『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    Hilleberg Soulo あげん! (Again!)

    えーと。
    また『ヒルバーグ・ソウロ』について書いてみます。
    私がこのブログを始めた初期の頃にこのテントのレポをあげました。

    Hilleberg Soulo - ヒルバーグ・ソウロ

    そ。
    私の『絶品3アイテム』の一角を成します。
    ちなみに他の2つは『MSR ドラゴンフライ』と『エム・シェルター』ですね。

    今回は『ソウロ フットプリント 取り付け方』的なキーワードでこのブログを訪問される方が多いことに着目して、それの参考になればと思った次第です。
    色々な取り付け方はあると思いますが、これが一番シンプルだと思います。
    んでは、順を追って説明しましょう。

    1.フライだけで張る。

    2.フットプリントを取り付ける。

    Hilleberg Soulo03
    ロゴがある面を上にして、本体ののテンションコードの下をくぐらせます。

    Hilleberg Soulo04
    隅をトグルボタンでとめます。

    Hilleberg Soulo05
    フットプリント取り付け完了。

    3.インナーを取り付ける。

    Hilleberg Soulo06
    まず、奥側の床面を取り付けます。
    床面のトグルボタンの輪っかには、フットプリント用とインナー用が2つ入ることになります。

    Hilleberg Soulo07
    奥側の下から順に取り付けて行きます。

    Hilleberg Soulo08
    取り付け終了。

    っとまあ、こんな感じですね。

    フットプリントに関しましては、完全に雪上にテントを張ることになる場合は、予め外しておいてから持って行きます。
    何でかと申しますと、冬テン泊経験者はご存じとは思いますが、靴を脱いだり履いたりしやすいように、入口の外に30cmほどの深さの穴を掘るからですね。ソウロで言うと前室の部分になります。
    ↓の富士山頂の写真では、入口のテンションコードが垂れてますが、穴を掘っているからですね。

    フットプリントを使うのは、無雪期の土や石の上に張る時です。
    インナーの床面が傷付かないように保護するためです。
    んで、前室でストーブを使う時だけめくります。(台を敷いて、めくらない時もあります)

    ホエーブス725 04
    んな感じ。

    あらためて説明する必要も無いと思いますが、ソウロは猛烈に強いです。
    張り綱さえしっかり張っていれば、ビュンビュン風が吹いてもへっちゃらです。
    のんきに他の人のテントの煽られ具合を見物しています。
    危なそうなテントは、持ち主と一緒に張り綱を調整したりします。
    ただし、基本的に女性に限ります。

    雪にも強いです。
    この小ささに3本ポールですからね。
    頭も前後にとんがり気味なので積もりにくいし。

    どしゃぶりの雨ももちろん、何っともないです。
    フットプリントの上をダーッと水が流れたこともありますが、インナーの床面はバスタブ構造なので、中には1滴の水も入って来ませんでした。

    ♪ Rainy days never say goodbye ♪
    ♪ To desire when we are together ♪

    I Like Chopin - Gazebo

    バシバシ、フライを叩く雨音を聞きながら、これまた呑気に歌など歌いつつ、ゴロンと横になって楽しんでます。

    ま、
    難点と言えば『猛烈に高い(値段)』と言うことです。
    あと、最近の人に言わせると『重い』らしいです。
    テントの2kgちょいってのは重いの?って思いますが、重いらしいですね。
    中学生の頃は、地区の子供会から借りた5kgぐらいの家型テントなんかを担いでたので、私は何とも思いません。

    私の場合はこのテントを担いだ『山行』と、『L&E-Shelter Dx』を使った『ウルトラライト・ハイキング』と、中途半端なことはせずに、端と端、白と黒、もう『完全に分けて』考えています。

    その辺の『割り切り』が無く中途半端なことをしていると、重いだの、狭いだの、使い勝手が悪いだの、かさ張るだの、色々と文句が出てくるわけですね。

    『山行』の当たり前
     → 重い、かさ張る → 利点~何があっても大丈夫

    『UL』の当たり前
     → 狭い、使い勝手が悪い → 利点~楽して歩ける

    道具の使い分けもさることながら、頭の使い分けも大切です。

    では最後にレポ用に撮った写真をどぞ。

    Hilleberg Soulo09

    Hilleberg Soulo10

    何はともあれ、ヒルバーグ最高!
    次は『Nallo - ナロ』か『Jannu - ヤヌー』が欲しいぞ~。
    でも両方とも高い!!

    ・・・。
    7億でなくても、宝くじが当たれば買うかな。
    いや、月に1万ずつヒルバーグ貯金でもするかな。

    最後は現実に戻ってテンションダウン。


    よろぴこ


    詳細は『Hilleberg Soulo の公式ページ』にて。


    ヒルバーグ ソウロ テント/1人用(Hilleberg Soulo) レッド(赤) [在庫有:5月21日頃お届け]

    価格:89,980円
    (2016/5/8 10:51時点)
    感想(1件)




    ヒルバーグ ソウロ テント/1人用(Hilleberg Soulo) グリーン(緑) [在庫有:5月21日頃お届け]

    価格:89,980円
    (2016/5/8 10:51時点)
    感想(0件)




    ヒルバーグ ナロ 2 テント/2人用(Hilleberg Nallo 2) レッド(赤) [在庫有:5月21日頃お届け]

    価格:98,980円
    (2016/5/8 10:50時点)
    感想(1件)




    ヒルバーグ ヤヌー 2 テント/2人用(Hilleberg Jannu) グリーン(緑) [在庫有:5月31日頃お届け]

    価格:123,980円
    (2016/5/19 14:46時点)
    感想(0件)





    関連記事
    スポンサーサイト

    | お泊り系 | 14:48 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    値段を見て漏らしそうになったで候。

    岩手の山は、基本テント泊禁止なので、テントを
    チェックすることがないのですよ。
    一応、ICIのゴアライトは持っていますが、車での
    キャンプでしか使ったことがありません。

    | んごんご | 2016/05/20 08:56 | URL |

    やっぱりソウロ(ヒルバーグ)は良いですね!

    最新鋭のテントとヴィンテージの小ブスとのコラボはめっちゃ良い感じですよね~

    なんとなく昔使ってたアクトを思い出します!
    ソウロの方が室内空間大きいし自立式ですけど、前室の感覚とか似てますよね(^_^)v

    | bp-hiro | 2016/05/20 13:31 | URL |

    Re: タイトルなし

    んごんごさん

    毎度どもっす!

    ICIのゴアを持っていれば、オールシーズン使えるのでバッチリじゃないですか。
    他県の山でいいので、ぜひテン泊山行をやってください。
    車キャンプじゃもったいないです。

    私は超円高のころに海外サイトから買ったので、何やかんやで6万円台で収まりました。

    | 目目連 | 2016/05/20 18:50 | URL |

    Re: タイトルなし

    bp-hiroさん

    毎度どもっす!

    アクトもお持ちでしたか、確かアラックもお持ちでしたよね。
    私も最初、アクトと迷いましたが、私が生活するにはソウロの空間が最低限必要と思ったので、ソウロにしました。
    狭いですが、長辺が220cmあるので快適です。

    やっぱりヒルバーグは最高です。

    | 目目連 | 2016/05/20 18:53 | URL |

    良いテントをいっぱい持ってらっしゃるんですね!!

    テント張る時に、目目連さんが近くに居たら
    女性はラッキーですね^_−☆

    我が家もテントをまた買おうとしてますが、ひたすら今はやめてと
    お願いしております。

    | えれぇこった2号 | 2016/05/21 19:27 | URL |

    ソウロ良いですねぇ、値段を見て・・・憧れにしときましょうw
    それはそうと、エバニューのマット届きました。
    箱に入って来たのですが、重さが無かったです(笑)
    勿論マットを持った時は「おおっ」なりました(^-^)
    早速持って行ってきますね。

    | ちゃりんこ | 2016/05/21 19:55 | URL | >> EDIT

    み、皆使っているんですね

    目目連さん、こんばんわ

    そろそろ道具を見直そうと思い
    まずは、ベストギア完全ガイドで勉強していた所でした。

    目目連さんの前回の記事で取り上げていた、エバニューEXPマットも掲載されています。
    →どうやら滑りにくいのを売りにしているみたいです。

    そしてフットプリント(グランドシートの事でしょうか?)
    雑誌にも載っていたので、目目連さんも使っているのか?
    お尋ねしようと思っていたら、ちょうど今回の記事がフットプリント!
    どうやらガッツリ使っているようですねぇ~(;^ω^)

    いや、頭の中ではテントの下に敷く物が欲しいなぁ~っと思っていて
    今回の山行では、レジャーシートを敷こうか迷っていたところでした。
    →結局、買いませんでしたけど

    そんな事を思っていたら・・・
    今回、テント専用の敷物がある事を知った訳です。
    これはテントに穴が開く前に準備しておいた方が良さそうですね。

    後は、持ち運べる快適な枕が欲しいです。(*'▽')

    | オニオン/ | 2016/05/21 20:00 | URL |

    Re: タイトルなし

    奥方。

    毎度どもっす!

    hiroさんもお持ちの(だった?)ヒルバーグですので、奥方も良さはご存知かと思います。
    今はこの『重くても強力』なこのテントと、
    快適さを残して『極限まで軽くした』L&Eシェルターの2本立てです。

    > テント張る時に、目目連さんが近くに居たら
    > 女性はラッキーですね^_−☆

    イケメンだったらもっとラッキーなのかもしれないのが残念ですが、ちょいラッキーってところですね。

    私はお財布に福沢さんがいないので、買わないと言うか買えないのです。
    hiroさんも私も同類のご様子なので、ひとつ買っちゃうとまた次が欲しくなるんでしょうね。


    | 目目連 | 2016/05/22 19:12 | URL |

    Re: タイトルなし

    ちゃりんこさん

    毎度どもっす!

    ヒルバーグは円安に伴って、ソウロで3万近く高くなりました。
    もう、積み立てをしないと買えない値段になってしまいましたね。

    エバニューのマットやっぱり『おぉっ』ってなりましたね。
    私も同じくです。
    あの軽さにしては結構使えますよ。
    バシバシ使ってあげてください。

    | 目目連 | 2016/05/22 19:15 | URL |

    Re: み、皆使っているんですね

    オニオン/さん

    毎度どもっす!

    エバニューのマットはそうなんですか。
    すべるマットに慣れた私はちょっと戸惑ってしまいました。

    フットプリントは無雪期の必需品ですね。
    フロアが傷付くよりフットプリントが傷付いた方が安上がりですからね。

    枕ですか。
    モンベルの枕は私には低すぎるので、最近はU字型のトラベルピローを使ってます。
    寝返り打っても逃げて行かないので意外といいですよ。

    | 目目連 | 2016/05/22 19:19 | URL |

    目目連さんヾ(●´ω`●)こんばんは♪

    よそ様のテント見るのも楽しいですね(*´ω`*)
    自分のテントもままならないので、よそ様の見て喜んでる場合じゃないんですが(;´Д`)

    目目連さんの近所にテントを張ると、安心安全φ(・ω・*)メモメモ
    テン場にテントを張る時は「ボクここです!」って目印立てておいてください(´∀`*)ウフフ
    目目連さんのテントの目の前に、テント張る事にします( ✧Д✧) キラーン

    | 雪野 | 2016/05/24 22:55 | URL |

    Re: タイトルなし

    雪野さん

    毎度どもっす!

    テン場では結構よそ様のテントを見せてもらってます。
    自分の欲しいヒルバーグ製品は特にですね。

    雪野さんもマイテントでたくましいと思います。
    最近ソロの女性も増えて来ましたね。

    敷地は大きくなりますが、遠めに張り綱用のアンカーを取って、ピンと張ると結構な風でも耐えれますよ。
    『張り綱命』的な面もありますね。

    雪野さんっぽいテントを見かけたら、サッと『イケメンマスク』をかぶって、お隣りに張ることにしますね。

    | 目目連 | 2016/05/25 19:15 | URL |

    ソウロ最高

    目目連先輩、こんにちわ!!

    ソウロ良いっすよね! 高いですがw
    本当に設営も楽だし強いし完璧なテントですよね。
    自分としては残雪の五竜で耐風性に感動しました。
    なにより立ち上がりの早さは素晴らしい。
    重さは気になりませんよねw
    2kgであの強さと快適性があるなら軽いもんです♪

    | RED EYE | 2016/05/26 15:44 | URL |

    Re: ソウロ最高

    RED EYEさん

    毎度どもっす!

    おっしゃる通り。
    風が強い時に他のテントとの差を一番感じますね。
    本当に『どこ吹く風』状態です。
    雨の日でもインナーを濡らさずに張れるのもいいです。

    買ってしまえばこっちのもの。
    『これさえあれば』の安心感がありますからね。

    ・・・。
    Jannuも欲しい。

    | 目目連 | 2016/05/26 17:16 | URL |

    物欲が・・・

    目目連さんこんにちは(^^♪
    目目連さんの「ソウロあげん!」と関連記事、その他色んなブログ見ててヒルバーグ欲しい❢と物欲がフツフツ。
    使って無い道具や使ってないカメラ関係オークションに出したら結構な金額に(笑)
    そーなると、ソウロか?ウナか?で悩む悩む。
    恰好で選ぶとソウロなんですよねぇ。
    室内ってやはり狭いのでしょうか?
    写真で見た感じサイドウォールが立気味だから圧迫感は無いのかな?
    とも、思いますし・・・
    ザックは室内には置けないでしょうね?
    実際に張ってるのを見た事無いものですから・・・
    ん~悩ましいです・・・

    | ちゃりんこ | 2016/06/19 10:50 | URL | >> EDIT

    Re: 物欲が・・・

    ちゃりんこさん

    毎度どもっす!

    私も一瞬同じことで悩みましたので、ソウロを選んだ理由を上げてみますね。

    1.ソロ山行専用をと考えた。
    2.暴風、豪雪でも安心。(3本ポール)
    3.ウナは似たようなのがある。ソウロは無い。

    おっしゃる通り、圧迫感は縦方向にはありません。
    横は狭いですが、腰の横辺りと頭の上あたりのスペースに小物などは諸々置けます。

    長身の人が多い北欧のメーカーなので、長さが220cmあります。
    新調にもよりますが、頭の上にも、ヘッ電、携帯など、夜中でもサッと取りたいものは余裕で置けます。
    前室があると言うのは、何かと役に立ちます。
    個人的には前室の無いテントに興味はありません。
    ザックはほとんどの場合、足の下(シュラフの下)に敷いています。
    上手く整理整頓できれば、全く問題ありません。

    参考になれば幸いです。
    質問があればご遠慮なくどうぞ。

    | 目目連 | 2016/06/19 21:49 | URL |

    目目連さん、先日はこちらの疑問にお答えいただきありがとうございました。
    ついでと言ってはなんですが、もう少しお付き合い頂いて良いですか?(^-^)
    ブログを見ている限り目目連さんは結構身長があるように勝手に思っています。
    アタクシと言えば身長169cm65キロ平均的な体系かな?でございます。今使っているマウンテンダックスのレラ2は「結構でかいな」って感じです。おおかたソウロで快適生活(快適さについては個人差があるとは思いますが)出来そうな感じですかね?流石に高い買い物ですからちょっと二の足踏んでます。近くに実物を見れる店舗等も無いもんで・・・しかしほぼ私の中ではソウロで、色をレッドにするかサンドにするかまでは来ているのですが・・・
    すいません、こんな質問ですがお付き合いくださいm(__)m

    | ちゃりんこ | 2016/06/23 21:22 | URL | >> EDIT

    Re: タイトルなし

    ちゃりんこさん

    オンラインショップで、サイズの図面見ていただければわかると思いますが、変形五角形で両端が狭くなっています。
    長さが220cmあり壁面の立ち上がりも大きいので、さほど窮屈感はありませんが、レラ2ならぬレラ1と変わりないと思います。ソロテントとは言え、巨人の多い北欧のメーカーですので、国内のソロテントよりはいいと思います。
    ゆったり生活したいのであれば、今お持ちのレラ2かヒルバーグで言えばウナの方がいいかもしれませんね。

    http://www.aandfstore.com/store/commodity/0/12770084004000/

    手にすればわかることだと思いますが、質感、細部の工夫、圧倒的な強度などなど、優越感にひたれることは間違いないでしょう。
    高い買い物になるので、納得いくまでご質問ください。
    私の知る範囲であれば喜んでお答えしたいと思います。

    | 目目連 | 2016/06/24 19:04 | URL |

    目目連さん、こんにちは。
    とうとうソウロ張ってきました。
    九州にいるだけではオーバースペックだなって思いましたが、
    本当に欠点のない(価格を除いて)テントでした。
    風が結構あったのですが、吊り下げ式のインナーとアウターとの距離が結構あるせいか、中は全くバタバタならないし、メッシュも広めで暑さも(夜ですが)さほど感じませんでした。
    また、三本目のポールのおかげで前室が全く圧迫感が無いですね。
    驚きです、なんなら前室に一人寝れそう(笑)
    本当に良い買い物でした。
    早く雪が降らないかもう楽しみですね(^-^)
    テントを干すときはやっぱり張った状態で干すのが良いのでしょうか?アライテントとかは必ず張った状態でと書いていますが・・・

    ソウロはまた張りに行きたくなるテントですね。
    また楽しみます
    ありがとうございました(^-^)

    | ちゃりんこ | 2016/07/18 20:09 | URL | >> EDIT

    Re: タイトルなし

    ちゃりんこさん

    おめでとうございます。
    夏は結構暑いので、後ろ側のフライがちょっと浮くように、石か何かをかませて空気の流れを作るといいですよ。
    冬はその部分を掘りますが、雪が降ると埋まってしまいます。

    何度も書いていますが、このテントと他のテントの差が顕著になるのが荒天の時ですね。
    荒れれば荒れるほど優越感にひたれますよ。
    大枚をはたいた甲斐を一番感じる時ですね。

    | 目目連 | 2016/07/19 19:37 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/142-0ba764b0

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>