのくらいで丁度いいのです。
    山の上は会社勤めの時間帯とは違います。

    まあ、他にも『いい景色を見逃す』ことになりますね。
    山頂からの景色も、夏はだいたい日の出から7時くらいまでが綺麗です。
    それ以降は水蒸気でだんだん霞んできます。
    例えばゴタテ(後立山)、特に鹿島槍はガスるのが早いです。
    10時と言えばもうガスがかかることが多いです。
    五竜岳から見る鹿島は圧巻なので、遅くとも7時には頂上にいて感動の景色を見ていただきたいですね。

    ここでちょっと寄り道してカミナリさまのエピソードを。

    3年前かな。
    昼前からゴロゴロと音が響き始めました。
    おい。今日はちょっと早えーなー。
    と思いながら下っていると、雨も降りだし、だんだん音がシャープになり始めました。
    ちょいマズいなと、雨具も着ずに足を速めながら下っていると、高千穂平で7~8人の年配グループが談笑しながら雨具を着ようとしていました。おそらくどっかの山岳会っぽい感じでした。
    私が『カミナリ鳴ってますよ』と言うと、全員『???』な顔で私を見ました。
    言ってもダメだなと判断しましたので、私はそのまま駈け下りました。
    この場合、優先されるのは雨具を着ることより下ることです。
    『バリバリバリ』『ビシーッ』なんて言ってる時は深刻です。
    雨に濡れるより、雷に打たれる方が死ぬ可能性は高いです。
    こう言う時は、何はさておき、とっとと逃げましょう。

    っと。
    結局ひとつだけ強調することになりましたが、私が計画を立てる中で重要視してるのは『危険個所を危険な時間に通らない』ことで終始してます。そのための早立ちです。
    あとはどうにでもなることですからね。

    山、ルート、登山者としてのレベル、人数などなど千差万別ですが、早立ちだけは共通です。

    さてと梅雨明けまでもう少し。
    しっかり計画を練り練りして、楽しい夏山シーズンを満喫しましょう。
    よーし。
    今年は残雪が多めなので綺麗だぞー。


    ろっくんろーる。




    | ★ お役立ちコーナー ★ | 19:10 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    梅雨時にやっておきたいこと ~その2・山のマナー再確認

    ええっと。
    梅雨に入りまして、週末も山に行けない日も多くなってきます。
    この時期は、書を読んだり、別の方面から山を見直す『大切な』時期でもあります。
    っと言うわけで、
    今回はその第2弾『山のマナー』について考えて行きたいと思います。


    NO!

    その1~ ゴミ

    そ。
    言わずと知れた『ゴミは持ち帰りましょう』です。
    しかしご存じの通り、こんな単純明快なことも守れない悲しい人たちが多いです。
    ちょっと列挙してみますね。

    ・ 小屋のゴミ箱に捨てるのはダメ。
    小屋の売店で買ったものなら仕方ないですが、自分で持って来たものを捨てるのは常識無いです。

    ・ 帰りにコンビニのゴミ箱に捨てるのもダメ。
    昔は『駅のゴミ箱ではなく、家に持ち帰って捨てること』と言われてましたが同じことです。

    ・ テン場の石の下に隠して行く阿呆は論外。
    テン場の物陰や石の下にゴミがあることがあります。
    涸沢のテン場でおでんのお皿とお箸までもありました。

    ・ 登山口の駐車場のトイレに捨てる阿呆も論外。
    トイレ内にも色々ありますが、トイレの裏なんかに『ドン』と置いてあることもあります。

    下の2つは山のマナー以前に、あまりにも低レベルですね。
    とにかく、自分で持って行ったものは、ガムの包み紙一つとっても、必ず自宅まで持ち帰って処分しましょう。


    その2~ 山小屋にて

    ・雑居部屋を占領しない
    早く来たからと言って、大っぴらにお店を開いて、ドヤ顔で談笑してる連中がいます。
    個室貸切でない場合は、後から来る人のことも考えて場所取りをしましょう。

    ・他人の靴を履いて行かない
    宿泊者数が多い時は良くあります。
    普通の感覚の人であれば、同じメーカーの同じサイズの靴でも『足を入れた瞬間』に違うと気付くはずです。
    たまに全くサイズが違っても気づかない『ぼーーーけーーーーっ』とした人もいます。
    逆に同じものの新しいものに履き替えて行く『確信犯』もいますので気をつけましょう。

    ・夜遅くまで騒がない
    小屋やテン場などで遅くまで談笑してる人がいます。
    特に、テン場や無人小屋など、管理する人がいない場所はタチの悪い人もいますね。
    山では早立ちする人がほとんどです。考えなくてもわかるレベルです。
    中には酒で気が大きくなって、小屋番や他の登山者に文句をつけてるヤツもいます。
    一度、文句付けて来たオヤジがいて、『顔がどうだ』とか『おめーが全部悪いんだ』とか訳わからんことを言って来ました。
    好き放題言わせておいて『外行く?』と言ったら大人しくなりました。
    なぜだろう?

    酒を飲んで、知らない女性にお触りするなど論外です。
    腕は2本付いてますので、とりあえず1本ほどへし折って差し上げましょうね。

    他にも女性ならではの注意点もございますので、
    こちらの『娘さん良く聞けよ・・・再び ~お花摘み注意!』に目を通しておいて下さい。
    まともな男性諸氏も、周囲にいる女性達をいい意味でしっかり見守りましょう。


    その3~ 犬を連れてくんの?

    小型犬を連れた人はよーく見かけます。
    上高地~横尾あたりでもよーく見かけます。どうやらタクシーが乗せてる模様。

    一度、大型犬のリードを外していたバカがいて、その犬が私の目の前で吠えました。
    私が『何だ貴様~』と犬に向かって構えたので、飼い主が『すみません。すみません。』と慌てて犬を連れて行きました。
    その時は、咬まれようとどうしようと、ボコボコにしてやろうと思いました。
    すれ違ってしばらくすると、ワンワンワンワンと5mほどまで駆け寄って来ました。
    ただ、さっきのでビビってたらしく、地面にへばりついて形だけ吠えてる的な情けない姿でしたけど。
    飼い主のヤツは、またリードを外してやがって、何考えてるんだって感じです。
    あの犬、女性など自分より弱そうな人だったら飛びかかるでしょうね。
    腕に自信のある男性以外は、っつーか、98%くらいの人は怖いと思いますよ。
    小型犬であっても生態系を乱すことになるので、自然保護の観点からも山につれて来るのは控えましょう。

    私のブログにお越しいただいてる方で『目目連=乱暴者』と思われてる方も多々いらっしゃると思いますが、普通の方や年配の方、特に『女の子』に対しては非常~~に優しいです。
    っつーかー、マナーの悪い奴等って横着でしょ?
    女性や年配の方など、人によっては、注意したばかりに逆に奴らにやられてしまうわけです。
    こーゆーのが絶対に許せないわけです。

    わかってください by 因幡晃

    私が登山を始めた時は図書館の『登山教室』的な本で色々勉強しました。
    古い学校だったので、昭和30年代の本でしたが、マナーなどしっかり書いてありました。
    今の本は、読者が喜びそうな綺麗な写真や素敵なお洋服ばかりが載っていて、肝心なことが少ないように思うのは私だけかな?

    ま、ほとんどの登山者はマナーを守っていますが、中にはとんでもない輩がいますので、こんな輩のためにあれこれ制限ができて、登山者全体が不便になることも往々にしてあるので、事が大きくなる前に摘み取りたいですね。


    そこんとこ夜露死苦。


    えー。
    ブロ友の『bp-hiroさん』がガイド業を始められます。
    長年のお付き合いで感じることですが、山に対して非常に真摯に向き合ってる方です。
    マナーはもちろんのこと、細かい『へえ~』的なことも色々教われると思います。

    進捗状況は『えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ』にレポが上がって来ますので、そちらをご覧ください。


    こちらも夜露死苦っ。





    古めかしい本を列挙してみました。


    | ★ お役立ちコーナー ★ | 06:26 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |