『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    Juza Field Gear Zelt Plus - ツェルト・プラス ~その2・実際~

    えー。
    今回は『ツェルトプラス』の実使用レポです。
    zeltplus amazon
    6月の給料で購入。
    使いもしないストックまで買いました。聞いたことも無いメーカーの超安物ですが、この『三角フレーム法』をやってみたい一心で買いました。

    レポ遅くなってしまいました。
    でも、8月は仕事がもっと忙しくなり、しばらく更新できなさそうなので、
    今でしょ!と。

    ツェルトプラスの理論的見解は『~その1・初見~』をどうぞ。

    ツェルトプラス比較
    まずはEm-Shelter I(旧タイプ)との大きさ比較。
    一瞬『デカっ』と思ったが、このメーカーの特徴で大きめのスタッフバッグにゆるく収まっている。
    冬用手袋を想定してあるためで、実用第一に考えられている。
    ザックに入れれば『おしくらまんじゅう』されて圧縮されるので問題無し。

    ツェルトプラスEm-Shelterの袋
    つーことで、3回りほど小さいEm-Shelterのスタッフバッグにも難なく収まる。

    そしてついに・・・
    このツェルト・プラスの最大の特徴
    『三角フレーム(A型フレーム)』設営法をやって見ましたー!
    この張り方は、ツェルト泊をした人なら一度は思い描いたであろう、云わば念願の設営法でーす。

    ツェルトプラス01
    ピンと引っ張って、前室部分をペグダウンすればこの通り自立するので、張り綱を張る作業がとってもやりやすい。
    無論、ツエルトなので張り綱が必要なのは言うまでもない。(後ろ側は木に支点をとっている)

    ツェルトプラス02
    メーカー写真のように上手く張れてない。練習が必要だな。
    ストックは120cmにしてみた。も少し長くても良いか。
    従来型ツェルトでの『お約束』の『ド真ん前&ド真ん中』ポールが無いので、いざこうやって実際に張って見ると、出入りがしやすいとあらためて思う。

    ツェルトプラス03
    コードを引き出す『スタッフバッグの切れ目』が見つけにくかった。
    次からは問題ないが『目印があると良かったなー』と、ひと言文句をつけてみる。
    スタッフバッグのヒモは特に問題ないと思うが、登山用品店で切り売りしてる2~3ミリの細引に変えた方が無難かも。

    ツェルトプラス04
    入口の幕はフラップ付きなので、雨・風の浸入が軽減される。

    ツェルトプラス05
    フラップを端に寄せると、靴は余裕のスペースですね。

    ツェルトプラス06
    床の一番端の結びを解くと、前室にプラスしてこんだけスペースがとれるので、ドラゴンフライのような平置きストーブでさえも余裕しゃくしゃく。
    でっかい換気口が真上にあるので換気も安心。(火の使用は自己責任)

    ではっ!
    お待ちかねのうんちくをっと。
    動画を見ただけでは、どうも『子供だまし』っぽく思えて、正直『ホントかいな?』感が抜けませんでした・・・。



    ・・・が、実際手にしてみると、単純至極な構造にもかかわらず、三角フレームが見事に成立している。
    従来型のツエルトは『フニャフニャ感満点』でしたが、ジュウザ式三角フレームでは『ビシッ』と安定している。
    全然違う。

    従来の設営方法 = 『いわゆる天幕』『三角形に吊るされた幕』
    ジュウザ式三角フレーム法 = 『簡易テント』

    ってな感触ですね。
    幕の垂れ下がりもない。『はためき』が少ない。
    イコール空間が広い!

    Zelt Plusが他の従来型ツェルトと比較して優れている点をあげますと、

    その1
    ジュウザ式三角フレーム法は設営が簡単&スピーディー

    その2
    安定感がある

    その3
    前室部分の僅かなスペースが予想以上に役に立つ

    その4
    出入がしやすい。これに尽きるっ!

    ツェルト泊』に関して評価すれば、過去最高のツェルトだとあらためて思います。
    設営も従来式より簡単なので、あえてストックを3本持って行くと言うのもありと思う。(後側1本、前2本)

    わたし的に太鼓判の『ナンバーワンおすすめツェルト』でーす!

    最後に一言。
    ツェルトをテント代わりにするのは『条件のいい時』のみです。
    従来のツェルトよりは格段に進化していて、最強のツェルトなのは間違いないですが、安定性、安心感はテントには敵いません。あくまで『ツェルトの範囲』でのお話です。
    3000m稜線や、風雨・降雪の恐れがある場合は『か・な・ら・ず』テントで行きましょうね。
    そこだけは、はき違えないようにしましょう!

    夜・露・死・苦っ!







    えー。

    練習をして、『三角フレーム』のコツがつかめてまいりました。

    底割れを結んでいるヒモが、はちけそうにならない程度にピンと張って、
    四隅を固定します。
    んで、一番のコツは、動画にもさり気なく書いてありますが、

    最初は『ストックをゆるく仮固定』することです。

    そー。
    外れない程度と言うか、スルスルすべるくらい、ゆるく固定することですね。

    んで、立ち上げてから、全ての張り綱ピンと張って、
    最後に『ストックをしっかり固定』することですね。
    これで快適な空間が作れます。

    つっかー。
    動画内で、さり気なくじゃなくて、太字か何かで強調して欲しいコツです。
    ご参考まで。

    過去最高のツェルトとは思いますが、あくまで『簡易』テント『仮設』テントの領域は抜けだせません。

    厳しい所への設営は『必ず』テントを持って行きましょうね。
    関連記事
    スポンサーサイト

    | お泊り系 | 15:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    目目連さん、こんばんわ

    やはり、とても良いツェルトのようですね。
    僕も、どうしようか悩んでいましたが、希望のテントが手に入ったので、今回は見送る事にしました。

    ただ、最後にコメントされていたように
    テントとツェルトでは使うシーンが異なるようですね。

    まずはテントで山泊に慣れたら、次のステップに良さそうですね。

    | オニオン/ | 2013/07/29 00:58 | URL |

    Re: タイトルなし

    オニオン/さん

    > やはり、とても良いツェルトのようですね。
    > 僕も、どうしようか悩んでいましたが、希望のテントが手に入ったので、今回は見送る事にしました。

    おっしゃる通りとても良いツエルトです。
    ツェルト・プラスの名の通り性能がプラスされています。マイナスは感じません。
    野営するのは『基本テント』ですので、野営を軸に考えてたなら見送って正解ですね。
    ツェルトの簡易テントはもちろん、他の使い方をマスターすると『どんな所でも寝れるぞ!』ってなるので、テン泊に十分慣れてからステップアップしてくださいね。

    テン泊のレポ楽しみに待ってます。

    | 目目連 | 2013/07/29 19:27 | URL | >> EDIT















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/42-4795e54c

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>