『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    Solo Stove - ソロ・ストーブ ~もー、たまらん。

    今年ももう3月かー。
    なんて思ってたら、ワヤワヤしている間にとっとと3月は過ぎ去ってしまい、
    気付かぬうちに4月になって桜も満開となり、プチ浦島太郎状態です。

    何か最近、『ネイチャー・ストーブ』だか『ウッド・ストーブ』だか言うジャンルに興味が沸きまして、数ある中からわたし的に吟味・選択しました『Solo Stove - ソロ・ストーブ』のご紹介です。

    ソロストーブ
    うん。
    何か品がある。

    『二次燃焼』とか何とか言う燃え方をするらしく、燃焼効率が非常~によろしいとの謳い文句に惹かれました。

    この山行、実は、先日アップしました『L&E-Shelter Dx使用レポ』のレポ書かなきゃ!3割、ソロストーブに火を入れたい!!7割と言った山行でした。
    今回は『ウルトラライト登山』の一環ですので、カップ麺やドライフーズになってしまいましたが、そのうち、しっかりテン泊で『ソロストーブ』を使ってきちんと調理したい気分になりました。

    ソロ・ストーブ02
    用意するのは、新聞紙とこんな感じの葉っぱや小枝を適量。

    ソロ・ストーブ03
    内部はニクロム線が格子状に張られている。
    地面を焼くほど熱くはなりませんが、5mm厚の牛皮を敷いて作業をしました。

    ソロ・ストーブ04
    火を点けて適当に薪をくべて行くと、写真のように『ひょおぉぉ』と縦に炎が上がりだします。
    このタイミングでコッヘルを乗せます。

    ソロ・ストーブ01
    うお!
    コッヘルが見る見る煤で汚くなって行きます。

    ソロ・ストーブ05
    沸騰してきましたね。

    ソロ・ストーブ06
    今回は焚きつけに油を含んだ『ヒノキ』か『アスナロ』か何かの針葉樹を使ったので、ヤニがこびり付いてねちょねちょ。
    家でマジックリンを吹っかけて15分ほど寝かせて、歯ブラシか何かで洗えば綺麗になります。
    広葉樹の葉があればそちらの方が良さそうですね。

    ソロ・ストーブ07
    汚いので、新聞紙でくるんでスタッフバッグへ。
    何だか『木を燃やしたにおい』のおかげで、単なる1.5倍カップ麺が妙に美味く感じました。

    では、今回使った感想を述べますね。

    二次燃焼とやらのおかげで・・・

    その1~
    煙が非常に少ないので、ゲホゲホなったり目が痛くなったりしにくいです。

    その2~
    あれ?と言うほど灰が少ない。写真を撮るのを忘れてしまいました。次こそ。


    ソロ・ストーブ&トレックコンボ01
    ソロ・ストーブ&トレックコンボ02
    スタッフバッグに入れても、素のままでも『トレックコンボ900』にぴったりフィットします。

    最近は『エバニュー・チロルクッカー』メインでして、出番がまーったく無かった『スノーピーク・トレックコンボ』をソロストーブ専用のコッヘルに認定。
    純正はもちろん、探せば他のメーカーでも合うと思いますが、直火が当たることもあるので、持ち手に『シリコンゴムが付いてない』のにしましょう。


    日本人のいまいちな動画より、こちらの方が手順が良いと思う。

    ファースト・インプレッションはこんな感じですかね。
    ホントは2~3度使ってレポしたかったのですが、ちょーっと、そんな暇がありませんでした。
    使い込んで行って、新たな発見がありましたら続編的にレポ上げて行きたいと思っております。

    火遊び好きの男性諸氏にはたまらないアイテムです。
    最近頻度が高くなって来た『のんびりテン泊』の最高のお供となりそうです。
    雨が降らないことが予報でわかっている場合だと、これひとつでいいと思うのですが、怪しい場合は、最低でもアルコールストーブを予備て持って行こうと思います。
    いや。
    山をなめてはいけません。
    常にちゃーんと予備を持って行く所存です。


    ろっくんろーる。

    詳細は『ソロストーブの公式ページ』にて。

    んーと。
    もう『今年のGW登山』の計画を立てているのではないでしょうか。
    おととしのレポですが、『ゴールデンウィーク登山について ~~注意点を少々』を読んで、計画の参考にしてくださいね。






    関連記事
    スポンサーサイト

    | ストーブ | 11:34 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    ボクはユニフレームのネイチャーストーブを持って
    いるのですが、10年近く使っていないような。。。
    なんか、この記事を読んだら出して使ってみたく
    なりました。

    | んごんご | 2016/04/04 17:29 | URL |

    Re: タイトルなし

    んごんごさん

    毎度どもっス!

    ぜひぜひ引っ張り出して使ってください。

    面白いです。
    これから暖かくなるし、出番が多くなる予感がします。
    新聞紙必須ですね。

    | 目目連 | 2016/04/04 17:52 | URL |

    初めまして!まさぴと申します。
    ブログランキングから来ました。
    ネイチャーストーブ持ってないのでソロストーブ欲しくなりました。
    また訪問させていただきます。

    | まさぴ | 2016/04/05 15:15 | URL |

    Re: タイトルなし

    まさびさん

    ようこそおいで下さいました。

    ネイチャーストーブはハマると思います。
    やっぱり火遊びは楽しいです。

    私でよろしければ、いくらでもお答えしますので、質問がありましたらお気軽にどうぞ。
    今後ともよろしくお願いします。

    | 目目連 | 2016/04/05 18:33 | URL |

    いいですね~
    ちょっとした火遊び楽しそうです。
    トレックコンボにピッタリ入るのはグッドですね。
    すごく機能的です。
    ネイチャーストーブ一つ欲しいのですがいろいろあって悩みますねぇ。
    とりあえず今ソロストーブに少し傾きました。

    | Sei | 2016/04/05 21:11 | URL | >> EDIT

    これは

    小さな焚き火ですね。
    燃料が現地調達というところがいいですね。
    飯盒を持って行った炊事遠足を思い出しました。
    って、飯盒使ったことなかった。
    で、こんなに黒くなってカップめんだけ?とも思いますが、
    こういうことにこだわるってすごく面白いですね。
    目目連さん、楽しかったでしょ^^

    形状から想像したのですが、
    炭を熾して一人焼肉なんてどうでしょう。

    | watanabe | 2016/04/05 22:38 | URL |

    男の方は、皆さん火器好きなんで
    こういうストーブを見ると欲しくなるんでしょうね(;^_^A

    女性からすると簡単にすぐ火が付く、ガスで良いやん。ってなっちゃうんですけどね。
    木の香り漂うカップ麺は、たべてみたいですけどね^_−☆

    | えれぇこった2号 | 2016/04/06 16:46 | URL |

    Re: タイトルなし

    Seiさん

    毎度どもっす!

    まずは『二次燃焼』に惹かれて買いました。
    それに『地面を傷めない』し、灰も『あれ?』と言うほど少ないです。
    少しでも手間を切り詰めたい時は不向きですが、くつろぎを求めた登山にはメインで行きたいと思っています。

    | 目目連 | 2016/04/06 17:14 | URL |

    Re: これは

    watanabeさん

    毎度どもっす!

    安全で自然を傷めない焚火になるんでしょうね。
    樹林帯だと燃料に事欠かないのもグッドです。
    この時は微妙に湿っていて点きにくかったです。
    燃料集めからだと20分かけてカップラーメンです。
    効率悪いですが、楽しさ的には一番ですね。

    炭だと二次燃焼でどんな燃え方になるんだろう?
    どうせならいい肉を食べたいですね。

    | 目目連 | 2016/04/06 17:19 | URL |

    Re: タイトルなし

    奥方。

    毎度どもっす!

    > 男の方は、皆さん火器好きなんで
    > こういうストーブを見ると欲しくなるんでしょうね(;^_^A

    火遊びが嫌いな男子は稀だと思います。
    でも、このストーブだと、奥方もきっとハマると思います。

    > 木の香り漂うカップ麺は、たべてみたいですけどね^_−☆

    お湯ににおいいが付いたのか、まわりのにおいと混ざったのか、美味しく感じました。
    ただ、このカップ麺1つで足りるはずも無く、夜中は空腹でのたうちまわりました。

    | 目目連 | 2016/04/06 17:23 | URL |

    ソロストーブ良いっすねぇ。
    ワタクシはエンバーリットのストーブ使ってます。
    チタンは買えなかったのでステンですが(^^;)
    分解するとすっごい薄っぺらになるので便利っす(^-^)
    薪を燃やす楽しさって何とも言えませんよね(^-^)

    | ちゃりんこ | 2016/04/06 20:34 | URL |

    Re: タイトルなし

    ちゃりんこさん

    Emberlitですね。
    地面を焼かないことと、下から薪をくべられるのがいいですよね。
    迷ったのですが『二次燃焼』の言葉に惹かれてソロストーブにしました。

    燃料ストーブも楽しいですが、
    『木の燃えるにおい』を嗅ぐと『あ~キャンプしてるなー』って落ち着きますよね。

    やっぱり火遊びは楽しい。

    | 目目連 | 2016/04/06 21:10 | URL |

    後片付けの事やら考えるとけっこう面倒なんで、滅多にやらないんだけど基本焚き火好きなんで、この手の焚き火をイメージさせるストーブは興味あったんですが、なかなか手付かずでした.........
    でも、まったり山行の時は良いかもですね!

    | bp-hiro | 2016/04/07 21:13 | URL |

    目目連さん(*´ I `*)ノ コンバンワ♪

    というか、もう五月ですね(。・w・。) ププッ

    私の知り合いでも、焚き火好きの人が居まして、山で焚き火Σ(゚д゚lll)って思ったんですが、結構メジャーなんですね?
    目目連さんのレポ読んで、なんか楽しそうだなぁ、やってみようかなぁ(*´ω`*)
    って思いましたが、お値段見て正気に戻った私です((´∀`))ケラケラ

    | 雪野 | 2016/04/13 01:03 | URL |

    Re: タイトルなし

    雪野さん

    毎度どもっす!

    燃料現地調達ってのがエコでいいと思います。
    ただ、この時は湿ってたので、炎が上がるまでちょいと時間がかかりました。

    焚火 = 山火事

    下手すりゃなりかねないですが、
    ソロストーブは工夫されていて、二次燃焼とか言うやつで、
    火の粉がほとんど舞い上がらないんですよ。
    地面を焼くことも無く安全に楽しめます。

    この時は明るかったですが、
    夜だとさらにいい雰囲気になりそうです。
    雪野さんもイケメンと山に行くことになったら、奮発してみるのもいいかもですよ。

    | 目目連 | 2016/04/13 21:09 | URL |

    目目連先輩、こんにちわ!
    このストーブ良いですよね~。
    私はよく似たモノでノマディックストーブを持っています。
    チムニー効果で燃焼効率が高くて、私の様な初心者でも気軽に焚火を楽しめるツールですよね。

    900サイズのコッフェルに仕舞えるのでパッキングもし易くて気に入ってます。
    ちなみに私はエバニューのチタンを使ってます^^

    | RED EYE | 2016/04/14 10:47 | URL |

    Re: タイトルなし

    RED EYEさん

    毎度どもっす!

    ひと言で言うと楽しいですね。
    手間はかかるし、コッヘルの煤や汚れを落とすのも面倒ですが、
    それでも楽しいですね。
    GW明けて落ち着いたらのんびりテン泊で遊ぶつもりです。

    エバニューの900にも収まりますか。
    ま、私は使う機会が無かったトレックコンボに活躍の場を与えました。

    | 目目連 | 2016/04/14 19:27 | URL |

    Re: タイトルなし

    bp-hiroさん

    毎度どもっス!
    お返事したのですが、何だか反映されてなかったので再度です。
    大変失礼いたしました。

    確かに薪集めから何やらしてたら、非常に手間ですね。
    ガスだとパチン、シューですから。
    んで、煤だらけになったコッヘルの処置も手間です。

    でも、もう歳ですので、のんびりテン泊の頻度が増えて参りました。
    日常を忘れてダラーっとする山行の良いお供になりそうです。

    | 目目連 | 2016/04/15 09:24 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/139-41b9bff3

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>