『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    Grabber All Weather Blanket - グラバー・ハイマウントオールウェザーブランケット

    えーっと。
    今回は、何かと登場回数の多い便利なシート『オールウェザーブランケット』のご紹介です。

    オールウェザーブランケット01
    色は4色。

    オールウェザーブランケット02
    これは2代目で、以前はたしか『MPI』とか言うメーカーのを使ってました。
    その辺なんだか知りませんが、要は見た目から何から同じ製品のようです。
    ただ、サイズを調べてみると、長さ213cmは同じなのですが、
    幅はMPIが142cm、グラバーが152cm。
    重量は同じ300gなので、ちょっと得した気分です。

    スペース何たら、NASAが何たらと言う触れ込みですが、
    へえ~的な感じでさほど惹かれるものではありません。
    しかし、コレ1枚あるとなかなか便利です。
    みんなで飯を食う時に広げたり、ゲレンデで荷物を置いたり、
    L&Eシェルター・デラックス』のフットプリントにしたりと、
    ちょっとしたことに使いやすく、携行機会は多いですね。

    オールウェザーブランケット03
    仕様はブルーシート?みたいな生地にアルミがラミネートされています。
    長く使っていると、写真のようにアルミが剥がれて来ます。

    んで、わたし的に一番重宝しているのが『冬のテント泊』です。
    これを銀面が外に来るように縦半分に折って、フロアに敷きます。
    愛用の『ヒルバーグ・ソウロ』は床面長が220cmなので、
    とってもいい具合にフィットします。
    私は冬テン泊でも、このシートとスリーピングパッドだけで全く寒くないのですが、
    人によっては銀マットを敷いて、アレ敷いてコレ敷いて、スリーピングパッドを敷いてみたいで、寒さに対する感度は個人差が大きいですね。

    Survival Basic Series DVD Part 1
    四隅に穴があるので、この動画のような使い方もある。(画像をクリック)
    使える方法だと思うので、ぜひ覚えておいた方がいいテクニックです。

    っと。
    このレポもしっかり読んでおいてくださいね。
    ツェルトザックを見直せ!

    ま、一つ難点をあげるとすると、300gと微妙に重くてかさばります。
    しかし、この重さとかさばりが頑丈さを生み出しているので、
    その恩恵から比べると、そこは目をつむっていい所だと思いますね。

    詳細はこちら『ハイマウント・オールウェザーブランケットの公式ページ』にて。


    ロックンロール。





    関連記事
    スポンサーサイト

    | お泊り系 | 16:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/118-21023684

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>