『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    Lowe Alpine Crampon Bag - ロウ・アルパイン・クランポン(アイゼン)バッグ

    んえーっと。
    今回は私のアイテム紹介と言うよりは、タイプ別の『選び方』的なレポですね。
    いわゆる『クランポン(アイゼン)ケース』のお話です。

    ロウ・アイゼンケース01
    ロウ・アイゼンケース02
    これわたしの。
    ロウ・アルパインのアイゼンケース。

    私がこのアイゼンケースを選んだ理由は、
    PVC加工のいかつい生地で、防水性・耐久性ともに優れていると判断したからです。
    もち思惑通り、10年以上使ってもびくともしないし、口が完全に閉じるわけではありませんが水漏れしたことはありません。
    ちょっとサイズが小さく、たまに入れ直ししないといけないのが唯一の不満な点。

    なんで『水漏れ』がイヤなのかと言うと、私は可能な限りザックの中に収容したい人だからですね。
    ザックの中が濡れたり、雪が入ったりするのがイヤなのです。

    最近1年を通して『山下清』みたいな人が沢山います。
    ザックのありとあらゆる所に外付けがくっついています。
    あ~、最近山を始めた人なんだなーと、歩きづらいだろうなーと思って見ています。
    外付け用のアクセサリーが発達しすぎたせいなのかもしれませんね。
    やっぱり周りの先輩たちのザックは、私以上にビシッとすっきりしてます。
    アイゼンにゴムのプロテクターを付けて、素のまま外付けの先輩もいますが、他のアイテムは可能な限りザックの中です。

    冬山は外付けのアイテムが増えてしまいます。
    私は、どうしても外付けしないといけないもの、すなわち『ピッケル』『ワカン』のみにしたいのです。
    まあ、ザイルを持って行く時は本体と雨蓋の間に付けます。
    近頃は『ヘルメットホルダー』なる便利な物がありますが、それでも可能な限りヘルメットも中に入れたいのです。
    マットも冬は『モンベルのセルフインフレーション』にしてザックに入れます。
    歩きやすさのためには、自分の幅から横にはみ出ないようにすればベストだと思います。

    では、各社からのアイゼンケースを見てみましょう

    ブラックダイアモンド・アイゼンケース
    ブラックダイヤモンド・クランポンバッグ。
    蓋がメッシュなので、ほぼ外付け仕様だな。
    出し入れは一番容易なタイプです。

    グリベル・アイゼンケース
    グリベル・クランポンセーフ。
    これはどうなんだろう?ファスナーの閉じ口から漏れそうな気も。
    でも、出し入れはし易そう。

    パイネ・アイゼンケース
    パイネ・アイゼンケース。
    アライテントからも全く同じものが出ている。
    PVCなので生地自体はほぼ完全防水ですね。

    イスカ・アイゼンケース
    イスカ・アイゼンケース。
    生地は普通のナイロンっぽいが、構造的に一番漏れなさそう。
    私がもし次に買うとしたらこれだな。

    アイゼンの選び方についてはこちらの『Grivel G12 - グリベル G12 アイゼン』をご覧あそばせ。

    アイゼンは積雪期には『ほぼ』必須アイテムなので、色々と比較して自分の考えに合ったものを選んでくださいね。


    夜・露・死・苦っ!


    さああ~てと。
    そろそろ年末年始の計画を練り練りしている時期ですね。
    こちらの『年末年始登山に向けて』が参考になれば幸いであります。(3年前のレポ)







    関連記事
    スポンサーサイト

    | 冬山系 | 18:09 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    目目連さん

    まいどどもです(^_-)-☆

    ロウアルパインは質実剛健で良いですよね~

    僕も昔縦走用のデカザックでコントわーⅡだったかⅢだったか担いでましたがガッチリしてました!

    アイゼンケースも同じ感じでしょうね(~_~)

    僕は幾つか持ってますがアライテントのPVCのを一番よく使ってます。
    丈夫で出し入れが楽なんで気に入ってます。
    あと8mm30mの補助ロープのケースとしても適度な硬性があり口をコードロックを使いセンターで絞れるので代用していますよ!

    | bp-hiro | 2016/12/08 21:50 | URL |

    Re: タイトルなし

    bp-hiroさん

    毎度どもっす!

    Loweのコントワーですかー。
    真後ろから見ると細身で縦長のやつですね。
    昔ありましたねー。90位のもあった記憶が・・・?

    > 僕は幾つか持ってますがアライテントのPVCのを一番よく使ってます。
    > 丈夫で出し入れが楽なんで気に入ってます。
    > あと8mm30mの補助ロープのケースとしても適度な硬性があり口をコードロックを使いセンターで絞れるので代用していますよ!

    PVCは防水な上に、引っかきなどにも強いですよね。
    補助ロープのケースにと言うのは考えましたね。
    私は素のままザックにポイです。

    | 目目連 | 2016/12/09 16:43 | URL |

    グりベル アイゼン

    私もG12です。アイゼントレにも兼用して使っていますが、摩耗するのでもう一台必要かな?

    | benly125 | 2016/12/11 09:34 | URL |

    Re: グりベル アイゼン

    benly125さん

    はじめまして。
    ようこそおいで下さいました。

    私もアイゼントレ兼用です。
    先はまるくなりますが、そのまま山でも使ってます。
    めちゃめちゃ丸くなったら少しくらい砥ごうとは思ってます。
    やっぱりアイゼンはグリベルがいいですね。

    またお気軽にコメントください。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    | 目目連 | 2016/12/11 20:29 | URL |

    目目連先輩、こんにちわ!
    私も最初はあれこれ外着けしていましたけど、
    山行を重ねるに連れて段々理解してきました。
    最近は出来るだけコンパクトに中に収納するように心掛けています。

    いや~、藪漕ぎなんかで引っ掛りまくると嫌で嫌でw

    | RED EYE | 2016/12/14 14:51 | URL |

    Re: タイトルなし

    RED EYEさん

    毎度どもっす!

    RED EYEさんは経験からあれこれ掴めるタイプのようですが、大半はわかってないですからね。
    冬も樹林帯を進む時なんか、外付け多いとじゃまになりますよね。
    アイテムと詰め方を工夫すれば、意外と中に収まるものです。
    RED EYEさんの会にわかってない人がいたら、アドバイスしてあげるのもいいですね。

    | 目目連 | 2016/12/14 19:41 | URL |

    アイゼンケース色々ありますね!

    この中にも我が家でも使ってるものが何個かありますね。
    イスカにアイゼンケースがあるのは初めて知りました!!

    何か買うにしても、よく調べてチョイスが必要ですね。

    | えれぇこった2号 | 2016/12/17 09:20 | URL |

    Re: タイトルなし

    奥方

    毎度どもっす!

    どれも一長一短はあると思うので、本来は使ってみて選べるといいんでしょうね。
    イスカのは私も最近見つけて、これいいかもって思ってアップしました。

    今のがダメになったら買おうと思います。
    でも今のは超タフなのでこのままかもしれません。

    | 目目連 | 2016/12/17 19:21 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/154-c884ffee

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>