『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT |

    >> EDIT

    Crazy Creek Hex2.0 LongBack Chair/ クレージークリーク Hex2.0 ロングバックチェア

    以前『ななパパで行こう!』のななパパさんのブログで拝見して、欲しい欲しいと思っていた『クレージークリーク』のキャンピングチェアのご紹介です。

    Crazy Creek Hexalite Original - ななパパで行こう!

    クレージークリーク・オリジナル01
    クレージークリーク Hex2.0 オリジナルチェア。

    クレージークリーク・ロングバック01
    クレージークリーク Hex2.0 ロングバックチェア

    私の『ホッとスペース~癒しの空間』と言うレポがありますが、正直なところ、ななパパさんのレポをパクって尾ひれを付けたと言った感があるような気もします。
    私の知る限り、非常用シェルターの『エム・シェルター』をランチ用シェルターとして工夫して最初に広められたのは、実は『ななパパさん』なのです。
    そしてそのレポの中でクレージークリークエム・シェルターと『相性がいい』として紹介されていました。

    楽しそうな様子は、こちらの『ななパパで行こう! - 山カテゴリ』でご覧になれます。

    っと、そう言うわけで、
    私としては、もし、もし可能であれば、軽量コンパクトな普通サイズの『オリジナル』が欲しいなと。
    そう思っていました。
    んで、友達が持っているので試着してみることに。
    んー。
    小さい。窮屈感満点と言うよりちんちくりん。
    立ち上がれば、そのままお尻にくっついてきそう。
    友達は、私がストラップをブチ切ってバターッと倒れるのではないかと、さぞかしハラハラしたことでしょう。
    ま、最初からそうなることはわかりきってはいたが、やっぱり落ち着くところに落ち着いて、サイズの大きい『ロングバック』を買いました。

    クレージークリーク・ロングバック02
    ロングバックは普通サイズのオリジナルより、背もたれの高さで11cm、横幅で7cmほど大きい。
    重量はプラス76gなので、背負えば誤差程度。感覚的にはわからない。

    クレージークリーク・ロングバック03
    いつものトマジューとの比較。
    収納時は公表で53cmx12cm。
    実際はもう1~2cm大きい。

    さてと。
    使った感想は『思ったよりずいぶんいい』。
    もたれかかって、絶妙な角度でバランスがとれる。
    しっかりリラックスして座れます。
    私は腰痛持ちで、おまけに股関節も固いので、あぐらを長時間かくことができません。
    あぐら → 正座 → あぐら・・・と、狭いテントの中で目まぐるしく動き回ります。
    今までは落ち着いて飯も食えず、飯を食えば横になるしかなかったので、このチェアの貢献度は非常~~に大きい。
    完全に脱力して座れるので『ダダーン』と脚を伸ばしてだらけ放題です。
    ちなみにEm-Shelter内では、作業中は立て気味に調整して、リラックス時はちょっとだけ後ろに倒します。
    それに、座ると何だかほのかに暖かいので、冬山においてはありがたい。夏は逆に暑いだろうけど、山なのでさほどではないと思う。


    これは一番大きい『パワーラウンジャー』ですが、座る部分が長いか短いかだけの差で使い方は同じです。

    難点をあげますと、ま、パッキングが大きいということですか。
    よって外付けになりますね。でもスリーピングパッドと比べると小さいので気になるほどではないです。
    んでサイズ的には、
    お尻はちょっときつい程度ですが、背中が非常に狭い!
    両腕をはみ出しても実に狭い!!
    『も・・・申し訳ありません。』みたいな、肩をすぼめた格好になってしまう。
    ですが、
    これは、
    わたくしの、わたくしによる、わたくし的な状況なので、
    他の方は動画のクリス・マクナメラ氏のように、十分にリラックスして問題なく座れると思います。

    もうひとつ声を大にして言えるのは『頑丈』と言うことです。
    私が全体重をあずけてダラ~ッとのけ反っても、メリッともバリッとも言いません。
    私の場合、ほとんどの製品は気を抜くとブッ壊してしまいますので、このチェアのヘビーデューティーさは抜群ですね。

    暖かい季節になれば、このチェアに座ってボーッと景色を眺めながらのコーヒータイムってのもいいでしょうね。
    優雅なひと時を過ごせるのではないかと想像を膨らませ、楽しみで今からニヤニヤしています。

    ロックンロール。

    詳細は『Crazy Creek Hex2.0の公式ページ』をどぞっ!



    左より、オリジナル、ロングバック、パワーラウンジャーの3種。


    似たようなもので、激安のもある。
    ただし、使い心地、強度についてはわかりません。


    | 面白い!系 | 17:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    遊牧舎工房 イージーステッチャー

    えー。
    今回はイージーステッチャーなる、ハンドミシン的な縫製器具のご紹介です。

    イージー・ステッチャー01
    ちょっと太めのペンのような感じ。

    イージー・ステッチャー02

    山中で何かが破損した時の修理用に持って行くも良し。
    山行前に何かをカスタマイズするのに良し。と言ったところですね。

    マイヤーズ・ステッチャー
    マイヤーズ・ステッチャー

    スピーディー・ステッチャー
    スピーディー・ステッチャー

    こちらの2つの方が操作性は良さそうだが、携帯性で劣るので今回はパス。

    イージー・ステッチャー03
    本体のお尻に諸々収納する。
    山中では無くさないように注意が必要。

    イージー・ステッチャー04
    ステン&真鍮で質感がよろしい。
    ペン感覚で握ると重く感じるが、50gと軽量。



    共に説明不足があるので、補足し合って2本で1本って感じ。

    使い方は『レザークラフトやってみませんか?ステッチ後編』がわかりやすいです。

    備え付けの針は皮細工用なのでいかつい。
    ミシン用が適合するので、諸々使えて問題ない。
    糸はロウ引きされたものが、2m同封されている。
    別売りで売っているが少々値が張るので、糸と蝋を別々に買って、自分でロウ引きした方がずっと安上がりだし、糸の太さもカスタマイズできるので都合がいい。

    このステッチャーは自分のみならず、何かが破損して困っている人がいる時に、『サッ』と取り出して『パパッ』と修理してあげるのも大切なことですね。
    非常時用に持ち歩く装備は、救急用品に限らず、自分用はもちろん他の人にも使うことを頭に入れておきましょう。
    みんなみんな、趣味を同じくする仲間たちです。お互い支えあいましょうね。


    【メール便発送可】遊牧舎工房 イージーステッチャー NEWテント修理 タープ修理 登山靴修理 バックパック修理 応急修理アウトドア キャンプ 登山 縦走登山 縫製グッズ 革製品修理 縫い物 レザークラフト

    価格:3,240円
    (2014/7/28 15:11時点)
    感想(4件)






    | 面白い!系 | 15:05 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    HAKUBA Lens Pouch S Wide - ハクバ・レンズポーチ Sワイド

    え~。
    スベアのオーナーに密かに?広まっている収納ケース
    『ハクバ・レンズポーチ Sワイド』のご紹介です。

    ハクバ レンズポーチ Sワイド01

    そうです。
    カメラのレンズ用のポーチなのです。

    このポーチを買うに至った経緯をご説明します。
    今までは、スノーピークトレック900にスッポリ納めていました。

    sp trek combo02
    ほーら。測ったようにピッタリ。

    でもちょっとだけ『・・・』なことがあります。
    トレック900を湯沸かし以外に使うと、内側が汚れてしまうので、ペーパータオルで綺麗に拭き取ってから、さらに触れそうな部分にペーパータオルを敷いて収納してました。
    まあ、水が豊富なテン場だったり、雪で拭ったりと、その作業が不要な場合もありますけどね。

    ハクバ レンズポーチ Sワイド02

    ハクバ レンズポーチ Sワイド03
    SVEAを収納。これまた測ったようにジャストフィット!
    縦に開くので出し入れも容易。

    さ・ら・に、嬉しいことがもう一つ。

    ハクバ レンズポーチ Sワイド04
    全面クッションになってます。

    レンズポーチなので、丸っと保護されています。
    重量も実測38g!

    まっ、その山行ごとの宿泊地によりけりで、トレック900に収めたり、ポーチに収めたりで使い分けていきたいです。
    オプチマス純正のカバー(廃番予定?)より優れていると思っています。
    超軽量で良くできた作りな上、値段もお手頃なので、非常に満足の一品です。

    ロックンロール




    | 面白い!系 | 12:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    FREELIGHT SpinnZack 50 - フリーライト スピンザック50

    『うつくしきもの』があります。
    『瓜にかきたる稚児(ちご)の顔』ではありません。
    それは・・・

    FREELIGHT SpinnZack 50 - フリーライト スピンザック50


    です。
    SpinnZack50_1
    これはハイキングスタイル

    この『FREELIGHT』と言うメーカーは『ウルトラライト』製品のメーカーで、数多くの『突き詰めた』『本物の』軽量アウトドア製品を販売しています。
    このメーカーのウェブサイトは、時が経つのを忘れるほどの興味深い逸品で埋め尽くされています。
    その中でも特に素晴らしいと思ったのがこのザックです。

    フルセットのハイキングスタイルでわずか510g!
    ストリップスタイルのアタックザックスタイルに至っては、なんと360g!!です。
    驚くべきはを45L+の容量でこの軽量化を実現しているところです。

    『Steve Jobs』の言葉にこんなのがある。

    何か問題を解決しようと取り組むと、最初は非常に複雑な解決方法が頭に浮かんでくる。多くの人々は、そこで考えるのを止めてしまう。
    でも、そこで止めず、問題をさらに突き詰め、たまねぎの皮をもう何層かむくように頑張っていると、しばしば非常にエレガントかつシンプルな答えにたどりつくことができる。
    多くの人々は、そこにたどり着くまでの時間もエネルギーもかけていないのだ。


    SpinnZack50_2
    SpinnZack50_3

    『シンプルでエレガント』がザックと言うアイテムで見事に表現されています。
    『白』にしたことが、美しさを際立たせていると思います。
    ウルトラライトバックパッカーのみならず、山ガールには特におすすめのアイテムですね。

    この形になるまで、メーカーさんがどれほど考えに考えて試行錯誤を繰り返しただろう・・・と思わずにはいられません。
    軽量化より実用だ!』と言って、頑として動かない私も脱帽の逸品です。

    詳細は『FREELIGHT SpinnZack50の公式ページ』で。

    | 面白い!系 | 11:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    ゴールドウイン 光電子 アンダーキャップ

    今回は『ゴールドウイン 光電子 アンダーキャップ』のご紹介です。

    『いでたち系』にするかどうか迷いましたが『面白い!系』にすることにしました。
    ん?どして?
    いやー。
    単純にそちらの方をみなさんはお待ちかねだろうとの勝手な判断からです。
    それと、このキャップはクライミング用ではないのに頑張っているからです。
    そう。自転車用なのです。

    ゴールドウイン 光電子 アンダーキャップ 4色

    うーむー。
    とっても色使いが素敵でしょ?

    クライミング用として紹介する理由は、ご覧の通り深くかぶらなくても耳や後頭部がカバーされる形状ということ。よって、視界の良いこと。
    光電子なるもののおかげで保温性が高いこと。詳しくは『光電子の説明』をござれ。
    ヘルメットのアンダーキャップ用なのでとっても薄いことです。

    なーにこれ。
    クライミング用にもってこいではないですか?
    と言うわけで、使用感は抜群です。

    キャップや目出し帽をかぶってヘルメットをかぶった時の、何と言うか、そのー、上から圧力がかかるというか・・・目頭が重たい感。あれが無いのです。
    んでもって、視界良好。
    私のヘルメットは『CAMP Highstar』と言う、旧式の形のヘルメットなので、さほどこのキャップの恩恵にあずかれていませんが、とは言ってもいい具合なんですが、最新型の視界の広いかっこいいヘルメットを使っている方は、私以上に恩恵にあずかれるので是非ともと思います。
    あーんど、お洒落です。

    ゴールドウィンはノースフェイスとか扱ってるくせに、どーしてこれをクライミング用としてアピールしないのかな・・・。
    不 ・ 思 ・ 議 ・・・・・。


    <ポイント10倍><10%OFF>【GOLDWIN/ゴールドウィン】光電子アンダーキャップ (ターコイズブルー) ■5,250円以上送料無料■2012秋冬モデル■自転車■アクセサリ■キャップ■GWB1952■

    価格:2,646円
    (2013/2/14 10:02時点)
    感想(1件)



    <ポイント10倍><10%OFF>【GOLDWIN/ゴールドウィン】光電子アンダーキャップ (レッド) ■5,250円以上送料無料■2012秋冬モデル■自転車■アクセサリ■キャップ■GWB1952■

    価格:2,646円
    (2013/2/14 10:03時点)
    感想(0件)



    <ポイント10倍><10%OFF>【GOLDWIN/ゴールドウィン】光電子アンダーキャップ (ブラック/シルバー) ■5,250円以上送料無料■2012秋冬モデル■自転車■アクセサリ■キャップ■GWB1952■

    価格:2,646円
    (2013/2/14 10:03時点)
    感想(1件)




    コレは別物。耳の部分が無いので注意。

    | 面白い!系 | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    << PREV | PAGE-SELECT |