『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    The North Face Elephant Foot - ノースフェイス・エレファントフット

    今回はノースフェイスの象足(半シュラフ)のご紹介です。

    ノースフェイス・エレファントフット01

    残念ながら現在は廃盤になっています。

    えー。
    昔は『半シュラフ』のことを『象足』と言っていたのですが、半シュラフが消えゆく今、『テントシューズ』を指すようになってきました。
    シュラフとは丈の短いシュラフで、ダウンジャケットと併用します。
    数年前『ナンガ』にあった?ような気がするし、ナンガは別注も受けてくれるようなので、それもいいかもです。(要確認)

    んで、見つけたのが『Brooks Range - Elephant Foot Sleeping Bag』です。

    ブルックスレンジ・エレファントフット
    ちょっとレトロな雰囲気でいい感じ・・・
    お値段は$299.95。円安の今となっては割高か。

    ノースフェイス・エレファントフット02
    これは私所有のやつです。
    実測で縦130cm、入口の幅57cmです。
    私的には横幅がきついけど、普通の人的にはこれで十分だと思います。

    私はビバーク用にと、かれこれ10年ほど前にアメリカから買いました。
    どっからだかは忘れましたが、$130くらいだったような、あやふやな記憶があります。そんなに高いものではありませんでした。

    ノースフェイス・エレファントフット03
    お尻のところと足元は丈夫な生地でできています。足元は内側も丈夫です。何でかと言いますと、ビバーク用なので『靴を履いたまま』入れる仕様だからです。

    メインの生地はノースフェイスの防水透湿生地の『HyVent - ハイベント』。
    中綿はプリマロフトで、しっかりしたロフトがあり温かい。
    マイナス20℃の状況でツェルトをかぶって、
    革製シングルの登山靴、いわゆる『ざんぐつ』と言うやつに、ウールの厚手のソックス1枚でも、爪先は何ら問題ありませんでした。

    ノースフェイス・エレファントフット04
    トマジューとの比較。仕様的に軽量・コンパクトとはいかない。
    重量も実測で575gあります。
    スタッフバッグはきつく、素手でないと入れるのが難しい。


    私のとはタイプが違いますが、こんな感じで靴のままズッポリ入ります。

    575gが重いか軽いかは山行タイプ次第ですが、テクニカルなクライミングをしない(できない)私にとっては迷うことは何も無く、厳冬期に命を守る道具として担いで歩く価値のあるアイテムです。

    非常用3点セット』共々、『お金で買える安全』はまず買って、しっかり備えておくことは大切ですね。

    よろしくベイべ~。


    ◇さかいや×NANGA(ナンガ)・エレファントフットスリーピングバッグ100

    価格:27,800円
    (2015/12/17 21:00時点)
    感想(0件)


    これはナンガとさかいやのコラボ。
    値段も手ごろでいいと思う。


    こちらの方が強力だと思う。
    関連記事
    スポンサーサイト

    | お泊り系 | 09:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    こんにちわ!

    象足(半シュラフ)確かナンガにありましたね!
    でも、需要が無いからかラインナップから消えましたね(~_~;)

    でも、こういうエマージェンシーツールは中綿はダウンより化繊の方が良いですよね!

    フェザーフレンズからも出てたと思います!

    | bp-hiro | 2014/12/15 08:59 | URL |

    冬山装備

    こんにちわ~。
    年末の忙しさで山に行けずの日々です。。。
    冬山に憧れて行く計画を立てるも、道具がないw
    冬山装備を買いそろえるか、カメラを買うかで
    お財布と睨めっこな日々ですw
    装備に関してはお金に糸目を付けたくない考えです。
    私の友人がケチったら葬儀代の方が高くつくでぇ~と。
    ホントその通りだなと思います。
    とゆうか命を守る物ですからね。。。
    雪山装備について色々勉強中です。
    これからも参考にさせて頂きますね^^

    | RED EYE | 2014/12/15 09:17 | URL |

    Re: タイトルなし

    bp-hiroさん

    毎度どもですー。

    > でも、こういうエマージェンシーツールは中綿はダウンより化繊の方が良いですよね!

    ですね。
    テント外の使用なので『濡れ』想定ですからね。
    最初は『プリマロフト』なーって思ってましたが、パフパフやるとダウン並みのロフトでじゅうぶん暖かいです。


    > フェザーフレンズからも出てたと思います!

    高品質ダウン製品で有名なメーカーですね。
    早速ググってみましたが、やはり結構なお値段です。
    こう言う時って円安は辛いんですよねー。

    | 目目連 | 2014/12/15 18:54 | URL |

    Re: 冬山装備

    RED EYEさん

    毎度どもですー。

    冬山装備は、即、命に直結するので、思い切って高くて良いものを買うべきですね。
    ご友人のおっしゃるとおりです。話のセンスのいいご友人ですね。

    服装はジャケットなどのアウターに目がうつりがちですが、
    重要なのは、肌着、インナー手袋、インナーソックスなどですね。
    ここがおろそかになると、良くて手先足先ジンジンですからね。
    悪ければ・・・って話です。

    インナーについても近々アップ予定ですのでお楽しみにー。

    | 目目連 | 2014/12/15 19:00 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/86-3dfc2705

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>