『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    OPTIMUS Svea, 8R Mini Pump - オプチマス・ミニポンプ

    えー。
    今回は『Optimus Svea, 8R用』のミニポンプのお話です。

    ご存じの通り、スベアプレヒートによる熱でタンク内の圧力を上げて、燃料を噴射させます。
    寒冷時は予熱が不十分になりやすく、タンク内の圧力が十分に上がらず着火がよろしくないため、ポンピングでタンク内の圧力を上げて安定着火させるための補助用具です。

    ミニポンプ01
    基本はこれ。

    ミニポンプ02
    ポンピングしやすいように、角度のついたタイプもある。

    上の2つはオリジナルの物で、最近はコピー品も良く見かけますね。
    オリジナルはもちろん、コピー品も結構なお値段で売り出されています。
    安い時で\3,000台、高い時には\10,000オーバーの物もあります。

    しかし、わたし的には『・・・』と思っています。
    理由は、ポンピング用のタンクのキャップを使用することになるので『外から内』用の弁の構造だからです。
    本来のキャップは安全弁『内から外』です。
    よってポンプ用のキャップだと、タンク内の圧力が上がり過ぎても、圧力は外へは放出されず、最悪『破裂』の恐れがあります。まあ、そこまで長時間使うことも無いとは思いますが、あくまで最悪の想定はこれです。
    ポンピング過多+長時間使用なら無きにしもあらずってところですか。
    とりあえず、ソロクッキングだと大丈夫な範囲だとは思いますが。

    注意!
    安全弁が作動した場合でも放出した気体に引火して、火炎放射機状態になると思うので、どちらにせよ圧力が高まり過ぎた場合は『悲惨な結果』が待ち受けてます。
    こわいのねー。
    なんですが、燃料満タンから空になるまで焚きっぱなしでも大丈夫でしたので、この心配はほぼ無いかと。

    そう言うわけで、
    私のやってる『カーボンフェルト』方式だと、極寒の中でもプレヒート不足になることはありません。
    過多気味になったことは何度もあります。(火が宙に浮いたように着火する)

    詳細はこちらの『Optimus Svea 123R ~~その2 使い方工夫』をどうぞ。

    っつーわけで、安全機能を保ったまま安定着火できるので、大枚をはたいて高価なポンプを買うまでもありませんね。

    376.jpg
    カーボンフェルトを使ったプレヒート

    私は『安全』『安い』『軽い』の三拍子そろった『カーボンフェルト式』で通すつもりです。

    めでたし、めでたし。


    これはコピー品ですね。

    OPTIMUS オプティマス ミニポンプ用注油口キャップ ミニポンプ
    OPTIMUS オプティマス ミニポンプ用注油口キャップ ミニポンプ

    これは角度付き。Yahoo!だと安いのね。

    【ポイント5倍】Optimus(オプティマス) No.123R スベア
    【ポイント5倍】
    Optimus(オプティマス) No.123R スベア

    カーボンフェルト/横型安全ミニ香皿 専用
    カーボンフェルト/横型安全ミニ香皿 専用

    カーボンフェルトの切り売り。
    切り売りじゃないと、メーター単位になってしまう。そんなにいらない。


    収納はこちらの『ハクバ・レンズポーチ』をどうぞ。
    関連記事
    スポンサーサイト

    | ストーブ | 15:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    クラシックなガソリンストーブがいい味出してます。
    ガソリンストーブはテント内で使用する際にプレヒート時の
    火柱や火力の微調整が効かない為にずっとガスストーブを
    使用しておりますがこのようなストーブなら1台欲しいくらいです。キャンプ用にはガソリンランタンを使用しておりますが
    ゴォーという燃焼音を聞くと安心感があります。

    安い時と高い時の差が激しすぎますね(>_<)

    | 登山 好人 | 2013/11/05 13:44 | URL | >> EDIT

    Re: タイトルなし

    登山 好人さん

    > ゴォーという燃焼音を聞くと安心感があります。

    そうです。
    燃料ストーブのいいところは燃焼音です。
    ドラゴンフライのゴワーッ、スベアのブリブリ~、小ブスのダーッ・・・など、味わい満点です。
    毎回違うのを持って行って、燃焼音を楽しんでます。
    プレヒートは慣れです。数回練習すればコツは掴めますよ。

    やっぱり山は何かにつけて味わいたいですね。

    | 目目連 | 2013/11/05 16:27 | URL | >> EDIT

    ポンプ対応キャップは、二つの弁が内蔵

    奥側が加圧対応。手前のが安全弁です。故にごく細い注射針でブタンガスを注入してガスストーブとしても使えています。但し5℃以下の気温下ですが(笑)メタノール用のjetに付け替えての燃焼も面白い☆ 6℃以上で
    ガスを燃やすときは、水冷タンクにすれば
    元気よく吠えます。玄人風な立ち上がりには
    ガソリンを入れた後にブタンガスも少し注入しておくと予熱不要で着火、自動的にガソリン燃焼に移行します

    | JSB | 2014/01/13 19:08 | URL | >> EDIT

    Re: ポンプ対応キャップは、二つの弁が内蔵

    JSBさん

    お久しぶりです。

    > 玄人風な立ち上がりには
    > ガソリンを入れた後にブタンガスも少し注入しておくと予熱不要で着火、自動的にガソリン燃焼に移行します

    超・玄人的ですね。
    私はカーボンフェルト式で精一杯です。
    ストーブは奥が深いですからね。
    JSBさんのように詳しい方はとことん詳しいです。

    私はアルコールストーブは初心者。ガスストーブは昔のEPI。燃料ストーブは小ブスとスベアくらいです。
    色々とご指導ください。
    よろしくお願いします。

    | 目目連 | 2014/01/13 21:21 | URL | >> EDIT















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/49-ded0df62

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>