『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    ~山岳ユーザーのための~ 雪崩リスク軽減の手引き

    えー。
    冬山シーズンも半分以上が過ぎ、下界では・・・

    ♪ もうすぐは~るですねぇ ♪ by キャンディーズ

    となる時期になってのレポで申し訳ないのですが、
    まだまだ山の積雪期は続くのでアップすることにしました。

    雪崩リスク軽減の手引き

    えーと。
    私の場合、雪崩の知識は『専門的』な深いものではありません。
    先輩との山行で教わったもの、実際に見たもの、常識的に考えたもの等々、科学的根拠に基づいた判断ではありません。。
    よって今まで無事でいられたのは、正しい判断を下した時もありますが、もしかしたら『半分は運』だったのかもしれません。
    しかし、知識は深ければ深いに越したことはありません。
    1%でもそのリスクを軽減するためには、専門書を手にとってさらに勉強するしかありません。
    で、選択したのがこの『~山岳ユーザーのための~雪崩リスク軽減の手引き』です。

    理由は、ページ数が少ない割に『要点』が実にわかりやすく解説されていることです。
    雪崩に関して、ゼロから勉強をしようと思っている方には最適だと思います。

    薄い本とは言え薄っぺらな内容では決して無く、逆に『抽出されたエッセンス』と言うべきです。
    ポイントや落とし穴的なこともしっかりピックアップされています。
    雪崩は『ド専門書』を読もうと100%回避できるものではないので、知識を身に付けた人にとっては、会う時は会うと言う『運』の差くらいでしょう。

    私個人としてですが、この本だけでじゅうぶんです。
    他の本を買う予定は一切ありません。
    ご参考まで。

    この本も、以前紹介した『登山の運動生理学百科』同様、最低限覚えなければならない専門用語があるので、二度三度と読み込んで知識が深まって行くものだと思います。
    雪山に踏み込む以上、雪崩のリスクは常に頭に置いていないといけないので、
    雪山シーズンのみならず通年で読んで『何としても』知識を自分の物にしましょう!

    普通の女の子に・・・・じゃなくて、
    読書百遍義自ずから見る (どくしょひゃっぺんぎおのずからあらわる)とな。





    こちらは今年発行された本。

    関連記事
    スポンサーサイト

    | 読・み・も・の | 18:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    こんにちは

    目目連さん、どもです。
    雪崩ですね。今のところ自分には無縁ではありますが、
    この春、こちらの山をアイゼン履いて歩いてこようと
    思います。それほど急峻な山ではないので、大丈夫か
    なと思っていますが、甘いですかね?念のため、基礎
    知識は備えてから行ってこようと思います。

    | fugeedash | 2015/02/23 21:47 | URL |

    Re: こんにちは

    お!
    fugeedashさん

    毎度どもです。

    今は北海道にいらっしゃるんですよね。
    知識が無くて現場を見るのと、知識を身に付けて現場を見るのでは全く違うものになってきます。
    知識があれば、あれがあーで、これがこーでってあてはめられますからね。

    私も本を読みつつ、あの時のあの場面ではってのもありましたので、
    そこでひとつ賢くなれましたし、
    あらためて考えさせられる部分もありました。

    この本も一度読めば吸収できるものではありません。
    私も何度も何度も読もうと思っています。
    回避できる確率が1%でも上がれば、それに越したことはないですからね。

    | 目目連 | 2015/02/24 18:00 | URL |

    (*^_^*)
    これですね!

    目目連さんのお勧めなら内容は間違いないでしょう!
    早速ポチりますかねぇ〜(^_−)−☆

    | bp-hiro | 2015/02/27 09:14 | URL |

    Re: タイトルなし

    bp-hiroさん

    毎度どもです!

    hiroさんは『滑る人』なので、もしかしたらすでにご存じの知識かもしれません。
    私は『滑れない人』なので、積雪期は先人達によって確立されたルートを辿ります。
    危険はもちろん危険ですが、ある程度は予測が立ちますので。

    私的には非常にわかりやすい良書でしたのでレポしました。
    初心者が最初に手を出す本としては最適な本だと思います。

    | 目目連 | 2015/02/27 19:24 | URL |

    目目連さん、こんばんはi-185

    去年のGWに谷川に行った時、あちこちからドドーンッって音がして「これが雪崩の音かあああΣ(゚д゚lll)」ってビクビクしたのを思い出しました(;^ω^)
    音を聞いただけで直接雪崩は見てないのですが、雪国在住で雪山に登る以上は、雪崩の勉強もしないとですよねぇ・・・
    何年も放置してた課題ですが、次の読書本はこれにしようかなと思います(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

    | 雪野 | 2015/03/04 00:03 | URL |

    Re: タイトルなし

    雪野さん

    先輩から聞いたことなのですが『雪』に関しては、雪国生まれかそうでないかで大差があるそうです。
    私のように雪に縁の無い地方の出身だと、どうしても歩きに差を感じてしまいます。
    雪崩の知識と言うか、勘と言うかも違うと思います。
    しかし、しっかりと科学的な知識を身に付けることは大切なので、ぜひ読んでみてください。

    じつにわかりやすいし、出どころも『雪崩ネットワーク』なので100%信頼できますね。

    | 目目連 | 2015/03/04 09:59 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/93-4e4dffe5

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>