『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    ゴールデンウィーク登山について ~~注意点を少々

    えー。
    それぞれのシーズン前に、そのシーズンごとの気をつける点についてのべてきましたが、今回はあと1週間に迫った『GW登山』についてのお話です。

    そう言うわけで、
    まずは『予定 > オシャレ >>> ・・・ 命
    のレポを読んでください。

    読みました?
    読みましたら、以下の注意点も覚えておいてくださいね。

    その1 ~~行動

    基本は『早立ち』ですね。
    私はヘッ電(ヘッドライト)を頼りに、夜明け前に出発します。
    何でかって?
    日が高くなって気温が上がって来ると、雪崩が怖いからですね。
    時間を計算して、危険な時間に危険な場所を歩くことの無いように計画を立てましょう。
    午後に入っても、危険個所を列をなして歩いてるのを見かけますが、気の弱い私には無理な話です。
    それと、これは個人的な問題でしょうが、ヘビー級の私としては、日の出前のクラストした斜面の方がスピードが上がって具合がよろしいのもあります。

    その2 ~~天気&装備

    秋山登山に向けて』でちょっと触れましたが、春山は、時々冬に逆戻りしながら季節が進んで行きます。
    厳冬期にくらべれば状況は厳しくないのですが、それでも人間の命を奪うには十分な状態になります。

    第一に『天気に無理』がありそうな時は行動しないこと。
    次に『非常用シェルター』を必ず持つことです。

    非常用シェルターの重要性は、私のブログ中閲覧履歴No.1!『ツェルトザックを見直せ』をご覧ください。

    近年で言えば、一昨年の北アルプス各所で起きた事故はまさにそれです。
    これらの事故も『非常用シェルター』をかぶっていれば、みんな助かったと思います。
    中にはせっかく『ツェルトを持っていたのに・・・』と言う方もおられたようなので、まさに『ここぞ』と言う時に使えなかったことは残念の極みです。

    極限状態で頭が混乱したときこそ、シンプルな『エム・シェルター』がいいと思います。
    何も考えず、ただ『かぶればいい』だけなので、初心者やご年配者のような『山における弱者』でも心強いですね。
    ちなみに『自称』弱者ではないつもりの私も、非常用は『エム・シェルター』にしています。
    非常時は素早さ一番。

    その3 ~~人の言うことは聞きましょう

    特に『小屋の方』の言葉には、何と言われても素直に従いましょう。
    その山域のことを熟知している方々ですので、危険個所、雪崩の可能性等々、出発前にしっかりと尋ねておきましょう。
    その1と重複しますが、こと『その山域の雪崩』に関しては、小屋の方の話が一番です。
    私の薄っぺらな知識はもちろん、たとえ本などで十分勉強を積んだとしても、小屋の方の話を最優先してください。長きにわたって見続けている方々ですので。
    小屋の方に『行くな』と言われたら、行くなと言うことです。
    感謝して次の機会に訪れましょう。

    っとまあ、偉そうにのべてまいりましたが、私はここ十数年、GWの混み混みにはうんざりしまして、静かな連休登山を楽しんでます。
    この時期の上越の山々は、まだまだ雪が多く残っていますので、はっきり言ってどこでも歩けますからね。
    ルートを外せば、人っ子一人歩いていません。

    では、みなさんも気合を入れて計画を練りましょうね~~!

    羯徒毘路薫’狼琉!
    (かっとびロックンロール)




    一押しはエム・シェルター


    慣れた方で、自信のある方はツェルトでもいいかも。

    関連記事
    スポンサーサイト

    | ☆ ~死にたくなければ~ ☆ | 15:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    >特に『小屋の方』の言葉には、何と言われても素直に従いましょう。

    ちょうど、先日「山歩きのオキテ」を購入し読んで思っていました。
    当然といえば当然なのですが、現地の方の助言は大切にすべき情報ですね^^
    山に篭ると、情報の少なさを体験し、次の山行には反映しようと思っています。
    GWにはいけませんが、夏山にもう一度、北アルプスを縦走してみようと思っていますよ^^

    | tap | 2014/04/20 17:19 | URL | >> EDIT

    Re: タイトルなし

    tapさん

    毎度ありがとうございます。

    『小屋の方』は何十年もそこにいらっしゃる方です。
    何かにつけその山のことを熟知されているからですね。
    忠告には必ず従った方がいいと思います。

    ただ、
    『今日の夕焼けは10年に一度だよー』的なのはリップサービスでシーズンに何度か言うそうなので、これだけは信用できませんがね。
    ま、命にかかわることではないので良しとしましょう。

    > GWにはいけませんが、夏山にもう一度、北アルプスを縦走してみようと思っていますよ^^

    いいですねー。
    長期縦走は、重い荷を背負うし、悪天候にも遭遇するでしょうし、ひとまわりもふたまわりも成長できると思います。
    レポ、必ず上げてくださいね。
    楽しみに待っています。

    トレーニングを忘れずにー!

    | 目目連 | 2014/04/20 19:07 | URL | >> EDIT

    僕の選んだ道です。

    目目連さん、こんばんわ

    目目連さんは長い登山経験の中で、連休中でも気持ち良く歩けるコースをご存知のようですね。
    もちろん「それ何処なんですか?」なんて事は聞きませんよ。
    楽しみは人それぞれですからねぇ~^^

    GWは、デズニーランドにネズミでも見に行きましょう!
    安全だし色々なアトラクションやイベントがあって、きっと楽しいですよ。ヽ(´▽`)
    →混雑が嫌いな僕は絶対に行きませんけどね(笑)

    GWは、仕事をしているか家でTVでも見ているのが1番です。
    でも、せっかくの休日、天気が良ければやっぱり出かけたくなりますね。

    目目連さんのように色々なコースを知っていれば良いのですが
    しかし目的の山への往復で混雑にハマってしまえば、楽しい思い出は吹っ飛び残るのは疲れだけ・・・

    そこで僕が考えたのが近場の低山歩きです。
    街から山へ行く途中、低山でも「あの山は何だろう?」と思う山はいくらでもあります。

    人と同じような山へ行き、同じような感想を語るより
    たまにはガイドブックにも載っていないマイナーな山を歩き冒険するのも良いかなっと思います。
    →これが僕の決論です。

    そんな山に行ったところで、展望も見所もないでしょうね。
    でも、知らない山へ行くのだから新たな知識を得る事は出来るでしょう!

    低山であれば雪崩の危険は無いと思いますが、迷いの危険はあるでしょうね。
    備えが必要なのは変わりませんね。

    | オニオン/ | 2014/04/30 19:35 | URL |

    Re: 僕の選んだ道です。

    オニオン/さん

    いつもお元気そうで。

    > そこで僕が考えたのが近場の低山歩きです。
    > 街から山へ行く途中、低山でも「あの山は何だろう?」と思う山はいくらでもあります。

    そう言う山は沢山ありますね。
    八ツから小海の方へ向かう時、右側に見える尖った山なんか、いつもそう思って見てます。
    家に帰って来ると忘れてるのですが、また見ると『あっ』って思いだしますね。

    ってな感じで、別所温泉に行く時にすごくかっこいい山を見つけて、家に帰って調べたら『独鈷山(とっこさん)』って山でした。
    ちゃっかり登りに行きましたよ。
    もう少ししたら、新緑で素晴らしいと思います。
    超オススメです。

    > 低山であれば雪崩の危険は無いと思いますが、迷いの危険はあるでしょうね。
    > 備えが必要なのは変わりませんね。

    おっしゃる通りです。
    どんな低山でも、人間を葬るくらい赤子の手をひねる程度だと言うことを忘れないようにしたいですね。

    | 目目連 | 2014/04/30 20:16 | URL | >> EDIT















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/68-d66977ad

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>