『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    Primus No.96 - プリムス・No.96

    えー。
    永らくアップをサボってました。
    そう言うわけで、今回は先日の予告編の中から、
    プリムス・No.96』について述べたいと思います。
    えっへん。

    このストーブはメーカー違いで、いくつか『ほぼ同型』のものがあります。
    オプティマス・No.96、ラジウス・No.20、マナスル・No.96です。

    では私の『プリクロ(私が勝手に命名)』を写真で見て行きましょう。

    Primus96_01
    美しい立ち姿。ぜひクリックして大判を眺めてください。
    私が『プリクロ』を選んだ理由は、風防(中央の筒状のパーツ)の形が気に入ったからで、重厚な感じがするからです。

    Primus96_02
    缶。このタイプは古い部類のよう。1930年代?
    良く見るのは、赤缶で中央の円の中にストーブのイラストのあるもの。

    Primus96_03
    アルコール用のボトルを入れるとキツキツなので、普段は外して余裕を持たせてます。

    Primus96_04
    中央のキャップを備え付けのスパナで外します。
    右側に仮固定する所があるので、無くさないようそこに固定します。

    Primus96_05
    ライジングチューブを取り付けます。
    こんなところにも『刻印』が施されていて、職人手作りの良さを感じます。

    Primus96_06
    バーナーを乗せて、風防を付けてフル装備。
    ブラス(真鍮)は磨きあげると本当にいい光を放ちます。

    Primus96_07
    プレヒート中。

    Primus96_08
    本燃焼。
    音はスベアほどではないですが、プルプル音が心地よいです。

    Primus96_09
    収納は今のところとりあえず、100均で買った『タブレット用』のケース。

    では、使った感想を述べたいと思います。

    ケロシン(灯油)ストーブなので、冬季はしっかりこれでもかとプレヒートした方がいいですね。一度プレヒート不足で灯油が上手く気化せずに、ボオォッと30cmほど火柱が上がりました。テントの前室で、入口を開けてたので火事にはなりませんでした。
    っつーより、入口を開けてないと臭いです。
    ↑のテント内の写真は、逆光になるので入口を閉めて写しただけですので、
    良い子は真似しないように。

    気になった欠点と言うと、このストーブは風に非常に弱い気がします。
    よって使用シチュエーションは、テント内の前室で入口解放した状態がベストですね。

    ま、最新ストーブに比べると、
    重いし、組み立てないといけないし、プレヒートしてそれから点火、しかも臭い。
    っと、何かと『不便の塊』のようなストーブで『えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ』のbp-hiroさん曰く『アホ火器』と言うのもうなずける気もします。
    しかし私は最近お気に入りでして、今冬は半分以上プリクロを使いました。
    未明の極寒の中、入口を開放して使いましたぞ~。ちゃんと。

    『アホ火器』好きにとっては、面倒臭さもなんのその。
    80年の時を越えて、元気に私のご飯を作ってくれる可愛い可愛い相棒です。

    羯徒毘路薫’狼琉!(かっとびロックンロール)


    ビンテージストーブに関しては
    こちらの『輝けキャンプサイト - Collections!!』が詳しくてわかりやすいですね。

    リペアパーツ販売、および修理依頼は
    こちらの『オールドキャンプストーブストア』でどうぞ。何でも揃ってます。
    たまにお宝ストーブも販売されてますので、時々チェックしてます。


    お・ま・けっ!


    私が中学生くらいの頃の、一番山にあこがれていた頃に見ていたCMです。
    キスリング、麻ザイル、ウッドシャフトのピッケル、グランテトラの水筒、未脱脂ウールのセーター、そしてキスリングの脇に『プリムス・No.211』と思しき赤缶のストーブもあります。CM的シチュエーションは昭和30年代でしょうか。
    今見ても当時のことを思い出して、懐かしい気持ちになりますね。
    うーむー。
    大原麗子さんがとっても綺麗。





    ケロシン(灯油)ストーブの操作方法はどれも同じです。



    この方の説明、操作手順は『パーフェクト!』です。


    関連記事
    スポンサーサイト

    | ストーブ | 20:48 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    お久しぶりです(^o^)
    プリクロってネーミングGOODですね。
    ネットで読んだことがあるんですがポンピングして生ガス
    受け皿にためてそれでプレヒートしている方法がありました。
    アルコールが切れた際にはいいかな?と、思いましたが
    それやっちゃうと灯油なのでススで真っ黒になってしまいますよね。

    | 登山 好人 | 2015/04/02 17:06 | URL | >> EDIT

    Re: タイトルなし

    好人さん

    毎度ありがとうございます。

    プリクロはとっさに思いつきました。
    意外といいかもです。

    灯油なので、液体のままカップに入れても火が点きづらいと思います。
    カーボンフェルトを仕込んであれば、すんなり点くでしょう。

    おっしゃる通り、真っ黒になります。
    生ガス噴出で火柱を上げた時、全て真っ黒になりました。
    おまけに臭かったですね。

    でも、面倒臭さに味があって、最近は好んで使ってます。

    | 目目連 | 2015/04/02 17:27 | URL |

    (*^_^*)
    プリクロめっちゃ良いですね!
    細かい丁寧な各部位の刻印が当時の職人魂物語ってますねぇ〜

    そうそう、目目連さん『アホ火器』と命名したのは我が家の2号ですよぉ〜
    最近は、ちょっと出番が無いんですが、やっぱり121より小型の96の大きさが目一杯ですね!

    | bp-hiro | 2015/04/03 00:59 | URL |

    Re: タイトルなし

    bp-hiroさん

    毎度どもっす!

    Sievert Sveaもそうですが、ビンテージストーブは細部まで職人の手が入ってて、眺めるだけでも楽しいですよね。

    > そうそう、目目連さん『アホ火器』と命名したのは我が家の2号ですよぉ〜

    そうでしたね。
    ちょっとした命名などもセンスがありますね。お二人でいい味出してます。

    > 最近は、ちょっと出番が無いんですが、やっぱり121より小型の96の大きさが目一杯ですね!

    最近は3人くらいの泊まりでも、スベアやプリクロで行ってます。(ドラはポンプ故障中!)
    雪溶かしからでも結構使えますね。予備燃料が必要ですが。

    | 目目連 | 2015/04/03 17:45 | URL |

    シブい!!

    目目連先輩、こんにちわ^^
    いや~、シブい! 渋すぎです!
    こうゆうビンテージ物って実用性より風情ですよね。
    古き良きを楽しむ大人のアイテム、最高ですね。
    私もこうゆうのは憧れます^^

    長い年月を経ても使えるアイテムはやっぱり良い物なんでしょうね。
    現代の使い捨て感覚の物よりは断然良い感じがします。

    | RED EYE | 2015/04/03 17:53 | URL |

    Re: シブい!!

    RED EYEさん

    毎度どもです!

    若い頃は最新アイテムを追い掛けましたが、
    50が目前に迫って来ると、自分が登山を始めた頃のアイテムや、こう言ったさらに昔のアイテムに惹かれるようになってきました。

    昔のストーブはつくりがシンプルなので、長持ちするんでしょうね。

    RED EYEさんも、いつかこう言ったビンテージが欲しくなる時が来ると思います。
    でも、ヤフオクもebayも変なのが多く出回っているので、もし入札する時は注意が必要です。

    | 目目連 | 2015/04/03 21:01 | URL |

    年季が入っていますね。

    目目連さん、こんばんわ

    大変ご無沙汰しております。
    7ヶ月間続いた福島出張より戻ってきました。

    ずいぶん年季の入ったストーブですね。
    目目連さんが大切に使われている様子が伺えます。

    昔の道具は、見るからに作りがちゃんとしてますね。
    こういうのって、使うほどにアジが出てきて良いものですね。

    | オニオン/ | 2015/04/06 01:40 | URL |

    Re: 年季が入っていますね。

    おぉっ!オニオン/さん!

    お久しぶりです。
    時々覗いてはいたのですが、全く動いて無かったのでどうされたのかな?と思っていました。
    出張だったわけですね。おかえりなさい。

    ビンテージ物は一度手にすると、次から次へと欲しくなるので注意が必要です。
    面倒臭さにも味があるし、磨けばピッカピカになるのもいいですね。

    オニオン/さんがアラ50になる頃は、現行の物がビンテージっぽくなってると思うので、懐かしさも含めて手にしたくなってくると思いますよ。

    これからもコメントくださいね。

    | 目目連 | 2015/04/06 08:14 | URL |

    スベア

    初めまして。
    何かを検索していたら、ここへ来てしまいました。
    団塊の世代の人間です。
    書き込みをしたくなってしまいました(笑)

    大昔、高校時代に社会人山岳会に入って山歩きをしていた頃に購入したスベア121Lを持っています。
    膝が悪くなって山へ行くコトが少なくなりましたが、キャンプなので、未だに現役で使っています。

    https://www.youtube.com/watch?v=jdO51-JTVsQ&feature=player_embedded



    | サムシング田中 | 2016/01/19 17:10 | URL | >> EDIT

    Re: スベア

    サムシング田中さん

    はじめまして。
    ようこそおいで下さいました。

    団塊の世代の方ですと、先輩にあたりますね。

    動画拝見させていただきました。
    いい音立てて絶好調ですね。
    121だと私のより一回り半くらい大きいので迫力があります。

    こう言った真鍮製のビンテージ物は、ひとつひとついい味出しますよね。
    たまに朝コーヒーを山用ストーブでいれたりするのも楽しいです。

    よろしければ、またコメントください。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    | 目目連 | 2016/01/19 18:44 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/97-0b7715d6

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>