『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    ベルモント・チタントライアングルストーブ

    えー。
    加齢とともに否が応にも考慮せざるを得なくなり、
    新たにこしらえた『ウルトラライト(軽量化)』カテゴリ所属、

    『belmont チタントライアングルストーブ』のご紹介です。

    ベルモント・トライアングルストーブ01
    チタンはこの『青焼け』がいい。

    以前紹介した『エバニュー・チタンアルコールストーブ』は、
    コッヘルの直乗せだと上段の穴が塞がるため、火力が6割くらいに落ちてしまいます。
    非常時用であれば、その分長い時間燃焼する、すなわち暖が取れる時間が長くなるので好都合なのですが、食事を作るという観点からすれば、よろしくないわけです。
    しかも、コッヘルが大きくなればなるほど『超不安定』なため、やはり五徳は必須になってきます。

    最初は専用の『十字型五徳 EBY253』にほぼ固まっていたのですが、ここでもある問題に気付きました。

    エバニュー・十字五徳
    乗せたコッヘルはそれなりに安定するが、地面との接地面積が小さいので、
    頭でっかちになり不安定さは解消されない。

    そう言うわけで、これも専用の『DXスタンド EBY257』とも考えましたが・・・

    エバニュー・デラックススタンド01
    エバニュー・デラックススタンド02

    燃焼が良すぎて、あっという間に燃料を消費してしまうとのこと。
    それに背が高くなるので、やはり今一つ安定感に欠けそう。

    っと言うわけで、
    重心が低く幅広で安定感のある『トライアングル系』の五徳を探すことにしました。

    エスビット・トライアングルストーブ
    これはエスビットトライアングルストーブ
    ステンレス製で93g。

    トランギア・トライアングルストーブ
    トランギアトライアングルストーブ
    これもステンレス製で115g。
    コッヘルを点で支える感じなので、小さいコッヘルは難しいかも。

    そ。
    やはりステンレスよりチタンが軽いので探していたところ、
    唯一見つかったのが『ベルモント・チタントライアングルストーブ』でした。
    全く同じものの『ステンレスバージョン』がマイナス\1000ほどでありますが、
    やっぱしここはチタンでしょ!

    ベルモント・トライアングルストーブ02
    この3枚のプレートを組み合わせるのですが、
    ただこの仕様が唯一の不満。プレートが『グニャリ』となりそう。
    丸いのは固形燃料用のプレートで、上に燃料を乗せて使用。
    使わないので、私は持ち歩かない。

    ベルモント・トライアングルストーブ03
    全部込みで67.2g。
    固形燃料プレート抜きの『私仕様』だと55.6g。
    っつーことは、エバニューのストーブ(34g)込みで89.6g!
    エスビットトランギアの単体より軽いではありませんか。

    ベルモント・トライアングルストーブ04
    エバニュー・チタンアルコールストーブと合体。
    これって専用?
    と思わせるほどぴったりフィット。
    ストーブが1.5cmほど浮くので、下が熱くならない。

    ベルモント・トライアングルストーブ05
    所有のコッヘル類で最も直径の小さい『スノーピーク・チタンシングルマグ600』でもこのとおり。
    線で支えているので、安定感もいい。
    ちょうど乗っかるし、はみ出る炎も許容範囲。

    トライアングル系の五徳では一番と言うより、
    諸々の五徳を幅広く検討して・・・

    ♪ ここは一番オレに任せて~ MY LOVE キミに決定~ ♪

    と相成りました。  by 田原俊彦

    ベルモントと言うメーカーは『釣り具屋さん?』っぽく、登山関係ではマイナーなメーカーですが、このアイテムは逸品だと思います。
    『Made in Japan』だし。
    特にエバニューのアルコールストーブのオーナーとっては最高の五徳でしょう。

    まぁ、
    やはりメインは『ドラゴンフライ』『スベア123』『プリムス96』にはなりますが、軽量化登山と割り切った山行の場合は、この組み合わせで行こうと思います。

    ♪ キスキス ぐったいみん m-------Ah!! ♪

    詳細はこちらの『ベルモント・チタントライアングルストーブの公式ページ』をご覧ください。



    アルコールストーブ系では最も使いやすいコンビでしょう。


    関連記事
    スポンサーサイト

    | ウルトラライト(軽量化) | 15:34 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    グラムカッター

    目目連先輩、こんにちわ^^
    私のクリックスタンドも燃焼効率が良くて燃費悪いですw
    ガス、ガソリン、アルコールの中でやっぱりアルコールが好きです。
    時と場合で使い分けていますが、無音の風情が堪りませんw

    先日ウッドストーブを購入しました^^
    不便さを楽しみながらスローライフの贅沢さを味わってみようと思います。

    | RED EYE | 2015/05/21 15:53 | URL |

    Re: グラムカッター

    RED EYEさん

    毎度どもっす!

    私は単独行の淋しさの中のガソリンストーブが好きですね。
    ドラゴンフライやスベアの音で癒されてます。

    燃料ストーブは臭くなるし、アルコールストーブは目が痛くなるので、ガスストーブがもしかしたらいいのかもしれませんけどね。

    > 先日ウッドストーブを購入しました^^
    > 不便さを楽しみながらスローライフの贅沢さを味わってみようと思います。

    いいですね。
    歳と共にまったり登山を好むようになって来たので、ウッドストーブをデビューさせる日が来るかもしれません。
    普通のテン場では使えないので、沢の時に良さそうですね。

    | 目目連 | 2015/05/21 16:31 | URL |

    目目連さんこんにちは、こちらの記事の質問ではないのですが、教えてください。とうとうMSRのドラゴンフライを購入してしまったのです。で、目目連さんの過去の話をだいぶ参考にさせて頂きました。EPIの緑のケースも購入したのですが、これに収めるのにメッシュホースが結構な角度で曲がりますが、これって問題とか無いですか?って皆さん使ってるので無いとは思いますが。綺麗に収めるのが苦手な私・・・ コツとかありますか(^^;)

    | ちゃりんこ | 2015/05/28 19:19 | URL |

    Re: タイトルなし

    ちゃりんこさん

    ついにやりましたね。

    収納のに関しては、
    http://mtngoods.blog.fc2.com/blog-entry-2.html
    に詳細に書いてあります。
    メッシュホースが曲がる分には全く問題ありませんが、ポンプに付いている『白い管』の方向に気をつけてください。
    レポの写真はクリックすれば大きいのが見れます。

    入れ方のコツは、先に本体を入れておいて、あとで白い管の方向に注意しながら、ポンプを入れると上手く行きます。
    数回練習すればコツはすぐつかめますよ。

    ドラゴンフライは、火力調整、安全性、燃焼の安定性など、どれをとってもエクセレントなストーブです。
    これからの山行がさらに充実すること間違いなしです。

    レポ楽しみに待ってますね。

    | 目目連 | 2015/05/28 21:23 | URL |

    目目連さん、早速ありがとうございます。
    今、ドラゴンフライとEPIと戦っております。
    まあ、しばらくすれば出来るようになると思います(^-^)
    しかし、この「ヒュゴー」という音、最高ですね(^-^)
    意味もなく庭でシュゴ~ゴッゴ」と楽しんでいます。
    やはりガソリンストーブはロマンですね508の出番が少なくなりそうです(^-^)
    ありがとうございました(^^♪

    | ちゃりんこ | 2015/05/28 22:06 | URL |

    Re: タイトルなし

    ちゃりんこさん

    すぐコツはつかめると思います。
    また何かありましたら、お気軽にどうぞ。

    | 目目連 | 2015/05/29 19:41 | URL |

    目目連さん

    いつもたいへん参考にさせていただいています。

    ずっとアルコールストーブが気になっているのですが、まだ先に進めていません(^^;; やはり使い勝手が自分のスタイルに合うのかなというのが引っかかっています。火力、五徳、安定感、安心感、たくさんの方々が満足していらっしゃるので大丈夫かと思いますが、もう少し勉強しようと思います。

    | 桜井さうす | 2015/06/03 23:57 | URL |

    Re: タイトルなし

    桜井さうすさん

    えーっとですね。
    アルコールストーブは調理用としては使いづらいですね。
    最近のフリーズドライの山食だと、湯を沸かして入れるだけなので問題ないですが、
    煮込んだり、焼いたりするには使えないです。

    私は、軽量登山用、または非常用という扱いにしています。

    | 目目連 | 2015/06/04 17:10 | URL |

    目目連さん

    えーっ!
    そうなんですか〜(≧∇≦)
    以前、固形燃料でチーズフォンデュやったのですが、そのぐらいの火力なんですかね。
    目目連さんイチオシのドラゴンフライにとても憧れてはいましたが、かなり嵩張るので今は諦めています。他を小型軽量化しないとザックに入らない状態です(^^;;

    | 桜井さうす | 2015/06/05 07:10 | URL |

    Re: タイトルなし

    桜井さうすさん

    火力自体は五徳いかんでいくらでも変わると思いますが、(DXスタンドだとおそらく最強)
    火力調節ができないので、ドラゴンフライやスベアをメインとしている私には、湯沸かしストーブとしての扱いですね。

    | 目目連 | 2015/06/05 08:20 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/102-65924b4c

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>