FC2ブログ

    『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    登山初心者にも知ってて欲しい山道具の選び方 ~経験からのミソ的情報(前編)

    え~。
    暖かい季節に突入し、初心者でも登れる山の範囲が広くなる時期に入ってまいりました。
    とそう言うわけで、登山を始めようまたは始めて間もない『初心者』と呼ばれる方々の道具選びのお手伝いをと。

    そこら辺に書いてあるような、どっかから引用して来たような『ごく当たり前なこと』はそちらにお任せします。
    長年の経験から得た『ミソ的な情報』をだけを書いて行きますね。

    その前に。
    最近『初心者に必要な装備』』的な記述をネット上で非っっ常~~にたくさん見かけますが、

    非常用装備が書かれて無いアイテム紹介は速攻パスしてください

    私的には『?????』です。
    意味不明です。
    初心者こそ持っていないとヤバいです。

    では、助さん、格さん、まいりましょうか。 by 徳川光圀


    その1 ~靴

    まず第一にどこでも書いてあるように『足に合ったもの』を。
    これは私も同意見です。
    しっかりと試し履きをして選びましょう。

    んー。
    他では、ゴアテックスなど防水がしっかりしたものを・・・と書かれています。
    ですが、今のトレッキングシューズなどは、まずしっかりしています。
    逆にしてないものを探す方が大変ですので、この点に関してはご安心を。

    では、私的なミソ的ポイントを上げて行きましょう。


    ポイント1: かかとの出っ張りがしっかりあるものを。

    ハイキングブーツ例01
    ハイキングブーツ例02
    この写真は好例です。
    上の靴は、一見、軽登山靴風に見えて、かかとが独立してしっかり出っ張っています。
    下の靴は、一見、しっかりしたブーツ風に見えるのに、爪先からかかとまで平面です。

    要するにかかと部分が独立した大きな突起になるからです。
    雪の上などの滑る場所の歩行には、靴裏のデコボコの形状よりこの『踵の突起』の方が良~く効くのです。


    ポイント2: トレッドパターン(凹凸の形状)が直角のものを。
    トレッド・パターン
    三角は先がすり減ると丸になります。直角だとすり減っても根っこの方(赤丸)は溝が残ります。
    この部分がしっかり泥や雪を噛んで、滑りづらさが長持ちするのです。


    ポイント3: 軽いものがいい???

    某登山用品店でのやり取りをどうぞ。

    客: これ何グラムですか?
    店員: ○○グラムです。

    客: じゃ、これは何グラムですか?
    店員: ○○グラムです。

    ・・・これが数回続き・・・。

    店員: ・・・ある程度重さがあった方が疲れませんよ。
    客: えっ!???

    見る限り全くの初心者が、その辺の『道具は軽いほどいい』と言う情報を頼りに買いに来たのでしょうね。
    私は重いもの(革製重登山靴)から、軽いもの(地下足袋)まで広範囲で経験済みです。
    私も店員さんと同意見です。
    ある程度重くてしっかりしている方が、自然と足が進むし、悪路からの突き上げからも足を守ってくれます。
    んで、軽いものほど、足の置き場所や足の置き方など『足運び』のテクニックを必要とします。

    初心者ほど底がしっかりしていて、くるぶしをカバーできる深さのあるブーツをおすすめします。
    まだ山での足運びがわかっていないのに、いきなり『トレランシューズ』は怪我のもとです。


    その2 ~ザック

    えー。
    他では、実際に背負って背中に合うものを・・・・・と書かれています。
    ま、そりゃそれもそうですが、靴と違ってそうでもありません。
    私はキスリングなど、そんなのどうでも良かった時代を経験しておりますので、あえて言わせていただきますと、レンクス(背面長・胴の長さ)さえ間違わなければ『どーにでもなります』。
    なぜレンクスかといいますと、最近のザックはゴツいヒップベルトがありますので、変な位置に来るとヒップベルトが合わなくなります。
    パッドの無いヒップベルト式だと、少々間違ってもどーにでもなります。
    背負い心地は荷物の詰め方でどーにでもなります。
    最近はそれを踏まえた『シンプルで軽量』なザックが多く見られます。
    私の持っている2点などはその典型です。

    patagonia ascensionist25L02
    arcteryx alpha 45_03
    共につるっとした何の変哲もない平面です。
    万人の背中に合います。

    レポは
    パタゴニア・アセンジョニスト
    アークテリクス・アルファ45
    をどぞ。

    筋肉図背面
    要は、○内の背中に近い側に一番重いものを持ってくるようにパッキングすればいいだけです。
    アタック用の20L以下のようなザックになると、重いものの位置すらどーでもいいです。

    っつーわけで、どーぞお好きなザックを買ってください。

    ・・・っと。
    とっても長いレポになってしまいましたので、前編・後編、もしかしたらもう少し増えるかもしれません。
    このブログ内で何度も書いていますが、山道具って本当に高価です。
    出費を最低限にするためにも、このシリーズをご参考いただけると嬉しい限りです。


    よろしくべいべー。


    by カエレバ
    初心者はまずこう言うタイプからがおすすめです。

    by カエレバ
    ご自分に合った容量・バックレンクスを選択しましょう。

    by カエレバ
    こちらは45L。

    by カエレバ
    こちらは30L。

    関連記事
    スポンサーサイト

    | 山道具選びのコツ | 20:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    目目連さん
    こんばんわ♪

    靴選びは難しいですね。
    最近は実際に自分が履いて歩く靴下を持って行きかなりの時間
    お店で履いて、階段登ったり、降りたり、斜面を登ったり、降りたりと
    試して納得出来たら買うようにしてます。
    なので、最初の時の様に靴擦れを起こしたり試なくなりました!

    ザックも難しいですね!
    女性の場合鎖骨が痛くなる事が多いみたいですね。
    軽い荷物なら問題ないんですが、20kgを超えると鎖骨が痛くならないザックは
    少なくなります(^^;;

    道具の選び方って重要ですね!

    | えれぇこった2号 | 2018/04/05 01:06 | URL |

    Re: タイトルなし

    奥方。

    毎度どもっす!

    今のご時世、靴はほとんどが既製品なので、ピッタリ自分に合ったって言うのを見つけるのは難しいですよね。
    手作りでやってくれるところは、もう、巣鴨のゴローくらいでしょうか。

    ザックは『クレッタルムーセン』と言うメーカーのショルダーベルトには、三角形のアルミフレームがあって、重さが分散されて痛くなりにくいと聞いたことがあります。
    でも、異様に高いので、わたくしは手が出せません。
    数年前のはデザインが良かったのですが、最近のはいまいちですし。

    | 目目連 | 2018/04/05 16:49 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/195-dc926cf2

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>