『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    Juza Field Gear L&E-Shelter (Light & Easy Shelter) Dx - L&Eシェルター・デラックス

    えーと。
    数週間前になりますが、YouTubeから登録チャンネルの動画アップロードのメールが来まして、ふむふむと。

    L&Eシェルター・デラックス01
    以前紹介した『L&E-Shelter』のデラックス版。


    まずは動画で特徴を観察してみましょう。
    っつーか、バックミュージック、も少し何とかなんねーかなー。


    設営動画。
    手順はわかりやすいが、バックミュージックもっと他にあると思うのだが・・・。

    どこがどう変わったのかと言うと、『メッシュの内幕』が付いたことですね。
    よって『閉ざされた』居住空間が生まれるわけです。

    以前『ツェルト泊のうんちく』で紹介したように、ツェルトは『虫が入り放題』です。
    ファイントラックツェルトは、換気口にメッシュが付いていますが、入口の幕と床面の間は『ガラ空き』なので、換気口のメッシュは別に無くても同じのような気がします。

    軽量化登山のために『ツェルト泊』なるものが注目を浴びてきて、近頃その愛用者が増加しています。
    反面、全てにおいて『最低限』なのはご承知の通りです。

    L&Eシェルター・デラックス02
    風の流れ的にも耐風性はありそう。

    L&E-Shelter Dxがツェルトストックシェルターより優れた点を具体的に挙げてみましょう

    その1 ~~しっかり張れる。
    ツェルトはしっかり張っていても(前後にストックを立てて)、朝になるとかなりヨロけています。
    屋根型にポールを組むL&Eシェルターですと、朝までしっかりした状態を保てます。(屋根型ポールはツェルト・プラスで経験済み)

    その2 ~~虫が入らない
    ツェルトは換気口や、入口と床の間、床面などがガラ空きなので、飛んでくる虫、這ってくる虫ともに入り放題です。
    L&Eシェルター・デラックスはメッシュの入口で、虫対策のなされた空間がつくられています。

    その3 ~~デッドスペースが少ない
    ストックシェルターは『ピラミッド型』空間なので、居住に必要な『ボックス型』の空間は極々わずかです。
    L&Eシェルター・デラックスは『尻すぼみトンネル型』なので、デッドスペースは足元方向にわずかにあるくらいです。

    その4 ~~雨の日対策
    ツェルトは隙間だらけなので、雨が降ると終わったと思った方が良い。特に床面からの浸水は防ぎようが無いので、設営場所をかなり考える必要がある。
    ストックシェルターは、雨自体の直接的侵入は無いと思いますが、換気システムが無いので内側からの濡れて来ることになります。
    L&Eシェルターは『換気システム』が確立されていますので、雨の浸入を防ぎつつ換気できます。

    理由はこちらの『結露』のレポをご一読いただければわかります。

    今までの『ツェルト泊』『簡易シェルター泊』では、換気・虫・雨のどれかは我慢しなければならなかったので、L&Eシェルター・デラックスで言うと『わずか360g』の中で解決されているのは特筆すべきでしょう。

    L&Eシェルター・デラックス03
    前室、メッシュの仕切り、換気システムが、『360g』につめ込まれている。

    特に沢などで、天幕にしたり屋根型に吊ったりと臨機応変に使いたい『上級者』なら従来型のツェルトがいいですが、『簡易テント仕様』のツェルト泊のためだけにツェルトを買おうとするのだったら、『L&Eシェルター・デラックス』にする方が格段に快適なのは容易にイメージできます。

    これから先、『軽量化のためのツェルト泊』は、一歩先に進んだ『L&Eシェルター・デラックス』のような『快適なウルトラライト・シェルター』に入れ換わって来るでしょう。
    TJARトランスジャパンアルプスレース)』のようなロングトレイルの主流にもなりそうですね。

    こちらに詳細レポを書いておられる方がいらっしゃいます。
    先を越されたか―。

    Trek's - 甲武信ヶ岳ツェルト泊(徳ちゃん新道~甲武信~雁坂峠)

    私もレビューを公開いたしましたー。(2016/03/09)
    Light & Easy Shelter Dx - L&Eシェルター・デラックス ~使用レポ

    詳細は『Light & Easy Shelter Dxの公式ページ』をどうぞ。

    ロックンロール!

    新年度までちょっと更新できなさそうです。
    暫しお待ちください~~。



    関連記事
    スポンサーサイト

    | ウルトラライト(軽量化) | 08:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    (`・ω・´)ゞ

    目目連先輩、こんにちわ!
    コレめっちゃ気になってます。
    と言いますのも、今年は高島トレイルを縦走予定なんです。
    恐らくビバークスタイルで休息を取るので、
    軽量のツェルトやタープテントを探していました。
    ついでに焚き火台でロングトレイルを楽しみたいなとw

    ご紹介頂いた商品、新しいアイテムの候補になりました(・∀・)

    | RED EYE | 2015/03/25 14:28 | URL |

    Re: (`・ω・´)ゞ

    RED EYEさん

    毎度どもですっ!

    > 恐らくビバークスタイルで休息を取るので、
    > 軽量のツェルトやタープテントを探していました。

    ツェルトの『簡易テント』を抜きだして強化した的な感じで、
    重量360gでこのスペックなら、ロングトレイルには持って来いのアイテムでしょうね。
    ・・・普通の体格の人には。

    アルプスの稜線と言うわけにはいかないと思いますけど。
    でも、槍の肩や穂高岳山荘のテン場でもツェルト泊の人って居るんですよね。

    > ついでに焚き火台でロングトレイルを楽しみたいなとw

    楽しみが増えますね。
    益々ハマって来ましたね。
    レポお待ちしてます。

    | 目目連 | 2015/03/25 20:03 | URL |

    目目連さん

    このシェルター軽くて良いんですが、設営後の内部空間は足元がかなり低いようなんですが、どんなもんでしょう⁉︎
    出入口付近の最大高の部分もストックをクロスさせてるので、大凡100cm程かなぁ!
    って思うんですが、足元が低い分手前は胡座かいてゆっくり出来る位あれば導入検討しようかなぁって思ってます!

    | bp-hiro | 2015/04/01 20:53 | URL |

    Re: タイトルなし

    bp-hiroさん

    毎度どもです。

    > このシェルター軽くて良いんですが、設営後の内部空間は足元がかなり低いようなんですが、どんなもんでしょう⁉︎

    おっしゃる通り、足元は横になる時以外は物置きぐらいにしか使えなさそうですね。
    シュラフも壁に触れるのではないでしょうか?

    > 出入口付近の最大高の部分もストックをクロスさせてるので、大凡100cm程かなぁ!
    > って思うんですが、足元が低い分手前は胡座かいてゆっくり出来る位あれば導入検討しようかなぁって思ってます!

    HPの図面参照をクリックしたら、95cmになってました。
    ですが、大きいベンチレータがあるので、さらに低く感じるでしょうね。
    一般男性だと胡座かいても窮屈そうに思います。
    ストックシェルターよりは間違い無く広いと思いますが、荷物を外に出して『寝る』専門だと思います。

    でも360gで換気付き密閉空間は魅力ですよねー。
    私は100%入れないと思うので、そこが残念ではあります。
    ぶつぶつ。

    | 目目連 | 2015/04/01 21:35 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/96-06fc67d3

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>