FC2ブログ

    『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    >> EDIT

    また梅雨がやってきます ~山に行けない時間を活かそう

    んーと。
    週明けからは関東甲信を含む大部分が梅雨入りしそうですね。

    富士山頂
    梅雨時の富士山頂を再度。
    この時期は非常に美しく、上手く行けば貸し切り状態。

    山に行けない梅雨の時期は、新しい道具を物色したり、知識を深めるために読書をする絶好の機会です。
    毎年のことですが、このレポを読むことで、忘れていた何かを思い出すことがあれば幸いです。

    っと。
    いきなり話はそれますが、最近『単独女性のYouTuber』が乱立してきましたね。
    誰かと一緒っぽい人もいますし、一般道で普通の山行レポの人がいる反面、やはり中には危なっかしい単独の人もいます。
    すごいとか可愛いとか煽られて、おーいそろそろやばくねーかと思うことがありますね。
    コメント欄も、持ち上げ(煽り)コメントにはお気に入りマーク、
    注意喚起に関しては、かなり丁寧に諭していたとしてもスルーですね。
    ま、わかりやすくていいですが。
    中には『遭難しそうになった』を売りにしてる人もいます。(結構どうってことなかったりしますが)
    15年以上前に、ヤマレコか何かの高評価欲しさに、多くの警告コメントを振り切って無謀登山を繰り返していた『年配男性』が結局は遭難死したのは有名な話ですね。
    コメント書いてる人ってのは結局のところ『煽っておしまい』ですから、くれぐれも命だけは大切にねと願うばかりです。

    ちなみに私がチャンネル登録して楽しんでる『本物の実力派女性』
    旅んぷれ!まっつん』と『サワグルイTV』ですね。

    っとまあ、何だっけ?
    あーそうそう『時間の活かし方』でしたね。

    何で毎年のように梅雨時になると『道具選び』のレポを上げるかと言いますと、
    『落ち着いて考えられる』
    からですね。
    『今週末に合わせてあれとこれを・・・』ってやってしまうと、どーしてもその中に『さほど必要でないもの』が混じってしまうわけです。
    みなさんご承知の通り、山道具はどれも高価です。
    私のような『平同心』的サラリーマンには慎重を期したい優先課題です。

    以前、『山道具の賢い選び方・買い方~余計な物を買わないために』にて、本当に必要なものを『あぶり出す』方法を上げていますので、今一度ご確認ください。
    初心者の方、または初心者にアドバイスする方は、
    初心者向けのミソ的情報『前編』『中編』『後編
    が参考になると思います。

    怪我を治したり、体調を整えるにもいい時期です。
    こちらの『ヘルスケアのカテゴリ』もお役立てください。

    っつーわけで、私は現在『3シーズン用シュラフ』を鋭意選定中です。
    ・・・んが、いまちょっと『2つのこと』で悩みに悩んでいます。
    ま、梅雨明けまでは1ヶ月以上ありますので、腰を据えて考え抜きたいと思います。
    もちろんそのシュラフのレポと共に、どう悩んでどう解決したかについて解説しますので、しばしお時間をください。


    よろしくべいべー。


     
    詳細は『ファイントラック・スキンメッシュのレポ』をどぞ。

     

    スポンサーサイト



    | ★ お役立ちコーナー ★ | 14:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    薄手長袖ドライ生地パーカー

    えー。
    以前、事の次第を知らずに『利益のためなら人権もクソもない企業のアイテム』を紹介してしまい、お越しくださった方々にご迷惑をおかけしてしまいました。
    ご存じだとは思いますが『ウイグル強制労働』とか、最近では『セルフレジ』でふざけた真似をして敗訴しております。
    ご興味のある方は、社名と上記の2つのキーワードで検索いただければ、いかにとんでもない企業かおわかりいただけるかと。

    っつーわけで、あらためましてレポさせていただきます。

    この手の『薄手ドライ生地のパーカー』は、最近ネットショップで我も我もと多数見かけられるようになりました。
    どうやらマリンスポーツや釣り人の間で使われているようです。
    でも、海のみならず山でも非常に使えます。

    ドライフーディ01
    わかりづらいですがフード付きです。

    ドライフーディ02
    ストレッチするメッシュ生地です。

    たとえ夏山でも、2,000mクラスになってきますと、晴れた山頂はもちろん、テン場や小屋周辺でも結構『すっと冷える』ことがあります。
    これまではウインドブレーカーや薄手フリース等で対処して来ましたが、逆に微妙に暑かったりでコレと言った感じではありませんでした。

    しかしこの系統は『コレ』なんです。
    日焼け防止と言うよりも、通気しつつ最低限の保温を両立させてくれます。

    私はいつものごとくいつものように、サイズが無くてアメリカから購入しました。
    なぜか中華製ですが、30ドルほどしたし100%ポリエステルなので新彊綿は使われてないです。
    日本でも大きいサイズってのは出てるのですが、肩回りはそのままで腹回りだけ大きい感じだったのでやめました。

    みなさんは、サイズもカラーもより取り見取り日本で安く買えます。
    千円ちょいのもありますので、初夏~盛夏~初秋の暑いシーズン用にひとつ持っておくのもいいかなと思います。


    ろっくんろーる。


     
    左はサイズ・カラーが豊富でしかも激安!
    右はおしゃれな分ちょっと高め。




    | いでたち系 | 13:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    SEA TO SUMMIT エアロ・ウルトラライトピロー

    えー。
    最近、なんだか微妙に忙しくて、レポ上げるのサボってました。
    今回は『SEA TO SUMMIT エアロ・ウルトラライトピロー』のご紹介です。

    SEA TO SUMMIT エアロ・ウルトラライトピロー01
    爽やかな感じの明るいブルー。

    SEA TO SUMMIT エアロ・ウルトラライトピロー02
    かなり小さくまとまる。

    SEA TO SUMMIT エアロ・ウルトラライトピロー03
    公式の60gより1g軽い59g。
    この写真が実際の色に一番近い。

    先日レポを上げました『Sea to Summit ウルトラライト・インサレーテッドマット』のシリーズもの?です。
    何でメーカーを合わせたかと申しますと、マットの『スタッフサック兼ポンプサック』を活用したいからです。
    口で直に入れるタイプだと、呼気が湿気をたくさん含みますので、長年使っていると中がカビて、キノコのようなにおいがしてくるからですね。

    SEA TO SUMMIT エアロ・ウルトラライトピロー04
    ピローの口はマットの口よりひと回り小さい。
    ポンプサックと口の大きさが合わないじゃないかと思いきや。

    SEA TO SUMMIT エアロ・ウルトラライトピロー05
    ポンプサックを裏返せば、ちゃんとピロー用の口がある。
    抜け目なくしっかり考えられていますね。

    サイズはレギュラーにしました。
    理由は、寝てる間に逃げてかないように、シュラフの中に入れたいからです。

    SEA TO SUMMIT エアロ・ウルトラライトピロー06
    とりあえずマットの上に置いてみました。
    枕を固定するシステムもありますが、しばらくは固定せずに使ってみます。

    使い勝手ですが、パンパンにふくらませば私のような分厚い人でもふつーに使えます。
    女性や細身の人は空気を加減してちょうどいい高さに調整できます。
    以前の『モンベルの枕』は低かったので、今回は当たりです。

    寝心地も全く問題なしです。
    と言うか、表面がつるつるでなくて、木綿のような加工がしてあって肌触りがいいです。
    化繊のヒンヤリ感が軽減されています。



    スペック詳細はこちらの『SEA TO SUMMIT エアロ・ウルトラライトピローの公式ページ』にて。

    んー。
    5月中旬だと言うのに、梅雨入りしてる地方もあるし、
    せっかくの『新緑と残雪のコントラスト』が美しい季節が短くなってしまいました。
    早く入った分、早く明けてくれるといいのですが。

    と、言うわけで、
    現在、夏山と言うか、暖かい時期用のシュラフを物色中です。
    今回は私でも普通に使えるようなのを海外から手に入れたいですね。
    手に入ったら、そのうちレポを上げますので、そちらもお楽しみにお待ちください。


    そこんとこよろしく。





    別売りのポンプサック。
    (同社のエアマットを持っていれば不要)

    | おやすみ Zzz...系 | 14:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    COLEMAN M-1950 G.I. Stove - コールマン軍用ストーブ

    えー、以前より何度も何度も申し上げておりますが、
    『男の子は火遊びが大好き』です。
    そーゆーわけで、微妙に登山用とは言い難いものを手に入れました。
    『コールマン製 M-1950 ミリタリーストーブ』のご紹介です。

    m-1950 coleman 1972_01
    プロペラ型の五徳が印象的。

    これは、アメリカが軍用に開発したストーブで、コールマンに発注したが生産が間に合わず、他のメーカーにも同じものを作らせたとか何とか。
    他のメーカーは『ROGERS』『FIESTA』『SMP』『LEYSE』『Wyott』などがあります。

    1950だから朝鮮戦争用に開発され、ベトナム戦争まで使われたようです。
    その後、民生用(一般用)として『コールマン538』と言うプラスチックケースで継続しました。
    日本でも『マナスルストーブ』で有名なホープ社が『マナスル300』としてコピー品を出していました。

    m-1950 coleman 1972_02
    ポンプを兼ねたキャップ。

    m-1950 coleman 1972_03
    m-1950 coleman 1972_04
    『US Coleman 1972』の刻印。
    他のメーカーはヤフオクでも良品が見られますが、コールマンの良品はほとんど見当たらない。

    m-1950 coleman 1972_05
    ポンプ。
    入手時はポンプ圧がかかりにくく、さらにポンプ内へ燃料が逆流していました。

    m-1950 リペアキット
    メンテナンスキットとリュブリカント(ポンプ用潤滑油)

    m-1950 coleman 1972_06
    パッキン類を交換して、ポンプに潤滑油を注入したらあっさり復活。

    m-1950 coleman 1972_07
    本体のみで751g。
    テン泊用としては重い。

    m-1950 coleman 1972_08
    ケースに入れると1kg超え。
    しかも、これで持ち運ぶと中で擦れて塗装がはがれそう。
    オマケに取り出しづらい。

    ハクバレンズポーチ 110-170
    と言うわけで、今回もまた『ハクバレンズポーチ』のお世話になります。

    m-1950 coleman 1972_09
    891g。
    純正ケースより100g以上軽くなります。
    カタカタしないし、ケースからも取り出しやすくなった。

    m-1950 coleman 1972_10
    これ、アルコールでプレヒートする場合、ちょっとしたコツが要ります。
    余熱皿(赤矢印)はかなり奥まったところにあるので、ファイヤースターターの火花が届きません。
    よって、ニップル(噴射口)の周囲(緑矢印)が若干皿状になっているのを利用して、ここにもアルコールを足しておくといいです。ま、マイクロトーチでバシュッと行けば一発ですが。


    メンテ後の試運転です。
    チューリップ型バーナーは音がうるさいのが特徴ですが、これは静かな方です。
    大鍋が使えるように五徳はかなり大きいです。

    使い勝手ですが、火力はホエーブスと同等くらいあると思います。
    火力調節つまみを全開(左まで倒す)にすると、通常運転状態でもバフッバフッと息継ぎし始めますので、中火(つまみ垂直)でじゅうぶんです。火力も変わりません。
    テン泊用にするには重すぎるので、荷物が少ない日帰り用として楽しんで行きたいと思います。

    んー。
    わかってはいるのですが、性懲りもなく『アホ火器』を買ってしまいました。
    ま、このブログを見て買って見ようと思う『山ノボラー』はいないとは思いますが、キャンパーの方はいるかもですね。
    ちょい前までは1万円台後半だったのですが、最近は2万円台後半~いいものは3万円後半になってきています。
    コールマン製になったら、さらに跳ね上がると思います。

    今週末からお待ちかねのゴールデンウィークが始まります。
    例の『中華ウィルス』のせいで例年通りとは行きませんが、感染対策をしっかりして、楽しめる範囲内で楽しみましょう。

    今年も何かと込みそうな涸沢ですが、ヒュッテより上は例年並み、ヒュッテ以下はかなり少ないようで、本谷橋も架かって道も夏道沿いと言う情報です。
    でも、近年は波田町のセブンイレブン辺りから渋滞が始まってますので、私が次にGWの涸沢に行くのはいつになるやらと思っています。

    ま、当ブログの『ゴールデンウィーク関連のレポ』を読んでいただければ、諸々の注意点はあげておりますので、ムムムと思ったものを参考にしてください。


    夜・露・死・苦っ。


    運が良ければ『ebay』にてコールマン製に出会えるかも。


    メンテナンス用品。


    M-1950ストーブには『110-180』サイズがピッタリ。

    | ストーブ | 13:28 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    Sea to Summit UltraLight Insulated - シートゥーサミット・ウルトラライト・インサレーテッドマット

    んーと。
    今回はー、ゴールデンウィーク用の道具を物色中に手に入れたくなってー、
    さほど必要でもないのに思わずポチってしまったアイテムのご紹介です。

    シートゥーサミット・ウルトラライト・インサレーテッド01
    これわたしの。

    このマットは空気を入れて膨らませる純粋なエアマットタイプですね。
    んで、ほとんど同じような『ウルトラライトマット』と言うようなものがあり、こちらの方が80gほど軽く、¥3,000ほど安くなります。
    どーして重くて高い方を選んだのかと申しますとー、

    インサレーテッドとウルトラライト比較
    3.3対0.7。
    『R値(熱抵抗値/ 断熱力の数値)』が全然違ってくるからですね。
    左が私と同じだが、こんなにオレンジ色ではない。

    私はエアマット系は『積雪期』での使用を目的としていますので、文句なくインサレーテッドタイプをチョイスしました。
    んで、サイズは『スモール/ 168cm』を選択。
    理由は、私のテントは『ヒルバーグ・ソウロ』ですので非常に狭いです。
    ザックを足元に敷いて寝ることになるので、短いマットでも問題なしです。
    ちなみに無雪期は『サーマレスト・リッジレスト』、ウルトラライトの時は『エバニュー・EXPマット UL99』です。

    シートゥーサミット・ウルトラライト・インサレーテッド02
    シートゥーサミット・ウルトラライト・インサレーテッド03
    頭からは本体が。
    お尻からはポンプサックが。

    シートゥーサミットの枕やマット類は空気の出し入れが秀逸です。
    では、その辺を見ていきましょう。

    シートゥーサミット・ウルトラライト・インサレーテッド04
    膨らませる時は1段目を開ける。

    シートゥーサミット・ウルトラライト・インサレーテッド05
    凹ませるときは2段目も開ける。

    シートゥーサミット・ウルトラライト・インサレーテッド06
    スタッフバッグはポンプサックと兼用になっています。


    3~4回で簡単に膨れるのでらくちんです。

    シートゥーサミット・ウルトラライト・インサレーテッド07
    シートゥーサミットの枕を持っていれば、このシールを貼ることで枕を固定できます。

    シートゥーサミット・ウルトラライト・インサレーテッド08
    太さは1.5Lのペットボトルくらいです。

    シートゥーサミット・ウルトラライト・インサレーテッド09
    ん?
    430gのはずじゃ?

    シートゥーサミット・ウルトラライト・インサレーテッド10
    んー。
    マットとスタッフバッグは別勘定のようです。

    sea to summit air chair04
    そー言えばと先日レポった『エアチェア』と合わせてみました。
    うーん。
    分厚すぎて微妙。
    モンベルのやつの方が相性がいいです。

    寝た感じはですねー。
    肘や膝をつくと底つきしますが、寝転がるといい感じです。
    もわ~っと暖かくなるので積雪期にはちょうどいいです。
    寝心地は私のマット人生?の中で最もいいですね。
    両腕がはみ出してしまいますが、これは私特有の問題で普通の方なら大丈夫でしょう。

    収納はいたって簡単。
    あっさり排気してぺちゃんこになるので、横に3つ折りして丸めて完了。
    モンベル』のように苦労しません。

    私の場合パンクが怖いので風船タイプは避けてきましたが、
    作りがしっかりしていますので、何か尖ったものでブスッとやらない限り問題ないと思います。

    詳細は『シートゥーサミット・ウルトラライト・インサレーテッドマットの公式ページ』をご覧ください。

    やっぱしですね。
    良い睡眠をとれるかどうかは翌日の行動に影響しますので、
    寝心地、断熱効果、軽さ、お値段等々、色々吟味して自分に合った寝床を見つけて、普段と違った夜を快適に過ごしたいですね。


    ろっくんろーる。



    | おやすみ Zzz...系 | 13:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT | NEXT >>