『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    K2 Rescue Shovel Plus - K2 レスキューショベル・プラス

    とっても使いやすく、ニンマリのショベルのご紹介です。
    1シーズン使ってみて、特徴がつかめましたのでレポします。
    冬山用ショベル選びの参考にしてください。

    K2 レスキューショベル01
    購入時にパシャッと。
    メタル光を放つグリーンのカラーでデザインがいい。

    レスキューショベルの名の通り、スキー板と連結させる部品が柄の中に内蔵されています。スキー登山で無い場合は、取り出して軽量化させてます。(100g強)

    K2 レスキューショベル02
    収納時はこの形。

    K2 レスキューショベル03
    柄を伸ばすとこうなる。
    86cmあるので、大柄な私でも使いやすい。

    K2 レスキューショベル04
    ポジションを変えると鍬形になります。

    鍬形とは言え、農作業の鍬みたいに『ガツガツ』掘り進むと言うよりは『かき出し用』と考えた方がいいかな?
    私はいわゆる『怪力』なので、普通に使っているつもりでも、何かとブッ壊してしまうことが多いのでそう言う定義にしています。
    かき出しもやりやすいですが、雪洞の天井部分の仕上げがやりやすいのも素敵です。

    気に入っている点は、ブレードの平面部分が広く方形なので、切り出したブロックの形が良く、積みやすいブロックができる。
    特に気に入っているのが、柄をブレードに差し込む時に、ストッパーの出っ張りを押さなくてもカチンとハマるところです。
    冬手袋だと面倒に感じる部分が解決されています。
    無理に難点を挙げるとすると『右手』で掘る時はいいのですが、左手だとグリップが微妙。ただ、それほど不便でもないし、鍬形にするために必要な構造なので文句は無い。

    以前使っていた『Black Diamond Transfer - ブラックダイアモンド・トランスファー』より使いやすくて気に入っています。

    BD トランスファー3
    これも柄が長かったので、使い勝手は良かった。
    安価なのでコスパ的には非常に良い。

    比較検討したショベルを2つ。

    アルバ・オボアックス01
    アルバ・オボアックス02
    『Arva Ovo Axe - アルバ・オボアックス』
    同じく鍬形になる。ただ、ブレードが非常に小さく、作業効率が悪そうなのでパス。
    逆に非力な人や女性にはいいのかも。

    オルトボックス・プロフェッショナルアルー
    『Ortovox Professional Alu - オルトボックス・プロフェッショナルアルー』
    これも鍬形になるが、平面部分が小さいのでパスしました。

    そう言うわけで『K2・レスキューショベル』はデザイン・機能とも非常によろしく気に入ったアイテムなので、壊さないように大事に使い倒したいと思います。

    夜露死苦っ!






    スキーを担がない登山なら、連結部品の無いこちらがいいと思う。
    100g以上軽いし、値段もブラックダイアモンドとさほど変わらない。



    | 冬山系 | 07:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    シンコウカンジキ SK-2

    これからワカンを買おうと思っている方にお知らせです。

    とってもいいワカンがあるので、ご紹介します。
    シンコウカンジキ』と言って『新興電機工業』なる所が作っている商品です。
    ん?電気屋さん?
    まあ、詳細は『新興電機工業HP』をご覧ください。

    シンコウカンジキ01
    空になっている穴は『補助ベルト用』。
    登山は動きが激しいので、補助ベルトを使ってしっかり締めた方が良い。

    この『シンコウカンジキ』は先輩のおすすめ品で、2月終わり頃に購入しました。
    ずーっと定番中の定番品『エキスパート・オブ・ジャパン アルミワカン』を履いていた私に、

    おい、これいいぞ。それより沈みにくいし歩きやすい。
    お前は重いから、絶対こっちの方がいいぞ。

    と言われて買ってみました。
    『頼むからシーズン前に言ってよ』と思ったので、シーズン前の今まで待ってレポします。

    シンコウカンジキ02
    山型に凹みのある幅広フレームで雪を押さえるので、パイプ型のワカンより随分と沈みにくい。

    えー。
    ワカンは、歩行時に『爪先側が上がる』ことで歩きやすくしてあります。
    言葉ではわかりにくいので、下手なイラストをご覧ください。
    ワカンイラスト
    爪先側が上がる = 後ろ足を前に出す時、ワカンは雪面にフラットのまま足を抜くことができる

    と言うことです。
    アルミワカンは『微妙な固定』でその機能を生み出しているのですが、この『シンコウカンジキ』は土踏まずを乗せる部分の『構造』で、その機能を生み出している所がいいなと。

    シンコウカンジキ03
    土踏まずが乗る部分に絶妙な角度付き。

    よって、アルミワカンは歩いている最中に微妙にプラプラして来るのですが、シンコウカンジキは補助ベルトもあるので一体感がありますね。

    難点を挙げますと、ゴムバンドの固定が冬手袋のままではしづらいことですね。薄手の手袋でもしづらいです。暫しの間素手でやってます。
    それと滑り防止の爪が小さい!後付けの大きいのが売られてますので、軟雪を歩く場合は取り付けておいた方がいいです。

    感想としましては、ワカンより・・・

    沈みにくい
    靴との一体感がある

    ので、歩きやすいです。
    機動性・とり回しもワカン弱くらいなので、急登降の少ない山域では『シンコウカンジキ』がいいかなと思ってます。
    私が30kgの荷を背負うと、総重量140kg近くになる。そんな人が恩恵を受けている(滅多にいません)ので、説得力があると思いません?
    これからの『山人生』の相棒を見つけました。アルミワカン共々、末永く幸せに付き合っていくつもりです。
    めでたし。めでたし。

    えー。
    この『シンコウカンジキ』については、以前から色々と勉強させていただいてる『理事長』様の『山道具道楽』に改造を含め詳しく記されていますので、ぜひご覧ください。『シンコウカンジキ』でブログ内検索をすれば辿りつけます。

    冬山シーズン到来につき、冬山アイテムを中心にアップしていく予定です。
    おっ楽しみに―!


    ご購入は

    新興電機工業HP

    または

    ホビーズワールド

    からどうぞ。

    | 冬山系 | 12:50 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    エキスパート・オブ・ジャパン アルミワカン

    積雪期登山の定番アイテムです。

    『ワカンと言えばこのメーカーのこの商品』と言ってよいほど、みーーーーんな持っています。

    expjwakan.jpg
    現行品は前後に反りがあるが、こちらは旧バージョン。


    ・・・。
    しかし、冬山フル装備を担いだ私の重量(体重+荷物)は『0.14トン超』ほどになることも多いので、装着したところで埋まってしまいます。
    ここんところ八ツが多いのはそういう理由からです。(歳と共にラッセルが億劫になってきた・・・)

    最近ではスノーシューを履いている人の方が多いのでは?と言うくらいな勢いですが、やはり機動力はこのワカンの方が優れています。
    でもどうしても納得いかない部分があります。
    横向きに橋渡しになっているテープの間隔が中途半端です。これは歯の部分(突起)の前後に配置しました的な感じです。
    登山靴の『土ふまず』の凹みにスポッと収まる間隔だと、緩みの原因になる靴の前後への動きが抑えられると思います。
    『カチッと固定』じゃなく、遊びが必要なのは承知の上です。要は、靴とワカンはしっかりドッキングさせて、歩行しやすい遊びがあるのがベストだと思います。
    最近他のメーカーからも、アルミ製のワカンは出始めましたが、この商品をただコピーしたような感じで残念です。
    『反り』をなくして、アイゼンとの重ね履きを考えたものもありますが、もうちょっとひねりがあると注目されるのになーと思います。

    ・・・。
    あたりを見回して思うのですが、雪さえあれば、アイゼン、ワカン、スノーシューのいずれかがくっついてる人が多いと言うことです。雪の状態次第では『何も無い』方が歩きやすい場合が多いのです。
    6月の富士山の固まった雪の上をスノーシューで歩いている人も何人も見ましたし、GWの涸沢に入るのに、本谷からアイゼンを付けて、団子を作りながら歩いている人もかなりいます。
    ちょっとだけ想像力を働かせて『道具の意味』を考えれば、より快適な登山が楽しめると思います。

    『デキそうな』ガイドさんが連れたパーティや『慣れてるな』って感じの登山者は雪にあった足回りをしてますね。流石です。
    登山歴の浅い方や自信のない方は、あたりを見回して、これらの方々を参考にするのがいいと思います。それをご自身のいい経験値として積み重ねて、積雪期登山を楽しみましょう!

    詳細は『エキスパート・オブ・ジャパンの公式ページ』をご覧ください。





    | 冬山系 | 21:11 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

    << PREV | PAGE-SELECT |