『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    finetrack Zelt II - ファイントラック・ツェルト2

    はいはいー。
    今回は『finetrack Zelt II - ファイントラック ツェルト2』のご紹介です。

    買った理由は、軽量な上に透湿性もあると言う事で、すこぶる評判がよろしかったからです。見事に乗っかりました。

    ftzelt01.jpg
    こんなにピンとは張れない。あくまでメーカー写真。
    初心者の方は、真に受けて『テントと同じ』などと考えない方が良い。

    ツェルトとしての機能は十分満足のいくもので、使い勝手はすこぶるよろしい。おまけに軽量である。さすがは評判通り。
    使い勝手とは言えど、簡易テントとしての使い方は無視。屋根型にして吊るす天幕式が使いやすく頻度が多いかな。それに半雪洞。

    理由は・・・『ツェルト泊のうんちく』・・・こう言うこと。

    それまでは、ICIのゴアのツェルトを使ってましたが、『どうせ結露するなら』と重量が半分以下のこのツェルトに買い替えました。(ゴアですら勤労感謝の日の八ツでバッチリ結露)
    PUコーティングのこのツェルトの透湿性に関しては全く期待してなかったけど、その通りかなと。まあ、PUコーティングですからね。

    んで、やっぱりスタッフバッグは妙にキツく、使用後はお決まりのレジ袋行き。


    これはお家や小屋の中での畳み方。
    屋外では、こんな無風でフラットなスペースなどどこにもない。特に冬山では。


    ・・・しかしながら、最近は出番がめっきり少なくなった。
    簡易テントや雪洞を利用しない場合は、非常用・常用ともに『Em-Shelter』の方が使い勝手が良いからである。
    Em-Shelterの記事』はこちら

    吊るして使いたい時や、雪洞・半雪洞で行きたい時はバッチリ持って行きますけどね。

    半雪洞はフル雪洞より体力的にかなり楽だし、スピーディにできるのでよろしい。居住性もいいし、情緒もあってよろしい。

    と、言うわけで、何はともあれ、とってもお気に入りの一品です!

    ・・・あ!そうそう。
    買う時は『ツェルトⅠ』じゃなくて『ツェルトⅡ』の方がいいです。
    シート状にした時に長方形に近く使い勝手が良いからと、『ツェルトⅠ』は完全な台形なので設営すると、居場所が『真中だけ』になってしまうからです。
    あと、シートとして使う場合使いにくいと思う。
    値段と重量は若干かさみますが、1よりは2を買うべきですね。

    詳細は『ファイントラック・ツェルト2』の公式ページ』をご覧ください。

    ツェルトに関しての『重要レポ』を書いてますので、ツェルトを・・・と思っている方は、必ず下の2つのレポを読んでくださいね。

    必読!『ツェルトザックを見直せ

    ツェルトの簡易テント機能を求めるならちょっと待った。
    こちらの『軽量・簡易シェルターのうんちく~~徹底比較』をごらんあれ!





    グランドシートに最適


    ファイントラックからツェルト2・ロングが出ました。

    いやいやいやいや。
    いいのが出ましたね――。
    ftzeltlong01
    床の長さが220cmあるのがいいですね。

    でも、

    ツェルト』 = 『非常用』


    なんで、この色はどうしたことなんだろーってな感じです。
    もう一つ。
    ファイントラックツェルトは『換気口』がやたらと小さいのです。
    加えて、空気が通りにくい形状なので結露しやすいと思う。
    ここ改善して欲しかったなー。

    でも、私のように図体が大きい人は、ぜひぜひこちらを選択しましょう。



    関連記事
    スポンサーサイト

    | お泊り系 | 21:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    木の間に張る

    ツェルトのポールは、木に張れない時の予備と考えた方が良いです。風に弱いし、傾いてくるし。テン場じゃないやぶ山の奥で、木の間に張るのが基本。そうすればピンと張れてそのまま朝までもちます。

    | 目黒駅は品川区 | 2012/07/26 11:05 | URL | >> EDIT

    Re: 木の間に張る

    コメントありがとうございます。

    仰る通りですよね。
    風に弱いので樹林帯に張るのが具合がいいですよね。私はツェルトポールもストックも持ってない人なので、張る時は木から吊るします。
    床は開いた方がスペースがとれるのと、棟が下方向のテンションから解放されてピンとした状態を保てるので、フルオープンにしてシートを敷いています。タイベックを敷く人も多いようですが、タイベックは耐水性がいまいちなので「MPI オールウェザーブランケット 」を使ってます。人によっては重いと言うかもしれませんが、耐久性があり何かと使えて便利です。

    | 目目連 | 2012/07/26 21:19 | URL | >> EDIT















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/14-655d4036

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>