『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    クッカー(コッヘル)総まとめ! ~2018 ver.

    えー。
    以前ってもう4年前になりますが、一度総まとめ的なレポをアップしております。
    基本的に私は古臭い登山の部類ですので、微妙に現在のスタイリッシュな登山とは距離感はありますが、クッカー類の進歩はちょっと興味を持って見ているジャンルですので、うんちくってみることにしました。

    以前のレポは『クッカー(コッヘル)総まとめ!』。


    その1 ~ハイテク系

    『ハイテク系』と言えばもう『JET BOIL』でしょう。

    JETBOIL MiniMo
    私だったらこれ買うかなー的な『MiniMo』。
    広口タイプで調理しやすそう。

    『JETBOIL』と言う製品を、わたし的『古臭い』表現で言わせていただければ、
    コッヘルの周囲に断熱材があって、底にもマナスルヒーターが合体したような形状で、ストーブの熱が『これでもか』と無駄なく伝わる構造になっている。
    ってな感じでしょうか。

    最大の長所は『熱効率』の良さでしょうね。
    それ以外にも、オールインワンでひとまとめになるパッケージ、お洒落な外観バリエーションですね。
    あと『周囲からの眼差し』を集め、優越感にひたれる的な感じもします。
    クッカーだけのタイプもありますが、どーせならオールインワンタイプの方が高性能でしょう。

    ま、短所をあえて挙げるとすると『高い』です。
    ・・・はいはい。
    どーぞ、リッチな方はお買いあそばして、テントの外で『どーだ』的にお使いください。
    私のような『パンピー(一般ピープル)』は眺めるだけにとどめておきます。
    ふんっ。

    写真で紹介した商品の詳細が知りたい方は『JETBOIL MIniMo の公式ページ』をご覧ください。


    その2 ~チタン系

    うーん。
    私の独断と偏見によりますと、今だにこの系列で一番いいと思うのは『EPI ATS』シリーズです。

    EPI ATS Type3
    ATSチタンクッカーTYPE-3SET。

    チタンクッカーの弱点の熱伝導の『ムラ』を克服するために、クッカーの底に特殊加工がほどこしてあります。

    EPI ATS test
    左はATS加工あり。右はなし。

    チタン系の最大の長所はその『軽さ』にあります。
    あと、青・紫の『焼け』や、その『高級感』ですね。

    詳細は『EPI クッカー一覧』をどぞ。


    その3 ~アルミのスクエア系

    やっぱり人気の高いジャンルだと思います。

    Uniflame Square Cooker05
    ド定番!
    ユニフレーム・山クッカー角型。

    ずっと『ユニフレーム・山クッカー角型』の一人勝ち的な感じでしたが、最近モンベルが『アルパインクッカー・スクエア』なる
    『後出しジャンケン』的な製品を出しました。

    モンベル・アルパインクッカー・スクエア 12+13セット
    モンベル・アルパインクッカー・スクエア 12+13セット
    色合いも高級感がある。

    長所は『現代風』な見た目と、『注ぎやすさ』を考えた持ち手の位置です。
    これでモンベル優位か~と思いきや、ユニフレームは『モリタ』の流れを汲む名品ですので、惹きつけられる人はまだまだ絶えないと思います。
    ま、今後は2強的な感じになって来るのではと思います。

    ユニフレーム・山クッカー角型3のレポ』はこちら。
    モンベル・アルパインクッカー・スクエア 12+13の公式ページ』はこちらをどぞ。


    その4 ~ウルトラライト

    えー。
    ウルトラライトを求める登山の時は、中途半端な切り詰めは止めた方がいいです。
    幾度となく述べてますが、ウルトラライトと使い勝手は『反比例』します。
    っつーわけで、コッヘル類を切り詰めた結果行きついたのが、
    『スノーピーク・チタンシングルマグ600(廃盤)』です。

    スノピ・チタンマグ600
    私のスノーピーク・チタンシングルマグ600。
    実測79g。

    コッヘル的に使えるアイテムとして、最安&最軽量を誇っていましたが、何とまあ、現在販売されておりません。

    現行の類似としては『エバニュー・チタンマグポット500』と『エバニュー・チタンパスタもクッカーS』があります。

    エバニュー・チタンマグポット500
    エバニュー・チタンマグポット500
    75gだけど、さすがに500mlじゃぁコッヘルとしてどうか的な。
    ちなみに以前持っていた900の方は、使わなくなったので売ってしまいました。

    エバニュー・チタンパスタもクッカーS
    エバニュー・チタンパスタもクッカーS
    95gで750ml。
    こちらは使えると思うが、お値段はスノピの倍以上の¥5,400。

    っつーわけで、これらは調理と言うより、ドライフーズ用の『湯沸かし専門』と考えた方がいいですね。

    詳細はそれぞれ
    エバニュー・チタンマグポット500
    エバニュー・チタンパスタもクッカーS
    をどぞ。


    その5 ~ビンテージ系

    はいはいはいー。
    お待たせいたしました。
    わたくしの専門分野であると共に『抜け出せない』ジャンルです。

    エバニュー・チロルクッカー01
    エバニュー・チロルクッカー・モデル2-L

    Evernew Hard Anodized Square Cooker Set L02
    エバニュー・ハードアノダイズド・スクエアクッカー・セットL

    あと、『EPI クライマーズ・クッカー』と言う『美しい』コッヘルがあります。
    ま、これは機を見て手に入れたいと思います。

    EPI クライマーズ・クッカー
    EPI クライマーズ・クッカー。
    美しい。
    やっぱりビンテージは気品がある。(写真はネット上にあったものを拝借)

    何でまたこれらを使い続けるかと言いますと、現行品に比べ作りが丁寧で、見た目がいいのはもちろん『使い勝手』もいいのです。
    重量は『ちょい重』位なので、まったく気にする所はありません。

    それぞれのレポは
    エバニュー・チロルクッカー・モデル2-L
    エバニュー・ハードアノダイズド・スクエアクッカー・セットL
    をどぞ。

    ビンテージの入手はオークションが手っ取り早いでしょう。
    たった今『角型 コッヘル』で検索して見たら、『ニュートップの未使用』がでてますね。
    これ、結構なお宝です。
    私のエバニューの角型とほぼ同じです。

    今回のレポはどれがおすすめなのかを書いたわけではありません。
    コッヘルもそうですが、『クッキング』に関してはそれぞれのスタイルや考え、こだわりが強く出るジャンルだと思います。
    ご自分がどのジャンルか、またはどのジャンルに進みたいのかを良くお考えの上で、アイテム選びに一役買えれば非常にうれしいなっと思っております。


    よろしくべいべー。


    by カエレバ
    オールインワン。

    by カエレバ
    これはクッカーだけ。

    by カエレバ


    by カエレバ


    by カエレバ


    関連記事
    スポンサーサイト

    | クッカー | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/204-b6a00907

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>