『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    富士登山  ~富士山はみんなが思っているほど甘くない・・・

    えー。
    山開きを7月1日に控え、富士山に登る計画を立てられている方も多いと思います。
    (今年は、山梨側と静岡側で山開きの日が違うらしい)
    と、言うわけで、諸々注意点を述べたいと思います。
    特にメンバーに初心者が含まれる場合は、しっかり頭に入れておきましょう。

    Mt. Fuji

    私の知り合いにおしゃべりなおばちゃんがいます。
    登山とは全く無縁のそこらのおばちゃんです。
    おばちゃん曰く・・・

    富士山は高尾山よりよっぽど楽』

    ぁあ?
    ちょっと待った!
    と話を遮りました。

    話を聞くと、おばちゃんのお友達(こちらも素人さん)が富士山に登ったらしく、その時は大渋滞で、一歩進んで立ち止り、二、三歩進んで立ち止りで、いつの間にか頂上にいたらしく全くきつくなかったそうです。
    おそらくは8合目より上に一泊したんでしょうね。
    それをして『高尾山よりよっぽど楽』とそのおばちゃんに話した模様で、それを真に受けたおばちゃんがしゃべりまわっていると言う始末です。

    富士山は日本一きついし、日本一恐ろしい』

    二度とその話を人前でしないようにと釘を刺しておきましたが、はたして効果のほどは如何に?

    ではでは、本題に戻り、富士登山の注意点を挙げてみます。

    その1 ~天気&気温

    真夏でも最低気温が氷点下になる日があります。
    天気が悪くなれば、下手すりゃ雪になります。
    数年前8月に冠雪したでしょ? ※2008年8月9日
    そうです。そのまんまです。
    風が加わればと言うより、富士山は独立峰のため風の無い日は数えるほどです。
    そうなれば『バッチリ凍死します』ので、雨具・防寒具に加え『非常用シェルター』を必ず持ちましょう。

    ツェルトザックを見直せ!』をよーく読んでおきましょう。


    その2 ~高山病

    どうしても、2,500~2,600mの登山口からいきなり登り始める方が多いので、高山病は出やすいです。
    できればその高度で一泊して、体を慣らしてから登った方がなりにくいのですが、休日の関係でその辺は難しい人の方が多いでしょう。
    私は一度も高山病の症状が出たことはありませんが、それでもやはり8合目を過ぎるあたりから歩く速度が落ちて来ます。
    他の人に聞いても同じように『その辺りからきつくなる』そうです。
    どうやらここらの高度にひとつの壁があるのかもしれませんね。
    これらを踏まえ、8合目あたりから『意識的にペースを落として』登るようにしています。高山病対策に加え、気力・体力の温存ですね。
    万一のためにこれはとっても大切です。


    その3 ~トイレ

    こればっかりはどうしようもありません。
    こちらの思惑はもちろん、時や場所を選ばず『ん?』となります。
    歩行中に『ん?』と来た場合の選択肢は2つです。

    1.ギャラリーに見守られながら用を足す
    2.中でブリッと行ってしまって、恥と悪臭をそこらじゅうに振りまく

    笑いごとではありません。
    最悪こうなってしまいます。

    う~む。
    困ったー。
    解決法をここに書くと重複しますので、こちらの『うんちのうんちく』でしっかり学習しておいてください。

    とは言え、小屋泊りの場合でも全く安心はできません。
    こちらには大行列が待っています。
    解決法としては、強いて言うなら『時間を外す』ことですね。
    私はトイレ渋滞の富士山の経験は無いのですが、秋の涸沢での経験はあります。
    涸沢で言うと、両小屋とも『食事時間の後』は混み込みで大行列です。(特にヒュッテ側。私を含めテン場の人はほとんどこちらへ行きます。)
    よってこの時間帯を外し、混まない時間帯に絞りだす!これに尽きます。
    もひとつ。
    混み込みの時は、予め『和式』を選択した方がいいかも。
    理由は、せっかく並んで順番が来たのに、便座上に思い切り『スパーク』してる場合があります。
    す・す・座れんではありませんか。
    便座を上げ、中腰で用を足し、そののち立ち小便でめでたしめでたし・・・
    と相成りました。

    混み込みの時のトイレ・・・。
    『こいつどこに肛門つけてんだ?』
    みたいな、摩訶不思議な場所にブツがあることもしばしばです。
    壁、部屋の隅、金隠しの奥、蓋の上・・・どうなってんでしょう・・・?


    まあ、他にもあれこれと注意点はあるのでしょうが、取り立てての大問題は上記3箇条ではないでしょうか?
    楽しいはずの富士登山で大変な目にあって、始めたばかりの山登り自体がいやになっている人もいるそうです。
    高いお金を出して道具を揃えて、期待に胸を膨らませた分、そのギャップが大きかったのでしょうね。
    かわいそうです。
    予め知るべきを知っておけば、避けれる事態も多々あります。
    楽しい予定のみならず、

    『起こるであろう問題もしっかり予定に組み込んだ計画』

    を立てるようにしましょうね。
    そして楽しい山登りを、生涯にわたって続けましょう!

    よぅし!今日も明日も絶好調~~!!



    『悪天&トイレ』の両方に使える『これぞ非常用!』


    キジを打ちの後はこれでちゃんと始末しましょう。


    効果の有無は定かではない・・・。


    関連記事
    スポンサーサイト

    | ☆ ~死にたくなければ~ ☆ | 20:17 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    こんばんは、目目連さん!

    先日、夫の兄夫婦が「世界遺産にもなったことだし、今度記念に富士山に登ろうと思う。一緒に○○(夫のこと)も登ろう!」と言い出す夢を見ました(^^;
    私が「いや、そんな甘いものではないし、渋滞もするし大変だよ(汗)」と言ったら、「大丈夫大丈夫、普段テニスで鍛えているから」と言うのです。

    「いや、テニスの筋肉とは別だから」と言ったら、お姑さんが「じゃあ、△△さん(私のこと)が一緒に行けばいいじゃない、普段山に登っているんだし」と言い出しました。

    夢はそこで終わったのですが、本当になりそうで怖いので、もしそんな話が出たら、目目連さんのブログのお話をして諦めさせるか、私だけはパスしたいと思います(^^;

    貴重なお話、ありがとうございました!

    | 悠 | 2014/06/20 23:49 | URL |

    立山の室堂でアウトな私は、きっと富士山もダメだと思いますi-282
    高度順応がスムーズな人がうらやましいですi-241

    富士山は混むので、他の山から見てるだけでいいやって思ってるんですが、いつか行きたくなるのかなぁi-259

    | 雪野 | 2014/06/22 15:28 | URL |

    Re: タイトルなし

    悠さん

    まずは、女性にとって読みにくい文章を最後まで読んでいただきありがとうございます。

    > 「大丈夫大丈夫、普段テニスで鍛えているから」と言うのです。

    他のスポーツをやっていて登山に無縁の人は、富士山に限らず結構な確率でバテや高山病になります。
    理由は、元気なうちに『ついつい早足』になってしまうからです。
    私も結構このクセが抜けません。思い切り意識しているにもかかわらずですので、初心者はなおさらでしょうね。

    もし、もし、引率することになったら、その辺をよく言い聞かせておいてくださいね。

    | 目目連 | 2014/06/23 08:57 | URL | >> EDIT

    Re: タイトルなし

    雪野さん

    > 立山の室堂でアウトな私は、きっと富士山もダメだと思いますi-282
    > 高度順応がスムーズな人がうらやましいですi-241

    例をあげますと、雪野さんが2週連続で室堂入りしたと仮定します。
    おそらく2度目は何ともないと思います。
    よって、2500mクラスに登るとしたら、前の週に2000mクラスに登るか、車で行ける所があれば行ってみて、数時間~半日ほど滞在するといいと思います。
    それ以上の高度も同様ですね。

    > 富士山は混むので、他の山から見てるだけでいいやって思ってるんですが、いつか行きたくなるのかなぁi-259

    私は混むのが嫌で、積雪期しか富士山には登りません。

    トイレの文章はモロすぎて気分を害したかもしれませんが事実です。
    行く前に覚悟しておくかおかないかで、ショック具合や対処が変わると思うので、ぜひ頭に入れておいて欲しい部分ですね。

    | 目目連 | 2014/06/23 09:06 | URL | >> EDIT

    こんばんわ!

    目目連さん

    こんにちわ!

    富士山ですね。
    確かに、標高、容態からも国内では一番危険な山とも言えるでしょうね。

    その富士を『簡単』って気軽に言える人が多いのは、その人の山に対する謙虚さが何なのかわからない事と、認識の甘さでしょうね。

    それよりも、売上が上がるからと特に大型の登山店なんかではシーズンになると大々的に大きなスペースを使って、富士コーナーなるものを作り、各山雑誌も然り。

    たまに店員と富士に登る為の山道具を買いに来た人との会話を横目で聞いたりしてると………

    売上上げないと駄目なのは商売なんで理解出来るけど、独立峰独特な危険な風、予期せぬ気温低下、高度順化等大事な事を言ってる店員は見た事無いですね!

    日本一高い山だけど、整備もされてるのでゆっくり足元に気を付けて登れば誰でも登れます!

    みたいな感じが大半。

    で、大名行列みたいに引っ張られるように歩いてると、気付けば頂上!
    なんて感じなので、ある意味そう思うのも致し方ないのかもしれませんね(≧∇≦)

    日本の最高峰だけど、僕はシーズン中の富士なんて平日でも行きたくないです!

    | bp-hiro | 2014/06/23 20:53 | URL |

    Re: こんばんわ!

    bp-hiroさん

    > それよりも、売上が上がるからと特に大型の登山店なんかではシーズンになると大々的に大きなスペースを使って、富士コーナーなるものを作り、各山雑誌も然り。

    それそれそれです。
    メディア、雑誌、登山用品店・・・。
    売上第一!
    注意点を言ってる部分は非常に少ない。
    仕方ないと言えば仕方ないですが、自分の甘い情報を信じて事故をおこしたらって考えないのでしょうかね?
    私は各レポ内で、危険に関することを繰り返し書いてますが、それでも足りないと思っている次第です。
    煙たがられても、汚いこと(トイレの文章)ばかり書きやがってと思われても、これからも書いていくつもりです。
    本当は雑誌やメディアにやって欲しいのですが。

    > 日本の最高峰だけど、僕はシーズン中の富士なんて平日でも行きたくないです!

    ですよね。
    山に入ってまで人ごみに紛れるのはまっぴらごめんですよね。
    安全で快適なのはGW明け~山開き前ですね。

    | 目目連 | 2014/06/23 22:00 | URL | >> EDIT

    サバイバルです。

    目目連さん、こんばんわ

    梅雨の時期、いかがお過ごしでしょうか?

    さて、今回は富士山ですかぁ~!!
    山好きでなくても憧れの山ですね^^
    目目連さんは、もぅ何度か行かれた事がありますか?
    僕は子供の頃に1度だけ登りました。

    ところで、目目連さんの知り合いの方は『富士サファリパーク』へ行くのと勘違いしちゃいましたかね?(笑)
    まぁ~富士山にも色々な観光スポットがあるようなので、簡単に楽しく行けないこともないでしょう。

    観光か?登山か?で心構えは異なる事でしょう。
    もちろん僕が富士山へ行くとしたら登山になります。
    富士山の難しさは色々と情報がありますね。

    僕は、この山の攻略はサバイバルだと思っています。
    そして壮大な夢を描いています。
    今時点の見積りでも知識、体力、装備、計画、運っと、どれも十分に備えていないと厳しいです。

    それは、一生に一度できるかどうかの登山になると思います。
    その日がいつ来るのか?それは時の流れに委ねましょう。
    しかし、その時までに十分な準備はしておきたいと思います。
    今回の記事も参考にさせて頂きます。

    一歩一歩負けないようにしっかり普通に歩いていくしかありません。

    | オニオン/ | 2014/06/24 02:00 | URL |

    Re: サバイバルです。

    オニオン/さん

    毎度どうもですー。

    > 観光か?登山か?で心構えは異なる事でしょう。
    > もちろん僕が富士山へ行くとしたら登山になります。

    観光の延長で山頂を目指す人が、色々と問題を引き起こしていると思います。
    今は検索すれば注意情報は山ほどあるので、何で見ないのかなー?と不思議に思っています。

    > 今時点の見積りでも知識、体力、装備、計画、運っと、どれも十分に備えていないと厳しいです。
    > 一歩一歩負けないようにしっかり普通に歩いていくしかありません。

    オニオン/さんの言葉を見ていると、謙虚な姿勢が伝わって来ます。
    他の方の見本になるくらい心構えはできていると思います。
    あとは、何月何日に行く!と決めてトレーニング山行を積めば、きっと大丈夫だと思います。

    ブログトップの写真が、富士山に変わる日を楽しみにしてますね。

    | 目目連 | 2014/06/24 19:04 | URL | >> EDIT

    こんばんは、目目連さん!

    すみません、いまさらな質問をいいですか?(^^;
    この夏は、いよいよ憧れの3000メートルに行こうと思っています。
    そこで前の週に高度順応をしておきたいのですが…2000メートルで大丈夫ですか?
    できればやっぱり、2500メートルの方がいいでしょうか?

    雲取山や大菩薩ではなんともなかったですが、甲武信ヶ岳の時、一気に高度を上げたら若干頭痛が起きたので、前の週に慣らしておいて、当日に備えようと思って…。

    2000メートルなら通常の交通機関で何とかなるのですが、2500メートルの山となると、ちょっといろいろ考えなければならないので、迷っています。

    より高い場所の方がいいだろうとは、思っているんですよ!?
    目目連さんの助言をいただけたら、助かります(^^;
    よろしくお願いします!

    | 悠 | 2014/06/25 23:01 | URL |

    Re: タイトルなし

    悠さん

    ほとんどの人の場合、国内では富士山以外は高度障害は出にくいです。
    しかし、私のまわりにも2000mくらいで出る人もいるので、一言では言いにくいです。

    悠さんが甲武信に行った時は、一気に高度を上げたから『かも』しれません。
    2000よりは2500の方がいいですが、あくまで私の体感としては、そんなに変わらない気もします。
    車をお持ちでしたら、富士山5合目まで行ってみるの手ですね。

    もしくは、一気に頂上を目指さずに、2000以上で一泊するといいと思います。
    あとは心配な高度あたりから『意識的にペースダウン』することですね。
    北岳までならこの方法で十分いけると思います。

    ・・・。
    私より、障害が出やすい人に克服法を聞いた方が良いアドバイスが貰えるかもしれません。

    | 目目連 | 2014/06/26 20:22 | URL | >> EDIT

    こんばんは、目目連さん!
    アドバイス、ありがとうございます!

    2000メートルくらいで大丈夫なら、その高さでしばらくゆっくり過ごして、慣らしておきます!
    そして、「意識的にペースダウン」ですね。
    わかりました!
    なんだか登れば登るほど、嬉しくなってついつい足が早く動いちゃうんです(^^;
    気をつけます。

    富士山…あの混雑の中に出かけるの、イヤなんですけど…山に行ってまで、人混みにまみれるのって、苦痛以外何者でもないですよね(^^;
    それなら八ヶ岳に行きますe-330

    何はともあれ、いろいろありがとうございました!

    | 悠 | 2014/06/27 21:49 | URL |

    Re: タイトルなし

    悠さん

    上手く慣れるといいですね。
    あとは経験で『どれくらいの高度から』とか『対処の仕方』とか掴めて来ると思います。
    それに加え、前日の睡眠も大きくかかわって来ると思います。

    3000m級、がんばってください。
    私でよければいつでも質問してくださいね。

    | 目目連 | 2014/06/28 12:42 | URL | >> EDIT

    こんばんは(*^^*)
    めちゃくちゃご無沙汰しています。

    私も ヤマノボリを始める前は
    富士山はハイキング気分で登れると
    思っていたひとりなのです(´□`。) 反省

    しんさんに(夫) 富士山をなめるな!と
    叱られつつ、、、
    高山病になったひとりですー。

    富士山って、ツアーがあったり、
    有名すぎて、誰でもが 行きたいと思うから
    よけいに 気軽に登れそうな気がしてしまうのかも
    しれませんねー。

    私ももういちど登りたいけど
    世界遺産のほとぼりが さめてからにします。(笑)


    | まろん | 2015/06/24 20:37 | URL | >> EDIT

    Re: タイトルなし

    おぉ!まろんさん!!

    やや。
    本当にお久しぶりです。

    > 富士山はハイキング気分で登れると
    > 思っていたひとりなのです(´□`。) 反省

    ハイキング気分でもまだいい方ですよ。
    外人なんかサンダルで歩いてる人いますしね。
    彼らは散歩気分なんでしょうね。

    > しんさんに(夫) 富士山をなめるな!と

    旦那さん正しいです。
    わたし的につーかー、富士山の気象はは日本一恐ろしいです。

    私は積雪期しか行かないので、いつもスムーズに歩けます。
    融雪による落石だけ気をつければ、5月下旬~入梅前あたりが気候も良く登りやすいです。
    旦那さんとご一緒におためしあれ。

    次回とその次で特に女性に重要なレポしますので、またコメントくださいね。
    よろしくお願いします。

    | 目目連 | 2015/06/24 21:14 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/73-52b06a8d

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>