『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    防鳥テープ - 田んぼのキラキラテープ

    はい。
    今回は『防鳥テープ』のご紹介です。
    これを全身にまとって、
    『小林幸子』状態で山を歩こうと言うのではありませんのでご心配なく。

    防鳥テープ01
    1巻き90m也。

    さて何のために使うのでしょう?
    何と、テントのガイライン(張り綱)に付けるのであります。

    防鳥テープ02
    こう言う風に40~50cmほどにカットしたものを10本ほど用意します。

    ご経験ありかとは思いますが、
    混むテン場では、夜に必ず数人は張り綱に足を引っ掛けます。
    中にはテントに寄りかかるのか、手をつくのかわかりませんが、
    『バサーッ』とやってくれます。
    このくらいなら『おいおい』と思うくらいで我慢しますが、
    『あ~?張り綱があるー。』
    なんて呑気なことを言われるとカチーンと来て、
    『テントがありゃー張り綱があるだろ!普通にわかるだろ!』
    とテント内から怒鳴ります。
    朝、外に出てみると案の定、張り綱は緩んでたり、アンカーから外れてたりしてます。
    ま、呑気なことを言うくらいだから、元に戻すほどの常識はありませんね。

    防鳥テープ03
    防鳥テープ04
    こう言う風にプルージックで取り付けます。しっかり決まるのでひと巻きでOKです。

    そう言うわけで、ここは引っかかるなと思う張り綱には、上中下3本くらいこれでもかと結び付けます。
    私としては『どーだー。まいったかー。』的な気持ちなのですが、それでも引っかかる人は引っかかります。

    取り付けた感じは、近寄ってヘッ電の光が当たると『キラッ』となって『お?』と気付く感じで、遠くからきらめきが確認できて
    『あれは何だ?』
    ってなる感じではありません。
    ですが、よほど夢見心地の人は別として、普通の人は気付くので効果ありですね。
    ホームセンターやガーデニングのお店で簡単に手に入りますので、
    GWや秋の涸沢、正月の赤岳鉱泉などなど、混むテン場に張る予定のある人にはぜひおすすめします。

    さて・・・と。
    大雪では初冠雪の便りも届きました。
    いよいよ美しい秋山シーズンの始まりですね。
    しかし、秋山は『たったひとつの不用心』で簡単に命そ落とす危険性をはらんでいます。

    秋山登山に向けて~ くれぐれも・・・

    を読んでしっかり再確認し、気を引き締めて秋山シーズンを満喫しましょう!

    よろしくベイベー。





    関連記事
    スポンサーサイト

    | 知っ得! | 08:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    こんにちわ、これは良いアイデアですね。

    参考にさせて頂きます^^

    しかしモラルの問題は気になりますね。。。

    近年挨拶、謝罪、御礼を言えない人が多いです。

    何にせよ全ては人としての品位の問題が大きいですね。

    | REDEYE | 2014/09/18 15:14 | URL |

    Re: タイトルなし

    RED EYEさん

    毎度どもですー。

    普通の人には効果ありですが、ぼーっとしてる人には微妙ですね。
    でもまあ、一人でも少ない方がいいので、しといたほうがいいと思います。

    ・・・挨拶、お礼・・・。
    近所の人で、何度挨拶しても無反応な人もいますし。
    ま、ほっといてます。

    | 目目連 | 2014/09/18 21:46 | URL | >> EDIT

    目目連さん、こんばんはi-185

    何度か山友さんのテントにお世話になった事がありますが・・・
    引っかかった事があるかもi-282
    ボーッとしてるタイプの人間かもしれません、私i-282

    まだテントは持ってませんが、いつかテントを担いで歩きたいと思っているので、参考にさせてもらいますi-179

    | 雪野 | 2014/09/24 22:14 | URL |

    Re: タイトルなし

    雪野さん

    毎度どもですー。
    引っかかるのは、混み込みのテン場では、ある程度仕方ないことだと思います。
    引っかかったら『すいませ~ん』と一言あれば怒る人はいないと思いますよ。
    女性なら尚のことです。

    テン泊山行こそ山の醍醐味です。
    いつかはと言うより『いつ』って決めて、それを目指して計画すると、あっけなくやってしまえると思います。
    ぜひチャレンジしてください。
    そしてレポしてくださいね。
    楽しみに待ってます。

    | 目目連 | 2014/09/25 19:47 | URL | >> EDIT

    目目連さん はじめまして。 ツギロウと申します。

    今年の5月から山のぼりを始めまして、先月初めてテン泊を経験しました。テン場はとても混んでいました。

    張り綱の件は、夜中、寝ぼけまなこでトイレに起きた際、まず自分自身のテントで「うひゃー」となり、トイレからの戻る途中でも人様のテントにあやうく迷惑をかけるとこでした。

    夢見心地もたいがいにしとかなくちゃいけませんね。

    目目連さんの、このブログは、楽しいことばかり書いてあるガイドブックや、雑誌と違って、大変参考になり、ありがたいです。

    山のぼりがあまりに面白いので私もブログを始めました。リンクさせて頂いてよろしいでしょうか?今後ともよろしくお願いします。

    | ツギロウ | 2014/10/05 22:59 | URL |

    Re: タイトルなし

    ツギロウさん

    ようこそおいで下さいました。

    テン泊されたと言うことで、おめでとうございます。
    何故おめでとうかと言いますと、テン泊技術を身につけると、醍醐味が比べ物にならないくらい広がるからですね。
    張り綱の件は、一度『うひゃー』となったとのことですので、以降はそれを思いながら歩けば迷惑をかけずに済みますね。

    私のブログでお役にたてることがあれば、いつでもご質問ください。
    知っている範囲で丁寧にお答えしたいと思います。

    リンクよろこんで!
    私も張らせていただきます。

    こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

    | 目目連 | 2014/10/06 11:10 | URL | >> EDIT















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/79-cac2dcb5

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>