『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    登山初心者にも知ってて欲しい山道具の選び方 ~経験からのミソ的情報(後編)

    んー。
    今週末は悪天と言うことで、みなさん山行中止を余儀なくされているのでは。
    そーゆー私もバッチリその一人でございます。
    っつーわけで、今日はゆっくりと道具の物色なり、計画を練ったりとする日に充てたいと思います。

    っとーー。
    再度申し上げますが、このシリーズは他の方々と『見解が違うもの』や『付け加えたい説明』があるものに関して書いております。
    そこんとこ夜露死苦。

    では本題に入りましょう。

    その1 ~レインウェア(合羽、雨具)

    値は張りますが『GORE-TEX』や『eVent』などの高性能の物を選択しましょう。
    今はこう言った『防水透湿生地』が殆どなので、ネットも実店舗も登山・アウトドア用品店から買えば間違いないでしょう。

    レインウエアは、か・な・り・のっ『万能選手』です。
    雨に濡れるのを防ぐことは言うまでもなく、ウインドブレーカーにもなるし活躍の場はさまざまです。
    ちなみに、ゴールデンウィークに『冬ジャケ&冬パン』の方をよーく見かけますが、
    私は3000m稜線でも上下雨具です。
    まず、冬ジャケ・冬パンだと保温剤無しのでも暑い。
    より高価なので破れたりすると悲しい。
    それにGW頃は気温もさほど低くないし、雨が降ることも多々あります。
    雨が降ると専用の雨具の方が絶対強いです。
    以上の理由でGWは雨具上下で十分です。
    寒い場合は、レインウェアの下に保温ジャケットなどを着て対応しましょう。

    ビニール・ポンチョ
    40年近く前に使っていたポンチョです。
    これはビニールでできてますので、何と!水を一切通しません。
    しかし、生地は一切湿気を逃がしてくれません。
    でも、脇などが結構開いているので換気が効きます。
    吹きっさらしの稜線でなければ、以外~~と使いものになります。
    試したい方は『今風』のハイテク生地ではなく、私のようなビニール臭がするビンテージ品をおすすめします。


    その2 ~非常用装備(ツエルト・シェルター)

    『非常用 = エマージェンシーシート(銀色のシート)』
    と思っている初心者が多いですし、これをして非常用と書いてあるところもたくさんありますね。
    っつーかー。
    ツェルトがあればさらにいいです』
    なーんて書いてある所を見るとー『はは~ん。これは両方使ったこと無いなー。』ってすぐにバレてしまいます。

    エマージェンシーシートは何も無いよりはちょっとだけマシなくらいです。
    理由は、しばらくこれに包まれていると、中は結露で『びしょ濡れ』になります。
    運良く夜を明かせてさあ出発になっても、濡れた体を外気にさらせば逆に低体温症になる危険がありますので、必ず頭からかぶれる『ツエルト(シェルター)』で備えましょう。

    ・・・ここで『謎』がひとつ。

    ツェルトの換気口から頭を出す???

    そんな写真がそこらじゅうにありますし、Youtubeでも『ツェルト』で検索すれば『こうやります』的に動画も上がってます。

    ま、あくまで私的な意見です。
    かれこれ山を始めて40年ほどになりますが、
    私はただの一度も顔を出してビバークしたことはありません。
    わざわざ顔を外に出して、風雨や吹雪にさらす必要がありますか???
    んーなことしたら、唇を青くして鼻水垂らした情けな~い顔で夜を明かすことになります。
    その程度で済めばまだいいですが、『青白い半透明の人』と目なんか合った暁には、もう二度と山に行く気は起きなくなると思います。
    ツェルトなりシェルターなりは、しっかりかぶった方が暖かいし、中で服を着込んだり飯を作ったりと色々できます。
    かぶれば『こんなこと』も余裕でできてしまいます。

    ついでに申し上げると、ツェルトをポンチョにして歩いている人も見たことありません。
    ツエルトの換気口は、単なる『穴』です。
    フードではありませんので、首元からどんどん水が浸入して来ます。
    レインウェアで水が入らないのは、ちゃーんとした『フード』の形状をしているからですね。
    この辺、ちょっと考えれば容易にイメージできますよね。

    非常用装備の有無が実際に生死を分けた有名な事故は、
    当ブログ内閲覧数1位の『ツエルトザックを見直せ』をご覧ください。


    まとめ

    初心者がが最初に持つべき登山装備とは『あれば便利な物』じゃなくて『最低限必要な物』でいいのです。
    最初っからあれば便利な物まで全部揃えられるほど裕福な人は少ないと思います。
    『初心者が最低限持つべきアイテム』なんてお題目で『GPS』まで書いてある所もありますが、きっとあれもこれもって考えているうちに増えて行ってしまったんでしょう。
    初心者があれもこれもって何でもザックに突っ込んで、肥大化してしまうのと同じ原理なのかもしれませんね。

    ・・・あと20年早く山ガールブームが起きてればなー。
    ナンパしまくっ・・・っと失礼。
    20数年前と言えば中高年登山ブーム。
    そこらじゅうウジャウジャともう、うばすてや・・・っとまたまた失礼。
    ナンパしようがなかったもんなー。
    今や私も立派な中年。


    ・・・・・もうだめ。


    by カエレバ
    安価&高性能なハイベント生地。
    私はこれの旧バージョン。もちろん海外版のXL。

    by カエレバ
    ゴアテックスなのに安価なモンベル。

    by カエレバ
    基本はこの型。ただ、初心者は準備に手間取る。

    by カエレバ
    私は20秒で避難できるコレを持ち歩きます。

    関連記事
    スポンサーサイト

    | 山道具選びのコツ | 08:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    こんばんは、目目連さん!

    目目連さんの経験に裏打ちされた情報、いつもありがたく読んでいます(^^
    ツェルトから頭を出す…実は以前何かの番組で、そんな絵面を見た気がします(^^;
    『不測の事態で下山できなくても、ツェルトがあればその中に入って過ごす事ができます。雨が降っていても、ツェルトで体を覆って傘を差して座れば、雨にも濡れず身体も冷えず、周囲に注意を向けることができます』だったかな。
    「…アホか?? 安全な場所で素直に中に籠ればいいじゃん(^^;」と思いました。

    ツェルトがあればポンチョ代わりになりますって言うのも、言っていた気がしますよe-330
    テレビで変な事教えると、それがまかり通ってしまうので怖いですね(^^;

    あと、『青白い半透明な人』は怖いので、お遭いしたくありません…まさか目目連さんは、経験ありですか?(--;

    | 悠 | 2018/04/17 23:33 | URL |

    目目連先輩、こんにちわ!

    確かにツェルトの穴から顔出したことないですねw
    ここで紹介されてて買ったエムシェルター、これが便利ですね。
    今のところ一番出動回数も幕営回数も多いかもしれません。
    冬富士もコレを被ってなんとか3時間程は眠れましたし。
    軽量化でツェルト張るなら快適さをとってテント持って行くし、
    緊急事態の場合はさっと被れるエムシェルターを使ってます。

    なので最近はツェルトの出番がなくお蔵入りになってしまいましたw

    | RED EYE | 2018/04/18 10:28 | URL |

    目目連さん

    こんにちわ♪
    レインウェア、私のレインウェアはズボンが短くて雨が全部靴の中に入ってしまいます!!
    山を始めた頃よりも太ってるので、横にとられて短くなったのか(^^;;
    買い換えたいと思いながら、何年も使用中です!!

    一番最初に載ってるポンチョが欲しいな(#^.^#)

    | えれぇこった2号 | 2018/04/18 14:44 | URL |

    Re: タイトルなし

    悠さん

    毎度どもっす!

    ツェルトたるツェルトの中で折りたたみ傘を開いて空間を作ったことはありますが、わざわざ頭を外に出して傘で雨をしのぐことはありませんね。
    顔を外に出す=周囲の状況を見る
    って言いたいのでしょうが、夜なんか真~っ暗なので何にも見えません。

    青白い・・・は、見たことありませんが、
    人が居たと思って振り向いたらいなくなっていたってことはありました。
    某一ノ倉沢に一人で入った時のことです。

    | 目目連 | 2018/04/18 17:31 | URL |

    Re: タイトルなし

    RED EYEさん

    毎度どもっす!

    エムシェルターは本当に便利ですよね。
    冬なんか、これ1枚で外とは全然違う空間を作れますからね。
    冬富士だったら、よけいに恩恵を感じたでしょうね。
    私も周囲の人にはエムシェルターをすすめています。

    言われてみれば私も、去年一年は一度もツェルトは持って行っていませんね。

    | 目目連 | 2018/04/18 17:37 | URL |

    Re: タイトルなし

    奥方。

    毎度どもっす!

    ショートスパッツをつけるといいですよ。
    私は雨の日とかザレ場を歩く時は、靴の中に入って来ないようにショートスパッツを付けます。
    これはゴアじゃなくてじゅうぶんなので、2,000円代であると思います。

    ポンチョはですねー。
    40年近く経っているのに、いまだにビニール臭がします。
    今だとヤフオクか何かに出るの待ちでしょうね。
    hiroさんも持っているのでは。

    | 目目連 | 2018/04/18 17:42 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/198-e8ec05a4

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>