『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    K2 Rescue Shovel Plus - K2 レスキューショベル・プラス

    とっても使いやすく、ニンマリのショベルのご紹介です。
    1シーズン使ってみて、特徴がつかめましたのでレポします。
    冬山用ショベル選びの参考にしてください。

    K2 レスキューショベル01
    購入時にパシャッと。
    メタル光を放つグリーンのカラーでデザインがいい。

    レスキューショベルの名の通り、スキー板と連結させる部品が柄の中に内蔵されています。スキー登山で無い場合は、取り出して軽量化させてます。(100g強)

    K2 レスキューショベル02
    収納時はこの形。

    K2 レスキューショベル03
    柄を伸ばすとこうなる。
    86cmあるので、大柄な私でも使いやすい。

    K2 レスキューショベル04
    ポジションを変えると鍬形になります。

    鍬形とは言え、農作業の鍬みたいに『ガツガツ』掘り進むと言うよりは『かき出し用』と考えた方がいいかな?
    私はいわゆる『怪力』なので、普通に使っているつもりでも、何かとブッ壊してしまうことが多いのでそう言う定義にしています。
    かき出しもやりやすいですが、雪洞の天井部分の仕上げがやりやすいのも素敵です。

    気に入っている点は、ブレードの平面部分が広く方形なので、切り出したブロックの形が良く、積みやすいブロックができる。
    特に気に入っているのが、柄をブレードに差し込む時に、ストッパーの出っ張りを押さなくてもカチンとハマるところです。
    冬手袋だと面倒に感じる部分が解決されています。
    無理に難点を挙げるとすると『右手』で掘る時はいいのですが、左手だとグリップが微妙。ただ、それほど不便でもないし、鍬形にするために必要な構造なので文句は無い。

    以前使っていた『Black Diamond Transfer - ブラックダイアモンド・トランスファー』より使いやすくて気に入っています。

    BD トランスファー3
    これも柄が長かったので、使い勝手は良かった。
    安価なのでコスパ的には非常に良い。

    比較検討したショベルを2つ。

    アルバ・オボアックス01
    アルバ・オボアックス02
    『Arva Ovo Axe - アルバ・オボアックス』
    同じく鍬形になる。ただ、ブレードが非常に小さく、作業効率が悪そうなのでパス。
    逆に非力な人や女性にはいいのかも。

    オルトボックス・プロフェッショナルアルー
    『Ortovox Professional Alu - オルトボックス・プロフェッショナルアルー』
    これも鍬形になるが、平面部分が小さいのでパスしました。

    そう言うわけで『K2・レスキューショベル』はデザイン・機能とも非常によろしく気に入ったアイテムなので、壊さないように大事に使い倒したいと思います。

    夜露死苦っ!






    スキーを担がない登山なら、連結部品の無いこちらがいいと思う。
    100g以上軽いし、値段もブラックダイアモンドとさほど変わらない。



    関連記事
    スポンサーサイト

    | 冬山系 | 07:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    こんにちは

    鍬になるのが、いいですよね〜♪
    私は、ODショップ主催のフリマでGET!したショベル(ディプロイ)
    使ってます・・・確か、3千円だったかと、、、(苦笑
    目目連さんと違って、非力な者でして雪掻きの部分は小さい物が好みです
    なのでディプロイでもデカいと感じています
    軽くて小ぶりな物?そんな感じです

    それとカンジキ↓気になってますよ〜

    | 雲です | 2013/11/26 09:40 | URL | >> EDIT

    Re: こんにちは

    雲さん

    鍬形は意外と役に立ちますよ。
    無いなら無いで不自由はしませんけど、あると『おっ』と気付かされます。

    雲さんはBDのディプロイですね。
    これ持っている人、実に多いですね。コンパクトになるし。
    私は図体がデカいので、ディプロイは短いです。
    でも、絶妙のカーブのおかげで、腰を深く曲げ無くても作業できますね。
    私も使ったことあります。普通の体格の人には最適のショベルですね。

    | 目目連 | 2013/11/26 20:37 | URL | >> EDIT

    こんにちわ~

    同じショベル持ってます。
    が・・・まだテン場整地に1回だけしか使用しておりません。
    いつかは雪洞なんて掘ってみたいですね。

    | 登山 好人 | 2013/11/27 13:58 | URL | >> EDIT

    Re: こんにちわ~

    好人さん

    雪洞はいいですよ。いい物を作ろうとすると、快適さに比例して体力を使いますが。
    以前は腕をあげて天井を整えてましたが、このK2ショベルだと『聖徳太子』状態でできるので楽ですね。
    天井をいい加減に作ると、水滴が落ちて来ますので、できるだけ滑らかにするようにしてます。

    よって、このショベルはお気に入りです。

    | 目目連 | 2013/11/27 18:55 | URL | >> EDIT

    目目連さん、お久しぶりです。

    来月、雪上訓練を受けるので、ショベルの購入を検討している所でした。

    スキーは担がないので、連結部分がない1番下のレスキューショベルか、気になっていますが、私は身長が157cmしかなく、このサイズが自分にあっているのか、よく分からずにいます。
    軽量で使い安そうなので、これを購入したいのですが、1度お店で実物を見て来ようと思います。

    地下足袋のレポで、ブログをご紹介頂き、ありがとうございました!
    履いてハイキングに行くと、年配の方から「懐かしい!」と質問攻めにあいます。
    用途によって、使い分けていらっしゃるんですね。私もスパイクの地下足袋が欲しくなりました∑(゚Д゚)

    | たまねぎ | 2013/11/29 14:04 | URL |

    Re: タイトルなし

    たまねぎさん

    おかえりなさい。
    アメリカ、楽しかったでしょ?

    > 軽量で使い安そうなので、これを購入したいのですが、1度お店で実物を見て来ようと思います。

    このショベルはスキーのメーカーのやつなので、スキー専門店の方が置いてあるかもしれません。

    > 用途によって、使い分けていらっしゃるんですね。私もスパイクの地下足袋が欲しくなりました∑(゚Д゚)

    冬の時期っつーか、雪のある時期のハイキングは、もっぱら長靴ですね。
    これもあれこれ試して、底のトレッドパターンによっては、雪の上で使えないものもありますね。
    スパイクは山菜採りなどの『泥』系の時に使ってますね。岩が出てくる所は苦戦します。

    また、いつでも質問してくださいね。

    | 目目連 | 2013/11/29 19:59 | URL | >> EDIT















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/53-3ed967bd

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>