『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    Juza Field Gear L&E-Shelter - L&Eシェルター

    えー。
    以前『Fast & Light Shelter』としてレポしたのですが、発売と同時に『Light & Easy Shelter』になってました。
    諸々更新されてたので、私の方も修正レポいたします。

    L&Eシェルター01


    今流行りの『簡易テント』の一種ですね。これは。

    この種で最近良く耳にするのは『ヘリテイジ・ストックシェルター』ですね。
    他にもアライテントのビビィシェルターやシングルツェルトがある。

    stockshelter02
    ヘリテイジ・ストックシェルター

    arai bivyshelter
    アライ・ビビィシェルター

    arai singlezelt
    アライ・シングルツェルト

    では、『L&Eシェルター』について、初見を述べたいと思います。

    L&Eシェルター02
    床面は、210+前室45cm。身長190cmくらいは行けそうか?
    上の3種と比較しても空間は一番広く快適だと思う。

    L&Eシェルター03
    入口の構造は『Zelt Plus』とほぼ同じ。
    ベンチレータには、Zelt Plusには無いメッシュが追加されている。

    L&Eシェルター04
    設営は『ツェルト・プラス』と同じく、ストックを三角に組む構造で前室もある。
    この立て方は、幕が垂れさがらないしヨレヨレしにくいので空間は広い。
    私のZelt Plusで言えば風にもけっこう強い。

    Zelt Plusのレポはこちら

    メーカー発表の350gと言うことは、アライ・ビビィシェルターやストックシェルター同様、まず間違いなくPUコーティングなので、生地自体の防水透湿は大したことは無い。
    よって結露うんぬんの差は『換気』が握っている。

    L&Eシェルター05
    この『L&E-Shelter』は前後に換気口があるので、空気の通り抜けが可能である。
    その他のメーカーの簡易テントでは省略気味の『換気システム』が確立されているので、結露はしにくさは一番だと思う。
    ちょっと考えればわかると思うが『換気口が1つ』では、そこから『徐々に放出』されるだけなので、空気の『通り抜け』が大事です。

    理由は『結露のレポ』を参照されたし。

    軽量テント並の耐水圧1700mmに加え、換気口に雨蓋もあるので、雨の日にも使える簡易シェルターですね。
    ちなみにストックシェルター、ファイントラックツェルトなどは1000mm。

    初見としましては、簡易シェルター中で最も高性能ではないかと思う。
    まっ、
    私は『しっかりテント派』ですし、図体が大きく入りきれなさそうなので、買うかどうかは『?』ですが、普通の体格の『軽量登山好き』にはベストな選択になりそうですね。

    詳細は『Juza Field Gear Light & Easy Shelterの公式ページ』をどうぞ。

    新型のデラックスバージョンが出てます。
    こちらの『L&E-Shelter デラックスのレポ』をご覧ください。
    簡易シェルターのクラス最高の逸品です。

    おっと一言。
    相変わらず『ツェルト』『ストックシェルター』と『厳冬期』『冬山』『北アルプス』などとの組み合わせ検索で私のブログに来られている方が結構いらっしゃいますが、はっきり言って『無理』です。この『L&Eシェルター』も同様です。
    無雪期の『条件の良い時』だけだと思った方がいいです。
    いずれも『簡易シェルター』だと言うことをお忘れなく。




    こちらが最近出たデラックス版。



    軽量シェルターのうんちく』で、諸々比較してみました。

    どれにしようかな・・・って方は参考にしてくださいね。

    関連記事
    スポンサーサイト

    | お泊り系 | 17:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    これは、みちのく潮風トレイルにもってこいですね^^
    各メーカーで個性的なツエルト出していて目移りしちゃいます(笑)
    Juza Field Gear 今後も益々注目ですね^^v

    | tap | 2014/01/28 00:56 | URL | >> EDIT

    Re: タイトルなし

    tapさん

    お久しぶりですね。

    そっかー。
    こう言った簡易シェルター類は、登山よりトレイル向きかもしれませんね。
    気象条件が山よりは厳しくなさそうだし。

    今はストックを持って歩く人がほとんどなので、このシェルターはベストチョイスな気がします。

    みちのく潮風トレイル・・・。
    ググってみましたが、結構な距離ですね。
    でも楽しそう。

    | 目目連 | 2014/01/28 18:27 | URL | >> EDIT

    こんばんは

    目目連さん、こんばんは。
    シェルターですね。そう遠くないうちに買わなければいけないと思っているのですが、どんなシチュエーションで使うのかが想像できないでいます。自分が目指す山歩きスタイルは、今のところ夏季縦走を中心として、たまに冬の小屋泊程度なんかを考えています。そんなスタイルには、どんなシェルターがマッチしますかね?

    | fugeedash | 2014/01/29 22:55 | URL |

    Re: こんばんは

    fugeedashさん

    > 自分が目指す山歩きスタイルは、今のところ夏季縦走を中心として、たまに冬の小屋泊程度なんかを考えています。そんなスタイルには、どんなシェルターがマッチしますかね?

    と、言うことは、
    『非常時に備えてシェルターを持つ!』
    と言う発想がいいと思います。

    私の『初避難』経験(中2の時、ツェルト使用)から言いますと、最初は『わわわ~っ』となりますが、かぶって座り込んで10分もすれば、自分の置かれている状況に慣れて、次第に落ち着きを取り戻せます。

    落ち着ける最大の要因は、シェルターで『外界と隔絶』されるからです。
    どんな人でも非常時は頭がパニクることが大いに予想されるので、おすすめはパニクっても簡単な『Em-Shelter』でしょうね。
    この『F&L-Shelter』や『ストックシェルター』は、切羽詰まった状況と言うよりは、ロングトレイルなどの雨露しのぎ用と考えた方がいいでしょう。

    参考になれば幸いです。
    また、気軽に質問してくださいね。

    | 目目連 | 2014/01/30 20:45 | URL | >> EDIT

    こんにちわ。

    このシェルターは容も一応空気抵抗なんかも考えてるみたいだし通風も考えてて良いですね!

    僕もしっかりテント派なんでアライのツェルトをいつもお守りみたいにザックに入ってますが、一泊の寝床としては使った事は無いですからレポ見て楽しませてもらいました!

    僕はシェルターより写真のゴローのブーツの方に目がいってしまいました(^_^)

    こちらのblog当方にリンク貼らせてもらっても大丈夫ですか!?

    | bp-hiro | 2014/02/03 15:25 | URL |

    Re: タイトルなし

    bp^hiroさん

    > このシェルターは容も一応空気抵抗なんかも考えてるみたいだし通風も考えてて良いですね!

    他メーカーの簡易シェルターは通風は無いですからね。

    このメーカーのアイテムは、シンプルな中にも工夫が凝らされています。
    私は『ツェルト・プラス』を買って、このシェルターと同じ『三角ポール』の仕様に唸らされました。良く考えてるなーって。

    > 僕もしっかりテント派なんでアライのツェルトをいつもお守りみたいにザックに入ってます

    私はブログのレポ内に度々登場させている『Em-Shelter』をザックに入れています。
    御守りではなく、色んな場面で使えて、重宝しています。

    > 僕はシェルターより写真のゴローのブーツの方に目がいってしまいました(^_^)

    ツェルト・プラスの写真もこの『ざんぐつ』が写ってますよね。きれいに手入れしてある気がします。

    > こちらのblog当方にリンク貼らせてもらっても大丈夫ですか!?

    ありがとうございます。私も張らせていただきました。

    今後ともよろしくお願いします。

    | 目目連 | 2014/02/03 20:56 | URL | >> EDIT















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/60-1f0df384

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>