『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    足の防寒について ~厳冬期登山

    んーと。
    『防寒』について連続レポしてまいりましたが、一応、その最終?として、
    『足の防寒』について述べたいと思います。

    むかしむかし、そのむかし。
    中学から大学生頃?までは、
    『中厚ウールソックス』+『目の粗い中厚ウールソックス』
    で、一年を通していました。

    ん?
    夏は暑いじゃんって?

    革製の登山靴、
    いわゆる『ざんぐつ』は『ソックスの厚み』で足を靴に合わせるのです。
    私はずーっと日本製の靴を履いていたので、さほどソックスの厚みで・・・という感覚はありませんでしたが、幅の狭い、んぁー、たとえば『ガリビエール』などを履く人は、厚いソックスでフィットさせていました。

    っと。
    防寒でしたね。
    防寒。
    ではあらためまして。

    インナーソックス

    以前は、インナー、アウターとも『先丸』を履いていましたが、
    ここんとこずーーーっと『5本指』で定着しています。
    5本指だと、ここ数年はすっかりやらなくなってしまった『長期縦走』の時の『肉刺(まめ)』ができにくいです。
    ま、親指側はできたりしますが、指と指の間のマメはほとんどならないです。
    よって、季節によらず何らかの5本指インナーは必ず着用します。

    メリノウール・インナーソックス
    メリノウールのインナーソックス。

    ま、厳冬期はメリノウールのインナーを履いておけば、まず間違いはないでしょう。
    ただ、弱いです。
    弱いですが、保温性、冷たさを感じにくいことに関しては信頼できます。
    サイクル短い消耗品です。

    ナイキ・ドライソックス
    何用かはしりませんが、ナイキのドライタイプの5本指。

    冬でも低山では使いますし、春先、もちろんゴールデンウィークあたりになれば3000m級でもこれです。
    メリノよりはずっと強いです。
    ストレッチ性があり、伸ばして履くので結構薄くなります。


    アウターソックス

    最近はインナーに薄いものを履くようになったので、アウターはしっかりと厚みのあるものを履いています。

    ICIウールソックス
    たぶんICIの極厚ウールソックス。

    冬でも靴の中は汗でしっかり濡れます。
    濡れると滑りが非常に悪くなるせいか、ちょっとマメっぽい痛みが出ます。
    しかし、ウールなので濡れても保温性には信頼がおけます。

    ネオプレーンソックス01
    5年?ほど前に、その辺の作業服店で買ったネオプレーンソックス
    たぶん3mm厚。
    間違いなく¥1,000以下。

    以前は沢専用にしてましたが、ここんとこ冬季でも使用しています。
    クッション性は極厚ウールよりいいし、保温性も同等です。
    履いた感じは『足にフィット』してません。
    プカプカ浮いています。
    ですが、靴を履くとビシーと決まるのです。
    足の締まり感と言いますか、靴と足の一体感はウールよりいいです。

    ネオプレーンソックス02
    ちょっと見えにくいですが、汗と経年で目止めのゴムが劣化しまくってポロポロとれますので、縫い目から汗が染みだして靴が濡れます。


    ノースフェイス・アルパインソックス・ショート

    ノースフェイス・アルパインソックス・ロング

    ノースフェイス・アルパインクライマーズソックス。
    これは冬期登山用に開発されたネオプレーンソックスです。
    ショートが2mm厚でロングが3mm厚。

    ショートでもちょっと長いのに、ロングは不必要に長い。
    ↑のネオプレーンくらいがちょうどいいのに。
    ロングを買ってカットして使おうかとも思いましたが、今シーズンは金欠につき、とりやめました。
    ま、来シーズン前に準備しましょうかね。
    ノースフェイスのは素足に履く仕様だそうですが、私の場合は指の間のマメができそうなので、インナーは履くようにしたいと思います。

    そう言うわけで、厳冬期に関しては『ネオプレーン』のソックスで行く予定です。
    私のようなボロでなければ、汗が外に染み出さず靴が濡れません。
    厳冬期、特にテン泊をする場合、濡れないことは非常に有効です。

    古い方で『ざんぐつ』の経験がおありの方はご存じでしょうが、ざんぐつは凍ってしまうので、せっせと雪を落として、ビニール袋に突っ込んで、それをまたシュラフなりシュラフカバーの中に突っ込んで、凍らせないようにしていました。
    結果を言うと、靴の中は濡れなくても靴紐は濡れてて凍るし、靴自体も固くなるので、結局はやらないといけませんけどね。

    何だかいい感じのネオプレーンソックスですが、全て良しと言うわけにはまいりません。残念ながら。
    臭います。
    日帰りでも臭いますが、お泊りが重なると、臭いが濃くなってまいります。

    とある日帰り登山の帰り道、ネオプレーンを脱いでインナーソックスにサンダルで助手席に座っていました。
    暖房なので、足元吹き出しにしますよね。
    もわ~っと。

    なんか、甘ったるいにおいしない?

    と問われましたが、そお?とごまかしました。
    次第に慣れましたが、コンビニに寄った時の外の空気のおいしいこと。
    8X4か何かデオドラントを振りかけて、靴下をはきかえることをおすすめします。

    ま、そう言うことで、
    今シーズンの『防寒』関連のレポはこれで締めたいと思います。
    来シーズン以降、新製品が出るなり、いいことを思いつきましたら、あらためてレポしたいと思います。


    よろしくべいべー。






    関連記事
    スポンサーサイト

    | 冬山系 | 17:45 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    足もとの防寒は

    考えたことありませんでした。
    夏も冬も変わらぬ登山靴、ウールの靴下使っています。
    重ね履きもしません。
    汗をかくので山のあとは中敷はずして乾かしてということをしています。(臭いません^^)
    私のところにももちろん厳冬期というのはあるのですが、山のレベルとスタイルが違うせいでしょうね、考えることも違うな~って思いました。
    5本指靴下いいですね。
    私も持ってはいるのですがほとんど出番がなく。
    少し長い山だと指と指がこすれて、これに蒸れが加わるせいか指の皮がはがれることがよくあります。
    痛くはないのですが皮が再生するまでかゆいんですよ。
    5本指靴下は効果ありそうですね。
    今度試してみよ。

    | watanabe | 2016/02/13 20:32 | URL |

    Re: 足もとの防寒は

    watanabeさん

    毎度どもっす!

    私もウールソックスの時は、特に臭いませんね。
    ネオプレーンのようにこもらないからでしょうね。

    北海道の山のレベルは高いと思います。
    日高山脈は日本アルプスに匹敵すると思うし、利尻は剣に匹敵すると思います。
    こちらで2000m以上でしか味わえないものを、1000mクラスで味わえるのは羨ましいです。

    5本指はいいですよ。
    これをインナーにはくかどうかで、マメのでき具合が変わってきます。
    ぜひお試しください。

    | 目目連 | 2016/02/14 08:15 | URL |

    僕もノースのクライマーソックス購入予定です!

    インナーに5本指ソックスを履くと各指単体で湿って僅かながらでもウール素材に擦れるのが緩和されるんでしょうね!

    夏靴で長距離歩く時は良いかもしれませんね(^_−)−☆
    僕も今期試してみます!

    冬靴の時はネオプレンの素材特徴から、敢えて素足で発汗させて出て水分をネオプレンとの間で挟み込む事でVBL効果が起こり保温性UPになる!
    要はある程度水分がある方が良いと..........
    思ってるのでインナーは履かずに僕は素足ですが、インナー使用してもそう大差ないなら感覚的には気持ち良いし、こっちも試してみます(^_^)

    | bp-hiro | 2016/02/14 10:19 | URL |

    Re: タイトルなし

    bp-hiroさん

    毎度どもっす!

    中に5本指インナーを履いた感想ですが、
    素足の時同様、速攻汗で濡れますので、VBL効果の減少はあったとしても僅かでは無いでしょうか。
    感覚としてはないです。
    それよりマメ防止の効果の方がありがたいです。

    > 僕もノースのクライマーソックス購入予定です!

    今年はもう・・・使いすぎましたので、詳細レポ期待しています!
    来シーズン前に買う予定ですが、3mm厚のロングを買ってカットして使います。
    どの道ショートを買っても切る羽目になりそうですし、今のネオプレーンが厚いのでそれに慣れてるからですね。

    テン泊の時は裏返しに履いて、上からテントシューズを履くと、着干し&臭いものにはフタをするダブル効果です。

    | 目目連 | 2016/02/14 19:08 | URL |

    1回だけネオプレーンソックスを履いてみましたが
    靴を脱いだ時にめっちゃ冷たくて(>人<;)
    靴下を履き替える時に、足があせでびっちゃんこなので
    タオルで拭いて履き替えたんですが、そんなものなんですかね???

    | えれぇこった2号 | 2016/02/15 00:29 | URL | >> EDIT

    Re: タイトルなし

    2号kakaさん

    おっしゃる通りです。

    インナーもアウターもウールを履いていた頃は、濡れたまんま上からテントシューズを履いていたので、さほど気になりませんでしたが、しっかりテンシュの中綿にまで体温が伝わるまでは冷たいです。
    ネオプレーンの場合は裏返しに履きかえてテンシュを履くので、ネオプレーンを脱いだ時に外気に触れて一気に冷たくなります。
    インナーを履いていてもそうなので、素足の場合はなおさらでしょうね。

    脱いだ時は濡れている分、余計に冷たく感じるんだと思います。
    速攻拭いて、速攻履きかえるしかなさそうです。

    | 目目連 | 2016/02/15 17:17 | URL |

    速攻拭いて、速攻履き替えるしかないんですね。
    1号totoちゃんはかなりネオプレーンソックス気に入ったみたいです。。。

    | えれぇこった2号 | 2016/02/16 01:16 | URL | >> EDIT

    Re: タイトルなし

    2号kakaさん

    履き換えて、テンシューが温まるの待ちですね。

    > 1号totoちゃんはかなりネオプレーンソックス気に入ったみたいです。。。

    やっぱりー。
    私も今冬は全て安物ネオプレーンです。
    安物ゆえ靴を濡らしてしまうのが難点ですが、クッション性と靴の締まり感が気に入ってます。

    | 目目連 | 2016/02/16 17:35 | URL |

    そろそろです

    目目連さん、こんばんわ

    先日、武尊山へ行ってきました。
    今年は雪が少なかったものの、これまで登ってきた雪山とは
    違う雰囲気を味わえました。(^-^)

    ヤッパリ今持っている道具ではキツかったです。
    いつも一人で歩いているので、どんな山でどんな道具が必要か?
    行ってみないと分からなかった事があったので
    今回はとても勉強になりました。

    5月ぐらいまでは、まだまだ雪山の雰囲気が味わえると思いますが
    今年こそは、ワカン、ピッケル、12本アイゼン、ヘルメット
    色々と道具をそろえたいなぁ~っと思います。

    ワカンは以前、目目連さんが紹介されていた
    『シンコウカンジキ』がいぃ~なぁ~と思っています。
    →サイトを見たらまだ安売りしていました。

    アイゼンは装着しやすいもの
    メットは、ちょっとデカいけどボード用もいぃ~かなぁっと思っています。
    ピッケルは難しいですね。

    まぁ~取りあえずは歩くだけなので
    ストレートのやつなら何でも同じですかね?

    冬はどうしてもボードへ行ってしまうので
    なかなか山登り用の道具にお金を使えませんでしたが
    いざとなったらヤッパリ色々と欲しいですね。

    | オニオン/ | 2016/04/04 23:16 | URL |

    Re: そろそろです

    オニオン/さん

    毎度どもっす!

    ワカンは来シーズン前でいいと思います。
    基本、新雪に使う物です。

    ピッケルは名の通ったメーカーのだったら間違いないです。
    アドバイスとしては『ヘッドにある程度の重さ』があるものです。
    軽く振るだけで刺さってくれます。

    12本爪アイゼンは『グリベル・エアーテック』ですね。
    知り合いで最初にアイゼンを買うって人にはコレをすすめてます。

    オニオン/さんはボーダーなので、冬山に慣れるのは早いと思います。
    この時期の上州武尊に登れるんだったら、十分一人前だと思いますよ。

    | 目目連 | 2016/04/05 18:31 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/133-e5052f7c

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>