『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    私のザックの中身をちょっと ~冬山編

    んんんーと。
    今回は僭越ながら『私のザックの中身』について述べたいと思います。
    ま、細かいものや、ピッケル、アイゼン、ワカンなどまで挙げて行くと、それっこそキリが無いので、このシリーズでは『欠かせない必需品』だけをピックアップします。

    『欠かせない必需品』 → 軽量化する時も必携

    と言う意味です。
    『欠かせない』と『必需品』とわざとダブらせた意味もそこにあります。

    そう言うわけで今回は、冬山の雪のある『厳しい場所』に行く際の必携品を挙げることにします。
    レポを上げているアイテムは名前をクリックすれば詳細レポに飛べます。

    冬山必需品01
    じゃん!
    もっ回言いますが、必需品のみ撮影。
    ザックは、最近『日帰り&アタック』用に定着した『アークテリクス・アルファ45』です。


    その1 ~非常時に夜を明かせるか?

    これ、一番大事です。
    非常時に夜を明かせなければ、今の時期、間違いなくあの世行きです。
    この辺をないがしろにしている人が多いですが、っつーより、全く気に停めていない人が大多数ですが、
    私的には
    『信じらんなーい』← 女子高生風口調
    です。
    んで、備えていなくて、その重要性に気付く時は『命と引き換え』になりますので、くれぐれも良くお考えください。

    冬山必需品02

    1.ノースフェイス・エレファントフット → 黒
    2.フェザーフレンズ・ヘリオスジャケット → 黄色(大)
    3.ジュウザ・フィールドギア・エムシェルター1 → 黄色(小)

    この3つがあれば、夜を明かしてもまず死なないだろうと思って、最低限として持って行きます。
    さほど厳しくない場合は、ヘリオスジャケットが、『モンベルのULダウンジャケット』と入れ替わったりしてます。


    2016年にパタゴニアから出た『ハイブリッド・スリーピングバッグ』。
    これは私のエレファントフットよりいいと思います。

    詳細は『パタゴニア・ハイブリッド・スリーピングバッグの公式ページ』にて。

    あとの2つ
    Sam Splint - サムスプリント → グレー
    ・First Aid Kit - ファーストエイドキット → 赤
    は、怪我や具合が悪くなった時用です。
    自分のみならず、そう言う人を見かけた時は、迷わず用いましょう。


    その2 ~体の熱源を保てるか?

    ちょっと難しく書いてしまいましたが、食料のことです。

    『食料』 → 『体温維持』 → 『低体温症防止』

    ですね。
    加藤文太郎の『単独行』にもありますが、しっかりと食べてさえいればどんなに寒くても死なないと言うことです。
    私は『ツエルト内』『(半)雪洞内』『小屋の陰』『岩陰』しか経験ありませんが、加藤さんは雪の上でゴロンなんてこともやっています。

    ピーナッツバター
    私は非常用にピーナッツバターを持っています。
    スプーンで食べなきゃいけないこと、のどが渇くことが難ありな部分ですが、高カロリーなので信頼しています。
    ただ、ピーバタはわたし的な理由なので、一般の体格の方は、カロリーメイト系や最近流行りのトレイルミックスなどでもいいと思います。
    ここは『高カロリー』にこだわって持ちましょう。
    トレイルミックスの好例 → 『自作トレイルミックスはこんな感じが多い


    オマケ ~火を起こせれば最高

    火を起こして温かいものを口にできれば最高です。
    今は超コンパクトストーブもあるので、非常用として持ち歩くのも可能です。

    私はアルコールストーブを持っていますが、冬場の場合『本燃焼』には移りません。
    湯を沸かすまでは苦しいですが、暖をとるにはじゅうぶんです。
    湯を沸かしたい人は、超コンパクトストーブを持つのもいいと思います。

    経験ありの方は『うん。うん。』とうなずくと思いますが、
    『ろうそく1本』灯すだけで、まーったく違ったものになります。
    今回はストーブ類を挙げましたが、ろうそくや平置きのキャンドルでも暖はとれます。
    最低限、平置きキャンドルは持ちましょう。

    再度念押しに申し上げますが、『ウルトラライト登山』やっているからと言って、必携品を外さないようにしましょう。
    命を守る道具を省くのはウルトラライトでも何でもありません。
    1kgをケチって命を落とすのは、駐車場代をケチって切符を切られる以上の後悔になってしまうので、その辺をしっかりと考えましょうね。

    軽量化にご興味のある方は、カテゴリ『ウルトラライト(軽量化)』をどぞ。


    そこんとこ夜露死苦っ。


    by カエレバ
    こちらは私と同じ45L。

    by カエレバ

    by カエレバ
    こちらの方が安価で200gほど軽い。その分、若干性能に劣る。

    by カエレバ
    ウルトラ・ライトは軽量・コンパクトでかなり高スペック。

    by カエレバ


    by カエレバ

    これ好き❤

    関連記事
    スポンサーサイト

    | ★ お役立ちコーナー ★ | 19:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    目目連先輩、こんにちわ!
    今年もよろしくお願いします。
    半シュラフ、とても必要だと身を持って知りました。
    上着は持つのですが、足元は完全に盲点でした。
    お正月富士の時、ダウンパンツを持って行こうかどうか、
    結局置いて行ってシュラフカバーだけだったのですが、
    結果としてはとても寒いビバークでした。
    ブーツのままシュラフカバーに入ってましたが、
    これが行動不能時のビバークと思うとゾッとします。
    軽量化=命の危険ってのが冬山の恐ろしさと感じました。

    | RED EYE | 2018/01/18 10:08 | URL |

    Re: タイトルなし

    RED EYEさん

    毎度どもっす!

    冬はダウンパンツか象足(半シュラフ)は持って行った方がいいです。
    太ももの下の方と言うか、膝の上あたりが寒くてたまんなかったでしょう。
    ここの寒さはダウンパンツで防げますが、足指のことも考えると、やっぱり靴のまま入れる象足がいいです。
    でも最近見当たらないんですよねー。
    靴の性能が上がって来たので、ダウンパンツで間に合うからでしょうか?
    わかんないです。

    > 軽量化=命の危険ってのが冬山の恐ろしさと感じました。

    冬の場合は命に直結しますので、迷った時は持って行った方がいいですね。

    では本年もよろしくお願いします。

    | 目目連 | 2018/01/18 19:03 | URL |

    目目連さん

    こんばんわ♪
    エレファントフットって初めてみました!!
    ↑の代わりに我が家はシュラフカバーが入ってます!!
    あとなんか身体に巻く事が出来る銀のシートみたいなのかな?
    ヘリオスジャケットの代わりはパタゴニアのダスパーカー
    エマシェルターは我が家もありますが、私専用でtotoちゃんはツウェルトです。
    非常用は我が家はコンデンスミルクですね!!

    雪山だと、万一の時は雪洞掘るのが良いんですかね?

    | えれぇこった2号 | 2018/01/22 21:30 | URL |

    Re: タイトルなし

    奥方。

    毎度どもっす!

    エレファントフット=象足=半シュラフのことです。
    昔は普通に売られていたのですが、最近はとんと見当たらなくなりました。
    足の冷えがまったく違うものになるので重宝してます。
    時々同じものがebayに出るので、チェックしてみては。

    ヘリオスジャケットは他メーカーの厚手ダウンでも同等だと思います。
    エムシェルターは問答無用に簡単なので信頼しています。
    コンデンスミルクは行動用に吸ってます。あとは大福ですね。

    雪洞は掘れる場所が限られるので、普通は稜線を外して、風を避けてツエルト(シェルター)をかぶればいいと思います。
    温かくはもちろん無いですし、寒くてガタガタですが、死ななくて済みます。

    | 目目連 | 2018/01/22 22:28 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/189-f9ebfe6a

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>