『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    Trangia Kettle - トランギア・ケトル

    今回は、あると何かと役に立つ『やかん』についてのレポです。

    以前、ブロ友の『好人さん』が紹介されていて、それを見ながらウズウズしていたのですが、ついにポチっと行きました。

    こちら 『ゆるけい登山 ~trangia ケトル0.6L

    まあ、『やかん類』は各社から出ていてよりどりみどりなのですが、
    その中から『トランギア・ケトル』を選択しました。
    英語圏では『トランジア』と発音します。

    トランギア・ケトル01
    これわたしの。

    エバニュー・ケトル
    ↑ エバニュー。
    注ぎ口がただの筒・・・。

    ロゴス・ケトル
    ↑ ロゴス。
    色は渋くていいが、注ぎ口~~。

    モンベル・ケトル
    ↑ モンベル。
    注ぎ口よし。色よし。これが次点か。
    でも・・・。ん?ダグのパクリ?
    パクったのか、パクられたのか?

    プリムス・ケトル
    ↑ プリムス。
    かっちょいいが、注ぎ口・・・。

    ユニフレーム・ケトル
    ↑ ユニフレーム。
    さすがは旧モリタ。山やかんの典型。

    湯を沸かすのにわざわざ『やかん』を買わなくても、コッヘルの小さい方などで代用できるのは『事実』です。
    ですが『湯を沸かす』ことに関しての専門は『やかん』ですので、やっぱり使いやすいんですよね。なぜか。
    んでもって、お湯専用の『やかん』があることで、思い切ってコッヘルをあれこれ使って、汚せると言うのもありますね。

    トランギア・ケトル02
    トランギア・ケトルのシリーズ。
    0.6L、0.9L、1.4Lの3種類。

    見た目的には0.6Lのが可愛らしくていいのですが、
    日帰り登山の昼食に『スーパーカップ1.5』を2つ食べる私としましては、0.6Lだと2回沸かさなくてはいけません。
    0.9Lは限界値が1.04Lなので、ギリギリ2つ分沸かせます。
    っとまあ、そう言う件がありますので、0.9Lを選択しましたが、普通の方がソロでお使いになるには0.6Lがよろしいかと。

    トランギア・ケトル03
    持ち手を立てた時に、付け根の『くぼみ』に収まるのでプラプラせずに使いやすい。
    これはこのケトルのオーナー共通の意見です。
    んで『注ぎ口』は、他社製品が何の変哲もない『筒状』なのに対して、トランギアのケトルは小さいながらもしっかり『やかんらしい』形状をしているので、見た目も注ぎやすさも文句無しです。

    トランギア・ケトル04
    テン泊の時は、以前紹介した『エバニュー・チロルクッカー』とスタックしたりもします。
    どうです。
    ぴったりフィットです。
    ケトルのフタは裏返しにしないとコッヘルのフタが閉まりません。

    トランギア・ケトル05
    重量は公表の190gより軽い178g。

    トランギア・ケトル黒
    黒もありますが、先っちょだけ黒じゃないのが微妙~~。
    プリムスのように全黒ならカッコイイのに。

    唯一の不満点はスタッフバッグが無い!ことですね。
    まあ、テン泊の時はコッヘルとスタックできるのでいいのですが、
    日帰りでカップ麺を作るために持って行く時は、何かで代用してます。

    トランギア・スタッフバッグ
    別売りでありますが、その手には乗らんぞっと買う気になりません。
    頼むから付けといてよって感じですよね。

    総評:
    使いやすさもさることながら、デザイン的に『THEアルミやかん』ですね。
    道具は性能第一ですが、愛着を持って長く使うにはデザインも同じくらい重要ですね。
    満足の一品です。

    ロックンロール。

    こちらが同じくブロ友の『bp-hiroさん』のレポ。
    えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ ~山専ケトル(やかん)とモリタのアルミクッカー見直し!

    商品詳細は『トランギア・ケトルの公式ページ』をどぞ。









    ケースはこれが安い。


    関連記事
    スポンサーサイト

    | クッカー | 16:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    目目連さん

    当blogの紹介ありがとうございますm(__)m
    さて本題ですが、モンベルのはクッカーなんかもですがDUGと提携でもしたんでしょうか!?
    クリソツですよね〜
    でも色が僕は苦手です囧rz

    ケトルは注ぎ口、取っ手の形状等からトランギアがぶっち切りでしょう!
    収まってましたが……………
    また、この記事見て煩悩が……………(~_~;)
    あんまり、こそばさんで下さいねぇ(^_^)

    | bp-hiro | 2015/10/19 08:47 | URL |

    Re: タイトルなし

    bp-hiroさん

    毎度どもっす!

    モンベルとDUGはラバー部分が黄色かオレンジかだけで、他はしげしげと観察しても同じですよね。
    ここまで綺麗にパクると問題なので、提携でもしたんでしょうね。

    トランギア・ケトル最高です。

    考えてみると『湯』って結構使うんですよね。
    買う前は、コッヘルで代用できるのでわざわざ・・・なんて思ってましたが、やっぱり湯沸かしはケトルに決まりですね。

    | 目目連 | 2015/10/19 14:57 | URL |

    ボクも20数年前にキャンプにはまっていた時はケトルを
    使っていましたが、山へは持っていくことないですねえ。
    ちなみに、モリタのケトルです。
    当時は、メーカーの詳しいことは知りませんで、ただただ
    名前がモロ日本なところが気に入って買った記憶があります。

    | んごんご | 2015/10/19 18:28 | URL |

    Re: タイトルなし

    んごんごさん

    コメントありがとうございます。

    テン泊の時に持って行くかどうかは、食事の内容次第ですね。
    コッヘルが2つとも汚れるかどうかで決めます。

    日帰り登山ではほとんどカップ麺を食べるので、ケトルを導入してからは、心持ち効率が良くなった気がします。

    モリタのクッカーやケトルは一番だと思います。
    貴重ですので大事に使ってあげてください。

    | 目目連 | 2015/10/19 19:01 | URL |

    目目連さん。 こんばんは。

    ブログの紹介ありがとうございます。
    ヤカンといってもこれだけのメーカーが出してたんですね。
    雪山のテン泊時にはすごく重宝してます。
    これからの季節このヤカンとマナスルの出番です(笑

    そやけど目目連さん!スーパーカップ1.5を2個ですかい!
    僕はいつも1個では食べきれないのに(汗
    もしや目目連さん吉野家で特盛と並盛同時に注文しません??
    僕の友人はどうせ食べるんやからといつも同時に注文するヤツが
    いましたので(笑

    | 登山好人 | 2015/10/20 22:29 | URL | >> EDIT

    Re: タイトルなし

    登山 好人さん

    毎度どもっす!

    各メーカーから出てますが、好人さんのブログを見て、最初からトランギアにしようと決め買いでした。
    お湯割りを作ったり、コーヒーをいれたりと、お湯専用があると便利ですよね。
    特に寒い時期は。

    特盛+並盛?
    あまいあまい。
    腹が減った時には4合食べる人なので、特盛x2でも超楽勝です。

    | 目目連 | 2015/10/21 08:55 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/117-7cfd373b

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>