『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    Crazy Creek Hex2.0 LongBack Chair/ クレージークリーク Hex2.0 ロングバックチェア

    以前『ななパパで行こう!』のななパパさんのブログで拝見して、欲しい欲しいと思っていた『クレージークリーク』のキャンピングチェアのご紹介です。

    Crazy Creek Hexalite Original - ななパパで行こう!

    クレージークリーク・オリジナル01
    クレージークリーク Hex2.0 オリジナルチェア。

    クレージークリーク・ロングバック01
    クレージークリーク Hex2.0 ロングバックチェア

    私の『ホッとスペース~癒しの空間』と言うレポがありますが、正直なところ、ななパパさんのレポをパクって尾ひれを付けたと言った感があるような気もします。
    私の知る限り、非常用シェルターの『エム・シェルター』をランチ用シェルターとして工夫して最初に広められたのは、実は『ななパパさん』なのです。
    そしてそのレポの中でクレージークリークエム・シェルターと『相性がいい』として紹介されていました。

    楽しそうな様子は、こちらの『ななパパで行こう! - 山カテゴリ』でご覧になれます。

    っと、そう言うわけで、
    私としては、もし、もし可能であれば、軽量コンパクトな普通サイズの『オリジナル』が欲しいなと。
    そう思っていました。
    んで、友達が持っているので試着してみることに。
    んー。
    小さい。窮屈感満点と言うよりちんちくりん。
    立ち上がれば、そのままお尻にくっついてきそう。
    友達は、私がストラップをブチ切ってバターッと倒れるのではないかと、さぞかしハラハラしたことでしょう。
    ま、最初からそうなることはわかりきってはいたが、やっぱり落ち着くところに落ち着いて、サイズの大きい『ロングバック』を買いました。

    クレージークリーク・ロングバック02
    ロングバックは普通サイズのオリジナルより、背もたれの高さで11cm、横幅で7cmほど大きい。
    重量はプラス76gなので、背負えば誤差程度。感覚的にはわからない。

    クレージークリーク・ロングバック03
    いつものトマジューとの比較。
    収納時は公表で53cmx12cm。
    実際はもう1~2cm大きい。

    さてと。
    使った感想は『思ったよりずいぶんいい』。
    もたれかかって、絶妙な角度でバランスがとれる。
    しっかりリラックスして座れます。
    私は腰痛持ちで、おまけに股関節も固いので、あぐらを長時間かくことができません。
    あぐら → 正座 → あぐら・・・と、狭いテントの中で目まぐるしく動き回ります。
    今までは落ち着いて飯も食えず、飯を食えば横になるしかなかったので、このチェアの貢献度は非常~~に大きい。
    完全に脱力して座れるので『ダダーン』と脚を伸ばしてだらけ放題です。
    ちなみにEm-Shelter内では、作業中は立て気味に調整して、リラックス時はちょっとだけ後ろに倒します。
    それに、座ると何だかほのかに暖かいので、冬山においてはありがたい。夏は逆に暑いだろうけど、山なのでさほどではないと思う。


    これは一番大きい『パワーラウンジャー』ですが、座る部分が長いか短いかだけの差で使い方は同じです。

    難点をあげますと、ま、パッキングが大きいということですか。
    よって外付けになりますね。でもスリーピングパッドと比べると小さいので気になるほどではないです。
    んでサイズ的には、
    お尻はちょっときつい程度ですが、背中が非常に狭い!
    両腕をはみ出しても実に狭い!!
    『も・・・申し訳ありません。』みたいな、肩をすぼめた格好になってしまう。
    ですが、
    これは、
    わたくしの、わたくしによる、わたくし的な状況なので、
    他の方は動画のクリス・マクナメラ氏のように、十分にリラックスして問題なく座れると思います。

    もうひとつ声を大にして言えるのは『頑丈』と言うことです。
    私が全体重をあずけてダラ~ッとのけ反っても、メリッともバリッとも言いません。
    私の場合、ほとんどの製品は気を抜くとブッ壊してしまいますので、このチェアのヘビーデューティーさは抜群ですね。

    暖かい季節になれば、このチェアに座ってボーッと景色を眺めながらのコーヒータイムってのもいいでしょうね。
    優雅なひと時を過ごせるのではないかと想像を膨らませ、楽しみで今からニヤニヤしています。

    ロックンロール。

    詳細は『Crazy Creek Hex2.0の公式ページ』をどぞっ!



    左より、オリジナル、ロングバック、パワーラウンジャーの3種。


    似たようなもので、激安のもある。
    ただし、使い心地、強度についてはわかりません。


    関連記事
    スポンサーサイト

    | 面白い!系 | 17:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    興味津々

    目目連先輩、こんばんわ^^
    私はテン泊の際にエアーマットを使用しています。
    万が一のパンクに備えて、背中のサイズに切ったリッジレストもザックに入れています。
    コレなら椅子にもなるしマット代わりになるかな~って気になってました。
    正直、結構欲しいですw

    まぁ、冬山でエアーマットのパンクは致命的ですし、
    何かしら応急処置の対策はしておくのが吉ですよね。。。
    断熱性は期待出来無さそうですが快適さはありそうなアイテムですね。

    | RED EYE | 2015/02/16 22:29 | URL |

    Re: 興味津々

    RED EYEさん

    毎度どもっす!

    おっしゃるとおり、首~お尻のマットにもなります。
    薄いのでクッション性は良くないですが、座っているとほのかにあったかいので最低限の断熱性はあるように思います。

    何より楽です。
    居眠りしてもひっくり返らない絶妙なバランスです。
    あとは、快適さと+700gのどちらを取るかですね。
    私は+700gを取りました。

    | 目目連 | 2015/02/17 08:26 | URL |

    目目連さん

    僕はクレイジークリークは無雪期のテント泊の時に、リッジレストの代わりにマットor背もたれとしてザックのボトムに付けていく事があります!
    クレイジークリークはしっかりした骨組なのでかなり丈夫ですよね(*^_^*)

    もうかなり前に買ったのでロングタイプがあるのは知りませんでした(~_~;)

    冷気をどこまで遮断出来るかはテストした事が無いんですが、厳冬期でも使えるかおしれませんね!

    | bp-hiro | 2015/02/17 22:23 | URL |

    Re: タイトルなし

    bp-hiroさん

    毎度どもです。

    > クレイジークリークはしっかりした骨組なのでかなり丈夫ですよね(*^_^*)

    御意。
    私が体重を預けても何も起こらないので、非公式に高強度なのが証明されました。

    > 冷気をどこまで遮断出来るかはテストした事が無いんですが、厳冬期でも使えるかおしれませんね!

    スリーピングマットとしては薄すぎるので、お尻の冷たさは感じなかったとは言え最低限でしょうね。
    でもなぜかお尻と背中はほんのり暖かい気がします。
    無雪期のビバーク山行ではスリーピングマットとしても活躍しそうです。

    | 目目連 | 2015/02/18 19:17 | URL |

    こんばんわ!
    僕もクレージークリーク Hex2.0持っていますが
    なかなか山での出番はなくて運動会、発表会(体育館)での
    出番の方が多いです(笑)
    僕の体型ではゆったりちょうどいい感じですね。
    寝る際もマットの足りない部分に敷いたり出来ますしね。

    | 登山 好人 | 2015/02/18 22:10 | URL | >> EDIT

    Re: タイトルなし

    好人さん

    毎度どもっす!

    > なかなか山での出番はなくて運動会、発表会(体育館)での出番の方が多いです(笑)

    無論私も、お花見や花火大会などでバシバシ使うつもりです。
    最近のお気に入りは、これに座って読書しながらうたた寝することです。
    絶妙なバランスで、楽に座れるのがいいです。

    | 目目連 | 2015/02/19 19:01 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/92-9f7e859a

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>