『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    ゴールデンウィーク登山について ~~アップデート

    ええーっと。
    みなさんお待ちかねの『ゴールデンウィーク』が近づいてまいりました。
    天候が安定しているシーズンですので、長期登山の計画にもってこいですね。

    谷川岳・西黒尾根

    以前もレポをアップして、注意点を述べましたが、
    3年が過ぎ、風潮が微妙に変化してきましたので、ここで再度と言うことです。
    以前のレポは『ゴールデンウィーク登山について~注意点を少々』をどぞ。

    ではアップデート版を述べて行きます。


    1.早立ちしましょう

    これは前回のレポでもいの一番に上げていますが、
    どーも、あたりを見回すとそうではありません。
    6時発ならまだしも、7時、8時出勤もザラです。

    ブログ内で幾度となく書いていますが、
    晴れていても午後になると天候が悪くなったり、雪が緩んできたりと、危険な要素が増えてまいります。
    よって
    『天候の安定した午前を如何に長くとるか』
    が重要になって来ます。
    私は12時目安、遅くとも午後2時にはその日の行動を終えるように計画します。
    そのためには言わずと早立ちが必要になります。
    泊まり日帰りを問わず、空が白みだすとともに歩き始めます。
    ただ最近、人と行く場合『ぶー』が出ます。
    どうやら最近の人は、山でも8時~17時のようです。
    断言しますね。
    違います。
    GWに限らずどの季節でも同じです。

    アプローチの場合、交通機関の都合で止む無しの場合もありますが、山頂アタックの時は早出をしましょう。


    2.変な足まわり

    何だか最近、雪のアルプス稜線にも『トレランシューズ+チェーンスパイク』の人が出没します。
    締まった雪なら滑らないけど、腐れ雪の急斜面だったらズルッと行きますね。
    それ以前に『冷たいだろうに』と思います。
    おととしの5月の富士山ですれ違った人なんか、半袖・短パンのいでたちで、
    合羽上下に登山靴の私を
    『どうだ』
    的に追い越して行きました。
    何か言ってきたら小突いてやろうと思っていたので、殺気が伝わったか、見下した視線のみで立ち去って行きました。

    本谷からアイゼン着けて涸沢に上がったり、5cmの新雪でアイゼンを着けるのも『ん?』な足まわりですが、こちらは重装備なだけで危険はありません。

    まぁ、とりあえずのところ、トレランシューズで雪山はやめましょう。


    3.雪庇にトレース

    以前こちらの『積雪期登山について ~最近気になっていること』でも述べましたが、『お!』的なところにトレースがあります。
    『夏道、出てんじゃん!』なのに、わざわざ落ちそうな『雪庇のかけら』にトレースがあったりします。
    最近多い危険人物のために、GWともなると、メジャーな山では稜線の小屋の小屋番の方々がトレースを切ってくれてますので、それを100%当てにするのも何ですが・・・。
    っつーかもう、本でもネットでもいいので、少しは予習をして山に入りましょう。


    4.雪崩が怖い

    まずは計画の段階から。
    危険個所を危険な時間帯に通らないよう計画を立てます。
    今は写真を検索すれば、目的の時期の目的の山の写真が必ず見つかります。
    GWであれば、幾筋かの雪崩の跡もしっかり確認できます。
    そこで『ははーん』と見当をつけましょう。
    沢筋がルートになるところ、大雪渓、あずき沢、北穂沢などは、『あずき沢 雪崩』『大雪渓 雪崩』などのキーワードで検索すると、過去の事例などがいくつも上がって来ますので、事前情報を得ておきましょう。
    GW中はだいたい山小屋は営業していますので、主人や小屋番の方に聞くのが一番です。
    っと。
    GWはもちろん雨も降ります。
    雨の翌朝なんか『カリンコリン』になりますので、雪崩の危険性は下がりますが滑落には十分に気をつけてくださいね。

    ゴールデンウィークの山は危険が多く潜んでいます。
    しっかり予習をして、小屋の方の言うことを良く聞いて、安全第一で登山を楽しみましょう。


    ろっくんろーる




    関連記事
    スポンサーサイト

    | ☆ ~死にたくなければ~ ☆ | 21:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    すいません、地元の山だと8時どころかそれ以降のスタートをしてしまいます_(:3」∠)_
    最近、そんな寝坊スタートをすると「某でっかいブロ友に知られたら、これきっとイジメの材料になるぞ( ̄ω ̄;)」とビクビクしてたのに、とうとうそのネタがやって参りました(;´Д`)
    遠征先ではがんばって早起きしてるので、許して下さい( ノД`)シクシク…

    GW前半は、白の世界に逆戻りで遊びに行くので、気をつけないとですねぇ。
    毎年のように、雪崩のニュースが出る場所ですから(((((((;´д`)))))))
    後半は思案中です(たまには家に居ろ)

    | 雪野 | 2017/04/14 00:29 | URL |

    Re: タイトルなし

    雪野さん

    毎度どもっす!

    写真から見る御姿や動画の声から『お寝坊さん』の雰囲気を感じていましたがやはりそうでしたか。
    地元で知りつくした山だとは思いますが、ちょっとだけ気を抜かない部分は持ち続けてくださいね。

    イジメたりしませんよ。
    特に『太め』の(若い)女性は好みなので優しいのです。

    ベテランのお仲間と一緒だとは思いますが、気をつけて行って来てくださいね。
    私は左膝が不安定で、水がたまったりたまらなかったりなので、
    軽めだなー今年は。
    残念。

    では、出勤の時間になり申した。
    行ってきまーす。

    | 目目連 | 2017/04/14 06:51 | URL |

    おはようございます♪
    ガーン(^^;;
    結構我が家はここ最近、ゆっくり目のスタートが多いです。
    頑張って少しでも早く準備して登るようにします。

    めっちゃ雪の状態が悪くて、ベテランの方々が引き返す中でも
    若者達大きな声で話しながら、そこを平気で登って行くので
    怖いわねぇ〜って思った事多々!!

    私も雪の状態で判断とか出来ない初心者ですが(^^;;
    まず怖いが先に来るので、まだましかな??っと。

    | えれぇこった2号 | 2017/04/14 09:03 | URL |

    Re: タイトルなし

    奥方

    毎度どもっす!

    日暮れとともに寝て、夜明けとともに動きだすと、
    結構、午後にのんびりする時間とれるし、疲労の回復にもいいですよ。
    午後はGWだと雪が緩むし、夏だと雨や落雷に見舞われやすくなりますからね。
    hiroさんは判断できる方なので、その辺はお任せでいいと思います。

    若者たちは、知らないから怖くないのでしょうけど、知らないと命にかかわるので、今までは運の良かった人たちなんでしょうね。
    私も怖いが先に来ますが、山を知っているベテランほど怖いが先に来るので、奥方の感覚は正しいと思います。
    私たち人間の力なんて、山に対したら無力ですから。

    | 目目連 | 2017/04/14 13:08 | URL |

    雪とか

    本州の方って雪に対する認識が甘いのですかね。
    それとも圧倒的に登山者の数が多いからそういう方たちもごく少数いるということでしょうか。
    こちらでは、冬季間は日常にも雪の脅威が存在しますし、ましてや山に登る方たちの雪に対する認識はソートーなものではないかと思います。
    ただ、中にはそれほどの知識も経験もなくただ人に付いて行く方たちもいるんじゃないかと思うんですよね。
    危険は自分自身の問題で人に預けるものではないと私は考えます。
    と、エラソーなこと言えるほどではないんですけど^^
    ちなみに私は早起きして山に登る派です。
    結果、時々ラッセルになりますけど。

    | watanabe | 2017/04/14 20:52 | URL |

    Re: 雪とか

    watanabeさん

    毎度どもっす!

    雪に対する認識は、北海道をはじめとする雪国の方には及びませんよ。
    脅威もそうですが、歩き方ひとつ取っても、山に行かないと味わえないわけですからね。
    それだけに少しは勉強して山に入ってもらいたいとは思います。

    私は今の時期の『ハマる』のが一番苦手です。
    ソロの時に1時間以上抜け出れなくて、ヤバいんじゃないかと思ったこともあります。
    なるべく岩の近くは避けますが、岩ごと埋まってる場合は見つかんないんですよね。
    早立ちすると雪が固い分、少しはマシです。

    | 目目連 | 2017/04/16 16:21 | URL |

    目目連先輩、こんにちわ!
    実際に雪に馴染みの無い大阪の渡しにはピン来ません。
    雪の恐ろしさ、事故なんかもニュースで見るくらいなので。。。

    今のところはナイトハイクで夜中から登れるコースですが、
    今後更に難しいルート選択になる時には考えないといけませんね。
    幾ら学んで経験を積んでもし過ぎることがないのが山なんですね~。

    今週末は御殿場から富士山に行ってきます^^
    年末の初日の出富士に向けた練習登山ですが、気を付けて楽しんできます。
    (因みに取付きは夜中2時から雪が締まった時間を狙ってます。)

    | RED EYE | 2017/04/28 13:27 | URL |

    Re: タイトルなし

    RED EYEさん

    毎度どもっす!

    そのうちRED EYEさんも、雪の日本アルプスへ進出されると思いますので、その際は事前にしっかりと予習をしておくと、現場で『そうなんだ』ってつながって来ると思います。

    富士山は、今から梅雨入り前くらいが、気候も良くいいシーズンです。
    私もこの時期が一番多いですね。
    ちなみに無雪期の富士山は一度も無いです。

    楽しんで来てください。

    | 目目連 | 2017/04/28 20:23 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/163-30322266

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>