『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    もう一度考えてみよう

    おぉ?
    今回は『山道具』から外れたうんちくだな。
    どーしよう。
    ま、いっか。
    人のお役にたてると言う事で。

    んー、6~7年?もっと前かな?
    10月下旬に某阿弥陀岳南稜を登っていた時のこと。
    元々天気予報からしてよろしくなく、青ナギから途切れ途切れに見える上部は白くなっている。P1手前からはみぞれ混じりとなった。
    あ~あ。
    これからエビの尻尾っぽくなったP3を登って、頂上を越えて中央稜を下るのかーと思うと、一気にテンションダウン。
    う~~。30分ほど悩んで・・・帰ろ。


    帰路にて撮影。P1より下なのは確か。
    木々が軽く氷結してるでしょ。


    ・・・チンタラチンタラ下って、立場岳を下り始めた辺りで、下から7~8人の熟年(老年)グループが。
    どう見てもメンバーは慣れた足運びではない。しかも時間は10時位。テン泊っぽいザックの大きさでもない。
    『登りました?』と問いかけられ『引き返しました』と答えました。
    『これから行くんですか?』と尋ねたら、行くとのこと。
    『止めといた方が・・・』の表情の私に、一人のおばさんが
    『○○先生がいるのよ!』『登山歴ウン十年の大ベテランなんだから!』と。
    その何たら先生に『超ドヤ顔』をされてしまいました。
    『あ、そうでしたか』『それは失礼しました。お気を付けて』とその場を後にしました。

    あの調子だと何時に頂上に着くんだろう?
    んー。
    一番近い行者小屋でも間違いなく暗くなってるだろうなー。
    何も無けりゃいいけどなー。
    などと思いつつ帰路につきました。
    ニュースになって無かったので、彼らは無事だったのでしょう。

    『あのデカイの、この程度で引き返して、肝っ玉パチンコ玉くらいでやんの』

    なーんて言われてるんだろうな。
    あ~あ。
    ま、いっか。

    では、ここでうんちくを。
    本当の大ベテランはあの天気で、あのメンバーでは上に行きません。
    たとえ好天であったとしても、10時に立場岳手前を歩いているなんてこともあり得ません。
    一番の問題は、今回何も起こらなかったことで、メンバーが『あのレベルのルートは、あの天気であの時間でOK』と言う『間違った経験値』を得たと言う事です。
    その経験値を今後の山行に用いれば、いつか大きな事故を引き起こしかねません。
    ニュースの遭難事故の報道で『登山歴○十年のベテラン・・・』と言うセリフを良く聞きますが、『本当のベテランがあの天気の中を行くだろうか?』と疑問に思う事もしばしばですよね。

    私が悪天候で引き返す時に、すれ違う人たちから
    『せっかく来たから』
    という言葉をよく聞きます。
    『命と予定』どっちが大切なんでしょう?
    最悪、自分やメンバーが命を失う事。
    それに、救助なり収容なりに来てくださる救助隊員方の命を危険にさらすことを考えれば、どのような行動をとるべきかおのずと判断できると思います。

    救助隊員の方々・・・
    ヘリからワイヤーで宙吊り状態で救助に向かわれています。(最近この方法はダメになったらしい)
    口もきけないほど『ヒーハー』で現場に駆け付けられています。
    あなた方は『勇者』です。
    あなた方がいらっしゃるからこそ、私たちが安心して山を楽しめるのです。

    ありがとうございます。

    必読!『ツェルトザックを見直せ
    関連記事
    スポンサーサイト

    | ☆ ~死にたくなければ~ ☆ | 22:10 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    もう一度考えてみよう

    こんばんは~^^

    南八ヶ岳でのお話ですか~?(某って言ってるのに聞きますか(笑))

    居ますよね・・・「え?今から行くの?^^;」って人。
    自分は14時半の時点で北穂の分岐から奥穂に向かってる人が居ました。
    そのときは自分、穂高小屋から北穂に向かったのですが、分岐まで確か3時間かかってたので、「今から向かうんですか?」と聞いてしまいました。

    それとパーティーメンバーって一番力の弱い人を基準を考えないといけないのに、全員の力量の平均をパーティーの力量と勘違いしている人も。
    なので、『登山歴ウン十年の大ベテランなんだから!』と言われ。その何たら先生が『超ドヤ顔』をする時点で、たかが知れているのでしょう(笑)(漫画の「岳」の島崎三歩レベルだったら別でしょうが(笑))
    登山暦うん十年のベテランが居ようと、初心者が居ればそのパーディーは初心者パーティーと考えるべきと自分は考えます。
    自分は登山行程を考えるとき、初心者が居るときは、標準タイムが4~5時間の時は1~2時間はタイムオーバーすると思って行程組んでます。

    まあ、>『あのデカイの、この程度で引き返して、肝っ玉パチンコ玉くらいでやんの』は思い込み過ぎだと思いますよ^^;

    | はるごん | 2012/10/19 21:35 | URL | >> EDIT

    Re: もう一度考えてみよう

    はるごんさん。
    コメントありがとうございます。

    下界と同じ感覚で、日没が行動終了って思っている人多いですよね。
    たまに日没後でもやって来る人もいるし。
    私にとって日没はお休みの時刻なんですが・・・。

    そうそう。
    横尾の橋の所に『午後2時以降の入山は控えてください』ってありました。
    いつ取っ付けられたんだろ?
    これも時間をわきまえず涸沢から上を目指す人が絶えないからでしょうね。

    おっしゃる通り、初心者と行く時は時間とペース配分に気を使いますよね。
    だから私は単独が多いのです。

    ・・・『パチンコ玉』の件はそういう雰囲気をかもし出されてたんで。
    『え~』みたいな。

    | 目目連 | 2012/10/19 22:48 | URL | >> EDIT

    もう一度考え直すか。

    こんにちは。

    逆に僕は子連れの際にベテラン(?)の方に注意されたり、「何で連れて来てんの?山の危険をわかってないの?」みたいな視線を浴びたりします。山では「遭難しない保証」がないし、僕はベテランでもないので、返す言葉もないですが、想定内であれば山行計画通りに行動することにしています。







    | Taka | 2012/10/20 11:37 | URL |

    Re: もう一度考え直すか。

    Takaさん

    コメントありがとうございます。
    私は子連れ登山は賛成です。
    私が最初に登山に行ったのは小6の時で、新聞社のキャンプ&登山のイベントに参加した時です。
    夜の静けさ、朝のすがすがしさの虜になり、中1よりキスリングを背負って友達と行くようになりました。
    子供のうちに自然の偉大さと自然を守って行く大切さ、それに自然の恐ろしさを学ぶことは大切です。
    ベテランではないとのことですが、そんなこと関係ないです。
    Takaさんが、しっかり危険を認識して備えていれば問題ないと思います。
    認識の薄い自称ベテランより危機回避能力はずっと高いと思います。

    胸を張って子供さんに自然の素晴らしさを堪能させてあげてください。

    応援しています。

    | 目目連 | 2012/10/20 12:05 | URL | >> EDIT

    自分も。

    Takaさんへ

    自分も目目連さんと同意見です!

    自分6歳から、妹は2歳から。(妹は背負子)
    (どこ行ったのかさっぱり覚えていませんが^^;)
    槍ヶ岳へは自分12歳で、妹は8歳で登りました^^
    今考えるとうちの親父すげ~な~と。。。

    なので最近は逆に子供連れ見ると自分はいいね~って思いますけどね~。
    そして子供の方が身軽で意外に大人より山登りに対しての順応性があると思いますよ~。

    しっかりした登山計画をしているのであれば、子供が居ても全然問題ないと自分は思いますけどね~^^
    自分も応援してます♪

    自分も子供が出来たら山に連れて行きたいな~って思っています♪・・・まずは嫁を探さないとですが(--;)

    | はるごん | 2012/10/21 23:45 | URL | >> EDIT

    ご無沙汰しています<(_ _)>

    目目連さん、こんばんわ(´∀`)ノ

    今回も、勉強させて頂きました。

    『登山歴ウン十年の大ベテラン』って言っても色々な人がいるもんですねぇ~
    登山暦〇年って、当てにならないですね
    極論ですが、登山暦10年って言っても、年に1度しか山に登らない人じゃベテランとは言えないでしょうしね~(〇〇先生の事は、存じ上げませんが)

    さて先日、ショップにツエルト見に行ってきましたぁ~(*・∀・)/
    手のひらサイズで、雨ガッパより小さく安いんですねぇ~!

    今シーズン、雪山の登山をする予定は無いんですが、ボードには行くので、ツエルト買って広げ方の練習でもしてみようと思います。
    →もちろんゲレンデのコースで広げるつもりは、ございません

    では、また良い山旅を!

    | オニオン/ | 2012/10/22 20:26 | URL |

    Re: ご無沙汰しています<(_ _)>

    オニオンさん

    コメントありがとうございます。
    ぉおっ!
    ついにシェルターを買いましたね。
    しかも上級者用のツェルトを。
    私的には初心者や女性にはEm-Shelterがオススメなのですが、ネット販売だけみたいですね。

    ツェルトは何にでも応用可能な分『慣れ』が必要なので、お部屋の中などで十分に練習を積んでくださいね。
    特に『かぶって座る』ことは。
    イコールいつでもかぶれる状態でスタッフサックにしまっておくと言うことです。
    ツェルト準備中に吹き飛ばされて死んでしまったと言う遭難もありますので。

    頼れる相棒です。使い倒しましょう!

    | 目目連 | 2012/10/22 21:40 | URL | >> EDIT

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    | | 2012/10/22 21:48 | |

    大人の方が

    へっぴり腰ですよね(笑)

    | はるごん | 2012/10/22 22:53 | URL | >> EDIT















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/17-6c444c41

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>