『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    Petzl Micro Traxion - ペツル・マイクロトラクション

    ええと今回は、何かと使い勝手のいい、
    ロック機能付プーリー『ペツル・マイクロトラクション』のご紹介です。

    ペツル・マイクロトラクション01

    本当はビッグウォールでの荷揚げや、クレバスに落っこちた人の救助などに使うのですが、私は体型的にクライミングに不向きな人なので、荷揚げするようなビッグウォールはやりません。
    それと引き上げのシステムに関してご興味のある方は、
    ペツルの日本代理店アルテリアの『クレバスレスキュー』をご覧になってください。
    わかりやすく美しく書かれています。

    ペツル・マイクロトラクション02
    くるりと上方向に回転させてて開きます。

    ペツル・マイクロトラクション03
    ザイルをセットして、

    ペツル・マイクロトラクション04
    セット完了。
    上方向には動きますが、下方向にはロックがかかります。
    ギザギザの部品を右に回してロックすると普通のプーリーとしても使えます。

    これを使うシチュエーションとしては、
    ひとつめは、トップロープを仕込んでのクライミング練習です。
    以前はペツル・ベーシック(アッセンダー)や、ペツル・シャントでやってましたが、ザイルの重みがかかって滑り始めるまでは、自分でザイルを手繰らなければなりません。
    マイクロトラクションも最初は手繰らなければいけませんが、滑り始めるまでが早いし、一番スムーズに付いて来てくれます。
    公式におすすめしてないですが、ペツルの『General principles for solo climbing with a fixed belay rope(フィックスロープでのソロクライミングの一般原則)』に書かれております。(英語)

    ふたつめのシチュエーションは、沢でフィックスを張る時です。
    初心者連れの時に使います。
    マイクロトラクションに限らず、アセンダーをかまして登らせる場合は、下に居る人がザイルをピンと引っ張ってあげると、アセンダーがスムーズに流れて登りやすいです。


    動画でわかるとおり、セットもリリースもとても簡単です。
    それに手と比較すればわかりますが、とってもコンパクトです。

    他に持っているアッセンダー系もちょっと紹介します。

    コング・ダック01
    KONG Duck - コング・ダック
    これが一番コンパクト。
    他にレモン色、レモン色と黒の半々、全黒とありましたので全黒にしました。
    今はもっとカラフルになってます。

    コング・ダック02
    これもマイクロトラクションと同じく、上方向には動きますが、下方向にはロックがかかります。
    ダックは、テープやシュリンゲ(スリング)でも使えるとのことですが、フィックスの場合はザイルを張るので、その方法を採ったことはありません。
    ダックは軽量かつ、とってもスムーズなので、体重の軽い女性に貸してます。
    よく比較される『ワイルドカントリー・ロープマン』よりはダックの方がいいと思っています。

    ペツル・シャント01
    Petzl Shunt - ペツル・シャント
    最近はカラーが赤系に代わってます。

    ペツル・シャント02
    シャントは上下どちらにも動きます。若干固いですが。
    下方向に力がかかった時に、ザイルを挟み込んで停止します。
    シャントは懸垂のバックアップ用ですが、私はプルージックでバックアップをとってます。
    ちなみにバックアップは下降器(ATC、ルベルソなど)の下に取ります。
    先輩方で上に取る人もいますが、上で取るとロックの解除の時に固いです。
    シャントはデカいし固いし重いので、最近はお留守番です。

    ペツル・ベーシック新型
    Petzl Basic - ペツル・ベーシック
    これは何年か前に新しくなったバージョンで、下の穴が大きくなってビナを2枚かけれるようになりました。
    握りやすい形状なので、自己脱出用だとこれが一番使いやすいです。

    ペツル・ベーシック旧型
    これが旧バージョン。

    っつーわけで、
    何のレポだかわからなくなってまいりましたが、
    マイクロトラクションが何かと使い勝手がいいので、岩や沢の時はいつも携行しています。
    ひとつ文句を言わせていただければ『高い』です。
    円安も重なって¥13,000くらいします。
    詳細は『ペツル・マイクロトラクションの公式ページ』をどうぞ。

    でもまあ、買ってしまえばとっても使いやすいギアで、大満足の一品です。


    よろしくべいべー。




    円安でみんな私が買った頃より¥2,000ほど高くなった。


    さすがにロックテリクスは安いな。

    関連記事
    スポンサーサイト

    | クライミング系 | 14:39 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    面白いですね

    ワタシの山にこういうものはまったく必要ないのですが、あらためて面白いものですね。奥が深い。
    いつも行く(今日も行った)秀岳荘の一角にこういうコーナーがあって「これは一体何に使うのだろう?」とか言うものがたくさんありますがひとつ謎が解けました。
    にしてもバカにできないお値段。
    目目蓮さん、ソートーな財産持ってますね(笑)

    | watanabe | 2016/03/03 22:40 | URL |

    Re: 面白いですね

    watanabeさん

    毎度どもっす!

    私は『垂直系』が苦手と言いますか不向きなので、しっかりその辺を固めておかないと危ないですから。
    でも、こう言う道具ってよく考えられていて、欲しいものはまだまだあるのですが、お値段がその・・・。

    > 目目蓮さん、ソートーな財産持ってますね(笑)

    いえいえ。
    お小遣いの中から『今月はこれ』みたいにして、ひとつひとつ揃えて行きました。
    円高の頃だったので、今よりかなり安かったです。

    | 目目連 | 2016/03/04 07:26 | URL |

    (^_^)
    やっぱりマイクロトラクション使い勝手良さそうですね!
    レスキュージャパンさんのblogの中でアッセンダーをホーリングに使ったと仮定して機械で負荷を掛けていくと..........
    トゥース式(刃がギザギザのタイプ)では660Kntで噛み込み過ぎてロープの表皮が破断するようなのも出てるので(~_~;)
    自分もトゥース式は持ってる(タイブロックとクロール)んだけど、やっぱりカム式の方が総合的に安全なのかなぁ!?
    なんて思ったりしますが、レスキュージャパンのテストはジワジワの負荷で実際、我々が使う場面はTRでソロクライミングの練習のバックアップやその他岩や沢でのバックアップなので基本絶対落ちない!落ちても滑る位なので実際はトゥース式でも問題無いのかなぁ!?
    って思ってるところです!
    本当に危険なら天下のペツルさんが普通に市販してないですもんね(~_~;)
    でも、ちょっと高いし重いですがマイクロセンダーも気になってます。

    | bp-hiro | 2016/03/04 09:34 | URL |

    Re: タイトルなし

    bp-hiroさん

    毎度どもっす!

    ギザギザタイプはザイルを傷つけやすいとか何とか言われますが、荷揚げや私たちが岩や沢で使うやり方だと、それほど考える必要はないかなと呑気にかまえています。

    マイクロセンダーですね。
    『Rock Exotica Soloist』と似た構造のヤツですね。
    雰囲気的にクライミング用と言うより、高所作業用的な感じです。

    出番が多いのはマイクロトラクションとコングのダックですね。
    ダックは思ってた以上にいいですよ。

    | 目目連 | 2016/03/04 19:00 | URL |

    目目連先輩、こんにちは!

    今年はいよいよクライミングデビューなので参考になります。
    まぁ、本格的に岩とゆうよりザイルワークを覚えたい延長ですがw

    とりあえず今日、シューズとハーネス買いに行ってきます(=゚ω゚)ノ

    | RED EYE | 2016/03/05 09:30 | URL |

    Re: タイトルなし

    RED EYEさん

    毎度どもっす!

    お。いよいよですか。
    ザイルワークもギア関連も面白いですよ。
    楽しみが増えますね。

    もっと先の話になりますが、スポーツクライミング(ジム、ゲレンデ)と本チャンは別物だってことを常に頭に置いて練習してくださいね。
    本チャンでジム感覚で全体重かけてぶら下がって、岩ごと落ちてロクった人も何人もいますので。
    そこしっかりですね。

    | 目目連 | 2016/03/05 09:57 | URL |

    目目連さん

    どもです!
    マイクロセンダーは高所作業用みたいでやや重めなので僕用にマイクロトラクションを某オクで新品9夏目で買いました(^_^)
    ロールンロックは今までと同じくkakaのバックアップ用に持たせて僕は、クロールとマイクロトラクションをセットで更にタイブロックをクロールの下にバックアップに取ればソロクライミングの練習も安全でしょう!

    | bp-hiro | 2016/03/07 12:31 | URL |

    Re: タイトルなし

    bp-hiroさん

    どもっす!!

    おっ。
    早速ですね。

    確かにクロールはチェストアセンダーなので、ソロの練習には最適でしょうね。
    私は重いくせに横着して、マイクロトラクションのみでやってました。
    トップロープなのでさほど衝撃はかかりませんからね。

    マイクロトラクションは、いざ使ってみるとコンパクトだしスムーズだし、一番出番が多くなりそうですね。

    | 目目連 | 2016/03/07 17:44 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/135-394a8871

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>