『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    ボディータフネス 冷感・消臭 ヘッドキャップ ~最高のヘルメットライナー

    えええーっと。この度はわたくし絶賛使用中!
    『ボディータフネス ヘルメットキャップ』のご紹介です。
    私のは販売元が『TARO WORKS』だったのですが、今は同じものが『おたふく手袋』から。

    ボディータフネス ヘルメットキャップ01
    ボディータフネス ヘルメットキャップ02
    女性は白が似合いそう。

    TARO WORKS ヘルメットライナー01
    TARO WORKS ヘルメットライナー02
    以前使っていたのは『TARO WORKS』のヘルメットライナー
    これも速乾生地で良かったのですが、後頭部で結ぶ方式かつ結び目が大きく、ヘルメットと干渉しない位置に持って来なければいけなかった。

    ボディータフネス ヘルメットキャップ03
    これ私の愛用品。
    こちらは結び目が無いので、どんなヘルメットでも問題無し!

    数年前、日本アルプスが『ヘルメット奨励』になりましたが、最近では、他の山域でも率先してヘルメットをかぶっている方を多く見かけます。中にはアプローチ中からかぶっている人もいますが、これはちょっと『・・・』と思ってしまいます。

    では、具体的にどこが優れているのかを見て行きましょう。

    その1 ~ヘルメットが浮かない
    極薄なので、素でヘルメットをかぶるのと何ら差はありません。
    また、後頭部で結ぶタイプではないので、ヘルメットの形状によっては邪魔になる結び目が無いのもベリーベリーナイスです。

    その2 ~蒸れが少ない
    ヒンヤリ感はありませんが、ドライ生地に加え、中央部がおでこからうなじに掛けてメッシュになっています。
    吸汗+拡散=速乾
    と言うわけですかなー。
    ま、カンカン照りで涼しく感じるのまでは期待できませんが、バンダナの『もわぁ~感』に比べればずーーーといいです。

    その3 ~首の保護
    首が隠れるので、首のジリジリ感も軽減されます。
    これ、炎天下では『スタミナの消耗』を防ぐために極めて大事です。
    アルプス稜線は強烈な日差しです。首を直射日光から保護することは、夏特融の疲労の大きな要素を軽減するのに役立ちます。

    縦走だったら、ドライ系のひさしの付いた帽子をかぶるのもいいですが、ひさしがあると上方向の視界が狭まりますので、このライナー着用していて眩しい時はサングラスを掛けています。
    んま、今まで使用して来た中で最高の『暑い時期用』ヘルメットライナーです。
    値段も昼飯代くらいなのでコスパも最高ですね。


    んー、マンダム。 by Charles Bronson





    こちらは乱れ髪隠しに使ってます。


    関連記事
    スポンサーサイト

    | いでたち系 | 12:09 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    目目連さん、今晩は!

    これは良さげですね~。
    さっそくポチリました!(^^)v

    | mont-denden | 2017/05/21 18:03 | URL |

    Re: タイトルなし

    mont-dendenさん

    毎度どもっす!

    おっ。
    早速ですね。
    微妙~にイイ男にも見えるし、
    かぶるのも簡単だし言うことなしですよ。

    これから秋くらいまで大活躍間違いなしです。

    あと、dendenさんのレポの『ミレー・ドライナミック』私も愛用してます。
    http://mtngoods.blog.fc2.com/blog-entry-109.html

    | 目目連 | 2017/05/21 18:58 | URL |

    汗を拡散してくれるなら、
    ヘルメットだけじゃなく帽子の下でもいいかも知れませんね。
    首筋に限らず長時間の直射日光は結構ダメージありますよね。
    にしても、安い。
    ファイントラックあたりで同じもの作ったら4000円くらいするのではないでしょうか^^

    | watanabe | 2017/05/21 20:42 | URL |

    Re: タイトルなし

    watanabeさん

    毎度どもっす!

    首にフラップが付いて無い帽子の下にかぶるのもありですね。
    もう11年前かな?
    北鎌を歩いた時は、もうずーーっとピーカンで、しかも気温の高い日で、
    その頃は綿のヤツでしたが、バンダナ帽をかぶって首を保護していました。

    山メーカーだったら、名前代でそのくらいになりそうですね。

    | 目目連 | 2017/05/21 21:30 | URL |

    目目連さん
    おはようございます♪

    なんかめっちゃ良い感じですね!!
    オールシーズン使えるのかな???

    ひさしがあると、岩を登る時とかも良く無いんですが
    日焼けによるシミをこれ以上増やしたく無くて。。。ついつい大きなひさし帽子を着用してますが、危険な箇所ではひさし帽子はかぶれないので
    めっちゃ良いかも(*^ω^*)

    | えれぇこった2号 | 2017/05/22 09:39 | URL |

    Re: タイトルなし

    奥方。

    毎度どもっす!

    冬以外はいい感じで使えますよ。
    野郎どもは日焼けはお構いなしなのです。
    稜線歩きだったら、ヘルメットの下にドライ系の帽子、例えばランナー用のキャップなどが良いと思います。
    クライミングだとひさしは大いに邪魔なので、このライナーが大活躍です。

    | 目目連 | 2017/05/22 21:16 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/166-c8be7f78

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>